ハウスクリーニング フランチャイズ デメリット。 見習い修業のメリット・デメリット

直営店とフランチャイズ店のメリット・デメリットを比較してみる

ハウスクリーニング フランチャイズ デメリット

もくじ• フランチャイズ募集しているハウスクリーニング一覧 日本国内にはおよそ8,200のハウスクリーニングの事業所があります。 独立開業して成功するためには、自分に合ったフランチャイズを選ぶことが重要です。 フランチャイズによって加盟金やロイヤリティ、顧客の紹介方法、経営のサポートが異なるため、いくつかのフランチャイズを比較して選ぶようにしましょう。 ハウスコンシェルジュ ハウスコンシェルジュは洗剤メーカーである「株式会社リスダンケミカル」が提供するハウスクリーニング サービスです。 ハウスコンシェルジュでは研修に力を入れており、汚れや洗剤に関する知識、ハウスクリーニングに必要なスキル、接客マナーを身につけることができるように丁寧で分かりやすい研修が行われています。 ハウスコンシェルジュの開業資金は197.4万円、ロイヤリティは毎月3万2,400円です。 ほかのフランチャイズよりもかなり低く抑えているため、費用をかけずの独立開業したい人にはおすすめといえます。 おそうじ本舗 おそうじ本舗は2010年の創業以来、約15万件のハウスクリーニングの実績があります。 エアコン洗浄、浴室清掃、トイレ清掃、レンジフード清掃などのすべてのハウスクリーニングが可能です。 おそうじ本舗の開業資金は279.7万円で、毎月支払うロイヤリティは8万6,400円です。 開業前の研修だけでなく、開業後の集客サポートやクレーム対策も行っています。 おそうじ隊501 おそうじ隊501は福岡県を中心に展開しているハウスクリーニング業者です。 掃除のプロとして満足のいく清掃サービスを提供しています。 ハウスクリーニングだけではなく、店舗やマンション、駐車場やエントランスの清掃の依頼も可能です。 おそうじ隊501の開業資金は250万円、ロイヤリティは毎月の売り上げの6%となっています。 ダイオーズカバーオール ダイオーズカバーオールを運営している「株式会社ダイオーズ」は、1969年に創業した会社です。 ハウスクリーニングだけでなく、清掃用具のレンタルサービスやオフィスのコーヒーサービス、ミネラルウォーターサービスなどの事業も展開しています。 ダイオーズカバーオールでは10日間による研修に加えて、本部のスタッフが営業を代行するサービスや安定した経営をするための「売り上げ保証プラン」があるので安心です。 ダイオーズカバーオールの初期費用の最低価格は310万円、ロイヤリティは、関西エリアでは毎月の売り上げの17.3%、関東エリアでは毎月の売り上げの27.3%となっています。 フランチャイズでハウスクリーニングを開業する3つのメリット フランチャイズのハウスクリーニング経営には、個人経営にはないメリットがあるので、必ず確認しておきましょう。 主なメリットには以下のものがあります。 ネームバリューがあるため信頼できる ハウスクリーニングの経営では、「信頼」が非常に大切です。 ハウスクリーニングは家の中で作業をするため、無名の業者に依頼するのに抵抗を感じる人は多くいます。 一方で、フランチャイズ店はブランドイメージがあるため、安心して利用してもらえるでしょう。 フランチャイズ本部が広告宣伝を行う ハウスクリーニングで黒字経営をするには、顧客の確保が重要です。 どんなに技術がある業者でも、利用してもらえなければ経営を続けることはできません。 フランチャイズは、定期的に新聞や雑誌への広告掲載やテレビやラジオのコマーシャルを行っているため、自分で営業活動を行わなくても多くの人に知ってもらえます。 