オリンピック チケット 名義 変更。 東京オリンピックチケットを他人(家族や友人)に譲りたい!名義変更の方法をわかりやすく紹介!

東京オリンピックチケットは転売できないが名義変更は可能!期日や手順・手数料についても

オリンピック チケット 名義 変更

com 名義変更か公式のリセールサービスを利用しよう! 東京オリンピックの観戦チケットは、料金を支払った後のキャンセルができません。 また、転売行為は固く禁じられています。 しかし、急な事情で試合会場に行けなくなるというケースもあるもの。 そんな時には、チケットの「名義変更」または「公式リセールサービス」を利用するという方法を利用することが可能です。 オリンピックのチケットの名義変更の方法は?定価以下での譲渡であれば、家族や有人に譲ってもOK 東京オリンピックのチケットの転売はできませんが、家族や親族、友人などに対する譲渡は自由とされています。 ただし、東京オリンピックのチケットは、事前に名義登録が必要な「記名制」であり、本人確認を行うことによって入場できる仕組みになっています。 したがって、チケットを譲り渡す場合は、「名義変更」が必要です。 また、転売を禁止する理由は、チケットの転売によって利益を得ることを防止するため。 したがって、譲渡によってチケット定価以上の高い金額を受け取ることが禁じられています。 譲渡自体は認められているので、購入価格と同じか、それより安い金額で譲渡するようにしましょう。 チケットの名義変更は、購入者の購入履歴を確認できる公式チケットサイト内の「マイチケット」というページで行うことができます。 名義変更は競技開催日当日でも可能なので、突然の事故や急病といった緊急事態でも安心です。 オリンピックチケットの転売行為は絶対に禁止!法改正により、違反したら1年以下の懲役も! 2018年の12月に、「特定興行入場券の不正転売禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」が成立しました。 この法改正により、違反した者には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、あるいはその両方が科せられます。 この法律は、2019年6月14日より施行されましたが、この施行日は東京オリンピックのチケット抽選発表の4日前というタイミングであり、オリンピックに向けた法改正であったともいわれています。 法律によって転売行為への罰則が重くなり、監視の目も厳しくなりました。 ネットやSNSにも監視の目は向けられているので、チケットの転売行為には関わることなく、ルールを遵守するようにしましょう。 名義変更でも譲り先が見つからないときはリセールを利用しよう チケットを購入した人が、やむを得ない事情で当日競技場に向かうことができなくなった場合の救済措置として、「公式リセールサービス」が設けられています。 これは、2020年の春以降に、定価でリセール 転売 が可能なサービスです。 リセールサービスの利用方法は、公式チケット販売サイト内の「公式リセールサービス」に所有者(出品者)がチケットを出品し、そのチケットが欲しい人が購入申し込みをするだけ。 リセールが成立した場合、出品者が成約手数料を負担するという仕組みになっています。 成約手数料の具体的な金額については、未定となっていますが、出品したチケットの購入希望者がいなければ、リセールは成立しないので、出品しても売れないことがあるということは覚悟しておくと良いでしょう。 まとめ 東京オリンピックのチケットは、転売によって高額で取引される可能性があっただけに、政府による転売禁止の取り組みがなされました。 しかし、申し込んだ日に観戦に行けない、という場合でも名義変更やリセールサービスを利用してチケットを譲渡することが可能です。 想定外の事態で観戦できなかった場合には、利用してみるといいでしょう。 また、チケットを入手できなかったという方は、公式リセールサービスに気になるチケットが出品されていないかどうかチェックしてみるのもおすすめです。 com 《参考記事一覧》•

