スーパー チャット 投げ銭。 YouTubeのスーパーチャット(スパチャ)とは?やり方や仕組みを解説!

【簡単】スパチャ(スーパーチャット)徹底解説-使うメリットは?投げ方と利用する上での注意点

スーパー チャット 投げ銭

スパチャの投げ方 スパチャはどうやって投げるの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 スパチャの投げ方は、以下の通りです。 金額を間違えて送った場合の取り消しは難しいので、よく確認してから送信しましょう。 3-1. 支払い方法 スパチャの支払い方法について気になる方もいらっしゃるでしょう。 結論から言うと、クレジットカード・デビットカード・バンドルカード・PayPalの4つです。 この中でもバンドルカードであれば、年齢制限はありません。 クレジット・デビット・PayPalは18歳以上でないと利用できないので、18歳未満の方はバンドルカードがおすすめです。 バンドルカードとは、株式会社カンムが発行するプリペイドカードのことで、チャージした分で支払いをします。 そのため、使いすぎもありません。 18歳未満でスパチャをしたいという方は1度ご検討ください。 3-2. iTunesカードは使える? 実は、iPhoneの方はiTunesカードでもスパチャをすることができます。 学生さんなどにはありがたい話ですよね。 購入したiTunesカードを、自分のApp Storeから入金します。 そして、アプリ内課金のようにスパチャすることが可能です。 スパチャを利用する際の注意点 スパチャを利用するに当たって注意点もあります。 それは、以下の3つです。 ・金額によって固定時間が違う ・返金できない ・全額が配信者に渡るわけではない 4-1. 金額によって固定時間が違う 先ほども述べましたが、スパチャは金額によって固定時間が変わります。 500円未満の場合は、そもそも固定されません。 500円以上のスパチャをすることでコメントが固定されます。 つまり、スパチャを固定させたい場合は、最低でも500円は必要ということです。 以下の表が、金額と固定時間になります。 500〜999円 2分 1000〜1999円 5分 2000〜4999円 10分 5000〜9999円 30分 10000〜19999円 1時間 1万円以上は数字が変わるごとに1時間増えます。 2万以上なら2時間、3万以上なら3時間ということです。 配信者の規模によっては、固定しなくても読んでもらえることもあるかもしれません。 ライブ配信の状況を見て、送信することをおすすめします。 4-2. 返金できない スパチャは返金することができません。 つまり、間違えて払ってしまっても、戻ってこないということになります。 そのため、送信をする前にしっかりと金額を確認することが必要です。 デビットカードであれば、残高以上の支払いはできませんが、クレジットカードでは高額でも決済されてしまいます。 従って、クレジットカードでスパチャの支払いをする人は、より一層気を付けてください。 4-3. 全額が配信者に渡るわけではない スパチャは配信者に直接送るものです。 しかし、金額が全て配信者に渡るということはありません。 なぜなら、YouTubeが手数料を取るからです。 一般的に、スパチャの6〜7割が配信者に入ると言われています。 例えば、1000円のスパチャを送った場合、約600〜700円が配信者に入るということです。 また、iPhoneで送る場合は、Appleの手数料もかかります。 つまり、相手に渡る金額はさらに少なくなるということです。 手数料のため、こちらはどうすることもできませんが、全額渡らないということにご注意ください。

次の

YouTubeのスーパーチャット(スパチャ)とは?やり方や仕組みを解説!

