好き だ と いいっ て しま えば 何 か が 変わる かな。 片思いの相手を落とすテクニック(男女共通)

文字入力についてです。パソコンに詳しい方お願いします!!!い...

好き だ と いいっ て しま えば 何 か が 変わる かな

金色の髪を無造作にまとめてご機嫌に鼻歌を口ずさむ後ろ姿が、我が家の台所で洗い物をしている光景。 懐かしくて温かいその光景はずっと求めていたもののはずなのに、心が踊らないのはきっと目の前に置かれた可愛らしい箱のせいだ。 「……ねぇ、彷徨聞いてるの?」 洗い物を終えた未夢が、今度は不機嫌そうな声で俺を呼んだ。 聞いてなかった、と素直に言えば更に機嫌を損ねる。 でも、会話の内容が分からないのに返事が出来る程、最近の未夢を俺は知らない。 「あー…、悪い、何?」 「もぉー…」 先に謝ってしまえばそれ以上怒らせることはない。 離れて暮らすようになってもうすぐ1年が経つけど、相変わらず未夢をどう扱えばどんな反応が返ってくるのか、手に取るように分かる。 「だからぁー、そのチョコレートちゃんとおじさんに渡しといてね?」 「……あー、はいはい…」 世間ではバレンタインデーだと、まるでお祭り騒ぎ。 学校も街も甘ったるい匂いに覆われていて頭が痛かった。 元々そんなに好きじゃなかったチョコレートという食べ物が、この行事のお陰で余計に嫌いになりそうだ。 「彷徨は今年も豊作だったんでしょ?」 湯気が上る湯呑みを置きながら、未夢はニヤニヤと俺を覗き込む。 自分の前に同じように置いた湯呑みに息を吹き掛ける仕草に、俺が目を奪われていることになんて気付きもしないで。 「……別に」 「彷徨はあんまりチョコ食べないもんね?」 「……だから俺にはないの?」 きょとんとした顔が痛い。 「…彷徨、チョコ欲しいの?」 「別に……」 だってオヤジにあって俺に無いのって、単純に不自然じゃないか?そんな言い訳を頭の中で繰り返す。 本当は今日こっちに来る連絡をもらったときから期待してた…、なんて口が割けても言えない。 今の状況なら尚更だ。 「だって彷徨昨年のバレンタイン、ずっと溜め息ついてたじゃない」 「んなこと……」 「覚えてないの?チョコばっかり食べるはめになったってしばらく不機嫌だったのよ?」 それは、そうだったかもしれないけど。 「今年はほとんど食べてくれるペポもいないし?溜め息つかれるくらいならあげなくてもいいじゃない」 「……お前からもらったやつはちゃんと食べたじゃん」 未夢の言い分はもっともだけどさ。 でも、昨年だって大切な人からもらったものはペポに一口もやらなかったし、大事に食べた。 もちろん未夢にもらったチョコだってそうだし、なんなら一番最初に口にしたものだったのに。 「せっかく気持ち込めても迷惑になっちゃったらもともこもないでしょ?」 何で本当に欲しいヤツはこんなに空気を読んでるんだ。 今日呼び出された顔も名前も知らないやつらにこの言葉を聞かせてやりたい。 「……ふふっ、彷徨がそんなにいじけるとは思ってなかった」 「べっ、別にいじけてなんか……っ」 いじけたつもりはない。 ただ、なんとなく寂しさみたいなものはあったと思う。 でもそれさえも気付かれるのが気まずくて気恥ずかしくて、慌てて繕おうとした俺の前にシンプルな、それでいてオヤジへのそれとは違うオシャレにラッピングされた箱が差し出された。 「彷徨にはね、チョコレートじゃないものにしたの」 「…………へぇ…」 突然差し出された箱。 どう反応を返すのが正解なのか分からず、とりあえず顔がにやけそうになるのを隠すように素っ気ない返事を漏らした。 「ちょっとぉ、嬉しくないの?せっかく色々考えて選んだのに」 頬を膨らませながらも、その目は早く開けてみて、と催促しているようだ。 混色のリボンに手をかけ、ゆっくりとほどいていく。 包みをとくと、明らかに中身が食べ物ではないことが分かる箱が顔を覗かせる。 「私の勝手なイメージで選んだから、好みじゃなかったらごめんね?」 そんな未夢の言葉が耳に入ったと同時に、視界に入って来たのはブラウンの革が高級そうに光る少し大きめの腕時計。 