次の

東京オリンピックチケットは転売できないが名義変更は可能!期日や手順・手数料についても

オリンピック チケット 名義 変更

こちらの記事では東京オリンピックチケットの受取方法3種類の手数料の違いやメリットデメリット、支払方法の種類と手数料、支払方法は選択後に変更できるのか、支払いクレジットカードの名義は購入者本人名義でないといけないのかなど購入手続き前に気になることを調べてまとめました。 東京オリンピック観戦チケットの抽選結果の発表日となり、当選した方はいよいよチケット代金を支払う購入手続きへと進むことになりますね! 購入手続き 支払い 前に 必ずご自身で東京オリンピック公式チケット販売サイトのマイチケット画面で当選の確認をしてから購入手続きをしましょう!! 東京オリンピックチケットの受取方法3種類の違いは?手数料はいくら? 東京オリンピックチケット抽選販売に当選したら、マイチケット画面から当日観戦する予定の人の名前を登録し、受取方法と支払方法を選択して購入手続きを進めます。 まず受け取り方法3種類について手数料等の違いやメリットデメリットについてまとめてみました。 モバイルチケット(電子チケット) スマートフォンやタブレット等の端末でQRコード表示するタイプのチケットです。 端末自体がチケットとなるので、チケットの印刷が不要なのでチケット 発行手数料は無料=0円です。 まず ご自身の端末が対応機種かどうか確認してから選択する必要がありますよね。 実際に選択する際に対応機種についての案内があるかと思われます。 メリットとしては、 スマートフォンなら必ず持ち歩くので忘れる確率が低いといったところでしょうね。 プリントアウトチケット Print Home チケットは紙じゃないと不安という方もいらっしゃるかと思います。 デメリットとしては、まず 自宅にプリンターがないと印刷できないということと、紙なので当日プリントアウト 印刷 した チケットを忘れたりなくしたりすると入場できないというところになるでしょう。 メリットとしては、メールさえ間違って削除したりしなければ、大会直前にプリントアウトすれば良いので、通常の紙チケットのようにどこに保管していたか分からなくなったということこがないのではないでしょうか。 デメリットとしては、 受取方法の中で唯一手数料がかかることで家族で観戦予定の方は枚数も多くなると思うので金額もそれなりにかかってくることになりますね。 後は、「Print Home」のプリントアウトタイプのチケット同様 、当日忘れたりなくした場合会場に入場できなくなることですね。 それから、この「紙チケット」の場合は保管場所を忘れないようにしないといけないですね。 東京オリンピックチケットの支払い方法と注意点は? 東京オリンピックチケットの受取方法を選択したら、次は支払方法を選択して購入手続きを進めます。 東京オリンピックチケット代金の支払い方法は、「コンビニ窓口での現金決済」と「VISAカード決済」の2つがあります。 抽選販売で当選したチケットの場合は当選した全てのチケットを購入しなければいけません。 一部のみの購入は不可です。 またいずれも一括払いのみです。 分割払いにはできません。 コンビニで現金決済 東京オリンピックチケット代金の支払いができるコンビニは、 セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・セイコーマートです。 支払方法選択時にコンビニを選択するとどのコンビニで支払うかまで選択しなければ進めないようです。 この時 選択したコンビニは後から変更できないとのことなので注意して下さい。 30万円未満 税込 であることが現金決済の条件となります。 コンビニでの現金決済の場合は、 手数料が432円 税込)かかりますのでご注意ください。 VISAカード決済 クレジット・プリペイド・デビッド 東京オリンピックチケット代金をカードで支払う場合は、カードブランドが「VISA」に限られてきます。 JCBやマスターカードは使えないのでご注意ください。 VISAブランドのカードしか使えない理由について、東京オリンピック公式チケット販売サイトではこのように説明しています。 Visaは、1986年よりオリンピック大会の唯一の決済テクノロジースポンサーとして、東京2020公式チケット販売サイトからのチケット購入を含む会場で使用できる唯一の決済ブランドとなっております。 チケット代金の合計が 30万円以上 税込 の場合は「VISAカード決済(クレジット・プリペイド・デビッド)」しか選択できません。 後、以外と多そうなのが、例えば購入者は夫だけど、VISAカードは妻しか持っていない場合など、家族だったら本人名義じゃなくても支払いカードとして使えるのかなという疑問じゃないかと思うのですが、 「チケット代金の支払いに使用するVISAカードは購入者本人のカードに限る」ということです。 「購入者本人名義のVISAカード」でないと支払ができないので注意して下さい。 登録アドレスに席種ごとに当選の通知が届くようですが、当選通知を装った詐欺メールが増える可能性もあるので、絶対に被害に遭わないためにも公式サイトからの確認をして下さいね!! 「紙チケット」の場合のみ、チケット1枚につき発行手数料が324円 税込 、配送手数料864円 税込 がかかります。 コンビニ現金決済の場合は手数料が432円 税込 がかかる。 東京オリンピックチケット代金の支払い期限は2019年7月2日23時59分までです。 当選発表直後と支払期日直前は公式サイトが込み合うかと思うので、落ち着いた頃に余裕をもって公式サイトで購入手続きをして支払を済ませることをおすすめします。