また、フランチャイズによっては、本部からの顧客紹介サービスや、本部による営業サービスなどのサポートを行っているところもあるので安心です。 開業のための資金を調達しやすい 独立開業をするためにはまとまった資金が必要です。 資金調達の方法として、銀行や信用金庫などの金融機関による融資がありますが、個人の事業者に関しては信頼がないために融資が下りないことがあります。 フランチャイズ店の開業は、ブランドイメージがあるために比較的簡単に融資を受けることが可能です。 フランチャイズによっては、本部による融資のサービスや初期費用の一部を本部が負担するサービスを行っているところもあります 3. フランチャイズでハウスクリーニングを開業する3つのデメリット フランチャイズでのハウスクリーニング事業を計画する際には、メリットだけではなくデメリットもおさえておきましょう。 主なデメリットとして以下のものがあります。 ロイヤリティを支払わなければならない フランチャイズに加盟するとロイヤリティが発生します。 必ず毎月支払わなければならないため、開業直後や売り上げが落ちている時には経営を圧迫することもあります。 ロイヤリティの金額はフランチャイズによって異なります。 ロイヤリティの金額が固定のところもあれば、売り上げに応じて金額が変わるところもあるため、自分に合ったロイヤリティ方式のフランチャイズを選びましょう。 ハウスクリーニングの方法が決まっている フランチャイズではブランドイメージを保つため、ハウスクリーニングの方法が決まっています。 清掃用具や洗剤も本部が指定したものを使用しなければならないため、オリジナルの方法で作業できません。 そのため、本部の方針に不満を抱いてしまうと、ハウスクリーニング事業を続けるモチベーションを保てなくなることもあります。 契約の終了後にも制限がある ハウスクリーニングのフランチャイズの多くは、契約の終了後に個人でハウスクリーニングの事業を続けることを禁止しています。 営業を続けた場合には、本部による事業の中止の勧告がなされたり、裁判にまで発展したりすることもあるため注意が必要です。 フランチャイズに加盟する際には、慎重な判断をするようにしましょう 4. フランチャイズでハウスクリーニングを開業する流れ ハウスクリーニングのフランチャイズでは定期的な説明会を開催しています。 まずは説明会に参加をして経営理念、初期費用やロイヤリティの費用、本部によるサポート内容を把握しましょう。 本部の事業方針に納得したならフランチャイズ契約を交わします。 フランチャイズへの加盟後は開業に向けての準備を行います。 ほとんどのフランチャイズでは研修制度を設けており、研修を通してハウスクリーニングに必要な知識やスキルを身につけることが可能です。 その後、ハウスクリーニングに必要な清掃用具や洗剤をそろえたら開業します。 開業後もスーパーバイザーによる清掃や営業のアドバイスを受けながら安定した経営を目指すことができるので安心です。 フランチャイズに加盟してハウスクリーニングを独立開業する方法まとめ ハウスクリーニングのフランチャイズを行っている企業はたくさんありますが、初期費用やロイヤリティの金額はフランチャイズによって異なります。 さらに、顧客の獲得のためのサポートやスーパーバイザーとの定期的な面談を行っているフランチャイズもあるため、自分の開業プランに合ったフランチャイズを選ぶことができるように慎重に比較検討しましょう。 ハウスクリーニングのフランチャイズには、メリットとデメリットがあります。 事業を始める前に把握しておけば、開業後のトラブルを避けることができるでしょう。 関連記事•

