冴え カノ ヴァイス。 ヴァイスシュヴァルツ 通販 TOP

ヴァイスシュヴァルツ / 【ヴァイスシュヴァルツ】冴えない彼女の育て方♭の対戦動画で使ったデッキを紹介!!【冴えカノ】 / のデッキレシピ

冴え カノ ヴァイス

2018年2月23日に発売したヴァイスシュヴァルツ 冴えない彼女の育てかたの収録カード相場情報です。 このパックに収録されているカードの相場と買取価格を調べてみました。 【加藤恵】のサインカードが人気です。 早速ですが、価格を見ていきましょう! WS 冴えない彼女の育てかた 冴えカノ の収録カード相場まとめ 運命の出逢い? 恵 サインカード SP 相場:25000円くらい 今回の弾のトップレアとなっています。 恵のサインカードはやはり人気ですね! その他カードについては、下記にまとめました。 主なカードの相場まとめ SP サインカード 乙女な本質 英梨々 6000 倫也の愛弟子 出海 2000 理想の女の子 恵 18000 クリエイターの矜持 詩羽 7000 icy tail 美智留 4000 RRR 八年ぶりの個別ルート 200 敵か味方か新キャラか 150 冴えない彼女の育てかた 2500 二人の夜の選択肢 200 すれ違いのデートイベント 500 icy tail 300 SR ツンデレ系幼なじみ 英梨々 800~1000 意外な贈り物 出海 500~600 二人を引き離すもの 英梨々 200 頼れる先輩 詩羽 2000 フラグの立たない彼女 恵 700 あまりに薄い存在感 恵 1500~2000 二人の夜 詩羽 1500 夢を叶えるまでの物語 恵 1800~2000 多彩な衣装 恵 1200~1400 blessing software 詩羽 300 原始の幼なじみ 美智留 100~200 ライブ衣装 美智留 100~200 RR 乙女な本質 英梨々 400 倫也の愛弟子 出海 100 ツンデレ系幼なじみ 英梨々 100 頼れる先輩 詩羽 800~1000 理想の女の子 恵 1000 クリエイターの矜持 詩羽 500 icy tail 美智留 300 二人の夜 詩羽 300~400 夢を叶えるまでの物語 恵 1000 多彩な衣装 恵 300 RR以上のレアリティのカード価格は上記の通りです。 2018年3月2日時点での相場となっています。 閲覧タイミングによっては変動している可能性があります。 加藤恵のサインカードの買取価格が最も高いです。 またこのパックをお探しの方は下記サイトよりどうぞ。 非常に安値かつ送料無料で販売されています。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ• 2 総合ランキング• 77,414 views• 71,486 views• 71,182 views• 56,051 views• 41,235 views.

次の

【小倉店】ヴァイスシュヴァルツ冴えカノデッキレシピ / 小倉店の店舗ブログ

冴え カノ ヴァイス

こんにちは、たっぴーです。 今回は冴えない彼女の育てかたの構築記事になります。 使い出したきっかけから、現在の構築に至るまでの経緯を書いていきます。 書きやすいので、本文は常体で書いていきます。 きっかけ 使いたいカードをもとにデッキコンセプトを決め、それに沿った構築を組めるようになりたかったから。 新弾が出て、テンプレができあがる前に自分なりに考えたかったから。 環境トップのデッキに対応できる構築を組みたかったから。 他人が見て納得できるデッキコンセプト、安定感のあるデッキを組みたかったから。 構築経緯 始めに、冴えカノのプールを見て何がいいかと考えたところ、デザイナーズの炎扉が楽しそうだと思い使ってみた。 炎扉 相手に関わらず発動できる2種CX連動の押し込みとそれを支える集中のCX入れ替え、2種中学生や天城による手札補填、思い出圧縮 中学生、移動 が山を弱くしすぎず、システムカードの強さがデッキ全体の動きをブレにくくさせているのが強みだと感じた。 リバース要求のある連動には2種中学生があるため道中の相手の動きを鈍らせられるのと、連動のしやすさと2種中学生から手札が少なくなりづらいため炎を強く使えるのが魅力。 しかし、相手の山やストックに対する干渉カード 光景逆圧縮 がない点、2種中学生や経験が揃ってさえいれば強い動きが強い動きを呼び込むが、揃わないと平凡な動きをし続けてしまう上、中学生の性質から面が残らないと効果を発揮しない点を踏まえると、相手が優位に動いた場合の巻き返しが厳しく、押し込みきれない時のことを考えるとデッキパワーはそこまで高くないと感じた。 次に使ったのが扉電源。 