文字盤に光が当たるとほんのりと青や紫に見えるのが、まるで宇宙に星が散らばっているような感覚になる。 「キレイでしょ?それ見つけた時ルゥくん思い出しちゃって…」 未夢も同じ事を思っていたらしい。 それだけで十分嬉しいのだけど。 「お前、これ高かっ……」 「値段気にするとか禁止っ!……な~んて、そんなに高くないよ?私のお小遣いで十分足りちゃうくらい」 クスクスと笑う未夢には多分この流れも想定内だったようで、俺の質問はあっという間に行き場を無くした。 「さんきゅ」 言いたいこと、伝えたいことはたくさんあるはずなのに、声になってでてきたのは簡単なお礼の言葉だけだった。 「もうすぐ私達も高校生でしょ?」 「え?」 突拍子のない未夢の言葉は、その真意を知るには俺には難しすぎる。 「彷徨はきっと高校でも忙しくするだろうから、時計なら実用的じゃない?」 「まぁ、そうかもしんないけど……」 「それに…っ」 それまでまるで考えられた台詞のように饒舌に喋っていた未夢の口が、音を紡がないまま閉じられてしまう。 「それに、何だよ?」 「……腕時計なら、ずっと……」 俺から目線を外し、斜め横に俯かせた未夢の顔が赤くなっていることに気付く。 「…………ずっと身に付けていられるし……」 絞り出された未夢の声は、部屋にかけられた壁時計の秒針の音よりも小さかった。 耳を澄ませて集中していなかったら、この距離でも聞き取れなかっただろう。 「もぅっ、何でもないっ」 立ち上がりかけた未夢は、これまで見たことのないくらい顔を真っ赤にしている。 さっきの言葉の意味に気付いてしまったら、今度は俺の方が熱を上げる。 「未夢っ」 部屋を出ようとした未夢の腕を掴むと、目を大きく見開いて俺を見た。 そしてすぐにその視線を足元に落とす。 「ごめんっ、さっきのは忘れて?要らなかったら捨てても……っ」 「ばーか、捨てられるわけないじゃん」 俺の腕に収まった未夢は、家族として過ごしていた頃よりも一回り小さくなった気がする。 「好きなヤツが選んでくれた物、嬉しいに決まってんだろ?」 「………………へ?」 腕の力を緩めると、やっぱりあの頃よりも低い位置から俺を見上げた未夢が、頭にハテナマークを飛ばしている。 「好きなヤツ?」 「そ、好きなヤツ」 「それ選んだの……」 「お前、光月未夢さん」 「彷徨の好きな人って……?」 情報処理が追い付いていないらしく、頭を抱えて唸りはじめた未夢はまた足元に目線を落とす。 「えぇーーーーー!? 」 「デカイ声出すなよ、耳に響く」 「嘘だぁっ、絶対嘘っ」 「なんでこんなことで嘘なんかつかなきゃなんねぇんだよ?」 今度は両手で顔を覆ってブツブツと大きな独り言を繰り出す。 「先に言わせる訳にはいかねぇからなぁ」 「……っ!? な、な、なんで…っ」 「未夢のことなら大抵分かる」 本当は気持ちを伝えようとしてくれていたことも、いざとなって恥ずかしさから逃げ出そうとしたことも。 「ありがと、マジで嬉しい」 「……ぅーーー…っ」 「ははっ、そんな唸るなよ」 「彷徨、なんかズルい」 ズルいのはどっちだよ。 ずっと身に付けていて欲しいとか、そんな可愛いワガママに心乱されない男なんかいないっての。 そんな事未夢は分かりもしないんだろうけど。 「正直、チョコないって言われたときは本気でへこんだんだけど?」 「…………本当にいじけてたの?」 「いじけてねぇっつの」 真っ赤になっていた頬をつねると、いつもの未夢の顔でキッと俺を睨む。 「未夢?」 「……ぅん?」 尖らせたその口に触れるだけのキスをすると、今日何度目かの赤面と同時に、突き飛ばすくらいの勢いで胸を押されたせいで途端に身体が離れてしまう。 「なっ、な…、なに…っ、…なんっ」 「来年からはバレンタイン禁止な?」 「え?や、なにっ、何言っ…?」 「言っとくけど……」 関係が変わったからには容赦しない。 これまで潜めていたものも我慢してきたものも隠していたものも、全部お前に見せてやる。 「俺、独占欲強いからな?」.

