ソフトオンデマンド 企画。 営業企画(134287)(応募資格:学歴不問 25歳~35歳くらいまで■営業経験 + 営業戦略の… 雇用形態:正社員)|ソフト・オン・デマンド株式会社の転職・求人情報|エン転職

ソフトオンデマンド: 日記

ソフトオンデマンド 企画

入居するSAN新中野ビル 市場情報 非上場 略称 SOD 本社所在地 〒164-0012 六丁目20番12号 SAN新中野ビル 設立 (7年) 事業内容• オリジナルビデオソフトの卸し• 他社ビデオソフトの仕入・卸し• 他分野メディア(VIDEO-CD、CD-ROM、DVD、海外、CATV、CS、インターネット等)での事業展開• 通信販売 代表者 (社長) 資本金 1億円 売上高 129億円 (2018年3月期) 営業利益 非公開 従業員数 約180名(2020年3月末現在) SOD70名 クリエイト80名 アートワークス30名 決算期 主要株主 高橋雅也() 外部リンク (日本語) ソフト・オン・デマンド株式会社( SOFT ON DEMAND、通称: SOD)は、の流通・販売を担当しているの大手流通業者である。 SODグループの企画・制作を担当している株式会社と直接的な資本関係はない。 概要 [ ] 元々はでもあった。 制作部門の別会社化、さらにメーカーとしてSODクリエイトが独立した後、を中心とする総合販売業(DVDの・動画配信など)に業態変更した。 本社は、近くのSAN新中野ビル。 が取締役社長、日比野正明が会長を務める。 創業者のがである。 来歴 [ ] 非系(インディーズ)企業の代表格で、業界ではトップクラスの売り上げ高を誇っていた。 、高橋がなりにより創業。 で警察から会社及び当時の社長である高橋がなりなどが書類送検されている。 アダルトビデオメーカーとして初めて『 未上場会社版』()に掲載され、3月期には総売上100億を突破するなど、一時は企業の代表格ともされた。 以降アダルトビデオの制作は、が行っている。 映像・パッケージ・編集を主な業務内容としたという会社もある。 SOD自体は、現在商品の営業・物流・新規事業企画、店舗への提案・卸、インターネットやを使った配信、各種販売促進活動など、SODグループの流通・営業・販売活動を行い、グループ各社の持株会社にもなっている。 主力事業であるアダルト関連の他、一般映像作品(アニメ・劇場映画なども含む)の企画・プロデュースも行い、後にグループ外企業の作品の配信・販売も手がけるようになった。 特に物流には業界内でも最先端の技術を導入し、アダルトグッズ()やコンドーム、などアダルトビデオに限らない総合アダルト物流企業へと変身した。 現在は、児童向けアニメ(『』)、、イメージビデオ、食品なども販売している。 関係会社として、SODクリエイトとは別に、、を始めとする多くのメーカーがソフト・オン・デマンド流通から独占販売体制にある。 そのため現在ソフト・オン・デマンドグループとは、SODクリエイトを含む多数の所属AVメーカーを含んだ総称を指す。 また現在では脱退しているが、系メーカーの大手なども、以前はソフト・オン・デマンドグループメーカーの一つであり、メーカー、制作者などソフト・オン・デマンドと何らかのかかわりを持つ関係者は、業界に数多い [ ]。 会社発足当初の勢いは凄まじく、業界内の圧倒的トップにわずか数年で上り詰めたが、その後は勢いに陰りを見せる。 現在AV業界はこのソフト・オン・デマンドグループと、などを擁する()グループが2大勢力として覇権を争っていると言われているが、売り上げでは北都に2倍以上の差を付けられている。 には、に参戦するのメインスポンサーとなった。 これは、パーソナルスポンサーとして支援していたが同チームのドライバーに起用されたことに由来する。 しかし、年間を通して上位進出はおろか完走すらままならない状況が続き、山本と共に1年限りで撤退することとなった。 また、2002年から2006年までは女子にも「SOD女子格闘技道場」として進出し、らを擁した他、最末期のや同時期ののリングスポンサーにもなっていた。 2007年 AV OPENにて、SOD社員と外部スタッフによる6000万円で16000本大量購入が発覚。 