スクール カースト と は。 【スクールカースト】無慈悲なランク付け《底辺のその後》|すっぱいぶどう

大学はスクールカーストがないって本当?|大学デビューも必要ない?

スクール カースト と は

最近はネットやらテレビで スクールカーストという言葉を良く目にします。 アメリカの学校で進んでいるワードですが日本でもこの文化は普通に見られますね。 スクールカーストというのは環境によってずいぶん意味が違ってくるでしょう。 公立中学ならば一般的にイメージされやすいカーストだったりもします。 ただ、高校からは別でしょう。 特に高校は大学以上に力量や価値観が似通った人物が集まって、ある一定以上の学校だったらリテラシーも高い水準なのでスクールカーストを振りかざす風潮は希薄です。 大学は多種多様な人物がいますがそもそも自由度が高校までとは比較にならないでしょう。 自分の出身校はリベラル寄りという感じで自分含めて自由気ままな人物が多かったです。 なのでスクールカーストという文化は一切感じられませんでした。 個人主義の傾向が強かったです。 ということでスクールカーストはそもそも ・いろいろな人物が集まる ・自由さが無い という状況で形成されると思っています。 これに当てはまるのは公立小中学校だと思いますが今回は中学の時の記憶を頼りにスクールカーストについて思い出していこうと思います。 スクールカースト外という最強 ただ、今回はよく議論される序列について考えるのではなくてスクールカーストの外にいるような非常に稀な人の共通点にスポットを当てていきます。 正直 スクールカースト外は最強だと思うので彼ら彼女らから学ぶ部分は多いのではないでしょうか。 スクールカースト外の特徴 スクールカーストの文化が根強いアメリカではスクールカースト外は ・バッドボーイ、バッドガール ・フローター となっています。 バッドボーイ、バッドガールは不良ですね。 ただ、日本だとこれらはスクールカースト上位とかに来るのではないでしょうか。 フローターは不思議ちゃん、電波系とのこと。 こちらは日本でもスクールカースト外な気がするのでこの人物は重要なヒントを持っていると思います。 スクールカースト外が最強だと思う理由 スクールカースト外が最強だと思う理由はただ一つ、雑音に惑わされないからです。 これは人にもよるかもしれませんが少なくとも自分は余計な事に意識を捕らわれにくいのは学校生活を送るうえでかなり有利になってくると思います。 もちろん、集団の中のさらに特定のグループで仲良くするのもあり。 ただ、本当にそのグループにいて充実?楽しい?って思えるような場面やら光景は良く目にしました。 自分の思うスクールカースト外 ここからは自分の想うスクールカースト外の特徴をまとめます。 大人しい女子 キャピキャピしている感じがあまりしない・一切しない女子。 同じ様なタイプの人とよく接している印象。 容姿は整っていることが多い気がします。 一人の時間・姿が様になっている いわゆるボッチ状態でも違和感というか寂しさとかが無くて毅然としているタイプ。 男女で言ったら女子の方が該当するかもしれません。 群れることが少ないけれどその行動に嫌味が無いというのも特徴。 学校外のことで実績を出している 学校では部活とか授業とかテストとか学校関連の大会とか学校内の人物が目にする機会が多い行動ではなくて学校とかとは全く関係のない場所で実績を出している人物。 しかもその実績が学校内の人物に知られているというのは大きいと思います。 個人的に一番憧れている(いた)姿。 変なアピールとかしない なんというか大人ですね。 上手く言えないのですが変なアピールとかする姿が想像できないです。 余計なことはしない 余計な口出しとか誰かの神経を逆なでする行動は一切しないです。 傍観者と言えばそうかもしれません。 ただ、本当に線引きが上手い印象。 容姿は良い 決してイケメンとか美女というわけではない、派手さもない。 けれども清潔感があったり、キリッとしていたりと容姿とかは比較的に良い人物がスクールカースト外でも問題ない気がするのはなんとも不公平な・・・ 調子に乗らない 気分のアップダウンの差が少ない テンションも関係ありそうな気がします。 熱しにくく冷めにくい正確な人は有利。 普通にコミュニケーションできる 一人でいる時間が多い、派手な行動はしないけれども話すと普通にコミュニケーションはでき、さらに納得できたり理路整然だったりと話す内容もボロが出にくい気がします。 当たり前のことはちゃんとこなす 学校で当たり前にすること、することが期待されることはちゃんとこなしている印象。 例えば期限までに宿題を出すなどがそうですね。 もう少し踏み込めば体育で変に目立つようなミスはしなかったりと様々な教科で隙をあまり見せることがない人が該当します。 まとめ 自分を持っている=スクールカースト外でも問題なし 以上が自分が思うスクールカースト外でもやっていける人たち。 結局スクールカーストってなんでできちゃうかっていうと狭い世界に押し込められちゃうからでしょう。 ただ、そんな状況下でも自分を持っていて、様々な線引きがしっかりしている人は別にその枠組みに収まる必要もなく、それによって不利益を被ることもない気がします。 vasho.