スーパー チャット 投げ銭

YOUTUBEでは広告収入で収益化が一般的と思われがちですが、大きな収益化の手段がもうひとつあります。 それがスーパーチャット(Super Chat、スパチャ)と呼ばれるシステムで、収益化申請が通った配信者に対して 視聴者が投げ銭をするという方法となります。 スパチャによって、視聴者がYOUTUBEでも投げ銭という形で配信者を直接支援することが可能となりました。 ゲーム実況者やVライバー(Vtuber のトップ層の中には月に数百万円以上での以上を稼いだり、 最近は音楽アーティストが、新型コロナウイルスの影響で 無観客のライブ配信をしたアーティストが1億以上売り上げたということも話題になりました。 S Projectは、新型コロナウイルスの影響で2月27日から3月4日に予定していた5つの公演を断念した代わりに3月4日の19時~ライブ配信を行い1億以上の投げ銭を達成した。 スパチャの特徴 簡単にいうと、 YOUTUBEにおける投げ銭になります。 詳しくいうと生配信中に投げ銭とコメント両方が送れるシステムで、 生配信可能なことが必須の条件となります。 視聴者がライブ配信中にスパチャを購入すると、 金額(100円~50000円)に応じた一定の時間、自分のコメントをチャット欄の上に固定表示可能で、金額が大きいほど固定する時間が長くなります。 スーパーチャットとは、配信者の応援とコミュニケーションを両方がとれるシステムとなっております。 スパチャの課金方法 スーパーチャットでの投げ銭にはクレジットカードが必要です。 クレジットカード作成が難しいや、使用したくない場合はやバンドルカードを作成する方法があります。 未成年の方が課金する場合は年齢制限のないバンドルカードを使用するのがいいでしょう。 ポチっとチャージなどクレジットカード同様の後払い方法などあります。 ただし使い過ぎには注意してください。 スパチャの送金方法 スーパーチャットを使うためにはYOUTUBEアカウント作成し、生配信用のチャットに参加することで使用可能となります。 ブラウザの場合は右のチャット欄のコメントの隣にある¥マークをクリックします。 「SUPER CHATを送信」をクリックし、金額とメッセージを押すと購入画面に移ります。 収益化を許可していないゲーム配信時など場合発生します。 シークバーを動かすか、金額を直接入力するかで前述の色が変化していきます。 「購入して送信」後にクレジットカード情報などを入力して完了となります。 配信者がスパチャの配信を行う方法 視聴者スパチャを送る対象に対する制限はありませんが、配信者がスパチャを行うためには一定の条件があります。 チャンネルが収益化されている• チャンネル登録者の年齢が 18 歳以上である• チャンネル所有者の居住地が Super Chat の提供地域である(日本は提供地域です)• チェンネル登録数が 1,000 人以上いる 特に スパチャを行う人にとって一番大きなハードルとなるのはチャンネル登録者数を1000人超えるところでしょう。 この条件を満たしたチャンネルは自動で審査が行われるために、審査を自分から出す必要はありません。 審査はおおむね1か月前後といわれていて、審査に通った場合はクリエイターツールからSUPER CHATを有効化できる項目が増えます。 有効化は自分で行う必要があるのでその点注意してください。 配信者のスパチャの還元率 スパチャは視聴者が配信者に対して直接送金するという訳ではなく、手数料を引かれた上で配信者に還元されます。 配信者への還元率は概ね、 WEBブラウザからの場合は7割前後、 スマホのアプリを経由した場合はアプリの手数料が上乗せされるため、 5割前後と言われております。 少しでも多くの配信者に還元した場合はブラウザ経由でスパチャした方がいいでしょう。 スパチャの受け取り方 スーパーチャットの報酬の受け取りは広告収入と一緒で、Google AdSense上で受け取ります。 従って、受け取り方法はGoogle AdSenseに準拠しており、事前にGoogle AdSenseしていればそのまま使用でき、 していない場合はGoogle AdSenseの事前の設定が必要となります。 Google AdSense報酬の受け取りの最低金額が8000円ですが、 住所の確認(PINコードが送られてきてそちらを有効化する必要がある)と口座情報の入力など必要となるので早めに設定しておきましょう。 スパチャって稼げる!? スパチャは初めにチャンネル登録者数1000人以上というハードルはありますが、 チャンネルの規模に関わらず、 ゲームのプロ実況者や、女性配信者、VTUBERなどの熱心な視聴者がいるチャンネルであれば稼げる余地は十分にあります。 事実スパチャで月100万以上を稼ぐチャンネルの多くは登録者数30万以下のチャンネルがほとんどなので、 広告収入では大きく稼がなくても、スパチャで稼ぐという方法は充分にあります。 また 新型コロナウイルスの影響でコンサートがメインだったアーティストなどもライブ配信をするというスタイルが今後増えてくることも予想されます。 ただチャンネル登録数をまずは1000人増やすことが重要なので、動画の投稿を欠かさなかったり、他のライブ配信で人気になったりなど、まずは多くのファンをつけることが重要となります。 是非今後もスーパーチャットに注目してみてくださいね。

次の

【YouTube】「スーパーチャット(スパチャ)」がiPhoneにも対応!―iTunesカードは使える?

