髭 抜く メリット。 ヒゲ抜き機で髭の脱毛はできる?男性がソイエを使うメリット・デメリット

髭を抜くのを10年続けた結果とツルツルになった方法。青髭比較写真有り。

髭 抜く メリット

髭抜き派にとっては嬉しい話ですよね? まずは、髭を抜く事によって生じるメリットからご紹介していきましょう。 当たり前ですよね(笑)だって抜くんですんもん。 剃り残しなんて一切生じません。 髭が生えている本数が少ないのなら、剃り残しが生まれない髭抜きの方が良いかも知れませんね。 剃り残しのジョリジョリ感が嫌な人は髭を抜く事をオススメします。 さっきも言いましたが、髭を抜く事によって剃り残しは生まれません。 髭を毛根から抜くんですから、剃り残しなんて生まれる訳がありませんよね。 そして、毛根から髭を抜くので肌が綺麗になるのです。 僅かな剃り残しも生まれないので、ジョリジョリ感が生まれる事もありません。 綺麗な肌を保ちたい方は剃るより抜く方が良いでしょう。 髭は肌の奥から生えてきますからね。 剃るという行為は肌の表面に出てきた髭だけを剃っているんです。 決して髭全てを剃っている訳ではありません。 肌の奥にある髭はまだ残っているので、剃ってもスグに生えてくるのです。 それに比べて抜くという行為は肌の奥の髭も抜き去ります。 肌の奥の髭も抜きさるので、髭が生えてくるまでの期間が長いのです。 綺麗な肌を長時間キープしたいのなら髭を抜く方が良いでしょう。 今紹介したのはメリットです。 続いてデメリットについてご紹介していきましょう。 髭を抜くって肌が荒れにくい印象があるんですけどね。 実際は結構荒れやすいです。 筆者も何回か髭を抜いた事があるんですが、髭を抜くとスグに肌が荒れてしまいました。 元々肌が荒れやすい体質だったので髭を抜くのは止めてしまいましたね~。 髭を抜くという行為は我々が思っている以上に肌にダメージがあります。 髭剃りは肌が荒れない様に様々なケア商品がありますが、髭抜きに関してはケア商品が無いのも大きいでしょう。 肌荒れが気になる方は髭を抜くのはオススメしません。 埋没毛。 字面から何となく意味は分かるでしょうか? 要は肌に毛が埋まってしまうのです。 上手に髭を抜けると良いんですが、上手に抜けない時もあります。 髭を毛根から抜く事ができず途中で千切れてしまうのです。 千切れて肌に残ったほうは埋没毛となってしまいます。 肌が黒くポツポツした状態が埋没毛です。 髭を抜いた事がある人は良く見かけるのでは無いでしょうか? 埋没毛は皮膚に炎症を起こし、赤く腫れてしまう事もあります。 肌荒れの原因にもなるのです。 放っておけば体内に吸収されて埋没毛は消えます。 しかし、色素が沈着して黒ずみになる事もあるんです。 髭を抜く際は注意して下さい。 色素沈着とは肌が黒ずむ事を指します。 肌が黒ずんだり、毛穴が赤黒くなってしまうのです。 肌に色素沈着が起きてしまうと、肌に対しての自信を失ってしまいますよ。 黒ずみは肌の生まれ変わりによって垢となって落ちるのが普通です。 しかし、中には慢性的に肌に残ってしまう場合があります。 一生肌に黒ずみが残ってしまうかも知れないのです。 髭を抜く事によって肌に刺激を与えてしまいますからね。 刺激を与えられた肌は炎症を起こし、その炎症が色素沈着を引き起こしてしまうのです。 場合によっては一生モノなので、髭を抜く時は十分気を付けて下さい。 まとめ 髭を抜く事によって、一時的に肌は綺麗になるでしょう。 ツルツルの肌が手に入ると思います。 しかし、長期的に見た時に肌にあまり良くない事が多いです。 実際、筆者は髭を抜いていた時、よく肌荒れが起きてしまいました。 メリットとデメリットを十分理解して髭抜きを行って下さいね! スポンサーリンク この記事もオススメ!.