次の

あなたのスクールカーストのランクは?

スクール カースト と は

入学早々、スクールカースト一軍から脱落 晴れの入学から、一点、転落へ 地元では難関として評価の高い、第一志望で入った進学校、そこでどんなめくるめく高校生活を過ごせるのかと、私は期待に胸を弾ませていました。 気分はさながらワンピースのルフィです。 これからどんな冒険が待ち受けているんだろう? どんな人物と出会えるのだろう? 春休みのあいだ、期待値はレッドゾーンを振り切るほどに高まっていました。 それから入学式を迎え、教室でオリエンテーションのようなことがあって、滑り出した高校生活。 最初はぎこちないながらも普通の生徒として過ごしていました。 「清水くん、いっしょに学食いかねぇ?」 あれは学校が始まって数日目、そう声をかけてくれた人がありました。 おお、ありがたい。 学食も行ってみたいし。 私は「うん、行こう」とうなずきました。 で、誘ってくれた人を含め8人ほどでぞろぞろ学食へ連れ立って行ったのですが、そこがものすごい混みようで、芋を洗うような状態。 話をしようにも自分のか細い声では届きません。 他の7人は割と威勢のいいタイプの男子だったので苦にもしていないようでしたが、私はしんどかった。 そこから数日間、また同じメンバーで学食に行っていましたが、どうにも居心地がわるい。 いえ、学食が、というより、その元気なグループに混じっているのがどうにも場違いに感じられたのです。 彼らが「うぇーいうぇーい!」とノリノリで盛り上がっているさなか、私はどうしたらいいかわからずモジモジしているだけです。 居たたまれない。 身の置き所がない。 結局、 私は彼らとつるむのをやめてしまいました。 その段階ではまったくわかっていなかったのですが、そのグループというのはクラス内のスクールカーストにおける一軍でした。 リーダー格の人物やムードーメーカー、モテキャラや熱血部活男子を擁する、いわば、クラスの支配者層。 私は早々にそこから脱落してしまった、というわけです。 スクールカーストの図解 ここで、こちらをごらんください。 これは入学後数週間にして形成され、卒業までほぼ変わらなかった、わがクラスのスクールカーストでございます(クラス替えなし)。 40人学級のうちトップに君臨するのが先ほどの一軍のメンツ、リア充たちです。 背が高く、声がでかい人物がほとんど。 一見すると不良っぽい生徒もいました。 ここのノリにはなじめなかった。 二軍もリア充ですが、そこまで騒がしくはなかった人たちです。 バンドをやってたり勉強ができたりと、何かしら打ち込むものがある生徒が多かった印象。 入学後しばらく、ここには縁がありませんでした。 それから三軍、カースト内部の最底辺。 ここはオタクっぽくて大人しい属性の生徒たちです。 ほぼ3年間を通じ、彼らは休み時間にトランプばかりやっていました。 女子は人数が少なかったからか、10人全員で1グループのような感じ。 水面下では女同士の争いもあったかもしれませんが、端から見れば上下関係はなさそうでした。 さて、この中で私が「居場所」としやすそうなのはどこか? もちろん、三軍です。 私はオタクではありませんが、属性としてはここが近そう。 そう思えました。 しかし、いざこのグループに入ろうとすると、これもしっくりこない。 1学期の遠足みたいなイベントで仲間に入れてもらったのですが、なかなか輪に入れません。 そんなこんなで、 二学期になる頃にはどこにも居場所を定められぬまま、私は上記のスクールカーストからこぼれ落ち、立派なぼっち学生に仕上がっていったのでした。 アウト・オブ・カーストの奇妙な面々 カーストの外はまるで不思議の国 スクールカーストという序列からこぼれ落ちた単独行動者、これをアウト・オブ・カースト、あるいは「ぼっち」と呼ぶことにいたしましょう。 