次の

諦めようと思った恋が実った方

好き だ と いいっ て しま えば 何 か が 変わる かな

参考:デコメ絵文字屋 上記サイトのようなデコメを見たことがありませんか? 興味の無い人とのメールにはテンプレ通りの絵文字・顔文字しか使いません。 携帯に付属しているもの 珍しいデコメはそれ自体に興味をそそられますよね。 他人との差別化や特別な人アピール、華やかさからの可愛さアピールが見た目に表れています。 顔文字・デコメを多用する 上記しましたが、顔文字・デコメは女の子らしさを伝える道具です。 たまにクールな女性っていますよね。 メールも文字ばかりでサバサバしています。 そんな子が自分にだけデコメを入れてきたらどう思いますか? 他の人と比べ、自分にだけ 「多用」されているのなら、それは特別なことに違い有りません。 参考:女性の美学 こちらは女性向けの記事になりますが、返信スピードの重要性がまとめられています。 メールが届いてから、返信するまでの平均時間は、親しい友人の場合は「平均7時間」、職場の人や仕事関係の場合は「平均11時間」、そしてもっとも時間的にはやりとのりの多い、よく知らない人には「平均50時間以上」かかる 気になる異性は親しい友人以上の関係になりますので、7時間より短い返信になるということです。 あなたがメールを送っていつも1時間以内に返信があるのであれば脈有りでしょう。 1分以内で来たのなら、女の子が手元にスマホを持って連絡を待っていた可能性もあります。 ポジティブに考えていきましょう。 定期的な連絡 「会話のやり取りが終わった数日後に再度メールが来る。 」 これが2週間ほど続くようなら確実に狙われています。 有名な恋のかけひきに、 定期的に同じ時間帯にメールを送り1週間後にやめる。 という方法があります。 急に連絡を無くすことで気を引く技だそうです。 恋愛に必死になってくるとこういう駆け引き技が出てきます。 この経験があるのなら狙われている可能性が大です。 SPONSORED LINK それとなく興味あることを聞く 婚活パーティで質問攻めにあっている男性って居ますよね。 気になる男性のことを知りたくなるのが女心です。 しかし、仲良くなる前の段階では照れや不安があり聞けません。 さりげなくメールの中に紛れ込ませるようにします。 「この前着てた服オシャレだったね、ファッション好きなの? 」 「音楽好きそうなんだけど、最近オススメの曲ある? 」 会話の流れで情報を聞き出そうとしていますよね。 メールとは違いますが、知人を介して情報を集めるパターンもありますよ。 イベントごとを文章に入れる クリスマスなど 「クリスマスの日って仕事なの? 」 「バレンタインデーでたくさんチョコ貰うでしょ? w」 のように、 イベント関連の話題が出てくるのはライバルが居ないか探っているところです。 その女心の焦りがメールに見え隠れします。 そこで優しさをアピールするパターンです。 「最近、上司から叱られて疲れてるんだよ。 」 「大丈夫? 美味しいものでも食べに行こう! 愚痴を聞いてあげるよ。 」 という流れです。 物静かな女性や内気な女性がこのパターンを使います。 心が落ち着いていて癒されるタイプの女の子が多いですので、 男性も積極的に近づいていくべきかなと思います。 まとめ メール1つで色んなことが分かります。 女性からのアピールが分かると男性としては安心ですよね。 あなたもその子が気になるようならスムーズに告白が出来ますし、失敗を恐れる不安もありません。 日ごろから女性心を意識して物事を考えて見ましょう。

次の

文字入力についてです。パソコンに詳しい方お願いします!!!い...

