明日葉 栄養。 明日葉の青汁効果をケールと比較!カルコン効能はウソ!?

明日葉の青汁効果をケールと比較!カルコン効能はウソ!?

明日葉 栄養

カテゴリー:• 明日葉( アシタバ)は、日本を原産とする植物で、 栄養価が高い事から 青汁の原料ともなっています。 青汁になっているだけあって明日葉(アシタバ)には様々な 効果・効能があります。 そんな明日葉の効果・効能を纏めてみました。 明日葉(アシタバ) 明日葉とは、数少ない 日本を原産とするセリ科シシウド属の植物で、房総半島や三浦半島などの暖かい太平洋沿岸に自生しおり、寒さに弱い野菜ですが、近年では改良され寒い地域でも育つ明日葉の品種もでております。 明日葉は昔から葉と茎は食用にされ不老長寿の妙薬とされてきました。 また中国では薬用としても使われています。 明日葉は独特の苦みと特有の香りがあるのが特徴です。 (実際に生えてくるのは4-5日かかりますが早い方です。 )この様に生命力が強い野菜なので年中収穫することが出来ますが、旬は2-4月の新芽の時期がお勧めです。 明日葉の栄養価 明日葉には、や、、、、、鉄などの類やなど、優れた働きを持つが豊富に含まれております。 他にも明日葉特有のポリフェノールの一種である フラボノイドのカルコンやクマリンが豊富に含まれています。 カルコンは非常に強い抗酸化力だけでなく、動脈硬化の予防や糖尿病の予防などの様々な効果があります。 特に優れているのが栄養価が カルコン 明日葉の茎を切ると黄色いネバネバとした汁がにじみ出てくるのですが、この汁にポリフェノールの1種のカルコンは含まれており(カルコンを含んでいる植物は2~3種ほどしかない)、話題の活性酸素を減少させる効果があります。 カルコンは今現在でも研究されている注目の成分でもあります。 現段階では胃酸の分泌を抑える作用や抗菌作用があります。 ビタミン 明日葉には、ビタミンが豊富で、特にビタミンB群は多く含まれており、その中でも新陳代謝や成長には欠かせないビタミンB2の含有量は多いです。 カリウム バナナの1. 5倍~4倍の量が含まれておりムクミ防止に役立ちます。 明日葉100g当たりの栄養価 エネルギー 33kcal 60mg タンパク質 3. 3g 540mg 炭水化物 6. 7g 65mg 脂質 0. 1g 1. 1mg 0. 6mg 0. 24mg 0. 16mg 1. 4mg 食物繊維総量 5. 6g 0. 92mg 41mg 明日葉の効果・効能 活性酸素を除去する成分が含まれていますから様々な効果に期待が出来ます。 動脈硬化予防 明日葉特有のフラボノイドであるカルコンには、内臓脂肪を減少させる働きがあり、内臓脂肪を減少させることにより善玉ホルモンであるアディポネクチンの分泌を活発にする作用があります。 アディポネクチンはインスリン感受性の亢進や動脈硬化の抑制、抗炎症など様々の作用があることから、カルコンの摂取は血中コレステロールの減少に働くと考えられています。 他にもカルコンには強い抗酸化作用があり、血中の脂肪の酸化を防ぎ動脈硬化の予防に繋がります。 高血圧予防 明日葉に含まれるカリウムには、余分なナトリウムを体外に排出する働きがあるため、血圧を下げ高血圧を予防する効果があります。 カルコンも高血圧予防に役立ちます、カルコンには内臓脂肪を減少させる働きがあるため、善玉ホルモンであるアディポネクチンの分泌が活発になりインスリン感受性が改善されることによって高血圧予防に繋がります。 糖尿病予防 明日葉に含まれるカルコンには内臓脂肪を減少させる働きがあるため、善玉ホルモンであるアディポネクチンの分泌が活発になりインスリン感受性が改善され、インスリンの働きを正常にすることから糖尿病予防に繋がります。 便秘解消 食物繊維が豊富なので便秘解消に効果があります。 またカルコンには活性酸素を除去する作用があるので老化防止効果もあります。 ムクミの改善 明日葉に含まれるクマリンとルテオリンには利尿作用とカリウムの働きにより、むくみが改善されます。 まとめ 明日葉の栄養価は高く様々な効果があります、なかなか野菜で食べるのは難しい人も多いので、青汁などのサプリメント等で摂取すれば簡単に高い栄養価を摂取することが出来ます。 この記事に関連する記事• クマザサ(隈笹)は青汁の原料などで注目をされています。 クマザサには意外かと思う方がいるかもしれませんが、実は栄養価が高く注目を浴びている植物なのです。 […]• 長命草(ちょうめいそう)は、ここ最近、青汁の原料としてもケール、大麦若葉に次いで人気があり聞いたことがある人も多いかも知れもしれません。 名前からして体 […]• 野菜と果物はどちらも栄養価が高く、効果が多いことでも知られています。 今回は、この2つの違いや特徴についてお話します。 野菜と果物の栄養素や効果の違 […]• 肌のむくみの改善や美肌効果に良いとされている、そんな女性に嬉しい成分がたくさん含まれている「クランベリー」をご存知ですか?まだ知らなかった、という方は […]• 中華料理には欠かせないチンゲンサイですが、どのような栄養があるか知っていますか? 癖がなく、いろいろな料理に使いやすい野菜なので、ぜ […]• モロヘイヤは名前は知っているけれど、あまり意識して食べたことがないという人も多いのではないでしょうか。 実は、あの三大美女のクレオパトラも好んで食してい […]• その名の通り野菜の若葉を集めたベビーリーフ。 流行に敏感な若い女性を中心に人気ですが、なぜそんなに好まれているのでしょうか。 好まれているには訳があるので […]• ヨモギ(蓬)と聞いてまず思いつくのが草餅やよもぎ餅かと思います、ヨモギは意外にも栄養成分の高く様々な効果、効能があるといわれています。 栄養成分も高い事 […].