実は、私のクラスにはそんなメンバーが5人もいました。 一人は、わかりやすくハブられていたKくん。 彼は朝青龍もかくやという恵まれた体格だったのですが、入学早々にクラスのほぼ全員から「きもい」「きしょい」「キョドってる」と陰口を叩かれ、いじめられていた人物です。 ただ、私から見ると特段変なところはなく、そんな扱いをされてるのを見て気の毒になるとともに、いじめているクラスメイトへの不信感が募る原因ともなりました。 それから、BくんとWくん。 この2人はアウト・オブ・カーストなのかぎりぎり三軍なのか微妙な立ち位置で、とにかくどっちも静か。 Bくんは浅黒い顔でいつも微笑んでおり、自分からしゃべることはなく、声が聞けるのは授業で指名されたときだけ。 その際にも「ぼそぼそ……」と土塀を崩したような声で、3年間、彼のはっきりしたことばは一度も聞こえませんでした。 ただ、浅黒い顔で微笑んでいる、その表情だけを覚えています。 一方、色白のWくんはとにかくびびりで気が弱く、いつも困り果てたような顔をしていました。 いちど彼と仲良くなろうと思って休み時間に「何してるの?」と話しかけてみたら、「えっ、あっ、いや、ああああああの、ゲ、ゲームッ」とのっけから驚いたような反応。 見ると、机の下に隠し、Wくんは携帯用のゲームをしていました。 「それって学校に持ってきていいの?」 「えっ、あっ、いやぁ、あああああああの、あの、あの、どど、ど、どうなのかな。 う、うう、うげほっ!」 (……うげほ?) あまりの狼狽ぶりに申し訳なくなり、私は「ごめんね」とつぶやいて、それ以上しゃべるのをやめてしまいました。 私を除く最後の一人、Mくんは例外的に途中でキャラクター変更を成し遂げた人物です。 彼はもともと1年生のうちは静かで真面目風のアウト・オブ・カーストだったのですが、2年生になったあたりで数週間の不登校となりました。 (ついに、このクラスからガチの不登校が出たか!?) クラスのだれもがそう思ったでしょう。 私もしょっちゅう休んでましたが、連続で1週間休むとかはなかったので、Mくんの長期欠席にはまた別種の緊張が走りました。 しかし、梅雨があけて夏本番のある日、Mくんは再び学校に現れました。 しかもその風貌は以前と似ても似つかぬ茶髪! さらに、両耳にピアスまで! どうやら、彼はひきこもっていたのではなく、不良の側に足を突っ込んでいたようなのです。 かつては黒髪で物静かだったMくんは、そこから態度にも余裕が出て、ぼっちではなくなりました。 所属は二軍なのか三軍なのか微妙なポジションでしたが、とにかくスクールカーストの中には組み込まれたようでした。 もしアウト・オブ・カーストに捨て置かれるのがいやなのであれば、Mくんの変貌は参考とすべき模範と言えましょう。 私のスクールカースト外生活 ぼっちの人間は登下校もひとり 5人目のぼっち、私はどうだったのかというと、1年生の2学期からは変わらずにぼっちでした。 ただひたすらに、スクールカーストの外を這いずり回っていました。 修学旅行や遠足など、イベントのときだけは二軍にお邪魔させてもらってましたが、基本はひとり。 なので、 とにかく話し相手がいない。 これがキツい。 一軍からはなかば自発的に離れてしまいましたし、二軍三軍にもなじめない。 というか、 タイミングを逃した段階でもう入っていけない。 「他に4人もぼっちがいるんだから、ぼっち同士でつるめばいいじゃん」 なんてお思いですか? ノンノンノン、それは素人さんのご意見です。 ぼっちとは、すなわち、汎用性のないパーツ。 LEGOで言うと車輪とか窓みたいな特殊な部品。 それ同士をくっつけようったって無理な話なのです。 実際、Bくんに話しかけても「ぼそぼそ……」だから聞き取れないし、Wくんは「うげほ」で会話が成立しませんから。 