次の

ハウスクリーニング独立開業!稼げるフランチャイズ比較ランキング

ハウスクリーニング フランチャイズ デメリット

Contents• フランチャイズ加盟店を募集するおそうじ本舗の基本情報 おそうじ本舗は、全国に展開するハウスクリーニングを主な事業としています。 HITOWAライフパートナー株式会社のフランチャイズビジネスサービスのひとつです。 1-1. 企業情報 社名 HITOWAライフパートナー株式会社(旧社名:長谷川興産株式会社) 所在地 〒106-0032 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー19F TEL. 03-6632-7701(代) FAX. 03-6229-3203 (より) HITOWAライフパートナー株式会社は、HITOWAホールディングス株式会社(旧社名:長谷川ホールディングス株式会社)のグループ会社です。 1-2. おそうじ本舗の事業内容 ・ハウスクリーニング ・店舗・オフィス・空室クリーニング ・物販・レンタルサービス おそうじ本舗の主な事業はハウスクリーニングです。 ハウスクリーニングは、在宅クリーニングと商業店舗クリーニングに分けられます。 在宅クリーニング 一般家庭向けのおそうじサービス。 エアコンや洗濯機、換気扇などの専門的な分解清掃・洗浄から浴室、キッチン、トイレ、フローリングなどの清掃まで、家庭内のあらゆるものや場所をおそうじします。 商業店舗クリーニング 全国チェーンの店舗、個人店舗、オフィス、医院など様々な商業スペースをおそうじします。 他にも家事代行サービスがあります。 1-3. おそうじ本舗の評価 おそうじ本舗は、2018年のオリコン顧客満足度調査ハウスクリーニング部門で第1位を獲得しており、現在もっとも勢いのあるハウスクリーニング事業者です。 テレビCMなどの広告効果で知名度も比較的高く、顧客の信頼度も高いようです。 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟に関する評判・口コミ おそうじ本舗のフランチャイズ加盟を考えている方や、実際に加盟した方々の評判や口コミはどんなものでしょうか。 インターネット上に掲載されているものを中心に抜粋してみました。 2-1. 具体的な説明があって信用できる 具体的な利益の数字と説明があり信用できます。 起業には、信頼と安全、利益確保のための支援が大切だと思います。 説明会で話を聞いてみるのは悪くないと思いますね。 2-2. ニーズはありそうだが地域での収益差はどうか 掃除が十分にできない働く主婦や、高齢者からのニーズはありそうですが、地域で収益に差が出るのではないでしょうか。 地方の場合は顧客獲得が難しいと思います。 2-3. 研修が短期間なのが疑問 開業前に基礎研修と現場研修がおそうじ本舗本部から用意されていますが、短期間であるので必要な業務をマスターできるでしょうか。 長期研修で完全な清掃技術が習得できるシステムを構築するべきではないかと思います。 2-4. 需要もあり起業の選択肢のひとつ ハウスクリーニングは、高齢化社会が進む今後も需要のある業態でしょうね。 コンビニのように店舗を構えなくとも、オーナー1人で開業できると思います。 他のフランチャイズに比べても開業資金は安く感じられますね。 私自身もおそうじ本舗のフランチャイズ加盟を起業の選択肢のひとつと考えています。 2-5. 達成感のある仕事だが不安もある 掃除という事業内容は専門技術がいりますが、根気さえあれば誰でもできるものですよね。 達成感のある仕事だと思います。 人を雇うと従業員が手抜きをする不安があります。 顧客になってくれそうな店舗やオフィスにコネがあれば事業を軌道に乗せるのも早いでしょうが、地域によっては競合も多そうですね。 2-6. ハウスクリーニングに興味があるのでやってみたい ハウスクリーニングの仕事に興味があるので、起業するならおそうじ本舗のフランチャイズは自分に合っていると思います。 家事は好きではないが、仕事としてなら頑張れると思っています。 2-7. 体力面や精神面が心配 資金面は問題ないが、仕事として毎日働くと体力面や精神面が心配です。 掃除は思っている以上に体力を使うでしょうね。 遺品整理の仕事など精神的にきつい仕事もくると聞いたこともあります。 