次の

髭を抜くと生えなくなるの?薄くなるの?を徹底解説! | 髭脱毛なら脱モンジャー|男性の医療脱毛の口コミと効果と評判

髭 抜く メリット

目次はコチラ• 毛抜きでヒゲ脱毛した体験談 12年ぐらい 毛抜き・ピンセットでの髭脱毛体験談です。 10年以上、毛抜きで髭を抜き続けたアフター写真。 結果としては「薄くならない」 単刀直入に言うと、 毛抜きで髭を抜いたところで髭は薄くなりませんでした。 しかし、結局は生えてきます。 12年間、毛抜きで髭を抜き続け、さらに言うとレーザー脱毛を1回施術した後の写真です。 普通に濃いですよね? 16歳からずっと抜いてたので「もし抜いてなかったらもっと濃かったかも」という可能性はあると思いますが、 個人的には毛抜きでの脱毛は全く無意味だったと思っています。 12年もの間、肌を荒らしながら時間をかけて髭を脱いきた結果がコレって酷くないですか? 髭を抜くと肌が荒れ血が出る 僕の場合、もともと 「青髭」と言われるほど、濃くはありませんでした。 とくに口周りは 髭が濃いと言われたことはほとんどありません。 しかし、顎下は毛量も多く、髭が寝て生えるタイプだったのでシック等のT字カミソリで剃る度に血が出ていました。 それが嫌で、髭を抜き始めました。 「抜き続けると、髭が薄くなる」 そう信じで、抜いて毛穴から血がでても、肌が荒れても抜き続けました。 その結果が、さっきの写真です。 写真を見れば 「抜き続けると、髭が薄くなる」というのは幻想でしかなかったという事がわかりますね。 髭を抜くと時間がかかる。 圧倒的に時間の無駄! すでに髭を抜いている方ならわかるとおもいます。 例えば僕の場合は、あまり細かくは覚えてないですが、2週間に1度、2時間ぐらいかけて血を流しながら髭を抜いてました。 それを12年間なので、計算してみるとこんな感じ。 この計算でいくと、髭を抜く時間を時給800円のバイトにあてていたら、約50万円稼げてますね・・・ 50万あったらレーザー脱毛余裕で出来るやん! ほんと、完全に無駄です。 髭が毛根ごと抜けても意味はない 髭を抜く人しかわからないと思いますが・・・ スルっと抜けると、抜けた感じがしない。 毛根ごとズッポリ抜けると、この毛根討ち取ってやった!! と感じるんですよね。 12年間、幾度となく「毛根打ち取り」を経験しましたが、結果はコレですからね。 全然意味ないです。 髭を抜いたところで青髭は青髭。 青髭はモテない。 写真を見てわかったと思います。 無意味です。 髭を抜いても抜いても無意味です。 特に若い間は新しい髭がどんどん増えますので、毛抜きで抜いても肌が荒れるだけで、周りから人からすると青髭のままです。 青髭は不潔に見えるし、自分でも不快だし、何よりモテない。 そんな風に思っている人もいると思いますが、これはほぼ正解だと思います。 もちろん青髭でも彼女は出来るし、モテる人はモテます。 しかし、日本に置いては「モテるAさん」でも「ツルツル」と「青髭」だったら、同じ人物であっても前者の「ツルツル」の方が多数からモテます。 これは紛れもない事実であり、実際僕も体験しました。 時間をかけて無意味どころかデメリットだらけの髭抜きをするぐらいなら、今すぐにでもレーザー脱毛や脱毛器を始めたほうが絶対にいいです。 僕はレーザー脱毛も脱毛器もやっていますが、結果的に今はこんな感じです。 某美容外科で髭をレーザー脱毛した体験談 7年ぐらい継続中 ここからは、某美容外科でのレーザー脱毛体験談をサラっと書きます。 レーザー脱毛で髭はツルツルになった さっきの写真でわかるように、すでに髭は「ほぼツルツル」です。 もう7年間もレーザーを当てていますからね。 