他のタイトルで使用した時にも電源の強さと扉の安定を実感していたため使ってみることにした。 思い出圧縮、電源と相性の良い天城、扉と相性の良い椎名拳、電源でレベル応援を出すことで1コストでヒールできることなど、プール内での噛み合いが強いため、高い水準でデッキパワーを発揮できると感じたため、扉電源で構築していくことにした。 扉電源その1 冴えカノにはだけでは防御札がないため、面取りヒールだけではさくらやSAOなどの劣化になってしまうため、このタイトルの強みを見出していきたい。 そうすべくカードリストを漁っていたところ、緑のイベントカード《徹夜でゲーム》が強いと感じた。 1枚でサーチしながら1ストックを増やしてくれるためコストパフォーマンスが良い。 似たカードだとバンドリのイラつくあいつを使った時に、ストック増量は強いが、すぐキャラに変換できるわけではなく不確定なのが弱いと感じていた。 このカードはレストコストというデメリットこそあるものの、すぐにキャラに変換できるため上手く活かしやすい部類であると思った。 特徴は、純ストックを積むことができれば圧縮できることはもちろん、ボトムに行くこと、キャラを2レストする上にスタンドしないためレストコストが重いこと。 ボトムに行く点については、山下が確定することにより4ルックやCX使用時、控え集中などを使う時に裏目が少なく、山の枚数を意識することで再度イベントを引けるのが強い。 レストコストについては、プール内に恵チェンジ、手札に戻る天城、思い出4ルックがあるため、デメリットを軽減できると考えた。 イベントは重なっても毎ターン使えるカードプールであること、イベント自体のパワーを評価しているため4枚からスタートした。 他のカードは、電源と合わせたら強いカード、使いやすいカードで固めた。 レベル0の枠は赤発生も兼ねて電源連動を試しに投入した。 扉電源その2 回すうちに、環境トップのデッキを意識したほうが良いと気づいたので、対策カードを採用した。 ゴブスレのスクロール、青ブタの大活躍に強い3ルックバウンスを採用した。 青発生は2ルックフィレスが強いため採用。 電源の関係上、後列を開けておいた方がカードを無駄に減らさずに済むため、始めは後列1枚につき2000上昇の効果が弱いと感じていた。 しかし実際に使ってみたところ、中学生で前列が2枚なくなっても後列が残っていれば10500を維持できるだけではなく、1コスト復帰の条件も満たしやすくなるためデッキ的にシナジーがあり強力だった。 前述の噛み合いの悪さはレベル1以降に電源を噛む行為がそもそも強いため気にならないし、目先のことに囚われずに試してみて、全体を通して評価する大切さを改めて実感した。 また、ヒール耐久をして粘り勝ちを目指すよりもテンポよく試合を進めていく勝ち方が合うと感じた。 カードプール的に莫大な盤面制圧力はなく、自分の動きを貫くよりも相手を妨害したほうが自分のペースで戦いやすいと感じたため、早出しメタ拳を採用した。 扉電源その3 回数を重ねるうちに、イベントが2枚以上重なった時に、レストコストを上手く満たすキャラを出せない試合が窮屈に思えてきた。 思い出4ルックが手札にあったり、恵チェンジ先が控えにあってスムーズにできない時に、イベントを打てないままリフレッシュを迎えてしまい、有用なキャラに変換できるわけでもなければ圧縮できるわけでもない状況が気になってきた。 イラつくあいつと同じく、強い時には強いが弱い時に更に弱くなってしまっていた。 とはいえ、複数枚採用しているから起こり得ることだったため、枚数を減らした。 レベル応援は、控えにないと集中からチェンジできないし、レベル応援からヒールにチェンジしてしまうと思い出に行ってしまうので、そもそもレベル応援として使いたいのに使えなくなってしまうのが気になったため3枚に増量。 ヒールは、役割を散らすために思い出ヒールからユナヒールに変更。 思い出ヒールは11500と数値が高いし1枚圧縮できるため強力だが、電源で出すのは2000応援や飛龍、行きで使うのは恵ヒールのことが多かったため、道中にストックを使いつつ面取りに貢献できるユナヒールのほうが使いやすいと感じた。 レベル0は、控え集中に変更。 イベントで4ルックか控え集中をサーチし、ボトムにイベントを固定したまま4ルックで山の枚数を5枚に調整して控え集中を使うと、ボトムにCXがないのが確定するため、裏目なく集中を使えて次の山にCXを多く返しやすいのがとても強力。 終盤にヒールを使いまわす時にも強いし、赤が少ないので赤発生としてレベル置き場に置くカードとしても役割を持てることから採用した。 霞の枠はフィレスからサーチできるパワー3000以上のキャラとして採用。 