そんなわけで、学校へ行っても一言も口をきかないのが基本でした。 クラスメイトはバイトがどうとか部活がどうとか、だれに彼女ができたとか田代まさしが捕まったとか楽しそうに雑談をしていましたが、一方の私は授業の合間も、お昼休みも、何なら授業中も、ただひたすらに本を読んでいました。 ヘルマン・ヘッセの小説にはじまってゲーテやドストエフスキーを読み、日本文学では太宰治の全集を読破、夏目漱石と芥川龍之介をかじったあと哲学方面にも進んでニーチェ、ショーペンハウアーを読み耽りました。 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ (1844-1900) もともと理系人間だったのに、いつの間にか文学少年の出来上がりです。 そんな「本だけが友達」状態の私でしたが、しかし、実を言うとたった一人だけ稀に話をする人物がいました。 それは他のクラスの男子で、名前はわからずじまいでしたが、たまに駅などで顔を合わせると話しかけてくるのです。 おそらく、私が常に一人なのを見て、「おかしな奴がいるぞ」と興味を持ったのでしょう。 からかってやろうというつもりだったのかもしれません。 「何読んでるの?」 あるとき、また駅のホームで文庫本を読んでいると、友人たちといっしょに歩いてきた彼が、ニヤニヤしながら訊いてきました。 「ん? ヴァーミリオン」 と、私は答えました。 すると、彼らコソコソと、 (それって官能小説じゃね? 違ったっけ?) みたいなことを囁きあっている。 桜井亜美の『ヴァーミリオン』——当時、中古書店で古今東西の小説を買いあさった中の一冊です。 たしかに、エロティックなシーンは多かった。 しかし、純文学の古典にだってそういうシーンは数多くあるし、とりわけ不自然にも感じてなかったのですが……えっ、官能小説なの? (しまった。 なんでよりによって『ヴァーミリオン』を読んでるときに話しかけてくるんだよ。 ニーチェの『ツァラトゥストラ』のときでもよかったのに。 駅のホームでカバーもかけず官能小説を読んでるなんて、まるで変態じゃないか!) 内心は、あの日のWくんにも引けを取らぬ狼狽っぷり。 「うげほっ!」って言いそうになった。 と、ドギマギしてるうちに電車がやったので、そこで会話は終了となりました。 何てことない、むしろ恥ずかしい体験ですが、思えばこれが、高校時代にだれかと本の話をした唯一の思い出です。 スクールカーストは一過性である 20歳で入った同志社大学 Felix Filnkoessl,Doshisha University,[CC BY-SA 2. ja ] 入学早々にアウト・オブ・カーストに堕ちた私は、その後浮上することもなく、ぼっちのまま卒業までを過ごしました。 一人の友人もできなかったというのは悲しい話です。 ですが、あとで気づいたのです。 スクールカーストなんて、ほんの一過性の、限定的なものだったということに。 浪人時代は予備校の寮に入っていたけど、そこでは親しい友人もでき、高校時代よりはるかに充実した受験生ライフを送ることができました。 大学では学科・サークル・語学クラスなど複数のつながりで友人ができ、人間関係には何の問題もなかった。 KくんへのいじめもMくんの不良化も、あるいは私の孤立も、すべては高校の教室という特殊な場が生んだ一過性の悲劇であった、と言えましょう。 私は卒業まで我慢してしまいましたが、その我慢には何の意味もなかった。 「あれはあれでいい経験だった」とか「忍耐力を学んだ」なんて、分別顔した大人ぶるつもりは毛頭ありません。 そんな世迷いごとを吐く連中が多すぎる。 はっきり言います。 アウト・オブ・カーストでの生活など、しなくていいマイナスの経験でした。 もし同じような境遇の方がいれば、1日でも早く通信制高校か定時制に編入することをおすすめします。

