情け は 人 の ため なら ず 意味。 情けは人の為ならずの続き!本当の意味や誤用について

情けは人の為ならず(江戸のことわざ①)

情け は 人 の ため なら ず 意味

間違った意味として、「情けをかけるのは、その人のためにならない」があります。 この意味では「情けが仇」ということわざを用いるのが正しいですね。 平成22年に文化庁が行った調査では、本来の意味を理解している人は45. 8%で、上記の間違った意味で理解している人は45. 7%にもなります。 もうひとつ間違った理解として、「情けをかけると、その本人がいつか恩返しをしてくれる」があります。 情けをかけた相手が直接恩返しをするのではなく、巡り巡って全然違う誰かに親切にしてもらえるという意味です。 【類義語】 ・思えば思わるる ・積善の家には必ず余慶あり ・人を思うは身を思う ・善因善果 【対義語】 ・悪因悪果 ・恩が仇 ・慈悲が仇になる ・情けが仇 ・情けの罪科 ・情けも過ぐれば仇となる 【英文】 The good you do for others is good you do yourself. One good turn deserves another. A kindness is never lost.

次の

情けは人の為ならず

情け は 人 の ため なら ず 意味

こういうことわざなんです 情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず) とは、人に情けをかけると それがめぐりめぐって自分のためにもなる という意味です。 誰かに親切にしてあげると トクをするのは当然その相手ですが それだけではなくて、 それが原因で、自分もよい思いができる、 だから人に情けをかけるのは 人のためだけではなく自分のためでもあるのだよ ということわざですね。 これが正しい意味です そうなのですが……。 このような誤用が広まっている 2001年の文化庁の調査によれば 半数近くの人が 情けは人のためならずの意味を 間違って覚えているとのデータがあります。 その間違っている意味というのが 「情けをかけるのは、 かえってその人のためにならない」 というもの。 現在でもこのように使っている人、 けっこういるんじゃないでしょうか。 このように解釈してしまうのは 情けはひとの為ならず、という 古めかしく分かりにくい 言い方が原因のひとつでしょう。 正直、この言葉だけを聞くと まちがった方の意味で解釈してしまうのも しょうがないと思います。 「情けをかけるのは人のためではなく自分のためだ」 なんてもってまわった捉え方は、 普通はしないですからね。 ただ、このことわざ、現代文になおすと 「情けは人のためではない」 となります。 むつかしい文法の話は省きますが 人のためではない(=つまり自分のため) という意味なのです。 人のためにならないという意味なら 「情けは人の為なるべからず」 ということになります。 これが多くされている誤用ですね。 スポンサーリンク なんで自分のためになるのか 正しい意味が分かったとしても 「じゃあなんで情けをかけるのが 自分のためになるんだよ!」 という疑問がでるかもしれません。 これについて、分かりやすい理由が、 「だれかに親切にしてあげると その人はいつか恩返ししてくれるよ」 というものです。 辞書などの例文でもたいてい、 「仕事で困っている後輩をたすけてあげて以来、 ずっと恩に感じてくれて なにかと自分の仕事を手伝ってくれる やはり情けは人のためならずだね」 みたいな感じでのっています。 だから人には親切にするべき、ということですね。 ふつうは良いことをされたらはお礼をしたくなるものですし、 そういった人が自分の周りにふえるのは心強いもの。 なのでこれはこれでひとつ考えだと思います。 ただ、この意味だけでとらえていると、 つぎのような場合にこまるかもしれません。 世の中、受けた恩をきれいに忘れる人もいます 実際には、自分が誰かにやってあげたことに対して みんながみんな、何かを返してくれるとはかぎりません。 せっかく助けてあげたのに 礼のひとつもされなかったら 「情けは人の為ならずなんてウソだ」 と考えたくなるのが人情というもの。 そこで当然、 そんな恩知らずには情けはかけない、 とう考えもあるわけですが、 もう少し考えをすすめていくことにします。 このことわざの深いところは、 「めぐりめぐって」 つまり思いもよらないところから 自分にかえってくるという意味でしょう。 情けは人の為ならずというのを 「あいつにこれをしてあげたから こういったことをしてくれて当然!」 みたいなギブアンドテイクの意味で 考えると裏切られることもあるので、 「ふだんから人に親切にしていると いつか自分のためになる」 という、自分の行動原理として 覚えておいたほうが座右の銘などにはしやすいでしょう。 なんだかのような気の長い話に思えそうですが、 といいますし 目先の利益ばかり考えるより 先々のことまで考えるほうが最終的に自分のメリットになりやすいです。 まあ実際にはこういった 「いつかくる」よいことのために 情け深い人物になるというのは なかなかむつかしいものですが、 それだからこそ 情けは人のためならずというのが わざわざことわざとして 言われるようになったのかもしれません。 反対の意味、つまり誤用されている 「情けをかけると人のためにならない」 ということわざは 情けが仇 情けも過ぎれば仇となる などがありますので こちらを使うといいでしょう。