次の

あしたば アシタバ 明日葉

明日葉 栄養

生活習慣病すべてに対して効果が期待できます。 明日葉の特徴は、茎や根を切ると黄色いネバネバした汁がにじみ出てきます。 この黄色い汁の色素成分が明日葉の特徴で、他の植物に見られない カルコンという有効成分です。 明日葉の濃い緑色は、色素成分によるもので、殺菌作用や皮膚の病気に有効だと考えられています。 また、ほうれん草の1. 3倍と豊富なカロテンは、粘膜の保護などするの働きを助けます。 最近は、サプリメントやあしたば青汁など市販の商品も増え、ジュースバーなどで手軽に明日葉ドリンクを飲むことが出来るようになりました。 明日葉の調理は、比較的簡単なので、家庭でも取り入れてみましょう。 硬い軸を取り、塩を少々入れた熱湯で茹でて、お浸しや和え物にするのが一般的です。 明日葉(あしたば)の注目成分• 、、、、、、カルコン 明日葉の主な栄養成分(可食部100gあたり) カルコンの効能効果 明日葉のガン予防効果 明日葉のカルコン類には、細胞のガン化を促進する発ガンプロモーターという物質の働きを抑制させる効果があることが確認されています。 マウスによる実験において、カルコンをあらかじめ投与されたマウスの皮膚ガンと肺ガンの発生が、かなりの率で抑えられたと報告されています。 明日葉の坑エイズ作用 エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスが、体内の免疫細胞を死滅させるため、様々な感染症をひきおこし、死に至らしめる病気です。 カルコンには、このHIVの増殖を強く抑制する効果が認められました。 明日葉の花粉症予防効果 独特の香りや苦味のもとであるカルコンは、アレルギーの原因となる化学物質を抑えて、その症状を緩和する働きがあり、花粉症予防などに効果が期待できます。 明日葉の抗菌作用 カルコンには、皮膚病の原因のひとつとされる黄色ブドウ球菌と表皮ブドウ球菌などに対する抗菌効果が確認されています。 アレルギー性皮膚疾患の多くは、これらの菌による二次感染によるものとの報告もあり、カルコンの抗菌作用は、抗生物質に匹敵するほど効果があることが確認されています。 このほか、カルコンには胃酸の分泌を抑えて潰瘍を予防する、血栓を予防するといった薬効も確認されています。 明日葉の有効成分は、カルコンだけではありません。 や鉄分などの、カロテン、や などのビタミン群が豊富に含まれています。 明日葉に含まれるは、体内の余分なの排出を促進し、水分代謝を活発にするため、むくみや高血圧の予防効果が期待できます。 明日葉は、てんぷら、お浸し、あえ物、みそ汁の具などにして美味しくいただけますので、積極的に利用していただきたい食材です。 あしたばの食べ方 特有の香りと苦みがあるので、ゆでてサッと水にさらしてから調理すると良いでしょう。 ごま和えや天ぷらは、苦みがほど良く合って美味しくいただける一品になります。 たくさんあるときは、油で炒めて砂糖と醤油で炒り煮にしておくと、はし休めに美味しくいただけます。

