感染 症 と は。 感染症とは何?|これからの衛生管理

感染

感染 症 と は

感染症のことを理解しよう!• このサイトでは、一般的な感染症の情報を掲載しています。 感染経路や感染症の流行時期を把握し、日々の生活での対策にお役立てください。 感染症とは? ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入して増殖し、発熱や下痢、咳等の症状がでることをいいます。 感染症には、インフルエンザのように人から人にうつる感染症のほかに、破傷風や日本脳炎のように人から人にはうつらず、傷口から、あるいは動物や昆虫から、感染する感染症も含まれています。 感染して発病する場合もあれば、ほとんど症状がでずに終わってしまう場合もあります。 また、一度症状がでるとなかなか治りにくく、時には死に至るような感染症もあります。 感染経路 感染症によって、病原体の体内への侵入方法が異なります。 大きく2つに分類すると、人からうつる感染症と、人以外からうつる感染症があります。 人からうつる感染症には、「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」の3つの経路があり、感染症を予防するためにはそれぞれにおいて感染経路を断ち切るための対策が必要になります。 感染症の種類• 鼻づまり• 関節痛• 倦怠感• 鼻づまり• 目の充血• 鼻づまり• 目の充血• 発しん• 鼻づまり• 発しん• 発しん• 発しん• 倦怠感• 関節痛• 倦怠感• 腹痛 感染対策カレンダー 感染症は常に身近に存在するため、一年を通しての感染対策が必要です。 まずは、毎日の「正しい手洗い」を心がけましょう。 各季節に流行する感染症の種類は多様で、それぞれの症状や感染経路にあわせた対策が重要です。 「感染対策カレンダー」を参考に、その季節に適した感染対策を行いましょう。

次の

感染症とは何?|これからの衛生管理

感染 症 と は

腎臓から尿道まで尿路の図です 尿路感染症とは、文字通り尿の通る経路で起こる感染症です。 尿は腎臓で産生され、腎臓の腎盂(じんう)という腎臓からの尿を集める場所、尿管を通って、膀胱で一度溜められます。 一定の量が溜まると、尿道を通って外に流れるわけです。 男性の場合は、尿道に前立腺などの生殖器があります。 腎臓は血液をろ過することで、血液から老廃物、余分な水、イオンを除き、尿として体の外に出そうとします。 腎臓で作られた尿は、基本的には無菌です。 しかし、尿には細菌やウイルスが増えるための細胞や栄養が含まれているために、細菌が増殖しやすいのです。 また、血液から細菌やウイルスが尿の中に侵入し、増殖します。 尿路感染症は重症度や症状の違いなどから、「上部尿路感染症」と「下部尿路感染症」に分類されています。 病名としては、「急性腎盂腎炎」、「急性巣状細菌性腎炎」があり、主に腎臓に細菌が感染することで、発熱などの症状が出ます。 病名では、「膀胱炎」、「尿道炎」、「前立腺炎」があります。 <目次>• 腰痛、背部痛で左右の腰のあたりを叩くと鈍い痛みがある• 吐き気や嘔吐、体重が増えない、食欲がないなどの症状が出る。 特に小さな子どもに症状がみられる• 尿が濁っている など 特に子どもの場合は、1週間ごとに咳・鼻水もなく、高熱だけを繰り返す場合は、上部尿路感染症の可能性があります。 1歳までの子どもは、尿が膀胱から腎臓へ逆流するために、たまたま膀胱に入った細菌が腎臓に入りやすいので、大人より上部尿路感染症を起こしやすいと言えます。 尿を出す時の痛む排尿痛• 何度ものトイレに行く頻尿や残尿感、夜尿(おねしょ)• 尿が赤い血尿• 尿が濁っている• 尿検査で判明する蛋白尿• 原因の病原体としては、大腸菌が最も多く、それ以外ではほとんど腸内細菌です。 これは尿道と肛門が近いことが影響しています。 膀胱炎では、アデノウイルスというウイルスによって出血性膀胱炎を起こし、血尿が見られます。 血尿や膀胱炎について詳しくは「」「」をご覧ください。 上行性としては、膀胱から尿が腎臓へ逆流する膀胱尿管逆流、1つの腎臓から尿管が2本ある重複尿管など、腎臓から尿道までの尿路に奇形で尿路感染症を繰り返すことがあります。 1歳までの上部尿路感染症の原因として、約半数は膀胱尿管逆流と言われています。 この膀胱尿管逆流は自然に治癒すると言われていますので、膀胱尿管逆流のある間は、尿路感染症の可能性を考え、尿路感染症を予防することが大切です。 血行性の場合は、何からの形で血液中に細菌が存在する菌血症から腎臓に細菌が付着、増殖することで起こってきます。 尿路感染症の検査法・診断法 尿の検査が重要になります。 見た目、尿が濁っていたり、赤い血尿であったり、膿のような膿尿であったりします。 見た目で、はっきりしない場合でも、顕微鏡で観察すると、白血球や細菌を見ることができます。 検尿の試験紙で、尿タンパクをチェックします。 尿が清潔に採取できたら、2~3日間、尿を体温と同じ環境において、尿の中から細菌が増えてこないかどうかの尿培養を行います。 きれいに尿を採取するには、尿道の出てくる部分を消毒して、途中の尿を採取するか、尿道からカテーテルを入れて、膀胱内の尿を採取します。 上部尿路感染症の場合は、血液中に細菌が存在しますので、血液検査を行うと、白血球の数が増えていたり、CRPというタンパク質が上昇しています。 尿路奇形の検査として、腹部超音波検査・腹部CT・腹部MRI・カテーテルで膀胱に造影剤を入れて検査する排泄性膀胱造影・血管に造影剤を入れて腎臓から膀胱、尿道までを検査する経静脈性腎臓造影・放射線で印をつけた物質を血液に入れた腎臓を検査する腎シンチグラフィーがあります。 尿路感染症の治療法・対処法 尿路感染症の治療法としては、ウイルスの場合は水分を摂取し、ウイルスをできるだけ早く膀胱から除くことになります。 細菌の場合は、抗菌薬を使用します。 細菌に最も効果のある抗菌薬を早期に使用し、上部尿路感染症であれば、1週間程度、長めに治療することが多いです。 抗菌薬は、内服と点滴がありますが、状態のよくない場合や、小さい子どもの場合、血液に菌がある可能性のある場合などは、点滴での治療が望まれます。 抗菌薬に効かない細菌もありますので、原因の細菌を診断することが最も大切なことになります。 しっかりと抗菌薬で治すと後遺症は少ないです。 上部尿路感染症を繰り返していると、腎臓の組織が障害を受け、将来、腎不全となり腎機能が低下する可能性がありますので、感染の予防を行います。 特に、尿路奇形や膀胱尿管逆流がある場合は、尿路感染症の再発予防に、抗菌薬の予防内服を行います。 尿路感染症が疑われた場合 咳や鼻水が無くて、発熱を繰り返す子ども、特に、抗菌薬ですぐに解熱し、1週間もたたないうちに発熱を繰り返す乳幼児は、一度、尿検査をしておきましょう。 尿が取れたら医療機関に持参するか、または医療機関で採尿パックという尿を集める袋がありますので、それで尿を採取しましょう。 【関連記事】•