好き だ と いいっ て しま えば 何 か が 変わる かな

提供 藤原史織(ブルゾンちえみ)(c)朝日新聞社 3月末に事務所を退所した藤原史織(ブルゾンちえみ)が、4月12日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でブルゾンちえみとして最後のテレビ出演を果たした。 エンディングでは涙を浮かべながら「また会える日を楽しみにしています。 ありがとうございました」と言い残した。 将来の目標を尋ねられて「世界中の男を集めたショーをやりたい」と答えていた。 ブルゾンちえみという名前の芸人がこの世から消えてしまった今、あえて問いたいことがある。 「ブルゾンちえみ」とは何だったのか? 私の見解では、それは多くの人が携わる一大プロジェクトだった。 本人、事務所スタッフ、テレビ制作者などが一丸となって「ブルゾンちえみ」というプロジェクトに携わってきた。 そして、それが2020年3月31日に終了を迎えたのだ。 2017年に『ぐるナイおもしろ荘2017』(日本テレビ系)に出たことがきっかけで大ブレークした当初から、ブルゾンちえみは毀誉褒貶(きよほうへん)の激しい人物だった。 最初に彼女を熱心に支持したのは主に同世代の女性たちだった。 ブルゾンがネタの中で演じていたのは、仕事にも恋愛にも妥協せず、エネルギッシュで意識の高いキャリアウーマンだった。 元カレのことが忘れられず、恋に臆病になっている若い女性に対しては、地球上に男は「35億」もいるから大丈夫、と励ましの言葉を送った。 自分から狩りに出なくても待っていれば男は自然と寄ってくると断言し、「ああ、女に生まれて良かった」とつぶやいた。 自らが女性であることを堂々と肯定するこのポジティブ思考が、世の女性たちに勇気を与えた。 一方、ブルゾンを1人の「芸人」として見た場合、実力不足ではないかと不満を述べる人もいた。 彼女はブレークした時点ではまだ芸歴2年目だった。 もともと芸人志望だったわけでもないのに、ひょんなことからお笑いを始めて、瞬く間にテレビの最前線に放り出されてしまった。 一緒にテレビに出ている歴戦の芸人たちと比べれば、物足りなく見えてしまうのはやむを得ないことだ。 事務所側もそのことは承知していたのだろう。 彼女が出演する番組はかなり慎重に選ばれていたように見えた。 例えば、同世代の若手芸人と横並びで競争しなくてはいけないようなお笑い要素の強い番組にはほとんど出ていなかった。 ブルゾンは初めから「芸人」ではなく「お笑いタレント」として売り出されていた。 意外に思われる人もいるかもしれないが、実は『おもしろ荘』の出演後、彼女はそれほど頻繁にはテレビに出ていなかった。 出発点となった『ぐるナイ』と、同じ局の人気番組『行列のできる法律相談所』を中心に、ごくごく限られた番組に出ていただけだった。 旬の芸人としてオファーはもっとたくさんあったはずだが、意図的に露出を抑えていたのだろう。 いろいろな番組で何度も何度もネタを見せてしまえば、その分だけ消費されるスピードも速くなる。 そこで、限られた番組だけに出ることで希少性を高めて、一回一回のインパクトを大きくすることを選んだのだ。 そして、バラエティの枠を一気に飛び越して、ブルゾンはドラマデビューを果たした。 2017年4月から『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)でドラマ主演を果たし、7月には『24時間テレビ』(日本テレビ系)でチャリティランナーを務めた。 ブレーク芸人の瞬間最大風速としては史上まれに見る数値を叩き出していたと言っていいだろう。 飛行機に例えるなら、この時点でブルゾンちえみは離陸に成功していた。 あとは一定の高度を保ったまま安定した飛行をするだけだ。 彼女は『ヒルナンデス!』『行列のできる法律相談所』などのバラエティ番組に出演して、堅実なタレント活動を続けた。 ブルゾンはもともと映画、音楽、ファッションなどに興味があり、海外志向が強かった。 そんな彼女は日本のテレビ業界で「当たり障りのない女性タレント」として活動を続けることに限界を感じていたのではないか。 ブルゾンちえみというプロジェクトには着地点がなかった。 芸人として売り出していない以上、人気が下がった後に落ちぶれた姿をさらけ出して自虐トークをするのは似合わない。 つまり、これは初めから終わることが決まっていたプロジェクトだったのだ。 ブルゾンが海外に留学するために芸人を引退すると発表したとき、私はそれほど不思議には思わなかった。 彼女は以前からそういう方面に関心があるというメッセージを発信し続けていたからだ。 藤原史織という1人の女性は「ブルゾンちえみ」というプロジェクトの最重要メンバーだった。 彼女がもともと持っていた資質が「キャリアウーマン」のネタとして結実し、そこから発展してあの空前のシンデレラストーリーが生まれた。 ガラスの靴を脱いで走り出した彼女はこれからどこへ向かうのだろうか。 (作家・ライター・お笑い評論家 ラリー遠田).

次の