2-8. 開業のハードルは低そうだが覚悟も必要 ハウスクリーニングは小売りや飲食店と違い、在庫を抱える心配がないのがいいですね。 専門的な知識も特殊な技術もなくても研修で学べるので、開業のハードルは低そうです。 仕事的に体力勝負なので、年末や春の引越しシーズンなどの繁忙期は覚悟が必要だろうなと思います。 2-9. 興味はあるが、開業資金が気になる おそうじ本舗のフランチャイズ加盟に興味はあるが、開業資金が気になります。 おそうじ本舗のフランチャイズ開業は融資を受ければ自己資金が数十万円でも始められると聞きました。 2-10. 年収1000万円以上もいれば300万円以下もいる 年収1000万円以上の人もいる一方で、年収300万円以下の人もいるようですね。 おそうじ本舗フランチャイズ加盟オーナーの半分以上が年収500万円以下で、1000円万以上の人は全体の1割程度と聞いた事があります。 2-11. 開業するエリアで売り上げは決まる 経費を引くと利益はあまり上がらないようで、モデルケースでの例の数字はそのまま参考にはならないかもしれないと思っています。 開業する地域によっても売上が大きく変わるとのことです。 人口10万人の地方都市で他店舗がなく、自分1人で頑張れば、ある程度はやっていけそうだと思います。 口コミに多かったのは、おそうじ本舗のフランチャイズ加盟契約後の開業前の研修や、開業資金についてのこと、加えて、ハウスクリーニングの需要がありそうだという期待と仕事内容に対しての不安などです。 また、開業する地域によって年収に差が出てくるという口コミもありました。 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟は儲かる?年収は? 新規フランチャイズ加盟の90%以上がハウスクリーニング業の未経験者です。 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟は、未経験者では儲からないのでしょうか。 実はそんなことはありません。 3-1. 未経験者でも儲かる?稼いでいる人はどのくらい? 開業初月から月商100万円(東京)を達成するオーナーや、開業4ヵ月で月商190万円(神奈川県横浜市)達成するオーナーがいます。 未経験でもすぐに大きく稼ぐことができるのです。 従業員雇い人員を増やして営業しているオーナーであれば、月商2000万円を超える人もいるようです。 開業を始めてすぐは、基本的に無店舗でオーナー1人の運営となります。 売上から引かれる経費がほとんどありません。 経費としてかかるのは、ガソリン代、駐車場代、電話代、車のリース代などです。 仕入れが不要で、在庫、店舗家賃、人件費、光熱費がかからなければ営業利益率が非常に高くなります。 固定費としてロイヤリティーと広告分担金の支払いがありますが、どんなに売り上げが上がっても64,800円+21,600円=86,400円で固定されているので、売上が上がれば上がるほどロイヤリティーの比率は下がっていきます。 客単価は平均すると20,000~25,000円です。 午前と午後に1件ずつ、1日に2件こなすことで約40,000万円の売り上げが得られます。 1日平均40,000円の売り上げならば20日間営業で800,000円です。 25日営業なら1000,000円の売り上げを達成できます。 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟オーナーの全国の平均売上額は約830,000円です。 地域によって売上や利益に差が出ることがあります。 地方は都市部より経費がかからないので営業利益率は高くなりやすいですが、売上そのものが都市部より落ちるかもしれませんね。 全国売上トップクラスの加盟店オーナーは約2,000万円の売上がありますが、月間の営業利益は約900万円です。 人件費などの経費が大きくなるので利益率は下がりますが、それでも大きな収益だと思います。 3-2. おそうじ本舗のフランチャイズの年収は? おそうじ本舗のフランチャイズ加盟オーナーの平均売上額は約830,000円、営業利益は550,000円前後と述べましたが、平均は上位のオーナーが押し上げていると思われますので、中央値(最も多い値)はもう少し低く見積もったほうがよさそうですね。 