中学生では2500までしかパワーが伸びないため、高いパワーを出せて相手を踏みながらアドバンテージを稼げるカードとして強いと感じた。 用途がフィレスからなので、2ルックのおかげでトップチェックが成功させやすくランダム要素も軽減させやすいため採用した。 また、中盤以降もトップチェックとして使えるため腐らないのが良いと感じた。 扉電源その4 更に調整を進めていくと、中盤〜終盤に電源相手にパワーが足りない展開が気になった。 そのため、0の霞の枠はフィレスから繋げるパワーが高いカードという点で同条件を満たせるオルソラを採用した。 早出しメタカウンターは、SAOのアスナを思い出送りにするためにコストが手札2枚のナナ拳を採用。 1コス復帰や恵チェンジによるヒールループが思い出送りによって処理されるのが厳しく、控えに送っただけでは3コストアンコールで対処されてしまうので思い出に送ることに。 その他に、レベル2でどの相手にもアタック時13500 上位ガッツンダー を採用した。 レベル0〜3までスペースがなくなってしまったため、サーチができないこと、複数枚重なっても弱いこと、ボトムに送って引き直すことで再利用もできることからイベントを1枚減らして2枚とした。 扉電源その5 上記の調整を元に実践投入。 感触はなかなか良いが、0のオルソラの枠に違和感が残る。 特に赤発生で困るシーンが多かったため、限定的なシーンに役割を持たせて入れる赤以外のカードよりも、汎用性は落ちてもそこそこの赤いカードを入れた方が良いのではないかと考え出す。 左から、控え集中 電源連動 収録中 トップチェック付きジョー 行き3000の1コス復帰 リバース時トップチェックでレベル2以上があれば手札に戻る相殺 リバース時3ルックと自身思い出で助太刀無効ヒール回収 リバース時2落下でレベル2以上があればストックに飛ぶ相殺 ツインドライブと手札のカードをストックに置く効果 アタック時1500パンプとcip2落下でサイドしてもソウル減少しない パワーパンプしたいとは思うものの、cipパンプ付きでもうひとつの効果が優秀なカードなどはプールにいない。 どのカードを採用してもどっちつかずになりそうだったので、知り合いの勧めでツインドライブを採用した。 サーチイベントや2種集中を採用しているため、違うベクトルのカードを採用したいと考えていたのもあり、CX管理に大きく関与するツインドライブは考え方に当てはまっていた。 強みは、アタックしながら山を任意で1枚掘れる、リフ前に処理に困る手札のCXを処理できる ストックに送ってツインドライブで控えに落とす 、噛んだCXをはきながら純ストックを貯められて、中学生で戻しても後半使える、電源をトリガーさせやすくなり、後半に高いソウルで攻撃出来るコスト0の赤いカード。 扉電源その6(現在の構築) 赤のレベル0をまとめているうちに見つけたカードで、手札に戻る相殺が強いと感じた。 フィレスから出すことで相手のパワーが高いレベル0 3000以上 を踏むことができる上、2ルックのおかげでレベル2以上のカードの位置を選べるため、手札に戻りやすい。 2ルックでレベル2以上のカードが無ければ、相殺を2パン目以降にすれば新たに1枚見ることができる。 似たようなカードにリバース時2落下でレベル2以上があればストックに飛ぶ相殺があるが、手札に戻ることでレベル置き場に置く赤いカードとして再利用できるのが違う点で、問題を解決してくれた。 相手の面を割りつつ、相手の動きを阻害しつつ、手札に戻れば自分の色発生もできるためテンポを落とさない動きがとても強力。 初めは、中学生で戻す面を残すためになるべく上から踏めることを重点的に意識していたものの、他の動きでも都合よく動ければ許容できることに気づき、プラン設計の幅が広がった。 ゲームスピードについて このデッキの勝ち方は、 テンポ優位で逃げ切り勝ちをイメージしている。 思い出圧縮をしつつ面取りからのヒール耐久というイメージを持ちがちだが、プールには1枚で爆発的に強いカードはないため、シナジーを重視して構築し、強いカードを寄せ集めた、いわゆるグッドスタッフのような構築に仕上がった。 電源相手には爆発的なパワーや往復でパワーが出るわけではないため、正面から面取りをすると負けてしまいがち。 そのため、バウンスで大活躍やイベントを交わしたり、アンタッチャブル3面でホラーを打たせずにテンポで逃げ切り勝つ。 一方、面を取らせてくれる相手だと山を圧縮しやすいため、ヒール耐久のプランを重視して戦うのが無難。 デッキの強み 規格外のちょっとすごいことをひたすら積み重ねていくフェアデッキ。 中学生による相手のリバース要求からの回避と圧縮。 イベントによる圧縮とサーチ。 集中がレベル応援やヒールになるためハズレ札が少ない安定感。 