当初、優勝が発表されていた「芸能人 琴乃 初・体・験 完全240分 10解禁スペシャル」は失格となる。 この不祥事により、AV OPENは事実上消滅する。 9月、新体制となり自社・グループ内のスクラップ・アンド・ビルドを目標の1つとして掲げている。 その為か、グループ内の各メーカの動向が激しくなっている。 アダルトビデオ制作会社であるが、「STOP STD()」運動を推進しており、株式会社と提携してを発売している。 また「青少年育成協会」に自社を登録していた。 当初、「 全裸シリーズ」は、 を全国展開する によって小売価格1480円で独占販売されていたが、日本ビデオ販売の倒産によりビデオ安売王以外の店舗にも販路を拡大し、2980円の小売価格に設定して売り上げを大きく伸ばし、ソフト市場の成長にも乗じてSODは急成長することになる。 沿革 [ ]• 11月 創業。 初代社長は平田恵介。 当初は日本ビデオ販売(ビデオ安売王)の下請け製作会社であった。 8月 倫理団体「メディア倫理協会」(現・)設立。 3月 直営店舗「オン・デマンド立川店」オープン。 1999年6月 製作・流通部門を「ハムレット」として分社化(2001年「」に社名変更)。 1999年8・10月 ソフト・オン・デマンドの出資で「ディープス」を設立・参入。 以後新メーカーの参入が相次ぐ(参照)。 4月 高橋雅也(がなり)代表取締役就任。 2000年5月 レンタル部門に参入。 2000年8月 デジタルモザイク「 デジモ。 」導入。 3月 「ソフト・オン・デマンド 」としてに参戦。 参戦はこの年のみ。 『』の企画、『企業最』(タイトルは『』のパロディ)で社内が紹介される。 1月 SODアートワークス設立。 2004年6月 Web発注システム「EDI」(エディちゃん)本格導入。 2004年8月 一般アニメ作品『 』発売。 2004年12月 自社製作映画第一弾『 』(主演)公開。 3月 全自動モザイク追跡システム「 」開発。 高橋がなり代表取締役辞任。 2005年5月 「デジエモン」全面導入。 2005年7月 (有限会社典雅)によるアダルトグッズ部門参入。 2005年11月 「 デジエモンMAX」(従来の「デジエモン」よりモザイクの範囲を縮小)導入。 5~6月 との共催でセルAV売上日本一を決める「 」を開催。 参加メーカーはグループメーカーの他、MOODYZ、S1、、ミリオン()、など計16メーカー。 株主総会にてが取締役社長に就任。 株主総会にてが取締役社長に就任。 2013年1月 女性向けアダルトサイト「」オープン。 2016年6月 野本義明が代表取締役社長に就任。 2018年12月 3階スタッフルームだった箇所を改装し、スタジオに転換。 2019年12月 自社発のアダルトグッズ部門「SOD BASARA」ブランド公式サイトオープン。 」表記あり。 (SOD制作部がハムレットを設立し、2001年に現社名に変更)• (2009年8月参入、SOD初の女性向けアダルトビデオメーカー)• (2016年5月参入、SODクリエイトによる女性向けアダルトビデオレーベル)• (株式会社ナチュ、1999年8月参入)• (株式会社ヒロスンエンタテインメント、ナチュラルハイの一部のスタッフが2006年2月に設立、同年8月に参入)• (DANDYの一部のスタッフが2013年9月に設立)• (株式会社エフセット、ヒビノの一部のスタッフが2006年1月に設立)• (2015年5月参入、素人投稿メーカー)• (2016年10月参入、マニア・フェチ系メーカー) 過去 [ ] 撤退・統合・休業のメーカー• (2001年4月SODグループ会社として、SODの出資で設立。 2002年2月に円満独立と同時に販売委託契約を停止。 2002年4月からアウトビジョン()に販売を委託)• (2001年12月SODグループ会社のディープスのスタッフだったとが設立・参入。 2004年9月18日でSODとの取引停止。 後に倒産)• (2002年4月SODグループメーカーとして発足、2004年6月にSODから独立と同時に販売委託契約を停止。 