途中経過の写真をほぼ撮ってない 三日坊主 なので、あれですが、初回から2ヶ月後の写真はありました。 しかし、髭脱毛はそんなに甘くありません。 髭はしつこく戻ってきます。 髭レーザー脱毛はまぁまぁ痛い 「髭レーザー脱毛は痛いんじゃないの?」と思っている人は沢山いると思いますが、普通に痛いです。 僕の開始したころは、アレキサンドライトで、今みたいにジェル塗るタイプの脱毛器もなかったので普通に痛かったです。 友達が最近ジェル塗るタイプのやつで脱毛はじめましたが、やはり出力を強くしてもらうと痛かったとのこと。 特にフェイスラインの骨のところが痛いですね。 ただ、青髭じゃなくなるなら全然耐えられる痛さです。 (ゴムで打たれた時ぐらいの痛さです。 ) 痛さ一瞬、青髭一生ですからね。 髭でも 数万円で無制限ってのがありました。 僕は高い病院に行ったり、紆余曲折を経ていて、髭脱毛だけで30万円以上使ってますが後悔はしていません。 今ぐらいツルツルになるまで時間もお金もかかるのは確かです。 しかし、また生えてきます。 髭って50代ぐらいまで新しいやつがしぶとく生えてくるらしいので、結局は生えてきます。 しかし、レーザーで死んでいってる毛もあるので、青髭の人がレーザー脱毛を何十回とした場合、もとの濃さまで戻るってことはないでしょう。 おそらく、 20回も当てれば、今のぼくと同じぐらいの状態になるんじゃないでしょうか! 今は 「6回で数万円」などのコースが多いですが、最低でもそれを3ターンはしないと僕と同じぐらいの薄さにはならないと思います。 根気のない人にはオススメしませんが 「髭だけやりたい」とか「時間がかかっても安く済ませたい」という方にはオススメです。 ケノンは安いのがメリット 7万円とかで、ほぼ使い放題と考えると安いです。 家族と一緒に買ったりすると、半額、三分の一・・と割る人数分安くなっていくので、共同購入はかなりいいですね!! ケノンで全身やる場合は時間がかかる これは美容外科でのレーザー脱毛でも同じですが、全身に当てるのはかなりの時間を要します。 僕が行ってる美容外科の場合、全身で予約をとろうとすると「5時間はみといてください」と言われます。 ケノンの場合、自分で当てた場所を確認しながらしないと行けないので、結構疲れます。 ケノンでも満足は出来る 当たって砕けろで買ったケノンですが、思ってた以上の効果を発揮してくれてます。 美容外科のレーザー脱毛の特徴といえば「レーザー照射後、2週間ぐらいで毛がポロポロ抜け始める」って感じなんですが、ケノンでも同じです。 ポロポロ動画は以下のに置いておきます。 (中々うまく摘めてませんが) ケノン脱毛後10日目ぐらいのモミアゲの動画 ちょっと鏡を使えない状態だったので、中々毛を摘めずに手こずってますが、イメージとしては指と指でつまむと(毛を引っ張らなくても)ポロっと毛が取れる感じです。 これはレーザー・脱毛器でどちらかで脱毛したら誰でもこうなると思います。 中2美容 タロイモ ツイッター シェアさせていただきます。 女です。 個人的に、ひげが濃いだけで人を嫌いにはなりませんよ。 TVの男性アイドルやイケメン俳優さんを見る限り、確かに、永久脱毛が主流で流行っていそうです。 第一印象の清潔感で有利になりそうですね。 とても参考になりました。 私が調べた限りの感じですが、ケノンでのひげ脱毛は説明書にも難しいとあリます、毛の密度や焼けやすい箇所で色味ある点、年間通しての焼けずに脱毛する条件が揃いにくい点を考えれば、青髭である人が青髭ではない状態になるまでの大変さがよくわかりました。 管理人さん他、毛が濃くて悩む人の苦労が日本の社会で 受け入れられるようになってほしいと願うばかりです。