次の

スクールカースト一軍の特徴7つ!上位になりたい男子女子必見!

スクール カースト と は

今や、カーストは中学生だけの問題ではない!大人社会や地域でも深刻な「カースト問題」 子どもも大人も、学校や職場、地域などの何らかのコミュニティに所属すると、その集団内に独特な関係性が生まれるものです。 特にコミュニティが大きくなると、そこにはさまざまな個性の人間が混在し、集団内で、似たような特色の人同士が集まり、小さな集団を形成し始めます。 すると、その小集団の中では、他のメンバーを悪く言う空気が生まれ、排他的な空気が発生し始めることがあります。 こうしてコミュニティ内の小集団の間で、自然発生的に生じる排他的で序列的な構造が、いわゆる「カースト」と呼ばれるものです。 「スクールカースト」「ママカースト」「マンションカースト」とは コミュニティにおけるカースト問題には、さまざまなものがあります。 最も有名なのは、中高生が意識する「スクールカースト」ですが、大人の世界でも、母親同士の集団の「ママカースト」や、タワーマンション等の一部にあると言われる「マンションカースト」などがあるようです。 「カースト」という呼称はつかなくても、職場や地域、サークルなどのコミュニティにおいて、本来は平等な立場にあるはずの人々の間に、影響力の強い立場の人と弱い立場の人とが階層のように分かれ、序列的な雰囲気が生まれることがあります。 ではなぜ、大人のコミュニティでも子どものコミュニティでも、小集団によるカースト的な構造は発生してしまうのでしょう? 「集団間差別」が発生する心理・メカニズム 社会心理学では、自分が属する集団(あるいは、属していると感じる集団)を「内集団」、それ以外の集団を「外集団」と呼びます。 人が普段、何気なく生活している上では、特に内集団のことを意識することはありません。 しかし、突然コミュニティの中にそれまでのメンバーとは違う特色の人々が加わるなどして、外集団の存在を意識するようになると、急に内集団への所属意識が高まり、内集団と自分を同一視するようになります。 こうして内集団への同一視が強まると、内集団の価値を高く評価し、その内集団に所属する自分の自尊感情を守ろうとするようになります。 その結果、内集団のみを好意的に評価する「 内集団ひいき」が発生し、外集団の価値を下げ、偏見的に見る「 集団間差別」が発生していきます。 「スクールカースト」「ママカースト」ができる原因 一例として、エスカレーター式の学校における「スクールカースト」の場合を考えてみましょう。 その学校に内部進学した子は、自分と同じように内部進学した子たちだけで過ごしているときには、自分たちの結びつきを特に意識することはありません。 しかし、中学や高校から入学してきた生徒たちが同じコミュニティに加わると、「私たち内部進学組は、外部進学組とは違う」といった内集団の仲間意識が高まりやすくなります。 そして、「私たち内部進学組はプロパー。 外部進学組はよそ者」というように、内集団の価値を高める意識が芽生えて、外集団を偏見的に見たり、「内集団だけが持っている価値」(情報、人脈、学校への貢献度など)を使って、外集団を差別するような言動が発生したりすることがあります。 これが、スクールカーストにつながるプロセスだと考えられます。 では、「ママカースト」はどうでしょう? たとえば、母親集団の中では、そのコミュニティに長く属する古参の母親の小集団が新参の母親たちの上に君臨し、小さな嫌がらせをするなどの問題が生じることがあります。 古参の母親たちだけで交流しているときには、特に仲良くしているわけでもないのに、新顔の母親たちがコミュニティに加わった途端、古参の母親たちが結束し、「自分たちだけが持つ価値」(情報、人脈、地域への貢献度など)を強調して、新顔の母親たちとの差別化を図ろうとすることがあります。 カースト問題のストレスから自由になるには、「視野を広く持つこと」 このように、人々は外集団を意識することで、内集団への所属意識が高まります。 その結果、内集団ひいきが生じて、そこに所属する自分たちの価値を守ろうとします。 そして、コミュニティの内でのその小集団の影響力が強いと、その小集団の価値は上がり、コミュニティ内で優位的立場に立てるようになります。 しかし逆に考えれば、このように内集団が外集団を差別する行動は、内集団にしがみつく人々の不安の現れであり、自信のなさの証明であるとも言えます。 したがって、集団間差別を受けたとしても、自分たちに価値がないと感じる必要はありません。 小さなコミュニティ内のカースト問題に一喜一憂するより、もっと視野と行動範囲を広げ、自分のやりたいことや目標へとエネルギーと時間を使っていきませんか?.

次の