停止後はアウトビジョン()に販売を委託)• (元々はビデ倫の受審だったが、ビデ倫から脱退し2002年12月に参入。 現在は脱退・事業撤退したものと思われる。 (2002年12月参入、コンテンツは「アニメ・オン・デマンド」レーベルへ移行、現在はビネツに統合されている。 (旧・甲斐正明事務所)(旧・甲斐正明事務所設立と同時に2005年1月参入、2007年1月31日をもってSODからの販売を終了)• (2006年11月参入、現在公式サイトにアクセスできない状況から撤退したものと思われる。 (2004年4月「」として参入、同10月製作部門が設立、2008年1月ROCKETを設立)• (2006年9月参入、2009年3月以降の新作リリースがない)• (2008年9月参入、2009年9月以降の新作リリースがない)• (2009年7月参入、SODの新アニメメーカー、2010年9月以降の新作リリースがない)• (2010年5月参入、SODのゲイビデオレーベル、2011年2月以降の新作リリースがない• (2008年9月参入、2011年9月以降の新作リリースがない)• (2004年10月参入、SOD初のアイドルイメージビデオ専門メーカー、2012年12月以降の新作リリースがない)• (2007年1月参入、2014年5月以降の新作リリースがない)• (2007年8月参入、2014年6月以降の新作リリースがない、MISTER内レーベルとして統合)• (2005年にイフリートとして参入し、2012年にmichiruにメーカー名を変更、2014年6月にmichiruと統合)• (2013年11月参入、2014年6月にmichiruと統合)• (2014年6月以降撤退)• (2011年12月参入、2014年9月以降の新作リリースがない)• (2014年10月参入、2015年5月以降の新作リリースがない)• (2009年9月参入、2015年7月以降の新作リリースがない)• (2014年7月参入、2015年10月以降の新作リリースがない、ディープス内レーベルとして統合)• (有限会社ネイチャーエンターテインメント、2007年6月参入、2015年11月にSOSORUと統合)• (2013年3月参入、2015年11月にGARCONと統合)• (2013年1月参入、2015年12月以降の新作リリースがない)• (2007年4月参入、2016年3月をもってSODグループを離脱。 新たにを結成し、アウトビジョン()に販売を委託)• (2010年11月参入、同上)• (2012年10月参入、同上)• (2014年8月参入、2016年4月以降の新作リリースがない)• (株式会社東凛、1999年10月参入、2016年8月をもってSODグループを離脱。 アウトビジョンに販売を委託) SODで委託販売されていたメーカー• SODが販売元となっていたグループ外メーカー• ワンズファクトリー(レンタル向け商品、2006年8月リリース分まで)• (「アロマモードプロジェクト」レーベル)• GLAY'z()(「Lee」レーベル• (レンタル向け商品) 雑誌 [ ] ソフト・オン・デマンドDVD [ ] 「出るまで待てない!! 」として2003年に創刊。 当時はセルビデオ店のみで販売する発売前のAV作品を紹介する冊子だった。 書店売りのため「月刊ソフト・オン・デマンド」に改題。 同時にコンビニエンスストア販売用にDVDを付属した「ソフト・オン・デマンドDVD」を創刊(創刊号は2011年6月号)。 コンビニ用のみが生き残り現在に至る。 元(マイペンライプロダクト)・福田健吾が編集長を務める。 「ソフト・オン・デマンドDVD」2019年3月号および「」2019年3月号では、月刊FANZA編集長・大木テングーとの二誌連動対談が行われた。 2019年8月号を持ち休刊。 2019年9月より新たに「月刊ソフト・オン・デマンド」を創刊(創刊号は10月号)。 詳細は「」を参照。 ニュースサイト [ ] 日刊SODオンライン [ ] アダルトメディアの縮小を受け、2017年4月に情報サイトを開設。 2019年9月11日に大幅リニューアルし「日刊SODオンライン」としてオープン。 