ハイエース カスタム パーツ。 【新型ハイエース】6型にエアロ・カスタムパーツは装着できるのか検証してみました!第1弾!

【楽天市場】ハイエースカスタムパーツ:エスエイチカンパニー

ハイエース カスタム パーツ

【プロフィール】 キャブオーバータイプ1BOXカーの元祖ともいえるハイエースワゴンは、ルーツが1967年にまで遡るほどの長い歴史を持つ。 現行モデルは1989年8月の発売で、それ以来、数々のマイナーチェンジを受けて熟成が図られている。 外観では大型のラジエーターグリルやヘッドランプなどワイド感を強調しているのが特徴的で、ヘッドランプ、フォグランプ、バックアップランプをマルチリフレクタータイプとしている。 インテリアは平面的な造形だが、スイッチ類が集中的に配置されていて使い勝手がいい。 多人数乗車をするための実用的なワゴンとして、ごくシンプルなインテリアとされている。 室内には2名+2名+3名+3名の4列のシートを配置することよって10名の乗車定員を確保している。 ワゴンのパワートレーンは2. 7リッター直列4気筒のガソリン+4速ATのみとなる。 安全面ではABS、デュアルSRSエアバッグのほかワイドビュードアミラー、撥水ガラス、フロント席にプリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを装備している。 2005年11月には、ヘッドランプ光軸調整用のマニュアルレベリング機構を採用するとともに、ハイマウントストップランプを全車に標準装備して安全性を向上させた。 またHDDナビゲーション、DVDナビゲーションをオプションで設定した。 2007年8月にはバリエーションを拡充したほか、フロントグリルやシート表皮 トリコット の意匠を変更した。 【グレード構成について】 ハイエースワゴンのグレード展開は、2005年11月のマイナーチェンジで大きく絞られ、ロングボディでミドルルーフのデラックスと、スーパーロングボディでハイルーフのグランドキャビンの2グレードのみが設定されるだけになった。 乗車定員はともに10名だ。 搭載エンジンやトランスミッションも1機種のみの設定だが、駆動方式はFRの2WDと4WDの2種類が設定される。 2007年8月のマイナーチェンジで、オプティトロンメーターやコンライトなどの充実した装備を持つGLが設定され、ユーザーの選択肢が拡大した。

次の

ハイエースカスタムパーツ/ハイエースドレスアップパーツ通販【SHINKE│シンケ】

ハイエース カスタム パーツ

【プロフィール】 キャブオーバータイプ1BOXカーの元祖ともいえるハイエースワゴンは、ルーツが1967年にまで遡るほどの長い歴史を持つ。 現行モデルは1989年8月の発売で、それ以来、数々のマイナーチェンジを受けて熟成が図られている。 外観では大型のラジエーターグリルやヘッドランプなどワイド感を強調しているのが特徴的で、ヘッドランプ、フォグランプ、バックアップランプをマルチリフレクタータイプとしている。 インテリアは平面的な造形だが、スイッチ類が集中的に配置されていて使い勝手がいい。 多人数乗車をするための実用的なワゴンとして、ごくシンプルなインテリアとされている。 室内には2名+2名+3名+3名の4列のシートを配置することよって10名の乗車定員を確保している。 ワゴンのパワートレーンは2. 7リッター直列4気筒のガソリン+4速ATのみとなる。 安全面ではABS、デュアルSRSエアバッグのほかワイドビュードアミラー、撥水ガラス、フロント席にプリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを装備している。 2005年11月には、ヘッドランプ光軸調整用のマニュアルレベリング機構を採用するとともに、ハイマウントストップランプを全車に標準装備して安全性を向上させた。 またHDDナビゲーション、DVDナビゲーションをオプションで設定した。 2007年8月にはバリエーションを拡充したほか、フロントグリルやシート表皮 トリコット の意匠を変更した。 【グレード構成について】 ハイエースワゴンのグレード展開は、2005年11月のマイナーチェンジで大きく絞られ、ロングボディでミドルルーフのデラックスと、スーパーロングボディでハイルーフのグランドキャビンの2グレードのみが設定されるだけになった。 乗車定員はともに10名だ。 搭載エンジンやトランスミッションも1機種のみの設定だが、駆動方式はFRの2WDと4WDの2種類が設定される。 2007年8月のマイナーチェンジで、オプティトロンメーターやコンライトなどの充実した装備を持つGLが設定され、ユーザーの選択肢が拡大した。

次の

ハイエース用ちょいアゲ系カスタムパーツを販売 200Kモータリングドットコム

ハイエース カスタム パーツ

【プロフィール】 キャブオーバータイプ1BOXカーの元祖ともいえるハイエースワゴンは、ルーツが1967年にまで遡るほどの長い歴史を持つ。 現行モデルは1989年8月の発売で、それ以来、数々のマイナーチェンジを受けて熟成が図られている。 外観では大型のラジエーターグリルやヘッドランプなどワイド感を強調しているのが特徴的で、ヘッドランプ、フォグランプ、バックアップランプをマルチリフレクタータイプとしている。 インテリアは平面的な造形だが、スイッチ類が集中的に配置されていて使い勝手がいい。 多人数乗車をするための実用的なワゴンとして、ごくシンプルなインテリアとされている。 室内には2名+2名+3名+3名の4列のシートを配置することよって10名の乗車定員を確保している。 ワゴンのパワートレーンは2. 7リッター直列4気筒のガソリン+4速ATのみとなる。 安全面ではABS、デュアルSRSエアバッグのほかワイドビュードアミラー、撥水ガラス、フロント席にプリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを装備している。 2005年11月には、ヘッドランプ光軸調整用のマニュアルレベリング機構を採用するとともに、ハイマウントストップランプを全車に標準装備して安全性を向上させた。 またHDDナビゲーション、DVDナビゲーションをオプションで設定した。 2007年8月にはバリエーションを拡充したほか、フロントグリルやシート表皮 トリコット の意匠を変更した。 【グレード構成について】 ハイエースワゴンのグレード展開は、2005年11月のマイナーチェンジで大きく絞られ、ロングボディでミドルルーフのデラックスと、スーパーロングボディでハイルーフのグランドキャビンの2グレードのみが設定されるだけになった。 乗車定員はともに10名だ。 搭載エンジンやトランスミッションも1機種のみの設定だが、駆動方式はFRの2WDと4WDの2種類が設定される。 2007年8月のマイナーチェンジで、オプティトロンメーターやコンライトなどの充実した装備を持つGLが設定され、ユーザーの選択肢が拡大した。

次の