月間の営業利益から平均年収は600万円前後と求められますが、中央値、すなわち、最も多い年収帯は400万円台だろうと推測されます。 おそうじ本舗にフランチャイズ加盟するメリット ・開業資金(分割払い可能)が低額である ・商品販売ではないので在庫リスクがない ・今後、成長が見込める産業である ・テレビCMなどでおそうじ本舗の認知度は高い ・開業サポートが充実している(新規開業の9割が未経験) おそうじ本舗のフランチャイズ加盟には多くのメリットがあります。 多くのチェーン店がフランチャイズ加盟店を募集していますが、おそうじ本舗のフランチャイズに加盟することは他と比べて多くの強みがあると思います。 おそうじ本舗にフランチャイズ加盟するデメリット ・開業資金がかかる ・地域によって収益の差が出る ・売上がなければ諸経費分マイナス おそうじ本舗の、というよりフランチャイズ加盟全般に言えるデメリットです。 フランチャイズ加盟による起業においてはどうしてもつきまとうものなので、これらの事項はある程度仕方のないことです。 おそうじ本舗のフランチャイズの条件や契約内容 6-1. おそうじ本舗のフランチャイズ加盟対象・条件 個人:20~65歳位まで、要普免、学歴・性別不問 法人:法人も加盟可能 6-2. フランチャイズ契約の前におそうじ本舗の現状と将来性を確認! 7-1. おそうじ本舗の現状 おそうじ本舗は「第35回サービス業総合調査家事支援部門」(日経MJ[2017. 1])において2015年、2016年に続き3年連続で第1位となりました。 「おそうじ本舗」は名実ともに ハウスクリーニング業界No. 1と言ってよいでしょう。 利益率・リピート率が高い「個人宅クリーニング」と、定期収入が見込める「商業施設・店舗クリーニング」の2つの基軸事業で安定した収益を実現しています。 7-2. おそうじ本舗の将来性 女性の社会進出、共働き世帯の増加、高齢化などを背景にハウスクリーニングの市場規模はここ10年で10倍に拡大しています。 家事支援サービスは今、急速に成長している市場で、「おそうじ本舗」はその市場をけん引している ハウスクリーニングのトップブランドですね。 現在、ハウスクリーニングはサービス業の中でもトップクラスの成長率を誇り、3年後には8000億円市場になると見込まれています。 これからもさらにニーズが高まると予想されています。 おそうじ本舗にフランチャイズ加盟する方法 おそうじ本舗フランチャイズ加盟・契約の流れを以下に説明します。 8-1. 説明会への参加 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟に興味を持たれましたら、最初に説明会に参加します。 業界の動向や、サポートの内容、加盟店の売上高などの詳しい説明を受けられます。 説明会では、フランチャイズ加盟の申込みへの勧誘は一切行われませんので安心して参加できます。 8-2. 加盟申込(加盟審査) 加盟を決断したら加盟申込みをします。 加盟申込み内容に基づいて、おそうじ本舗本部による加盟審査が行われます。 8-3. 面談・契約 全ての契約内容が確認されたのち、おそうじ本舗本部とのフランチャイズ契約を締結します。 このとき、開業拠点、初期研修受講日程などを決定します。 おそうじ本舗のフランチャイズ・まとめ おそうじ本舗は、成長産業であると言われているハウスクリーニング業界の中でも、いま最も注目されています。 起業・独立を考えている個人の方や、異業種参入を計画している企業経営者にとって、魅力的なフランチャイズであると言えるでしょう。 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟は、開業のハードルが比較的低く、在庫を抱えるなどの経営リスクもそこまで高くはありません。 その一方で、個人でも開業間もなく月商100万円を達成できるほどのビジネスパワーを秘めています。 フランチャイズ加盟にはメリットもあればデメリットもあります。 もちろんいいことばかりではありませんが、フランチャイズ加盟の契約内容をよく吟味して加盟をするかどうか決断しましょう。 ハウスクリーニング業界は今後も需要が高まることが予想されます。 開業は早ければ早いほど、ビジネスが軌道に乗るのも早くなりますので、まずは説明会への参加をお考えになってみてはいかがでしょうか。

