ヴァージニア ヘンダーソン。 日本看護協会出版会 / ヴァージニア・ヘンダーソン語る、語る。

日本看護協会出版会 / ヴァージニア・ヘンダーソン語る、語る。

ヴァージニア ヘンダーソン

前回はマズローのニード理論についてまとめましたが、 今回は ヘンダーソンのニード理論です。 看護の領域ではニード理論というとこっちの方を思い浮かべる人の方が多いのではないでしょうか。 ヴァージニアヘンダーソンは1897年に米国ミズーリ州のカンザスシティ生まれ98歳で他界しました。 8人兄弟の5番目で17歳のときに第一次世界大戦が始まって、兵士の役に立ちたいと看護への道を志し、1918年に陸軍看護学校へ入学したらしいです。 訪問看護師や教員を経験し、1960年『看護の基本となるもの』を出版しました。 この本の7ページに「 あらゆる種類のヘルスワーカーの男女構成がもっと等分になる日を歓迎する。 」と書いてあります。 ナイチンゲールの『看護覚え書き』から100年経っているだけあって、男性看護師にかなり好意的でいい感じです。 しかも、この本はとても薄くて、最後に要約もついています。 とても読みやすいので、学生時代にサボって読まなかった人はぜひ読んでみてください。 私はちゃんと読んだのは今回が初めてでした(笑) この本が出た当時は、医療技術の進歩に伴い、多くの医療職者が誕生してチーム医療が展開されつつある時代でした。 看護師はヘルスケアチームの一員として自分たちの独自の機能がどこにあるのか、それを見出しにくい状況におかれ苦しんでいたようです。 そんな状況の中、国際看護師協会(ICN)からの依頼で『看護の基本となるもの』を出版して、看護の定義を世界に向けて発信しました。 これによりたくさんの看護師が自信と勇気をもらったようです。 ヘンダーソンの人間、健康、環境、看護についての概念はこのようなものです。 そして、これが人間の持つ14の基本的ニードです。 基本的ニードは14つで共通ですが、これには考慮しなくてはならないものがあります。 それがニードに影響を及ぼす常在条件とニードを変容させる病理的状態です。 看護はこれらを考慮してニードの充足を図っていくので、対象となる個人の条件に応じて多様に変化させ、工夫して提供されなければなりません。 マズローの欲求階層論ともいわれるニード論と、ヘンダーソンの14の基本的ニードを対比させると、順序性が理解しやすくなります。 ヘンダーソンのニード理論をまとめると、まず14の基本的ニードの充足状況をみます。 健康な方であれば、体力、意思力、知識があるから大丈夫です。 しかし、患者さんはこれらの能力が不足しニードが満たせない状況にあります。 そしてこれには常在条件と病理的状態が影響を与えます。 この未充足なニードをできるだけ早く自立できるように充足することが看護であるといっています。 このような看護を行うにあたり看護師の姿勢としては患者さんの 「皮膚の内側に入り込む」必要性があるとヘンダーソンは言っています。 皮膚の内側に入り込むとはすごい表現で、最初はついつい大好きな漫画のこの場面を思い浮かべてしまいましたが、こういうことではありません。 ヘンダーソンはこう言っています。 「看護婦は、他者の欲求を評価する自分の能力には限りがあるという事実を認めねばならない。 たとえ非常に緊密な二人の間においても互いを完全に理解するのは不可能である。 しかしそうはいうものの、自分が看護している人との間に一体感を感じることが出来るのは、優れた看護婦の特性である。 言葉によらないコミュニケーションを敏感に感じ、また患者が自分の感じていることを色々の方法で表現するのを励ましているにちがいない。 患者の言葉、沈黙、表情、動作、こうしたものの意味するところを絶えず分析しているのである。 この分析を謙虚に行い、したがって自然で建設的な看護婦=患者関係の形成を妨げないようにするのはひとつの芸術(art)である。