次の

髭抜き楽しいけど抜くと血が出るし毛根から抜くとやばいらしいからトリマー派になったら快適だった話

髭 抜く メリット

ヒゲを毛抜きで処理するメリット・デメリット メリット ・青ヒゲにならなくなる 一旦ヒゲを毛抜きで抜いてしまえば、毛根から抜けてしまいますので皮膚内のヒゲが透けることはなくなり青ヒゲは解消されます。 個人的な体感なのですが、抜いた毛穴からは2週間ほどは生えてこない気がします。 ・朝ヒゲを剃らなくていい 一旦ヒゲを抜いてしまえば、しばらくは生えてきませんから、忙しい朝にヒゲを剃る必要が無くなります。 ・ヒゲを抜くと気持ちいい 鼻下は多少痛みますが、あごは抜くときの痛みも無く「ぬるっ」と抜けて気持ちいいですよね。 しかも、ギリギリ毛抜きでつかめる程度の長さでも、抜くと4mmくらいあり妙な達成感が。 笑 デメリット ・埋没毛になる 埋没毛 埋もれ毛 とは、毛穴が閉じた状態で毛が成長し、うまく皮膚の外に出てこれず表皮内で伸び続ける状態です。 毛抜きでヒゲを抜くと毛穴が閉じ、 皮膚内で成長を続けてしまうヒゲも出てきます。 埋没毛は伸びきると体内に吸収・分解されるとされますが、ヒゲは長く伸び続ける毛ですので、なかなか終わりが見えません。 ヒゲは太く固いせいか、 埋没毛の周囲が赤紫色に変色することもよくありますので、結局、埋没毛を見つけたら早めにほじくり出す必要があり皮膚を切らなければいけません。 僕は、毎回決まった位置のヒゲが埋没毛になっていたので、毛穴の向きなど、なりやすい条件があるのかもしれませんね。 ・色素沈着する 血液中にはヘモグロビンという色素たんぱく質がありますが、毛抜きで毛を抜くことにより毛穴が傷つき出血、真皮に沈着すると赤黒いシミになります。 埋没毛も、埋没毛自体が皮膚を傷つける上、取り出すには出血を伴うことが多く 色素沈着の原因になります。 酷い場合は下のリンク先のような状態になります。 見た目はニキビに似ていますが、原因の菌や経過が違います。 毛抜きは毛穴の奥を傷つけ、皮膚の乾燥にもつながりますので、ニキビ・毛嚢炎を含む皮膚トラブルがおきやすくなるのです。 関連記事: なぜ僕がヒゲのレーザー脱毛をするに至ったか 1番の理由は上記のデメリットが、ヒゲが濃くなるとともに大きくなってきたからです。 10代のころは埋没毛とも無縁だったのですが、20代中盤からは常に埋没毛をかかえるようになり、ニキビや埋没毛による色素沈着も酷くなっていました。 社会人になってからは、忙しさから毛抜きでヒゲを処理する時間もとれなくなっていたこともあり、ヒゲの医療脱毛を決意。 はじめは、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いがわからず、エステサロンでフラッシュ脱毛をおこなったのですが、効果を実感することができず病院のレーザー脱毛に通い直しヒゲの永久脱毛をおこないました。 写真は現在の僕の状態です。 あごのハチの部分は、常に埋没毛があり色素沈着が酷かったのですが、時間経過のためか、 偶然にも、脱毛につかったレーザーがアザ消しにも使われるレーザーだったためなのかはわかりませんが、今は色素沈着の無い状態に戻っています。 アレキサンドライトレーザー使用です。 関連記事: 今は、埋没毛からも青ヒゲからも解放されました。 特にトラブルに悩まされていないのであればよいのですが、僕のように皮膚トラブルに悩んでいる方はヒゲのレーザー脱毛をおすすめします。 ヒゲを抜く時のコツ ヒゲを抜いて処理している方に医療レーザー脱毛はオススメなのですが、費用もかかりますし、埋没毛などの困った症状が出ない方には、毛抜きもメリットのあるヒゲの処理方法だと思います。 ですが、多くのリスクをはらんでいることも確かなので、なるべくリスクを減らす方法を紹介したいと思います。 