リクルートキャリア エージェント 違い。 騙されるな!リクルートエージェントの悪い評判と登録前の全注意点

リクルートエージェントとdodaの違いを比較!使うならどっちがいい?

リクルートキャリア エージェント 違い

リクルートエージェントとリクルートキャリアコンサルティングについて. リクルートエージェントは 人材を必要としている企業が顧客で、転職したい人が商品、 この商品を、顧客である、人材を必要としている企業に紹介する。 リクルートキャリアコンサルティングは 社員をリストラしたい企業が顧客で、退職した社員が商品、 この商品を、人材を必要としている企業に売り込む。 このような認識で合っていますか? もしこれが正しいとすると、 前者の場合は、人材を必要としている企業から リクルートエージェントに報酬が支払われていることになります。 人材を必要としている企業は、コストをかけて優秀な人材の紹介を 受けることになります。 この不況では、転職をしたい人材はいくらでもいるため、 わざわざコストをかけてまでリクルートエージェントに 依頼する手段はとらないと推測されます。 後者の場合は、社員をリストラしたい企業から リクルートキャリアコンサルティングに報酬が支払われていることになります。 人材を必要としている企業は、無償で優秀な人材の紹介を 受けることができます。 このように考えた場合、 リクルートキャリアコンサルティングを利用したほうが 企業との面接までたどり着きやすく、 ひいては転職しやすいのでしょうか? リクルートキャリアコンサルティングを活用して 個人が転職活動をするのは、 所属先の企業がリクルートキャリアコンサルティングと契約をして 再就職支援を依頼した場合に限られる、 ということはご存知かと思います。 そうなると、企業側がお金を払ってまで リクルートキャリアコンサルティングに面倒を見てもらいたい社員とは その企業においてはハイパフォーマーとは言えず、 むしろローパフォーマーである確率が高くなります。 優秀な人材なら、企業側は引き留めたいので 再就職支援を依頼しません。 従って、コスト面だけを見て リクルートキャリアコンサルティングを利用したほうが転職しやすい、 とは言いにくいと思います。 もちろん、同じ人物が両方に登録しているなら、 コストが安いリクルートキャリアコンサルティング経由の方が 採用側に喜ばれるでしょうが、 それが採用の決め手になる確率は高くないと思います。

次の

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い【元社員が解説】

リクルートキャリア エージェント 違い

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い 先述した通り、リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いは、• リクルートエージェント:転職エージェント• リクナビNEXT:転職サイト これだけです。 転職エージェントとは 転職エージェントとは、 採用企業と求職者の間に入り、採用活動と転職活動の両方を支援するサービスです。 求職者に対して:求人紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、内定後の条件交渉など• 採用企業に対して:候補者の紹介、求人票の作成、中途採用コンサル、選考サポート 転職サイトとは 転職サイトとは、 求人サイトと呼ばれるもので、求人が掲載されているだけのサイトです。 そのため、求職者側や採用企業側に対してのサービスはほとんどありません。 転職エージェントと転職サイトの比較表 転職エージェントと転職サイトの特徴を簡単に比較してみました。 1の転職エージェント」です。 幅広い業界・職種を扱っているため、すべての転職者におすすめできるサービスです。 リクルートエージェントの特徴• 圧倒的な非公開求人の数• 経験豊富なキャリアアドバイザー 1.圧倒的な非公開求人の数 転職エージェントの特徴の一つに「非公開求人」があります。 非公開求人とは、一般には出回っておらず、登録した人や求人要件に当てはまっている人のみが閲覧・応募できる求人のことです。 リクルートエージェントの掲載求人は約8割が非公開求人で、その数はなんと20万件以上。 リクルートエージェントに登録しなければ出会うことができない求人が多く掲載されています。 2.経験豊富なキャリアアドバイザー リクルートエージェントは1977年にスタートした転職エージェントです。 当然ながら、溜め込まれた経験・ノウハウは日本で一番です。 また、幅広い業界・職種を扱っているため、キャリアアドバイザーも豊富な知識を持っています。 そんなプロフェッショナルからの転職成功アドバイスを無料で受けることができます。 リクルートエージェントに適した人• 転職初心者• 面倒くさがりな人 1.転職初心者 リクルートエージェントでは、熟練のキャリアアドバイザーによるサポートが受けられます。 履歴書・職務経歴書の作成方法から面接対策までサポートしてもらえるため、転職初心者の方はリクルートエージェントをおすすめします。 2.面倒くさがりな人 リクルートエージェントでは、応募書類の提出や面接の日程調整などの面倒な作業ををすべて代行してくれます。 たくさんの企業に応募しても、リクルートエージェント側で管理してもらえるため、煩雑な作業が嫌な人はリクルートエージェントをおすすめします。 リクナビNEXTについて リクナビNEXTとは は、 人材最大手のリクルートキャリアが運営する「日本最大規模の転職サイト」です。 転職者の約8割が登録しており、会員数は約800万人です。 リクナビNEXTの特徴• 転職者の約8割が登録• スカウト機能 1.転職者の約8割が登録 リクナビNEXTには、転職者の約8割、およそ800万人が登録しています。 そのため、採用企業も積極的にリクナビNEXTに求人を掲載し、毎週2,000件以上の新規・更新求人が掲載されています。 あらゆる業界、あらゆる職種、あらゆる地域が網羅されているため、あなたの希望条件に合った求人に出会える確率は非常に高いはずです。 2.スカウト機能 リクナビNEXTにはスカウト機能が搭載されています。 職務経歴書や希望条件を登録しておくと、採用企業の担当者から直接スカウトメールが届きます。 書類選考なしで即面接に進める場合もあり、転職活動を有利に進めることができます。 リクナビNEXTに適した人• 自分一人で転職活動を進めたい人• 転職を急いでいない人 1.自分一人で転職活動を進めたい人 自分一人で計画を立てて転職活動を進めたい方はリクナビNEXTがおすすめです。 リクルートエージェントでは、良くも悪くもキャリアアドバイザーが介入してきます。 そのため、自分のペースで転職活動を行いたい方は、リクナビNEXTが適しています。 2.転職を急いでいない人 リクルートエージェントのサポート期間は、基本的に3ヶ月。 そのため、スピード感を持って動かなければいけません。 一方、リクナビNEXTにサポート期間は存在せず、一度登録すれば期限なく利用することができます。 そのため、転職を急いでいない人はリクナビNEXTを利用すると良いでしょう。