次の

ヘンダーソンの基本的欲求14項目:各項目のアセスメントと観察項目

ヴァージニア ヘンダーソン

ナイチンゲールで始まった近代看護を、理論的に発展させたのがヘンダーソンの看護理論と言えるかもしれません。 看護師であれば、おそらく知らない方はいないのではないかとも思えるナイチンゲールとヘンダーソンですが、その看護理論は今も多くの看護師・医療関係者によって研究されています。 今回は、ヘンダーソンの看護理論についてリサーチしました。 看護理論の基礎をなすものとしてあまりにも有名なヘンダーソンの看護理論を、分かりやすく詳しく解説します。 ヘンダーソンの看護理論について 看護理論家ヴァージニア・ヘンダーソン(1897~1996)はアメリカミズーリ州のカンザスシティに生まれました。 彼女の終生の師となるアニー・ウォーバートン・グッドリッチが校長を務めるアメリカ陸軍看護学校に学び、ワシントンDCで看護師のキャリアをスタートしました。 後にコロンビア大学で学んだヘンダーソンは、1934年に「看護教育」で修士号を取得し、その後コロンビア大学で教壇にも立ちました。 国際看護師協会の依頼に応じて1960年に著した「看護の基本となるもの」(原題:Basic Principles of Nursing Care)は、今なお読み継がれる看護のバイブル的な著書です。 その中でヘンダーソンは、看護の独自の機能を次のように述べています。 看護婦(師)の独自の機能は、病人であれ健康人であれ各人が、健康あるいは健康の回復(あるいは平和な死)の一助となるような生活行動を行うのを援助することである。 その人が必要なだけの体力と意志力と知識とをもっていれば、これらの生活行動は他者の援助を得なくても可能であろう。 この援助は、その人ができるだけ早く自立できるようにしむけるやり方で行う。 出典:厚生労働省 また、看護師の第一義的責任を「 患者が日常生活パターンを保つのを助けること,すなわちふつうは他者に助けてもらわなくてもできる,呼吸,食事,排泄,休息,睡眠,活動,身体の清潔,体温の保持,適切に衣類を着ける等々の行動を助けること」と定義しています。 出典:豊田久美子・京都大学「」 ヘンダーソンの「14の基本的欲求」 ヘンダーソンの「看護の基本となるもの」の中核をなすのが、です。 その14の基本的欲求と、それに当てはまる情報を紹介します。 この「14の基本的欲求(ニード)」は、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが「自己実現理論」で示した欲求5段階に当てはめる研究者も少なくありません。 出典:LIFE STYLE PLUS つまり、1~8が生理的欲求、9が安全欲求、10と11が所属と愛の欲求、12が承認の欲求、13と14が自己実現の欲求にあたるとの説です。 さらに、ナイチンゲールの著書「看護覚書」の目次を見てみると…• 換気と加温• 家屋の健康• ちょっとした管理• 変化のあること• どんな食べ物を? ベッドと寝具• 部屋と壁の清潔• 身体の清潔• 希望や助言を気楽に言う• 病人の観察 ヘンダーソンの14の基本的欲求の多くが挙げられています。 このことから、ヘンダーソンの看護理論は、ナイチンゲールの看護論を受け継ぎ発展させたものと考えることもできます。 基本的欲求に影響を及ぼす常在条件 さらに、病理的状態も基本的欲求に影響を与え変容させる可能性があります。 近代看護理論の基礎とも言えるヘンダーソンの看護理論は、多くの養成校でも取り入れられ、多くの看護従事者が医療現場で実践しています。 実習記録や看護記録のS. Pに取り入れたり、研修でのグループワークで題材にしたりと、50年以上を経た今でも看護従事者の礎となっているヘンダーソンの看護理論をよりよく理解しましょう!•

次の

ヘンダーソンの看護理論と看護過程について

ヴァージニア ヘンダーソン

看護学概論 ヘンダーソンは、医師の機能と看護の機能とは、全く別のものと示し、看護は、疾病や健康に関する対象の回復を支え、自立に向けての援助を行う役割を担うとしている。 ヘンダーソンの言葉にもある、看護においての「自立」というキーワードをよく理解し、看護というものをより深く学び、そこから得たものを、自分の現在の看護につなげていければと、ヘンダーソンの看護理論を選んだ。 ヴァージニア・ヘンダーソン(1897年11月30日~1996年3月19日)は、アメリカの看護学者であり、看護教育の指導者として、フローレンス・ナイチンゲールに次いで世界でその名を知られている。 ミズーリ州のカンザスシティに生まれ、8人の兄弟姉妹の5番目。 第一次世界大戦で兄弟たちが従軍したため、自分も何かの役割をとアメリカ陸軍看護学校(1918年開校)に学ぶ。 その学校の校長が、学校の創立者で初代校長でもあり、またアメリカ看護の開拓期のアメリカ看護のThe Great Trioの一人、アニー・ウォーバートン・グッドリッチだった。 彼女が終生ヘンダーソンの師となる。 グッドリッチ自身、コロンビア大学、イェール大学の教授、学部長というキャリアを歩み、ヘンダーソンは常に彼女の後を追って歩いて行く。 1921年に、同陸軍看護学校を卒業。 訪問看護師、看護学校の助手として活動した後、コロンビア大学ティーチャーズカレッジに学び、看護学士・看護教育修士を取得する。 のちにコロンビア大学看護学部の教員になる。 そして、ここで生理学者のクロード・ベルナードの影響を受け、看護の定義には生理的なバランスの原則を理解することが必要だと考えた。 また、ソーンダイクの「基本的ニードの研究」は、ヘンダーソン看護観を変えたといわれている。 そこからなるべく患者の生活を正常な状況におく事を考えるようになる。 彼女の業績として、ICN(国際看護師協会)の要請に応じて、1960年に「看護の基本となるもの」を著している。 彼女の看護とは何かという定義や、有名な基本的看護ケアの14構成要素は、人間の基本的なニーズを包括的に網羅したものだと長く理解されてきた。 今日では、ナンシー・ローパーらによって乗り越えられたとはいえ、看護学の教育の歴史に残る業績である。 また彼女は、看護師の対人関係処理能力の向上と活用について深い知見を示した。 看護過程の全ての構成要素に加え、知的技能.. 出処::.

次の