次の

ハウスクリーニングの学校 みんなのアカデミー

ハウスクリーニング フランチャイズ デメリット

コンビニや飲食店、クリーニング店や塾などフランチャイズで独立開業する店舗は多数あります。 フランチャイズには企業側と加盟店側、それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 フランチャイズとは フランチャイズとは、フランチャイズ本部(フランチャイジー)とフランチャイズ加盟者(フランチャイザー)が一定の条件で契約を結ぶことで、フランチャイズ加盟者がフランチャイズ本部の看板を掲げて営業を行うことです。 フランチャイズ加盟者は、加盟金やロイヤリティなどをフランチャイズ本部に支払うことで、フランチャイズ本部の商品やサービスなどを活用できます。 そのため、新たに独立開業したいが経験も知識も何もない方でも、フランチャイズへの加盟は、効率的に開業を行う1つの手段となります。 フランチャイズ企業には、コンビニや飲食店、クリーニングや塾、整体や理美容、介護や携帯電話、買い取り販売など、多数の業種があります。 自営業を行っていた方がフランチャイズに加盟したり、サラリーマンが会社を辞めてフランチャイズで開業したりしています。 フランチャイズのメリットとは (1)企業側のメリット 企業がフランチャイズチェーンを展開する目的の1つはコスト削減です。 企業が直営店をオープンするには、土地代や店の建設費、人件費などの全ての費用を企業が出資する必要があります。 フランチャイズの場合は、店舗開設の費用の一部を、加盟金や保証金、開業準備金や内装工事費用などの名目で加盟者に拠出してもらうため、企業側が出資する初期費用を安く抑えるメリットがあります。 また、店舗が複数あることで、原材料を大量に買い付け、商品を大量に生産できるため、仕入れや製造のコストが削減でき、さらに店舗数が増えると流通コストも削減することが可能となるメリットがあります。 (2)加盟店側のメリット フランチャイズ加盟店側は、フランチャイズ本部の実績と経験に基づいたマニュアルが活用できるため、事業経験のない分野での開業が可能であることがメリットです。 また、フランチャイズ本部が保有する仕入れ先や流通経路が利用できるため、新たに仕入れ先や流通経路を探す必要がなく、早期に事業を開始することができます。 さらに、フランチャイズ本部に税務や会計などの経営指導や、販売促進や教育などの援助を受けることで、加盟店は営業に専念でき、売り上げにつなげることができます。 加盟店では、店舗に一般的に知られている名称やマークを利用できるため、企業ブランドの信用度で顧客の信頼を得ることができ、個人で開業するより成功する確率が高いと考えられます。 フランチャイズ加盟店はそれぞれが個人事業であり、売り上げが上がれば収益も上がるというやりがいもあります。 フランチャイズのデメリット (1)企業側のデメリット フランチャイズ加盟店はそれぞれが個人事業主で、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店はビジネスパートナーという位置づけです。 加盟店が売上を増やしても企業側はその一部をロイヤリティとして受け取れはしますが、全額が企業の利益になるのではありません。 また、フランチャイズ本部のマニュアルを加盟店に展開してはいるものの、加盟者の裁量によってサービスの質や内容に差が生じることもデメリットの1つです。 例えば、数多くある加盟店のうち、たった1店舗で不適切な労働管理や、食品衛生上好ましくない行動があることで、企業全体のブランドイメージそのものが混乱することもあります。 (2)加盟店側のデメリット フランチャイズ加盟店のオーナーになるためには、開業前にフランチャイズ加盟金や保証金をフランチャイズ本部に支払います。 フランチャイズ本部によっては、個人で開業するのと同じくらい費用がかかる場合もあります。 また、頑張って売上を上げたとしても、利益の一部をロイヤリティとして本部に納めるため、全て自分の利益にできないデメリットがあります。 フランチャイズ本部には経営方針があり、マニュアルも統一化されています。 つまり、フランチャイズ加盟店の自己判断で販売価格を変更したり、取扱商品を増やしたり、独自のルートで仕入れたりなど、加盟者個人の自由な店舗運営に制限がかかるというデメリットもあります。 直営店とフランチャイズのメリット・デメリットの違い フランチャイズには、直営店とフランチャイズ加盟店の2つの店舗のタイプがあります。 直営店とは、フランチャイズ本部が出資して開業した店舗であり、店舗の運営は本部の社員が行います。 フランチャイズ本部は、まず直営店を展開して運営のノウハウを蓄積し、経営方針などをマニュアル化してから、フランチャイズ加盟店を増やしていきます。 直営店のメリットは、店舗の収益が全て会社の収益となることや、店舗で働く方が企業の社員であるため、マネジメントが徹底できることなどです。 その一方で直営店のデメリットは、企業が出店のために資金準備が必要となること、社員を店舗に配置するため人件費が必要となることなど、資金面の負担があり、早期に店舗を増やしていくことが難しいことです。 まとめ フランチャイズは、短期間で売り上げが上がる店を作ることができるシステムですが、企業側にも加盟店側にもメリットとデメリットがあります。 フランチャイズビジネスを始めようと考えた場合には、始める前にメリットとデメリットを把握しておくことが必要でしょう。

次の