次の

【情けは人の為ならず】の意味と使い方に例文(類義語・対義語・英語訳)

情け は 人 の ため なら ず 意味

情けは人の為ならず 読み:なさけはひとのためならず 人に情けをかけると巡り巡って自分にいいことが返ってくる 「情けは人の為ならず」とは「人に情けをかけることで巡り巡って自分にいいことが返ってくる」という意味です。 「情け」とは、他人を労わる心や思いやり、哀れみの感情を表します。 間違えて覚える理由は「ならず」の誤った解釈が原因 「情けは人の為ならず」は、「情けをかけることはその人の為にならない」という意味だと間違えて解釈している人が多いです。 ではなぜ多くの人が間違えて覚えてしまうのでしょうか? 間違えて覚える理由は、古語である「ならず」の誤った解釈が原因です。 「ならず」とは物事を断定する意味を表す「なり」に、打ち消しの助動詞「ず」がついた連語になります。 「人の為なり」と言うと、「人の為である」という意味です。 逆に「人の為ならず」と言うと、「人の為ではない」という打ち消しの意味を表します。 しかし誤用している人の多くは、「ならず」を「~ではない」ではなく「~にならない」と誤訳しているのです。 そのため「情けは人の為ならず」を「情けをかけることは人の為にならない」と間違えて覚えてしまいます。 「情けは人の為ならず」の正しい意味は、「人に情けをかけることは巡り巡って自分に返ってくる」という意味です。 誤用しないためにも、「ならず」は「~ではない」という打ち消しの意味だということを、しっかり覚えておきましょう。• 因果応報(いんがおうほう)• 善因善果(ぜんいんぜんか) 因果応報 因果応報とは 「良い行いをすれば良いことが起こり、悪い行いをすれば悪いことが起こる」という意味です。 「因」は原因の事を指し「果」は果報を意味するため、「因果」は「前世での行いの結果を現世で受ける報い」を表します。 「応報」は善悪の行いに応じて受ける吉凶の報いを表すため、「因果応報」は「日ごろの行いによって良いことが起こるか悪いことが起こるか変わる」という意味の言葉です。 近年では悪い意味として使われることが多い四字熟語ですが、良いことに対しても用います。 良い行いをした時に因果応報を用いる場合、「良い行いをすれば巡って自分に良いことが起こる」という意味を表すことができる言葉です。 そのため、良い行いに対して因果応報を使用する場合は「情けは人の為ならず」と同じ意味で用いることができます。 ただし、因果応報を悪い意味で使用する場合は「情けは人の為ならず」と類義語にはなりません。• 4.情けは人の為ならずの英語表現 「情けは人の為ならず」の英語表現は「one good turn deserves another」です。 「one good turn deserves another」は「良いことをすれば良いことが返ってくる」という意味を表します。 「情けは人の為ならず」と同じ意味で使用することができる、英語のことわざです。 ぜひ参考にしてくださいね。 まとめ 「情けは人の為ならず」は 「人に情けをかけると巡り巡って自分にいいことが返ってくる」という意味を表すことわざです。 誤用の原因である「ならず」は「~ではない」という意味を表します。 言葉の意味を正しく理解し、間違えて使わないように注意しましょう。•

次の