次の

感染症との戦いが浮き彫りにする「非人間的」な状況

感染 症 と は

感染症とは何? 感染症とは、環境中[大気、水、土壌、動物(人も含む)など]に存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入することで引き起こす疾患です。 私たちの身の回りには、常に目に見えない多くの微生物(細菌、ウイルス、真菌(カビ、酵母等)が存在しています。 その中で、感染症を引き起こす微生物を病原体といいます。 また、回虫や蟯虫(ギョウ虫)のような寄生虫によって起こる寄生虫症も感染症の1つです。 感染は、病原体が人間の体内に侵入、定着し、増殖することで成立します。 感染しても、症状が現れる場合(顕性感染)と,はっきりとした症状が現れない場合(不顕性感染)があります。 不顕性感染者は、知らない間に保菌者(キャリア)となって病原体を排泄し、感染源となって感染を拡げる可能性が高いので、しばしば問題となります。 まずは、目に見えない病原体や寄生虫が、どこから(感染源)、どのように侵入するのか(感染経路)を知ることが、大切です。 感染源について 病原体に感染した人(感染者)・動物・昆虫や、病原体で汚染された物や食品が感染源となります。 具体的には、感染者や感染動物などからの排泄物・嘔吐物・血液・体液など、保菌者(キャリア)や感染動物が触れた物や食品などです。 感染源を隔離したり消毒することなどが、有効な対策方法です。 しかし、病原体に感染していても発症しないキャリア(伝染性病原体(細菌・ウイルスなど)の保菌者)もいるので、十分な対策ができない場合があります。 感染経路について 感染が起こるには、感染源から病原体が人間に侵入しなければなりません。 そのため、感染経路の遮断は、重要な対策の1つとなります。 日常生活において、注意すべき主な感染経路としては、接触(経口)感染、飛沫感染、空気感染(飛沫核感染)の3つが挙げられます。 接触感染とは、皮膚や粘膜の直接的な接触や、手、ドアノブ、手すり、便座、スイッチ、ボタン等の表面を介しての接触で病原体が付着することによる感染のことです。 病原体に汚染された食品・物・手指、病原体を含む汚物・嘔吐物を介して主に口から体内に侵入します。 ノロウイルス、ロタウイルス、腸管出血性大腸菌(O157)、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などによる感染性胃腸炎が代表です。 HIV感染によるエイズ、クラミジアのような性行為による感染症は、血液や体液、粘膜を通して感染する接触感染になります。 病原体を持つ動物に噛まれたり、引っかかれたり、体や糞に触れることによって感染する狂犬病やトキソプラズマなどや、蚊・ノミ・ダニなどに刺されて感染するマラリアや日本脳炎などのように、動物や昆虫を媒介として感染する場合もあります。 飛沫感染とは、咳、くしゃみや会話によって飛んだつばやしぶき(飛沫)に含まれる病原体を吸入することで引き起こされる感染です。 飛沫は直径0. 005mm以上の大きさで、水分を含むため、届く範囲は感染源から1~2m程度と言われています。 そのため、マスクの着用や感染源から距離をとることが有効な対策となります。 飛沫感染で起こる疾病の代表としては、インフルエンザ、風邪症候群、おたふく風邪、風疹などです。 飛沫に含まれる水分が蒸発した直径0. 005mm以下の粒子を飛沫核といい、空間に浮遊して広範囲に広がります。 病原体は埃と共にも浮遊し、これらを吸入することで伝播することを空気感染または飛沫核感染といいます。 ノロウイルス、麻疹ウイルス、結核菌などが空気感染によって感染します。 その他、母親から胎児・新生児に、胎盤や母乳などを介して病原体が直接伝播される母子感染(垂直感染)があります。 感染症の詳細情報について詳しく知りたい方は、をご覧ください。 製品情報• おなかのガスについて• おなかに良いヨガにチャレンジ!• 環境活動• 財務ハイライト• IRライブラリー• 株式情報• 症状別のおなかのトラブル 腹 痛• 軟便・下痢• 便 秘• おなかの張り• 時季によって起こる おなかのトラブル• その他のおなかのトラブル• うんち(便)ってなに?• インフルエンザとは• 新型インフルエンザとは• 対策特別措置法• 製品別のご質問•

次の