不機嫌 な 果実 ドラマ。 不機嫌な果実 最終回ネタバレ!みんなハッピーになり不倫は卒業へ!

ドラマ不機嫌な果実のキャストや相関図とあらすじネタバレを紹介

不機嫌 な 果実 ドラマ

夫婦関係は冷え切りそれが原因で他の男に走る。 一人息子を溺愛しており、嫁である麻也子に辛く当たっている。 容姿がいまいちな高収入の夫を持ち、子供がいます。 主婦モデル、人気ブロガーとしても活躍しています。 夫に求めるのは収入だけで家族には内緒でスポーツインストラクターと不倫しています。 一目ぼれした人妻と不倫をすることに。 家庭を大事にしているが、妻のことはすべて把握しているなど変わった一面もある。 得意案件は,離婚訴訟などの夫婦間トラブル。 知識の疎い麻也子をさげすみ,パワハラな態度で接してくる。 エリートな人生を歩み、傲慢な性格。 妻に対しては冷めた態度を取るが、その一方母親にはべったり。 大手広告代理店に勤務し、羽振りもよく、既婚者にもかかわらず、女性関係が派手で常に複数の女性とお付き合いしています。 コンサートチケットの手配依頼を口実に電話してきた麻也子と、数年ぶりに再会し、再び麻也子と男女の関係を深めていくことになります。 関連記事 「不機嫌な果実」の主題歌・音楽情報 主題歌 アーティスト:斉藤和義(さいとうかずよし) 楽曲名:マディウォーター 発売日:2016年5月25日 本ドラマのために書き下ろされたオリジナル曲です。 斉藤和義さんにとっては45枚目のシングルとなります。 ドラマは、小説家・林真理子さんの不倫小説「不機嫌な果実」を原作とした作品です。 1997年にもドラマ化されており、当時の主題歌はUAさんの「悲しみジョニー」でした。 人気作品の再ドラマ化になりますが、1997年と現在とでは時代背景も違い、キャストも異なるので「悲しみジョニー」とは、また違った魅力のある楽曲となっています。 購入するには? Amazon CD Amazon MP3 iTunes 斉藤和義 J-Pop ¥250 斉藤和義とは? 活動期間 1993年~ 音楽性 斉藤和義さんはテレビのオーディション番組を勝ち抜いてデビューを果たしました。 音楽を始めたきっかけは、小学校6年の時に母親が買ってくれたアコースティック・ギターだそうで、そのせいか彼の創りだす曲にはフォークソングの影響を思わせるものが多数あります。 デビュー当時のキャッチフレーズは「四畳半じゃ狭すぎる」で、ここからもフォークソングを意識しつつも、そこだけに留まらない意気込みが感じられます。 デビュー15年目に結婚情報誌「ゼクシィ」のテレビCM曲に採用された「ウエディング・ソング」が話題となり、その後CMなどの多くのタイアップ曲を手掛けることになりました。 また、これ以降もオリコンチャート上位にランクインし、日本レコード大賞優秀作品賞受賞、紅白歌合戦に出場するなど、まさに人気と実力を備えたアーティストなっています。 お薦めソング Amazon CD.