椎名の後出し山札リセット。 助太刀ホラー無効のバーンテキスト。 恵みチェンジで2連続集中による山管理。 上ブレも下ブレも少なくて平均値が高い。 手札の維持が容易、引いたCXの還元が楽など。 移動、中学生、天城など、0からテンポよくアタックできるレベル0は、その他にも強力な効果を持っているため中盤以降も腐りにくい。 恵チェンジのおかげで、後半に使った集中をレストしたために圧殺してしまうことなく、レベル応援やカードに変わってくれるのが無駄がなくて強力。 思い出圧縮と山管理が器用で、ストックを消費して思い出を貯めるので光景が刺さりにくい強い山を形成しやすい。 先上がりした場合にも、飛龍による強力な面取りが可能。 トップチェックやボトム確定などと組み合わせてマーカー圧縮も可能で、捲り札として多大に貢献してくれる。 レベル3がアンタッチャブル持ちになるので、ホラーの影響を受けない。 道中をテンポよく戦えるため下ブレにくく、差を離されにくい。 そのリードをホラーで逆転されることなく逃げ切れる。 デッキの弱み 赤発生が厳しいため、後半に使うカードでもレベル置き場に置かないでおくと、後から引いてきたCXの受け入れが厳しくなってしまうこともある。 上ブレも下ブレも少なくて平均値が高いが、逆に言うと上ブレにくいため相手の上ブレに対応しきれない。 中学生を引けていないと、ゲームスピード、圧縮、手札管理が思い通りのゲーム展開にならないことが多い。 個別解説 レベル0 ・意外な贈り物 出海 (拳移動)4枚 1落下と電源の相性が良いため、後半に電源で出すことも多い。 思い出4ルックは山管理とストックのCXをはくために使えて、次の山の圧縮を崩しにくい上、他に使いたいカードに変換できてとても強力。 いつ引いても強いので4枚。 ・裏切りと別れ 詩羽(中学生)4枚 0でテンポよくアタックできるだけでなく、リバース時の効果を避けられる為、相手に捲られにくい。 思い出に飛ぶ性質から圧縮率を下げないし、2500までパワーが伸びるので序盤は引くだけ強いパワーカード。 ・頼れる先輩 詩羽(天城)3枚 手札に戻るため電源と相性が良く、往復1000パンプしながら手札増強と山管理とストックのCXをはくことができて器用。 序盤に引いた扉を有効に使えるため下ブレにくいのが良い点。 徹夜でゲームのレストコストと手札に戻る性質の相性が良いため、シナジーがある。 なるべく序盤に1枚は引いて欲しいが複数は必要ではないため、3枚とした。 ・ゲーム制作合宿 美智留(フィレス)2枚 3ルックバウンスのための青として採用。 2ルックが優秀で、電源と相性が良い。 中盤以降は2ルックでCXをめくる順番を選べるだけでなく、めくりたくない場合はサーチ効果で山をシャッフルすることでリセットできるため、キャンセルが欲しい場合にも臨機応変に対応できる。 ピン刺しが多いタイプのカードではあるが、青発生の関係で2枚からスタートした。 どちらの効果も強く、2つの効果にシナジーがあり腐りにくいためそのまま2枚採用した。 ・夢を叶えるまでの物語 恵(控え集中)1枚 赤発生できてレベル0で汎用性が高いカードという点を見込んで採用。 2周目以降にカウンターを使い回したり、アタッカーを拾い直したり、3周目以降にヒールを拾いつつ山管理もできるカードとして有用。 序盤の集中は恵チェンジを使うことが多い点、必須ではないことから選択肢を広げるために1枚採用。 ・初めての感情 恵(山集中)1枚 恵チェンジ持ち集中。 レベル1以降はレベル1の集中にチェンジできるため、1ターンで2回集中することができる。 徹夜でゲームのレストコストにした後にレベル1にチェンジすることでデメリットを軽減できる。 またレベル0のため、中学生と合わせて多パンする時にも出せる。 デッキ全体の動きにフィットしていて、地味ながらも偉いカード。 レベル1以降の恵チェンジと違って思い出圧縮に関与するわけではなく複数枚なくても良いし、レベル1以降はレベル1の集中が常駐することも多いため1枚。 ・運命の出逢い?恵(0相殺)1枚 先述のコピペ。 フィレスから出すことで相手のパワーが高いレベル0 3000以上 を踏むことができる上、2ルックのおかげでレベル2以上のカードの位置を選べるため、手札に戻りやすい。 2ルックでレベル2以上のカードが無ければ、相殺を2パン目以降にすれば新たに1枚見ることができる。 似たようなカードにリバース時2落下でレベル2以上があればストックに飛ぶ相殺があるが、手札に戻ることでレベル置き場に置く赤いカードとして再利用できるのが違う点で、問題を解決してくれた。 相手の面を割りつつ、相手の動きを阻害しつつ、手札に戻れば自分の色発生もできるためテンポを落とさない動きがとても強力。 