毛抜きでヒゲを抜くにあたって 傷つけない 清潔にする といったことが大事です。 以下、具体的な方法を解説いたします。 必要以上に毛穴を傷つけないために 湯上りにヒゲを抜く 湯上りでは、毛穴が開き、ヒゲ自体も柔らかくなるので抵抗を減らしダメージを少なくすることができます。 清潔な状態で行うという理由からも、 湯上りはヒゲ抜きに適しています。 1本づつ抜く・毛流れに沿って抜く まとめて抜くと抵抗が強く、抜けたときに爽快感もありますが、1本づつ抜くより斜めにテンションがかかったりと、余計なダメージを毛穴に与え出血の原因にもなります。 面倒ですが、ヒゲを抜く際は 1本づつ丁寧に抜くようにしましょう。 また、余計なテンションをかけないためにも、ヒゲの生えている方向に沿って抜くように心がけましょう。 ある程度、伸ばした状態で抜く ヒゲが生えてくるとすぐに抜きたくなってしまいますが、短いときに抜こうとすると、うまくつまめず何度もすっぽ抜けてしまいます。 ヒゲが短いと皮膚も一緒につまんで傷つけてしまうので、抜くときに毛抜きが 皮膚に接触しない長さまで伸ばしてからヒゲを抜きましょう。 自分にあった毛抜きを使う 皮膚に余計な負担をかけないためには、すっぽ抜けずに1回でヒゲが抜ける毛抜きを使うことも大事です。 ヒゲを毛抜きで処理されている方は、様々な毛抜きを試し、こだわりもあるかと思います。 僕もグリーンベル、関孫六、DigHealth、100均から3,000円するものまで色々な毛抜きを試しましたが、グリーンベルの金色の毛抜きが1番ヒゲに使いやすかったです。 他の毛抜きに比べ安い価格の毛抜きなのですが、先丸であったり、先が斜めになっているものはすっぽ抜けやすく、この毛抜きは先が平たくしっかり挟めるため愛用していました。 ただかみ合わせがずれやすく、数ヶ月に1度は買い替えが必要でした。 毛穴を清潔に保つために 毛抜きを消毒する ヒゲを毛抜きで抜いていると、すぐに毛抜きに皮脂や角質などの汚れがたまります。 汚れが付着していると毛抜きのくわえも悪くなります。 雑菌の繁殖の原因となりますので、 しっかりふき取り消毒しましょう。 僕は毛抜きを、エタノールをしみこませたティッシュでふき取りながら使っていました。 無水エタノールは、薬局でだいたい1,000円ちょっとで買えると思います。 僕は、ブーツなどの革製品に生えたカビのふき取りや、手作り化粧水、電子機器のふき取り、汚れ落としなどでも使っているので、無水エタノールを部屋に常備しているのですが、ほかに使い道の無い方は、すでに水で希釈してある消毒用エタノールの方が安く済みます。 ヒゲを抜いたあと水で顔を洗う ヒゲを抜いた後は、毛穴の中にあった皮脂や、毛根鞘 毛根についている透明のゼリー状のもの などの汚れが皮膚に付着しています。 軽い出血をしている場合もあるでしょう。 冷水で引き締めるとともに、余計な汚れを落とし 患部を清潔に保つようにしましょう。 ヒゲを抜いた箇所を触らない ヒゲを抜いた後の毛穴は、傷つきデリケートな状態です。 雑菌がついてしまいますので、 なるべく手で触らないように心がけましょう。 まとめ ヒゲを毛抜きで抜くことは、デメリットが多く よいヒゲの処理方法とはいえません。 それでも、ヒゲを抜きたい場合は、肌への負担や衛生管理に気を配りリスクの少ない処理をおこないましょう。 ヒゲは加齢と共に増え、20台中盤に生えそろい、その後徐々に濃くなり40~50代がピークとされています。 新陳代謝も衰え色素沈着が残りやすくなり、毛抜きでの処理が次第に難しくなっていきます。 皮膚トラブルの前兆を感じたら、毛抜きをやめシェーバーに移行する、医療レーザー脱毛をおこなうなどの対処も考慮に入れておきましょう。

次の