上記『ソフト・オン・デマンドDVD』の過去の連載 、インタビュー記事、独自のイベントレポートなどを配信する。 アダルト以外の商業展開 [ ]• (2010年 - 2015年)渋谷、秋葉原に展開した肩の店舗• 女子社員酒場(2018年 - )秋葉原に2018年5月3日オープン した立ち飲み店舗。 平日はをイメージした立ち飲み店。 土日祝日はAV女優のイベントを開催している。 旧称は「立ち飲み!SOD女子社員」で8月1日から現在の店名となる。 2019年5月には新中野本社に「SyainBar SOD女子社員」をオープン。 デラべっぴん編集部 2018年12月9日. デラべっぴんR. 2018年12月14日閲覧。 SOD BASARA SODから生まれたグッズブランド. 2019年12月17日閲覧。 [ ]• oyajinokosatsu -• 2017-04-012019-09-25 2017年4月1日. 日刊SODオンライン. 2019年11月3日閲覧。 日刊SOD編集部 2019年9月2日. 2019年11月3日閲覧。 2019-09-062019-09-26 2019年9月6日. 日刊SODオンライン. 2019年11月3日閲覧。 日本語. しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!. 2018年6月18日閲覧。 TOKYO HEADLINE 2019年5月17日. 2019年8月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 『帝国データバンク会社年鑑 88版 2008東日本』() 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

CR豊丸とソフトオンデマンドの最新作|スペック・攻略情報

ソフトオンデマンド 企画

入居するSAN新中野ビル 市場情報 非上場 略称 SOD 本社所在地 〒164-0012 六丁目20番12号 SAN新中野ビル 設立 (7年) 事業内容• オリジナルビデオソフトの卸し• 他社ビデオソフトの仕入・卸し• 他分野メディア(VIDEO-CD、CD-ROM、DVD、海外、CATV、CS、インターネット等)での事業展開• 通信販売 代表者 (社長) 資本金 1億円 売上高 129億円 (2018年3月期) 営業利益 非公開 従業員数 約180名(2020年3月末現在) SOD70名 クリエイト80名 アートワークス30名 決算期 主要株主 高橋雅也() 外部リンク (日本語) ソフト・オン・デマンド株式会社( SOFT ON DEMAND、通称: SOD)は、の流通・販売を担当しているの大手流通業者である。 SODグループの企画・制作を担当している株式会社と直接的な資本関係はない。 概要 [ ] 元々はでもあった。 制作部門の別会社化、さらにメーカーとしてSODクリエイトが独立した後、を中心とする総合販売業(DVDの・動画配信など)に業態変更した。 本社は、近くのSAN新中野ビル。 が取締役社長、日比野正明が会長を務める。 創業者のがである。 来歴 [ ] 非系(インディーズ)企業の代表格で、業界ではトップクラスの売り上げ高を誇っていた。 、高橋がなりにより創業。 で警察から会社及び当時の社長である高橋がなりなどが書類送検されている。 アダルトビデオメーカーとして初めて『 未上場会社版』()に掲載され、3月期には総売上100億を突破するなど、一時は企業の代表格ともされた。 以降アダルトビデオの制作は、が行っている。 映像・パッケージ・編集を主な業務内容としたという会社もある。 SOD自体は、現在商品の営業・物流・新規事業企画、店舗への提案・卸、インターネットやを使った配信、各種販売促進活動など、SODグループの流通・営業・販売活動を行い、グループ各社の持株会社にもなっている。 主力事業であるアダルト関連の他、一般映像作品(アニメ・劇場映画なども含む)の企画・プロデュースも行い、後にグループ外企業の作品の配信・販売も手がけるようになった。 