ピンポイントで使用するため1枚。 復帰テキスト持ちのため、テンポ良く攻める展開に貢献してくれる。 道中のアタッカーとして担ってくれる上、後半はチャンプアタッカーとして使うことでトップのドラ確認としても機能して便利なので4枚。 ・感情の爆発 恵(山集中)2枚 恵チェンジ効果持ちの集中。 レベル応援にチェンジすると思い出に飛ぶため圧縮になる。 そのため、レベル応援を素出しするよりもこのカードを経由したほうが強い。 思い出に飛ぶと集中の本数が減ってしまうことと、0の集中からチェンジできることを踏まえるとなるべく多く入れたいが、他にも集中を採用していることとデッキスペースの問題も考えて2枚。 複数枚あっても邪魔なのと2500カウンターを2枚採用していることも踏まえて1枚のみ採用。 イベントでサーチできるし扉を採用しているため、使いたい時に上手く使えると感じた。 ・徹夜でゲーム(イベント)2枚 レストコストが重いものの、サーチとストブを一度にできる強力なイベント。 前述のコピペで、特徴は、純ストックを積むことができれば圧縮できることはもちろん、ボトムに行くこと、キャラを2レストする上にスタンドしないためレストコストが重いこと。 ボトムに行く点については、山下が確定することにより4ルックやCX使用時、控え集中などを使う時に裏目が少なく、山の枚数を意識することで再度イベントを引けるのが強い。 レストコストについては、プール内に恵チェンジ、手札に戻る天城、思い出4ルックがあるため、デメリットを軽減できると考えた。 4枚からスタートしたが、弱みも踏まえて2枚まで減らした。 理由としては青発生が一番の理由ではあるが、前列の他のカードがパワー負けで面が空いていても10500の数値を保てること、前列が中学生で2面消えることを踏まえるとパワーが8500まで下がってしまい触られやすくなってしまうことが挙げられる。 反面、後列を2面埋めないとパワーが出ない分電源との相性はやや悪いが、デメリットよりもメリットのほうが大きいと判断した。 採用枚数は、レベル1に上がるまでに1枚は控え室に落ちてほしいこと、2枚目を出しやすくすることを踏まえて3枚採用。 4枚目は、レベル2までは赤と緑を同時に発生させることが多いため、ただでさえ青が少ないのに青発生をさせづらく、手札に来た時に処理が困ってしまうため過剰だと感じた。 ・おやすみの前に 恵(レベル応援)3枚 恵チェンジ持ちで、チェンジすると1枚ぶん圧縮になるカード。 採用枚数は初期は2枚だったが、集中からチェンジしたい時になるべく控え室に落ちていて欲しいのと、チェンジを使うと思い出に飛んでしまうためレベル応援として場に1枚欲しいこと、電源で後列に出すと1コストヒールになる電源とのシナジーを踏まえて3枚採用。 上位ガッツンダーと呼んでいる。 ・強引な割り込み 英梨々(思い出ナナ拳)1枚 SAOのアスナ対策で採用。 1コス復帰や恵チェンジによるヒールループが思い出送りによって処理されるのが厳しく、控えに送っただけでは3コストアンコールで対処されてしまうので思い出に送ることに。 用途がピンポイントで2500拳には後述の椎名拳もあるため1枚。 ・嫌悪の感情 詩羽(椎名拳)1枚 山が弱くなった時の保険として採用。 主にトリガーしすぎた時に扉で椎名拳を回収するといった使い方が多い。 山をリセットしたいタイミングに追加コストを使いつつも数値で弾けるのが理想だが、相手側は椎名拳があるのを見越してアタック順を変更してくると作らせてくれないことが多い。 そのため面の取り合いをする相手には山を放棄して面で勝つか、面を諦めてでも山をケアするかの判断を強いられてしまい難しい。 面で有利な相手(1000-1が8枚、1連動と3連動が入っているような構築)にはどのみち数字で弾かなくても問題ないことが多いので、追加テキスト狙いで使用することが多い。 2500拳は他にナナ拳が入っていること、用途がピンポイントなことを踏まえて1枚採用。 椎名拳は緑もあるが、赤発生をさせたいためこちらを選択した。 レベル3 ・新しい物語 恵(恵ヒール)4枚 恵チェンジの最終形態。 思い出2枚で行き11000(つい最近まで往復11000だと勘違いしていた(涙))、3枚で助太刀無効、4枚でアンタッチャブルヒール。 これだけでも強いが、扉連動でリバース時1コスト2点バーンもついていて破格の性能。 助太刀ホラー無効なので面を開けるかイベントカウンターを構える、もしくはそれよりも高いパワーで構えなければ詰め切られてしまうほどのパワーを持つ。 それに加えて汎用性が高い効果である集中、レベル応援が圧縮率を上げながらチェンジでこのカードになることを踏まえると、2019年テキストらしさが伺える。 