コロナ ウイルス 北九州 市。 検査広げたら陽性次々 北九州、113人の半数が無症状 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス感染症の北九州市における感染拡大に伴う対応について

コロナ ウイルス 北九州 市

新型コロナウイルスの感染確認が続く北九州市。 濃厚接触者へのPCR検査を拡充したのが理由の一つとされるが、当初は感染経路不明者の割合も高かった。 10日連続となった1日までの感染者113人のうち半数ほどが無症状。 専門家は「収束には検査拡充が欠かせない」と指摘する。 「なぜ出たかはっきり分からない」。 5月23日。 24日ぶりに新たな感染者が確認されたことを発表した北九州市の担当者はそう述べた。 福岡県への緊急事態宣言が解除されて10日ほど。 「コロナはなくなっていないことを認識して、市民と気をつけていきたい」 しかし、この日の3人に続き、24日も3人、25日は6人。 しかも、計12人のうち11人の感染経路が分からなかった。 北橋健治市長は26日、「第2波の入り口」と危機感を募らせ、「相当数の無症状の人がいると思う。 市中感染がそれなりに広がりを持っていると改めて感じている」と話した。 市はこの前日、感染の有無を調べるPCR検査の対象を広げることを決めた。 それまでは国の指針通り、濃厚接触者の中でも発熱などの症状がある人にしぼって検査していたが、無症状の人を含め全員を検査する方針に変更。 23日にさかのぼって検査をした。 福岡県と福岡市、久留米市ではそれまでも症状に関わらず、すべての濃厚接触者にPCR検査を実施。 一方、北九州市は5月2日、ドライブスルー方式で検査を受けられる「北九州市PCR検査センター」を設置。 多くの検査を受け入れる態勢が整ったことが、方針転換につながった。 6月1日までに陽性が判明した113人のうち少なくとも61人が無症状。 その中で濃厚接触者として検査を受けたのは54人だった。 市保健衛生課の担当者は「これまでは見逃していたかもしれない無症状の感染者を発見できているのではないか」と話す。 北九州市では感染経路が追えな….

次の

【新型コロナウイルス感染】北九州市初の男性の感染経路や状況は?

コロナ ウイルス 北九州 市

北九州市は31日、新型コロナウイルスの感染者を新たに12人確認したと発表した。 市内の感染確認は23日から9日連続。 12人のうち2人の感染経路がわかっていない。 守恒(もりつね)小学校(小倉南区)では新たに児童4人の感染が確認され、これまでと合わせて計5人となり、市はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。 この9日間に感染が確認された97人のうち、感染経路不明は34人となった。 市によると、12人の内訳は、守恒小の4人と中学生2人のほか、これまでに23人の感染が確認されている北九州総合病院(小倉北区)のスタッフ3人など。 市内で発生した疑いのあるクラスターは23日以降、守恒小を含めて計4カ所になった。 新規の感染者数は28日の21人、29日の26人、30日の16人に続き4日連続で2桁となった。 また、市は31日、18日以降に順次再開していた美術館や博物館など公共施設119カ所を再休館した。 屋内施設は6月18日まで全て休止となる。 市は、早期に陽性者を見つけて感染拡大を防ぐために、23日以降、感染が確認された人の濃厚接触者全員に対し、症状がなくてもPCR検査を受けてもらう方針に切り替えた。 従来は、濃厚接触者でも感染が疑われる症状のある人にPCR検査を要請していた。 市内では30日までに、ほかに主に門司メディカルセンター(門司区)で10人、特別養護老人ホームわかば(八幡西区)で12人の感染が確認されている。 また、小倉北特別支援学校(小倉北区)、思永中学校(同区)、企救(きく)中学校(小倉南区)、守恒小学校(同区)、葛原小学校(同区)の計5校で教員や児童・生徒の感染が確認され、当面閉鎖する。 市は1日以降、市立学校の授業は午前中だけとする。

次の

【新型コロナウイルス感染】北九州市初の男性の感染経路や状況は?

コロナ ウイルス 北九州 市

【新型コロナウイルス感染】北九州市の男性の感染経路は? この男性は、海外渡航もなく、感染者との明確な接触はどこでしたかはわからないということです。 こちらは分かり次第追記させていただきます。 【新型コロナウイルス感染】北九州市の男性の経過は?? 2月19日~:咳あり。 2月21日:発熱(37. 1度)、咳あり。 2月24日:発熱(38. 0度)、咳あり。 2月25日:発熱(38度台)、咳、呼吸困難あり。 市内A医療機関を受診し、入院となる。 2月29日:症状改善せず、市内B医療機関に転院。 肺炎の指摘あり。 3月1日:本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 県内の感染症指定医療機関に転院し、入院となる。 現在は容態も安定されているようなので、これ以上ひどくならないことをお祈りいたします。 北九州市内の60代男性で、タクシーの乗務員ということです。 引き続き、県・自治体一丸となって感染拡大防止に全力を注ぎます! — 福岡県議会議員 原中まさし haranakamasashi 【新型コロナウイルス】北九州市で感染かもしれないとおもったら?? 令和2年2月7日から、「帰国者・接触者相談センター(北九州市 新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル)」を開設しています。 次のような症状がある方は、センターにご相談ください。 (1)風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いている。 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含む) (2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 (注)高齢者や糖尿病、心不全等のある方は、上記の状態が2日程度続く場合。 センターへのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介されるそうです。 その際は、 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 もしまんがいちの時には活用ください。

次の