特に物流には業界内でも最先端の技術を導入し、アダルトグッズ()やコンドーム、などアダルトビデオに限らない総合アダルト物流企業へと変身した。 現在は、児童向けアニメ(『』)、、イメージビデオ、食品なども販売している。 関係会社として、SODクリエイトとは別に、、を始めとする多くのメーカーがソフト・オン・デマンド流通から独占販売体制にある。 そのため現在ソフト・オン・デマンドグループとは、SODクリエイトを含む多数の所属AVメーカーを含んだ総称を指す。 また現在では脱退しているが、系メーカーの大手なども、以前はソフト・オン・デマンドグループメーカーの一つであり、メーカー、制作者などソフト・オン・デマンドと何らかのかかわりを持つ関係者は、業界に数多い [ ]。 会社発足当初の勢いは凄まじく、業界内の圧倒的トップにわずか数年で上り詰めたが、その後は勢いに陰りを見せる。 現在AV業界はこのソフト・オン・デマンドグループと、などを擁する()グループが2大勢力として覇権を争っていると言われているが、売り上げでは北都に2倍以上の差を付けられている。 には、に参戦するのメインスポンサーとなった。 これは、パーソナルスポンサーとして支援していたが同チームのドライバーに起用されたことに由来する。 しかし、年間を通して上位進出はおろか完走すらままならない状況が続き、山本と共に1年限りで撤退することとなった。 また、2002年から2006年までは女子にも「SOD女子格闘技道場」として進出し、らを擁した他、最末期のや同時期ののリングスポンサーにもなっていた。 2007年 AV OPENにて、SOD社員と外部スタッフによる6000万円で16000本大量購入が発覚。 当初、優勝が発表されていた「芸能人 琴乃 初・体・験 完全240分 10解禁スペシャル」は失格となる。 この不祥事により、AV OPENは事実上消滅する。 9月、新体制となり自社・グループ内のスクラップ・アンド・ビルドを目標の1つとして掲げている。 その為か、グループ内の各メーカの動向が激しくなっている。 アダルトビデオ制作会社であるが、「STOP STD()」運動を推進しており、株式会社と提携してを発売している。 また「青少年育成協会」に自社を登録していた。 当初、「 全裸シリーズ」は、 を全国展開する によって小売価格1480円で独占販売されていたが、日本ビデオ販売の倒産によりビデオ安売王以外の店舗にも販路を拡大し、2980円の小売価格に設定して売り上げを大きく伸ばし、ソフト市場の成長にも乗じてSODは急成長することになる。 沿革 [ ]• 11月 創業。 初代社長は平田恵介。 当初は日本ビデオ販売(ビデオ安売王)の下請け製作会社であった。 8月 倫理団体「メディア倫理協会」(現・)設立。 3月 直営店舗「オン・デマンド立川店」オープン。 1999年6月 製作・流通部門を「ハムレット」として分社化(2001年「」に社名変更)。 1999年8・10月 ソフト・オン・デマンドの出資で「ディープス」を設立・参入。 以後新メーカーの参入が相次ぐ(参照)。 4月 高橋雅也(がなり)代表取締役就任。 2000年5月 レンタル部門に参入。 2000年8月 デジタルモザイク「 デジモ。 」導入。 3月 「ソフト・オン・デマンド 」としてに参戦。 参戦はこの年のみ。 『』の企画、『企業最』(タイトルは『』のパロディ)で社内が紹介される。 1月 SODアートワークス設立。 2004年6月 Web発注システム「EDI」(エディちゃん)本格導入。 2004年8月 一般アニメ作品『 』発売。 2004年12月 自社製作映画第一弾『 』(主演)公開。 3月 全自動モザイク追跡システム「 」開発。 高橋がなり代表取締役辞任。 2005年5月 「デジエモン」全面導入。 2005年7月 (有限会社典雅)によるアダルトグッズ部門参入。 2005年11月 「 デジエモンMAX」(従来の「デジエモン」よりモザイクの範囲を縮小)導入。 5~6月 との共催でセルAV売上日本一を決める「 」を開催。 参加メーカーはグループメーカーの他、MOODYZ、S1、、ミリオン()、など計16メーカー。 株主総会にてが取締役社長に就任。 