チェンジ先であること、連動とヒールが強いことから文句なしの4枚。 ・思わぬ熱意 恵(2000応援)1枚 主に電源タイトル相手の面の取り合いで使用する。 後列はレベル応援が複数枚搭載されていることを踏まえて1枚。 ・理想の女の子 恵(飛龍)1枚 電源で前列に出すことを想定して採用。 他のレベル3のパワーが低いため、単体で返し13000まで出るのは強力。 アタックしてマーカーを敷くとアンタッチャブル効果もあるため早出しメタ拳で返されないのは魅力的。 このカード自体が行きでリバースを取りづらく、反面扉連動が行きで踏むには優秀なため、宝は採用せず面取りと圧縮を評価している。 枚数は多いほど電源で出しやすくなるものの、面取りで完全に詰ませにいくよりかは、テンポ良く攻めることを重視している点と他のカード枠の都合を考えて2枚目の枠を割くのは厳しいと感じたため1枚採用。 ・水辺の幼なじみ 美智留(3ルックバウンス)1枚 ゴブスレのスクロール、青ブタの大活躍を意識して採用。 3ルックで電源を噛むタイミングやソウルを選べたり、バウンスでソウルを伸ばしたりと単体で使用しても汎用性が高い。 使いたい相手には必ず抱えるし、使わない相手には他のカードでも代用は利くため1枚。 ・多彩な衣装 恵(ユナヒール)1枚 2枚以下早出しとアタック時2000パンプできる通称ユナヒール。 元々は11500の思い出電子ヒールだったが、道中にストックを使いつつ面取りに貢献できるユナヒールのほうが使いやすいと感じたためこちらを採用。 ストックのCXを控えに落としたり相手の面を踏みたい時など、ピンポイントで使えれば良いため1枚。 CX ・再起と新規のゲームスタート(扉)4枚 レベル3連動。 扉の安定感があるのと、レベル3連動の強みを踏まえて最大枚数。 ・恋するメトロノーム(電源)4枚 面取りでコスパ良くソウルを伸ばせることと、手札消費とストック消費を抑えることで圧縮できること、4ルックや中学生などストックを消費するカードが多いためストックを消費せずに強い動きができることを評価。 扉4電源4から始め、特に変えたいと感じなかったためこの配分に。 ちなみにプールには扉は8枚あるものの電源は4枚しかないが、電源の5枚目以降があっても扉の安定感と扉連動の強さを考えると採用するかは怪しいし、電源を前提としてカードを選んでいるのに減らして他のCXにしたい理由も見つからないし、この枚数が無難。 終わりに 筆者はヴァイスシュヴァルツ以外にもスプラトゥーン、MTG、シャドウバース、ポケモン、ポケモンカードなどのゲームで遊んでいます。 最近は、どのゲームに取り組んでいてもテンポアドバンテージの重要性をひしひしと感じていたため、思い出中学生や恵チェンジのような、テンポを損ねず強いカードへの評価がとても高く、そのためいつもよりも高いモチベーションで研究することができました。 今回は、目指したプランを実現するために構築を組んで、好みの形に仕上がったのである程度は満足しています。 ただ相手の山やストックに干渉できないので上ブレを止めることができないのが気になったため公開に至りました。 光景や逆圧縮が存在しないためテンポ面以外では圧がかかりにくく、大量ヒールなどの構築の軸になるカードもないので、無難すぎるデッキになってしまったようにも思えます。 今季は札幌地区に出場していました。 出場するに当たって、ある目的を持って取り組んだのですが、そこから見えてきたことがあり、今回はその延長でもありました。 この内容についてはまた別途記事にしたいと思います。 今後は、他に使いたいデッキができたので、そちらを触ってヴァイスシュヴァルツで遊びつつ、以前使ったデッキについてもこうして言語化していければなと思います。 質問などあればで気軽に連絡ください。 長文となりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

ブースターパック 冴えない彼女の育てかた♭ | ヴァイスシュヴァルツ|Weiβ Schwarz

冴え カノ ヴァイス

