シティ ベーカリー アーク ヒルズ。 NY発「ザ シティ ベーカリー」赤坂アークヒルズに工房併設の国内最大店舗

NY発「ザ シティ ベーカリー」赤坂アークヒルズに工房併設の国内最大店舗、東京初レストランも

シティ ベーカリー アーク ヒルズ

魅力溢れる3店舗がコラボレーションした、日常使いのカフェ 大阪のブーランジェリー「ル・シュクレクール」、ミシュラン二つ星に輝くフレンチレストラン「レフェルヴェソンス」、ノルウェー・オスロのコーヒーブランド「FUGLEN」、この魅力的な3店舗がコラボレーションした店が誕生。 パンの豊かさを満喫できるようにと考えられた店内には、パンが並ぶカウンターの隣にコーヒースタンドを併設。 さらに奥にはカフェダイニングが続き、ここでは二つ星レストランが提案するデイリーなパン料理が楽しめる。 食材からインテリアまで、すべてに作り手の顔が見える事を意識したという空間は、どこか懐かしさが漂う居心地の良さ。 朝食に、コーヒーブレイクに、仕事終わりの1杯にと日常の様々なシーンで幅広く利用できる。 全粒粉を使用したオリジナルのパンとコーヒーの相性 北海道産を中心に、国産小麦にこだわったパンは、大阪の「ル・シュクレクール」で修業を重ねたべテランの職人が毎日焼き上げる。 ハード系のパンからヴィエノワズリーまで全30種以上用意されたパンは、そのすべてに全粒粉を使用しているのが特徴だ。 カフェダイニングではこのパンを使い、自宅でも再現可能な四季折々のパンメニューを紹介する。 ダイニングで使う野菜などの食材はすべて「レフェルヴェソンス」の生江シェフが選んだ作り手の逸品ぞろい。 もちろん、コーヒーは浅煎りでフルーティな「FUGLEN」が最高の相性だ。 早朝営業• ランチ• 深夜営業• チャイル ドシート• キッズ メニュー• ペット入店可• テイクアウト• テラス席.