株主総会にてが取締役社長に就任。 2013年1月 女性向けアダルトサイト「」オープン。 2016年6月 野本義明が代表取締役社長に就任。 2018年12月 3階スタッフルームだった箇所を改装し、スタジオに転換。 2019年12月 自社発のアダルトグッズ部門「SOD BASARA」ブランド公式サイトオープン。 」表記あり。 (SOD制作部がハムレットを設立し、2001年に現社名に変更)• (2009年8月参入、SOD初の女性向けアダルトビデオメーカー)• (2016年5月参入、SODクリエイトによる女性向けアダルトビデオレーベル)• (株式会社ナチュ、1999年8月参入)• (株式会社ヒロスンエンタテインメント、ナチュラルハイの一部のスタッフが2006年2月に設立、同年8月に参入)• (DANDYの一部のスタッフが2013年9月に設立)• (株式会社エフセット、ヒビノの一部のスタッフが2006年1月に設立)• (2015年5月参入、素人投稿メーカー)• (2016年10月参入、マニア・フェチ系メーカー) 過去 [ ] 撤退・統合・休業のメーカー• (2001年4月SODグループ会社として、SODの出資で設立。 2002年2月に円満独立と同時に販売委託契約を停止。 2002年4月からアウトビジョン()に販売を委託)• (2001年12月SODグループ会社のディープスのスタッフだったとが設立・参入。 2004年9月18日でSODとの取引停止。 後に倒産)• (2002年4月SODグループメーカーとして発足、2004年6月にSODから独立と同時に販売委託契約を停止。 停止後はアウトビジョン()に販売を委託)• (元々はビデ倫の受審だったが、ビデ倫から脱退し2002年12月に参入。 現在は脱退・事業撤退したものと思われる。 (2002年12月参入、コンテンツは「アニメ・オン・デマンド」レーベルへ移行、現在はビネツに統合されている。 (旧・甲斐正明事務所)(旧・甲斐正明事務所設立と同時に2005年1月参入、2007年1月31日をもってSODからの販売を終了)• (2006年11月参入、現在公式サイトにアクセスできない状況から撤退したものと思われる。 (2004年4月「」として参入、同10月製作部門が設立、2008年1月ROCKETを設立)• (2006年9月参入、2009年3月以降の新作リリースがない)• (2008年9月参入、2009年9月以降の新作リリースがない)• (2009年7月参入、SODの新アニメメーカー、2010年9月以降の新作リリースがない)• (2010年5月参入、SODのゲイビデオレーベル、2011年2月以降の新作リリースがない• (2008年9月参入、2011年9月以降の新作リリースがない)• (2004年10月参入、SOD初のアイドルイメージビデオ専門メーカー、2012年12月以降の新作リリースがない)• (2007年1月参入、2014年5月以降の新作リリースがない)• (2007年8月参入、2014年6月以降の新作リリースがない、MISTER内レーベルとして統合)• (2005年にイフリートとして参入し、2012年にmichiruにメーカー名を変更、2014年6月にmichiruと統合)• (2013年11月参入、2014年6月にmichiruと統合)• (2014年6月以降撤退)• (2011年12月参入、2014年9月以降の新作リリースがない)• (2014年10月参入、2015年5月以降の新作リリースがない)• (2009年9月参入、2015年7月以降の新作リリースがない)• (2014年7月参入、2015年10月以降の新作リリースがない、ディープス内レーベルとして統合)• (有限会社ネイチャーエンターテインメント、2007年6月参入、2015年11月にSOSORUと統合)• (2013年3月参入、2015年11月にGARCONと統合)• (2013年1月参入、2015年12月以降の新作リリースがない)• (2007年4月参入、2016年3月をもってSODグループを離脱。 