冴えカノフラット追加ももうそろそろですね。 コンセプト 宝連動打って手札保つ、イベント打って面取らせない、13500拳禁止なら踏めるやろ。 これでかつる! レシピ Lv. 0 20枚 成長と別離 英梨々 x3 山集中 裏切りと別れ 詩羽 x3 中学生 夢を叶えるまでの物語 恵 x1 忍者集中 湯水のような投資 詩羽 x3 相殺 徹底的なこだわり 英梨々 x3 霞 意外な贈り物 出海 x4 拳移動 懐かしい記憶 英梨々 x3 オルソラ Lv. 2 5枚 おやすみの前に 恵 x4 レベル応援 ステルスクラスメイト 恵 x1 椎名拳 Lv. 3 7枚 新しい物語 恵 x4 扉連動詰め&ヒール 多彩な衣装 恵 x2 早出しヒール クリエイターの矜持 詩羽 x1 連パン CX 8枚 フラグを折らなかった彼女 x4 1連動宝 新規と再起のゲームスタート x4 3連動扉 カード詳細 成長と別離 英梨々 x4 集中は山と控えを3:1で入れてみる。 1で必要なのが緑なので。 成長する方の集中は枠取るわりに強くないような気がしたのでLv. 2以上に絞った。 裏切りと別れ 詩羽 x3 中学生。 増えるかもしれないし減るかもしれない。 夢を叶えるまでの物語 恵 x1 旧弾の集中。 赤が足りないような気がしたので。 湯水のような投資 詩羽 x3 ストックカツカツだと思うので。 山削りもできる。 徹底的なこだわり 英梨々 x3 霞 霞。 トップチェックで仕事できるので4でも良いかもしれない。 枠がない。 意外な贈り物 出海 x4 旧弾の拳移動。 先行1ターン目以外は思い出溜めながら1-6狙うためのイベント。 1周目で2枚は使いたいので4。 懐かしい記憶 英梨々 x3 旧弾のオルソラ。 2000パンプはいつでも心強い。 ハンド切り枠でもある。 揺れ動く心 恵 x4 宝連動。 構築上4。 敗北を糧に 英梨々 x2 自ターン6500の対Lv. 2ガッツンダー。 対電源の時に使う用。 数字出せるので3でも良いのかもしれないがとりあえず2で。 消えていくハイライト ふたたびx4 入れ替えイベント。 使ってみたいので4、強いかはわからん。 いつもイベント使いたくてデッキ考えてる気がする。 おやすみの前に 恵 x4 レベル応援。 思い出増やしながら詰め恵に化けられ、後ろにも置きたいので多めに3。 ステルスクラスメイト 恵 x1 椎名拳。 最後の最後でしか使う場面ないと思うのでピンにしてみた。 新しい物語 恵 x4 ヒール持ちの連動詰め。 多彩な衣装 恵 x2 早出しヒール。 レベル2でやることないのでヒールでもしとけって感じで投入。 クリエイターの矜持 詩羽 x1 旧弾の連パン。 扉引けなかった時用のお守り。 3 感想 カードパワーは全体的に高いですが、うまく50枚にまとめるのは難しいと思いました。 研究が進めば第一線で戦えるポテンシャルがあるのではないでしょうか。 旧弾無い人はとりあえず拳移動とオルソラ4枚だけでも集めておいた方が良いかもしれません。 できれば早出しヒールと忍者集中、あとオカ研椎名拳天城とかもあると良いと思います。 tsuyuvamen 顔面率高すぎませんか... CIPで手札交換できるカード。 お手軽に手札交換できるカードは少なかったので良さそう。 ソウルパンプも弱くはないと思います。 リバ時ボトム行き。 PR美智留の完全互換ww 冴えのデッキを高くしてた要因だったので再録は良いですね。 新弾発売後のデッキに入るかは結構微妙なところですが、icytail美智留を使ったデッキがみたいな立ち位置になるならそこにが入ってると組むハードルが上がってしまうので。 他キャラがフロントされた時1コスト+思い出でそのキャラを手札に戻す。 思い出に行く中学生互換。 間違いなく強いカードですが層の厚いLv. 0帯をどうするか問題がやばい。 tsuyuvamen 先行公開で取り上げたカードは省略します。 助太刀仕様でトップめくり上か下に置く。 現状Lv. 1拳が入るプールではないですが貴重な防御札になってくれるかもしれません。 初弾冴えのPRは有用なものが多かったですが 2落下みちるLv. 1詩羽3ルック恵椎名拳... どれも高かった 、新弾のはあんまりって感じですね。 助かる。 起動1コスト自身思い出で控えの詰め恵回収。 ノーコストで山削れるカードなので入れましたが、二つの効果を同時に使えないのでうーんという感じではある。 リバース取ったら他キャラをレストして後列に移動。 霞互換。 にぶいちくらいで4000になりそう。 霞テキストが強いのでこれもまあまあ強いように見えますがになってるので武士はそんなに評価してないみたいですね。 使うならLv. 0絞りたいところ。 電源構築にはまず入るでしょう。 自ターンのパワーが上がった互換。 は強いが炎対応なのがどこまで響くか。 リバ時2落下してLv. 2以上があれば自身ストック送り。 相殺、山削り、ストック補充をこなせる万能システム。 ノーコスト山削りが少なくストックカツカツな冴えカノにぴったりなカード。 リバース取ったら風連動で3落下し、その中のLv. 0キャラの枚数ぶん回収。 0キャラを17枚以上採用すれば平均1枚以上回収できることになります。 回収対象はLv. 0に限られていないので強いです。 風連動は旧弾の英梨々がありますがそれより強いように思いますね。 CIP2ルックして好きな順番で置く。 