スーパー チャット 投げ銭

「」として知られる白人至上主義者のクリストファー・キャントウェル氏は4月終わりに、運営者のアンディ・ワルスキー氏が登録者数27万5000人弱と豪語するに登場した。 キャントウェル氏が出演したのは、米国内で白人だけの国家をどうやって興すかについて語るためだった。 そのライブ配信中、「ヒトラーはすべて正しかった」というハンドルのユーザーが同氏に質問をしようと、YouTubeの有料コメント投稿システム「スーパーチャット」経由で5ドル支払った。 視聴者が知りたがったのは、仮に白人国家が存在するとしたら、密入国者はどのような扱いを受けるのか、ということである。 配信のなかでキャントウェル氏は、「お前ら、もっと俺を馬鹿にしてみろよ。 今夜は稼ぎになるぞ」と口にした。 有名な極右と白人至上主義者たちは、金の力で自分たちの声を届けようとする人種差別主義のコメント投稿者を呼び寄せる結果、ここ数カ月間、こうしたYouTubeチャンネルに数千ドルの収入をもたらしてきたのだ。 白人至上主義者のリチャード・スペンサー氏とマイク・イーノック氏の出演した最近のビデオ2本をBuzzFeed Newsが調べたところ、合計4000ドル超の売上があったと判明した。 ここからYouTubeが上前をはねるのだが、具体的な金額は回答してもらえなかった。 スーパーチャットで5ドル払ったユーザーは、「黒人化したら、社会は白人の手に取り戻せない。 これが事実だ」とコメントした。 20デンマーククローネ(約340円)払った別のユーザーは、「この嘘つきユダヤ人を黙らせないと駄目だ GasKikes」と書いた(訳注: GasKikesというハッシュタグは、「ユダヤ人をガス室送りにしろ」という意味)。 さらに、国家社会主義者と名乗るユーザーは、100ドルで「白人の誇りを世界に示せ!」と書いた。 BuzzFeed Newsは、白人至上主義者の関係するライブ配信番組をリストにまとめ、YouTubeへ示してみた。 するとYouTubeは、スーパーチャット経由で投稿されたコメントの一部がヘイトスピーチに当たると認め、スーパーチャットの利用許可と規則適用に関する方針を見直す、と回答した。 「YouTubeは、暴力の増長につながるヘイトコンテンツを許しません。 BuzzFeedのリストに掲載されたライブ配信番組を改めて精査した結果、配信そのものはヘイトスピーチに該当しないと判断しました。 ただし、スーパーチャットで投稿されたコメントはヘイトスピーチでした」(YouTubeの広報担当者) さらに、YouTubeは「スーパーチャットは比較的新しい機能で、まだ金額は多くないものの、クリエイターによっては拡大してゆく収入源となります。 こうした極端な事例に鑑みて、ポリシーを再検討していきます」と付け加えた。 インターネット最大のビデオ配信プラットフォームであるYouTubeにとって、人種差別とヘイトスピーチを広め、それを収入源にする道具としてスーパーチャットが利用されることは、新たに問題化したコンテンツ管理上の頭痛である。 これまでもYouTubeは、、の拡大、の描写、といったビデオ配信のせいで、非難を浴びてきた。 YouTubeは、ビデオクリエイターがライブ配信番組でファンと交流し、追加収入を得るための手段として、にスーパーチャット機能の提供を開始した。 ところが、新たに導入される交流およびマネタイズ機能の例に洩れず、スーパーチャットはYouTubeが望みも考えもしない方法で利用されてしまった。

次の