次の

東京オリンピックチケットは転売できないが名義変更は可能!期日や手順・手数料についても

オリンピック チケット 名義 変更

Contents• 東京オリンピックチケットは転売できない 東京オリンピックチケットは転売ができません。 禁止されています。 チケットを第三者に転売することはできず、インターネット、新聞、チケットショップ等の場所または媒体を問わず、チケット転売の申出や広告をしてはなりません。 東京2020チケット規約に違反して販売または販売の申出もしくは広告が行われたチケットは無効となります。 無効となったチケットについては、当法人から返還を求められることがあります。 無効となったチケットの交換または払戻しはいたしません。 引用元: このように東京オリンピックチケットは転売が禁止されています。 転売で儲けようとする人達への対策ですね。 よって 「メルカリ」や「ヤフオク」などで売る事は出来ないと言うことです。 以下のサービスでは、東京2020観戦チケットの出品は運営会社により禁止されています フリマ・オークションサービス事業者 「メルカリ」(運営会社:株式会社メルカリ) 「ヤフオク!」(運営会社:ヤフー株式会社) 「ラクマ」(運営会社:楽天株式会社) チケット仲介サービス事業者 「チケジャム」(運営会社:チケットジャム株式会社) 「チケットストリート」(運営会社:チケットストリート株式会社) 「チケット流通センター」(運営会社:株式会社ウェイブダッシュ) 引用元: また「ダフ行為」も当然禁止されているので、ダフ屋からは購入しないようにして、のみで購入するようにしましょう。 違反すれば罰金100万円以下または懲役1年以下 もし転売やダフ屋などからチケットを購入すれば 「罰金100万円以下または懲役1年以下、またはその両方」が課せられます。 これは「売る方も買う方も」です。 なのでもし東京オリンピックの各会場で「ダフ屋」がいて捕まれば、そのダフ屋も「罰金100万円以下または懲役1年以下、またはその両方」を受ける事になります。 東京オリンピックチケットの名義変更は可能 Sponsored Link 東京オリンピックチケットは転売は禁止されていますが、 名義変更は可能です。 「せっかく東京オリンピックのチケットを購入したのに、行けなくなってしまった!」 こうなってしまう時ってありますね。 こんな場合は「親族・友人・同僚・知人」に譲渡して名義変更をしましょう。 その名義変更が出来るのは 「対象競技が行われる当日まで」です。 来場予定者の変更は競技開催当日まで、購入者のマイチケットの購入履歴から変更が可能です。 引用元: なので今一度、対象競技がいつなのかで確認しておきましょう。 ちなみに「親族・友人・同僚・知人」に譲渡する時も定価以上で売ってはいけません。 チケット購入者は、チケット購入者の親族または友人、同僚その他の知人に対する場合に限り、同サービスによらずチケットを譲渡することができます。 この場合でも、譲渡代金その他の譲渡対価として、チケットの券面額を超えた金銭または利益を受領してはなりません。 引用元: 「親族・友人・同僚・知人」なので高く売る事はないと思いますが、注意しておきましょう。 リセールとは? リセールとは、東京オリンピックチケットを購入した人が行けなくなった場合、そのチケットを第三者に 定価で売る公式の場所です。 なので、定価5000円のチケットを6000円とか3000円とかでは売れません。 あくまでリセールとは「定価で譲る事」です。 このリセールは2020年の春からで行われる予定だそうです。 リセールでの注意点 それは人気がある競技だとチケットは売れますが、 人気がない競技だと売れない可能性がある事です。 なのでリセールだからと言っても、絶対買い手がいるとは限らないと言う事です。 もし買い手がいなければそのチケット代は無駄になるので、安全策を取るなら「親族・友人・同僚・知人に譲渡」する方がいいでしょう。 名義変更してもチケット購入者と連絡が取れる必要がある また名義変更した場合でも、 元の購入者と連絡が取れるようにしておく必要があります。 これは本当に正しく名義変更されたチケットかどうか確認する為です。 元のチケット購入者と連絡が取れないと「不正」とみなされ、会場に入る事が出来ない可能性があるので、ここはきっちりと連絡が取れるようにしておきましょう。 不正となれば、「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、または併科が課せられる」ので注意が必要です。 身分証も忘れずに! 東京オリンピックチケットを名義変更した場合手数料 では東京オリンピックチケットを名義変更した場合手数料はいるのでしょうか? 答えは「親族・友人・同僚・知人」に譲渡した場合は手数料は要りません。 手数料が要るのは 「リセールで成約した時だけ」で、成約しなければ手数料は掛かりません。 ちなみにその手数料ですが、現在の所まだ発表されていないのですが、おそらく 「定価の10%? 270円くらい」が出品者に掛かるのではないかと言われています。 東京オリンピックチケットの名義変更の手順 では次に「東京オリンピックチケットの名義変更の手順」をご紹介します。 引用元: マイチケット 引用元: ここで最初に登録したメールアドレスとパスワードを入力 引用元: 購入履歴を選択して詳細をクリック 引用元: チケット情報にある名前に変更する名義を記入 引用元: 変更するをクリック 引用元: まとめ 東京オリンピックチケットは転売できないが名義変更は可能! 期日や手順・手数料についても解説しました。 名義変更は対象競技が行われる当日まで。 手数料は親族・友人・同僚・知人に譲渡するなら要らない。 手数料が掛かるのはリセールで成約した時だけで、「定価の10%? 270円くらい」が出品者に掛かると予想されている。 以上が今回の解説になります。 ありがとうございました。 Sponsored Link 東京オリンピックについて合わせて読みたい記事はこちら!.

次の