強いテキストが二つ書いてあるので当然強い。 icytail美智留軸なら青発生要員にもなれますね。 他にレストしてるキャラいなければ1コストアンコール。 10500出る電源用Lv. 2が冴えカノにもやっときました。 後列依存なので横でチャンプしたり拳で返されてもパワー落ちないのがいいですね。 CIPキャラサーチ。 トリガーでCX捲ったら1000振り。 電源用応援Lv. 3もやっときました。 性能的には物足りないですが背に腹は代えられません。 ないよりは全然いい。 ほんと顔。 やっと人権を得ましたね。 アタック時自キャラ全てに宝捲ったら1ドロー1ディス付与。 改に宝連動のテキストがついています。 1連動で宝使うなら色の関係もあってまあ入るでしょうね。 控えから出すキャラは相手が選ぶ これかなり強そう。 コスト0で後列にも触れる。 電源じゃなくても早出しをコストなしで処理できたり詰めの局面で確実に踏める面作ったりマーカー圧縮崩したりソウル減消したり用途が広いです。 冴えカノ使う理由になるかもしれない一枚、早く使ってみたいです。 控え室に条件満たしたキャラがいないと不発になる点だけは注意が必要か。 今まで欲しかったカードがことごとく追加され面白い新カードもあってワクワクが止まらん! tsuyuvamen 1年半近く更新してませんでしたが未だ1日30アクセスくらいあってびっくりしてます。 冴えカノ追加の先行公開が来たので久しぶりに記事書いてみようと思います。 単レスト山集中がRで刷られる時代が来ていることに震えています。 お財布に優しい。 一連のデザイナーズコンボの起点となるカードです。 自ターン500応援。 冴え"らしさ"を全面に押し出した顔面っぷり。 どうしてこうなるんだ。 レベル1なんだから全体パンプか純応援くらいあっても良かったんじゃないですか?と思わなくもないが...。 何枚積むか難しいところです。 3恵がレベル応援欲しいテキストなので多めに採用したいところ。 そう考えると一連のギミックでかなり枠取られるのが難点ですね。 3以上で助太刀禁止。 4以上で。 リバース取った時扉連動1コストで2点バーン。 3テキスト全てが強いと思います。 思い出条件はプール的に余裕で達成できます。 リバース取れさえすれば、という条件がつきまとうのは懸念事項。 アタック時同名がレベル置き場にいるなら扉連動で3枚逆圧縮か1点バーンどちらか。 追加3コストで両方。 詰めるにしても逆圧縮するにしても中途半端な印象を受けましたがどうなんでしょう。 使ってみたら強かったりするんでしょうか。 対応CX 未公開 置かれた時他キャラいればツインドライブとフロントされた時自身バウンスを得る。 散々風連動英梨々使わせておいてまた同じようなカード刷るのか 困惑 結局バウンステキスト使うなら踏まないといけないので非リバースである利点を消している、パンプが相手ターンまで続いてしまうせいで自ターンのパワーが低くなってバウンステキストと噛み合っていないなどちょっと噛み合っていない印象。 もともと美智留バーンと詩羽連パンがあった詰め分野に強いカードが追加され風連動英梨々しかなかった1連動は微妙という...。 tsuyuvamen TDから。 弱くはないですが・・・。 実際使うかというと微妙なところ。 対応3点バーンのコストとしては普通。 その代わりに条件が少し厳しめですね。 と言っても達成できそうっちゃできそうですけど。 「 その輝きは」ドラドラ 置きブ CR 「"" 高海 千歌」の対応です。 絆1コストで「"" 高海 千歌」を回収。 絆ですが終盤まで腐り続けるので強くないように見えます。 アタック時トップ公開してなら手札に加え1ディス。 ショートカットとコンソールを弱体化してくっつけたようなカード。 前者は名称指定になり、後者はアタック時になってます。 とはいえショートカットはほとんど弱くなってませんし、コンソールも確かにコンソールで加わったカードを使えないデメリットがありますが手札切りという本来の仕事は果たすことができます。 結果、切りたいカードがない時に腐るコンソールが腐りにくくなってるので使いやすいカードだと思います。 ちなみにこのカード1枚で「"" 高海 千歌」のバーン条件を満たすこともできますw tsuyuvamen 遅れました。 まずTDから。 ガウルも入ってるよこのTD+・・・。 次にラッシャイ。 起動1コスト1クロックと自身レストで控えのLv. 1以下のキャラを回収。 起動で控えオカ研を持った応援です。 単純に強い。 後列が強いタイトルではなかったと思うので強化ですね。 控えからLv. 2以上のキャラを回収。 弱くはないですが強くもないですかね。 結局イベントなので。 tsuyuvamen.

次の