次の

アシタバ

明日葉 栄養

明日葉(あしたば)の栄養素・栄養成分 明日葉(あしたば)は、 野菜の中でも ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な上、 それらがとてもバランスよく含まれています。 また植物としては 良質のタンパク質を 含有していることがわかっています。 大根の葉や小松菜の約1. 5倍、 春菊やほうれん草の約2倍以上です。 明日葉の代表的な栄養素と言っても おかしくありません。 かぼちゃやニラの約1. 5倍 ケールやクレソンの約2倍以上です。 そのため 約5本(75g)で 1日補えますが、 そんなに食べれえない方は 他の や、 などがお勧めです。 ベータカロテン、ビタミンAについて の記事に詳しくまとめてあります。 また、ビタミンA・ベータカロテンの サプリメントに興味のある方は、 の記事を参考にしてみてください。 明日葉(あしたば)の栄養素・栄養成分:食物繊維 青汁の主材料にも使われる明日葉は、 その 食物繊維の含有量も 野菜の中でトップクラス。 明日葉100gあたりの食物繊維含有量は5. 6g 明日葉1本あたりだと0. 84gで、 これは 人参やほうれん草 また同じく青汁の主材料として使われることの多い ケールの約2倍の含有量ということになります。 ご存知の通り 食物繊維は 整腸作用に高い効果を発揮する栄養素です。 明日葉(あしたば)の栄養素・栄養成分:カルコン 明日葉だけが持つ 特有の栄養素「カルコン」は、 葉や茎を切ったときに出てくる 黄色い粘々とした 液体に含まれているもので、 1本の茎からわずか数mgしか採れない 貴重なフラボノイド系ポリフェノールです。 この「数mg」と 幅を持たせた表現になっているのは、 季節や部位によって 同じ明日葉でもカルコンの 含有量が異なる為で、 5~7月の明日葉が 最もカルコン含有量が高いと 言われています。 明日葉(あしたば)の栄養素・栄養成分:カリウム 明日葉には100gあたり540mgもの カリウムが含まれており、 これは1本あたりだと 81mgの含有量ということになります。 この含有量は 野菜類の中でもトップクラスに入り、 バジルやセロリの約1. 2倍 やキャベツの約2. 5倍以上です。 は 女性で2600mg以上とされています。 明日葉(あしたば)の効果・効能 明日葉の栄養素がわかったところで、 具体的な効果効能についてご紹介します。 明日葉(あしたば)でガン予防 明日葉特有の成分カルコンは、 前述の通りフラボノイド系ポリフェノールであり、 強い抗酸化作用を持ちます。 体内で発生する活性酸素は 細胞を錆びさせて 老化を引き起こすだけでなく、 癌細胞の成長を 促進させてしまいかねませんが、 カルコンの持つ効果酸化作用が それを抑制してくれるわけです。 そのうえカルコンには 細胞の癌化を促進する 「発がんプロモーター」という 物質の働きを抑制する 効能もあることが分かりました。 明日葉(あしたば)でダイエット効果 明日葉(あしたば)には 「クマリン類」と呼ばれる成分が複数、 それもバランス良く含まれており、 これがセルライトを解消する 効果を発揮します。 また前述のカルコンにも 脂肪燃焼効果がありますし、 豊富な食物繊維が 整腸作用を及ぼし 体内の老廃物を 速やかに排出してくれるため、 これらの作用から ダイエットにも良いとされているのです。 明日葉特有の成分カルコンは 脂肪を燃焼しインスリンのはたらきを サポートしてくれる 「アディポネクチン」を増やします。 それにより 血糖値が低下するため、 のです。 このことから、 肌荒れ、かさつき、 シミなどを改善する効能が期待されます。 肌のカサつきや肌荒れを 改善する効果があると 期待されています。 他にも、や も含まれていて、 色々なビタミンの働きで 美肌になる効果があります。 美肌については、 の記事に肌に良い食べ物や食材を まとめましたので、読んでみてください! 明日葉(あしたば)で認知症を改善する効果! 明日葉には、 神経成長因子の産生を促す 働きがあると言われています。 神経成長因子が増えると 神経細胞の分化の促進や神経細胞の維持、 脳神経の損傷の修復 脳が老化した脳の機能回復などの 効能が期待されます。 このことから アルツハイマー型の認知症や の合併症でもある 神経障害の予防や 治療に役立つとされています。

次の