次の

ドラマ不機嫌な果実のキャストや相関図とあらすじネタバレを紹介

不機嫌 な 果実 ドラマ

工藤通彦(市原隼人)は麻也子(栗山千明)に母親の田中早苗(名取裕子)に会って欲しいと言って自宅を訪ねます。 しかし、早苗は航一(稲垣吾郎)が入院していた時に出会っており、旦那がいることを知っていました。 まさか息子が不倫をしている女を連れてくることに驚きを隠せず、さらに離婚がまだ成立していないこと大激怒。 麻也子は「本当に申し訳ありません!」と言ってその場を立ち去ります。 通彦は麻也子を追いかけて「誰に何を言われようと結婚をする!」と言いますが「ご両親のお怒りは分かるよ。 これが普通だと思う。 しかし通彦は麻也子のことをまっすぐに見つめて「絶対に結婚をする!一緒にイタリアに行こう!」と言い、麻也子はそれに応じるのでした。 不倫ネタって本当にタイムリーな話ですね..。 今まで親から反対されたことがなかったのに「不倫はどうしてダメなんだ!」…て当たり前だろってね。 そんなことも分からないくらい通彦は甘やかされて育てられてきたんだろうなー。 なんか、通彦と航一のキャラがいきなり被りだしてきたような。 結局、好きになるタイプは皆同じということなのか。 麻也子はとりあえず航一がいる自宅に帰ります。 部屋でパズルをしていた航一(稲垣吾郎)は「おかえり」と迎え入れ「彼と結婚するの?」と聞きます。 麻也子が「そのつもりだよ。 」と答えると賞状入れを差し出し「用意しておいたよ。 卒業証書。 」と渡すのでした。 すでに離婚届に署名しハンコが押されていました。 航一は麻也子の親友の久美と不倫関係にあったことを謝罪。 これが麻也子への最後のプレゼントだと。 麻也子は「どうして記憶喪失になったの?」と聞きます。 航一は気を惹こうとしていたわけではなく、何もかも忘れてゼロから始めたかったと思っていたのです。 そして、指一本触れてもらえなかった理由も明らかに。 3年前、二人が抱き合っていると麻也子はいびきをかいて寝てしまったのです。 そのことが航一にとっては大きなショックを受けて、心に大きな傷を負ってしまったのです。 このことがトラウマになってしまっていたのです。 麻也子にとっては「そんなことで…」という理由でしたが航一にとっては大きな理由だったのです。 航一は気が狂ったかのように笑い出し泣き出します。 そこに母親の綾子(萬田久子)が現れ「あなたはもう行って、早く!」と逃がしたのでした。 外に出た麻也子は結婚指輪を外します。 出た、卒業証書。 これは製作陣、絶対に狙ってるでしょう。 普通に離婚届でいいのにわざわざ入れ物まで用意して卒業証書にしてしまうのが悪意を感じてしまいます(笑) それにしても、いびきをかいて寝ていたことにショックを受けるとは…。 まあ、確かにショックか。 でもそれだけ疲れていたってことでしょう。 それくらい多めに見てやってもいいのでは。 そして航一も不倫に走ってしまったというわけか。 麻也子は離婚届を提出して通彦との甘い生活を始めることに。 部屋で通彦がモーツァルトの話をしますが麻也子は心のそこから安心することができませんでした。 心の奥に航一の姿があったのです。 通彦は結婚式を挙げたいといいますが、麻也子はあまり乗り気ではありません。 ある日、勤め先の法律事務所の所長が麻也子が不倫して離婚をしたことを知ってしまいます。 離婚専門の弁護士でやってるのにスタッフが不倫で離婚をしたのは大問題になると騒いでいます。 その頃、航一は通彦の母親の田中早苗と会っています…。 航一は何を企んでいるのかな?もう最終回ですよ。 何かするにしても時間が無さ過ぎます。 と言っても離婚届を提出したしすでに赤の他人。 今更、何をしようとしているのか…。 スポンサードリンク 麻也子は仕事帰りに野村健吾(成宮寛貴)とバッタリと会ってしまいます。 野村「久しぶり!よかったら久しぶりに食事しない?」 麻也子「ゴメンなさい。 私、通彦さんと結婚することになったの。 」 驚きを隠せない野村ですがお祝いをしないといけないねと上手く切り替えす麻也子と食事をすることに。 そこで、久美と航一が不倫をしていた事実を知り、二人はあれ以来、話をしていないと…。 玲子は久美のワインバーで飲んでいます。 と、そこに野村が麻也子を連れて現れます。 麻也子は気まずいので帰ろうとしますが野村は「一杯だけ付き合ってよ!」と。 久美は麻也子に「本当にゴメンなさい」と謝り、麻也子は「もういいよ。 このやり取りを見ていた野村は「女の子って本当のに腹割って話さないよね。 」とヤジを入れます。 すると二人はエスカレートし言い争いになり麻也子は思わず久美のことをビンタ。 取っ組み合いの争いになりますが、野村は笑っています。 そして玲子も巻き込んで取っ組み合いになりワインが二人の服に…。 すると3人は笑い出します。 野村もいいヤツだねー。 壊れた親友の仲をうまいこと修復させたじゃないですか。 わざとヤジを入れて本音で話し合いをさせることで関係を修復されるってなかなか出来ることではないですね。

次の

不機嫌な果実のドラマ1997【石田ゆり子主演】フル動画を無料視聴する方法

不機嫌 な 果実 ドラマ

人気作家・氏が約20年前に主婦の不倫を描き、センセーションを巻き起こした小説『不機嫌な果実』が、4月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜 後11:15)で連続ドラマ化されることが2月29日、わかった。 泥沼愛憎劇を演じるのは、初共演となる女優の(31)と(29)。 林氏は「20年ぶりにドラマ化されてうれしいです。 普通の主婦があっけらかんとそれほど罪悪感もなしに不倫をすることに当時は物議を醸し出しましたが、今こそピッタリの作品です」と期待を寄せている。 女の業を描かせたら右に出る者はいない林氏が1996年に上梓し、その翌年にはドラマ化、映画化されたベストセラー小説が、連続ドラマとなってよみがえる。 約20年の間に、家族や就労など女性を取り巻く社会環境が変化し、価値観も変わる中で、変わらないのは理屈では割り切れない男女の恋情。 今回のドラマ化にあたっては、原作の持つ普遍的な魅力を存分に生かしつつ、2016年版の物語を展開。 横地郁英氏(テレビ朝日ゼネラルプロデューサー)は「金曜ナイトドラマ史上、最も濃密な、大人の女性が楽しめる恋愛ドラマを作る」と意気込んでいる。 栗山が演じる主人公は結婚して5年になる32歳の人妻・水越麻也子。 自分を女として見てくれない夫に不満を募らせた彼女は、つまらない日常と冷え切った心を満たしたくれる男を求め、悶々とする日々。 そんな麻也子の前に、情熱的な音楽評論家・工藤通彦(市原)が現れる。 人妻と知りながらも激しく自分を求めてくる彼に心を奪われ、麻也子は禁断の恋へと溺れ、本能のままに突き進んでいく。 そんな彼女を待ち受けるものとは!? 2010年に金曜ナイトドラマ枠で放送された『熱海の捜査官』以来、6年ぶりに同局のドラマに出演する栗山は、ドロドロ恋愛劇に初挑戦。 「かつて見たことのない栗山千明をお見せできるかと思います!」と気合十分だ。 「原作の麻也子は計算高さもあって、ともすれば嫌な女だと取られかねない部分もありますが、2016年版の麻也子は純粋に幸せを求め、不満が募った結婚生活から脱出しようともがく女性。 より多くの方に共感していただける主人公になっていると思いますし、そんな彼女のピュアな部分を前面に押し出して演じていきたい」と話している。 「僕は昔から女性と一緒に遊ぶ機会がほとんどなく、話すことすら避けてきた人間でした(笑)。 そんな人間がこのドラマをやることで、どう変わるのか、すごく興味があります」と新境地を目指している。

次の