新たにを結成し、アウトビジョン()に販売を委託)• (2010年11月参入、同上)• (2012年10月参入、同上)• (2014年8月参入、2016年4月以降の新作リリースがない)• (株式会社東凛、1999年10月参入、2016年8月をもってSODグループを離脱。 アウトビジョンに販売を委託) SODで委託販売されていたメーカー• SODが販売元となっていたグループ外メーカー• ワンズファクトリー(レンタル向け商品、2006年8月リリース分まで)• (「アロマモードプロジェクト」レーベル)• GLAY'z()(「Lee」レーベル• (レンタル向け商品) 雑誌 [ ] ソフト・オン・デマンドDVD [ ] 「出るまで待てない!! 」として2003年に創刊。 当時はセルビデオ店のみで販売する発売前のAV作品を紹介する冊子だった。 書店売りのため「月刊ソフト・オン・デマンド」に改題。 同時にコンビニエンスストア販売用にDVDを付属した「ソフト・オン・デマンドDVD」を創刊(創刊号は2011年6月号)。 コンビニ用のみが生き残り現在に至る。 元(マイペンライプロダクト)・福田健吾が編集長を務める。 「ソフト・オン・デマンドDVD」2019年3月号および「」2019年3月号では、月刊FANZA編集長・大木テングーとの二誌連動対談が行われた。 2019年8月号を持ち休刊。 2019年9月より新たに「月刊ソフト・オン・デマンド」を創刊(創刊号は10月号)。 詳細は「」を参照。 ニュースサイト [ ] 日刊SODオンライン [ ] アダルトメディアの縮小を受け、2017年4月に情報サイトを開設。 2019年9月11日に大幅リニューアルし「日刊SODオンライン」としてオープン。 上記『ソフト・オン・デマンドDVD』の過去の連載 、インタビュー記事、独自のイベントレポートなどを配信する。 アダルト以外の商業展開 [ ]• (2010年 - 2015年)渋谷、秋葉原に展開した肩の店舗• 女子社員酒場(2018年 - )秋葉原に2018年5月3日オープン した立ち飲み店舗。 平日はをイメージした立ち飲み店。 土日祝日はAV女優のイベントを開催している。 旧称は「立ち飲み!SOD女子社員」で8月1日から現在の店名となる。 2019年5月には新中野本社に「SyainBar SOD女子社員」をオープン。 デラべっぴん編集部 2018年12月9日. デラべっぴんR. 2018年12月14日閲覧。 SOD BASARA SODから生まれたグッズブランド. 2019年12月17日閲覧。 [ ]• oyajinokosatsu -• 2017-04-012019-09-25 2017年4月1日. 日刊SODオンライン. 2019年11月3日閲覧。 日刊SOD編集部 2019年9月2日. 2019年11月3日閲覧。 2019-09-062019-09-26 2019年9月6日. 日刊SODオンライン. 2019年11月3日閲覧。 日本語. しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!. 2018年6月18日閲覧。 TOKYO HEADLINE 2019年5月17日. 2019年8月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 『帝国データバンク会社年鑑 88版 2008東日本』() 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

「ソフトオンデマンド」海の家プロレス

ソフトオンデマンド 企画

本命馬の着順が安定してくれば秋のGI戦線の成績も少しは良くなるかもな?。 それにしても彼の流出ビデオとか、ジョーカーさんが一番喜びそうなネタだよな。 大日本プロレス海の家イベントという事で改札されたソフトオンデマンド海の家プロレス。 昨日ダブプロレスで広島にいた俺と貴さんは、寝る間もなく朝7時の新幹線に乗り江ノ島まで直行、約4時間半の移動! 江ノ島に到着すると、天気はやや曇りで。 news selected entries• 115• 140• 213• 200• 222• 181• 140 recent comment•

次の