次の

Ark Hills

シティ ベーカリー アーク ヒルズ

赤坂限定パンも!約60種類のラインナップが揃うベーカリー アークヒルズの「THE CITY BAKERY STUDIO TOKYO(ザ シティ ベーカリー スタジオ トウキョウ)」には、「THE CITY BAKERY」史上最大の製造拠点である「THE CITY BAKERY KOBO/パン工房」が併設されている。 ガラス張りの工房を望むベーカリーには、人気のプレッツェルクロワッサンをはじめ、赤坂店で新たに展開する「CB バゲット」(335円)など約60種類のパンが揃う。 ニューヨークの味わいをそのままに再現したパンもあれば、旬の素材を使った季節のパンや赤坂限定のオリジナルパンもあるので、食べたいパンがきっと見つかるはず。 パンと一緒に購入したいドリンクメニューも豊富だから、「ホットチョコレートドリンク」(670円)でニューヨーカーの気分を味わうのも素敵。 レストランにはおかわり自由の「パン盛り合わせ」も登場 レストラン「THE CITY BAKERY BRASSERIE RUBIN(ザ シティ ベーカリー ブラッスリー ルービン)」のいちばんの特徴は、やはり「THE CITY BAKERY」のパンを堪能できることに尽きる。 大阪ではオープン以来、行列の絶えない店として話題のレストランが東京初出店をはたしたことで、注目度も上がっている。 併設の工房で焼きあげたできたてのパンを、料理と一緒にいただけるのがたまらない。 メニューの中には「パンの盛り合わせ」があり、1人216円でおかわり自由というのがうれしい。 バゲットやフォカッチャ、カンパーニュといった料理にぴったりの人気パンを、心ゆくまで味わえるのも幸せ。 モーニングメニューには中東やデンマークなどの朝ごはんも 朝7時から営業しているレストランでは、モーニング・ランチ・ディナーと朝昼夜の顔があり、それぞれにパンとともに楽しめるメニューが用意されている。 8種類(時期によって変動の可能性あり)のモーニングセット(提供時間:7時~10時、セットドリンク+216円)は、ヘルシーなサラダのセットやフレンチトーストなど、バラエティ豊かにラインナップ。 例えば中東で食べられている朝食メニュー「シャクシュカ」(1080円)は、ソーセージのようなサルシッチャが入ったトマトソースに卵を乗せてオーブンで焼きあげたもの。 全粒粉の厚切りトーストがセットになっていて、朝から食べ応え十分。 このほかにも、デンマークのオープンサンド「マッシュルーム、ほうれん草のスモーブロー」(1404円)など、個性豊かな世界の朝ごはんで出勤前に1日のエネルギーを満たして。 17時までゆっくりパワーチャージできるランチセット 11時から17時まで提供されるランチセットは、16種類(時期によって変動の可能性あり)とバラエティ豊か。 午後からのパワーをチャージするためのメニューが選べる。 パンの盛り合わせとスープがはじめからセットになっている、お得なヘルシーランチ。 スパイシーがお好みなら、インドの野菜の炒め煮「サブジ」をアレンジした「サブジ(チキン)」(1512円)がおすすめ。 シンプルなフラットブレッド(おかわりはパンの盛り合わせ)にサラダが付いたもので、自家製のケバブスパイスを刷り込んだチキンがエキゾティックな味わい。 ディナーは世界のスパイシー料理と選りすぐりのワインで 17時からのディナータイムには、60種類以上のメニューが充実。 地中海、中東などのスパイスを使った料理と、ソムリエが世界から選りすぐった美味しいワインのマリアージュを提案してくれる。 旬の白身魚を白ワインのソースでいただける「白身魚のロースト ヴァンブランソース」(2646円)には白ワインが間違いなく合うし、ラム肉をチョップとランプで贅沢に味わえる「炭火焼きラムコンボ 旬野菜添え」(3780円)には赤ワインかも。 開放的なオープンテラス席もあるので、これからの季節にはディナーもチェックしておきたい。 恋人や友達、仕事仲間とも気軽に「パンのある時間」を楽しんで。 22:30)、日・祝 17:00~22:00(L.

次の

Ark Hills

シティ ベーカリー アーク ヒルズ

[広告] 同店はべーカリー、レストラン、パン工房を備えた国内最大の店舗として展開。 ベーカリーの「THE CITY BAKERY(ザ シティ ベーカリー) 赤坂アークヒルズ」では、ザ シティ ベーカリー最大となるパン工房「THE CITY BAKERY KOBO(ザ シティ ベーカリー コウボウ)」で作られた焼き立てのパンやペイストリー、デリなど約60種類を用意する。 広報担当者の湯浅明子さんは「工房では職人たちの手により新しいパンが次々と生み出され、常に焼きたてのパンを用意する。 ベーカリーは、国内最大のラインアップをそろえており、好みのドリンクとともにテークアウトはもちろん、テラス席で食べることもできる」と話す。 レストランの「THE CITY BAKERY BRASSERIE RUBIN(ザ シティ ベーカリー ブラッスリー ルービン) 赤坂アークヒルズ」は、100席を用意。 レストランとしては東京初出店となる。 店内ではフランス産の石を使った石窯(いしがま)やチャコールを導入した最新のキッチンで素材本来の味を生かした料理などを提供。 ニューヨークの多国籍なメニューも用意する。 「紀州の備長炭で焼き上げ素材の味を十分に引き出した肉や野菜料理、世界各国のスパイスや調味料を使ったひと皿もぜひお楽しみいただければ」と湯浅さん。 「朝7時から焼きたてのパンを用意しているので、出勤前はもちろん休日のゆったりとした朝にも活用してほしい。 夜はソムリエよりすぐりのワインとオープンキッチンから提供する料理でゆっくりとくつろいでいただければ」とも。 ベーカリーの営業時間は7時~22時(日曜・祝日は21時)。 レストランの営業時間は、モーニング=7時~10時、ランチ=11時~17時、ディナー=17時~23時(日曜・祝日は22時)。

次の