次の

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを徹底比較!どっちに登録すべき?

リクルートキャリア エージェント 違い

リクルートキャリアとリクルートエージェントの違い リクルートキャリアとリクルートエージェントの違いは、ズバリ 会社名か サービス名かの違いになります。 リクルートキャリアという"会社"が、リクルートエージェントという"サービス"を提供しているという訳なんですね。 サービス提供会社 サービス名 なので転職を考えている方が、色々と相談に乗ってもらったり、面接の対策をしてもらうなど直接関わるのは、 リクルートエージェントの方ということになります。 1を誇っていて、2018年現在約40万人の転職を支援し、約10万社の中途採用求人を保持しています。 中途採用求人の中には、当然カルチュアコンビニエンスクラブ株式会社・株式会社ぐるなび・楽天株式会社のような名だたる大手企業の求人も取り扱われています。 転職について相談したり、求人を紹介してもらう面談場所についても全国16箇所に拠点を持っていて、各都道府県に根付いた転職支援サービスを展開しています。 リクルートエージェント利用者の評判口コミについては、下記をご参考くださいね。 リクルート関連会社が実はいっぱいある そしておそらく、上記二つの違いを分かりづらくしているのは、 リクルート関連会社が極端に多いことも少なからず関わっていると思われます。 スポンサードリンク どういうことかと言うと、実はリクルートグループはサービスの質をより高めるために、2012年に大きな再編を行なったんですね。 関連会社を整理すると、以下のようになります。 ちなみに、リクルートグループ単独の売上高は2018年現在、なんと5,000億円を超えており、グループ連結では1兆円を超えるという日本を代表する超巨大企業グループに成長し続けています。 リクルート関連サービスもかなりある また、リクルートグループが提供しているサービスについても非常に数が多く名前が似ていてややこしいので、ここで整理しておきます。 転職エージェントサービス 中途採用者向けの転職サイト リクナビ2018・リクナビ2019など 新卒就活生向けの就活サイト リクナビについてはマイナビと同様に新卒就活生向けなので理解している人が多いですが、リクルートエージェントとリクナビネクストについては間違える人も少なくありません。 両サービスの具体的な違いについては下記で解説しているので、ぜひ併せてご参考頂ければと思います。 また、上記の他にも 、 ・とらばーゆ・・・女性向け転職サイト ・indeed・・・検索エンジン連動型求人サイト ・フロムエー・・・アルバイト情報サイト ・アントレ・・・開業支援情報メディア ・ゼクシィ・・・結婚情報メディア ・ ・・・フリーター向け就職支援サービス など名前こそ似ていないものの、リクルートグループが運営しているサービスは数多くあります。 ほんとリクルートって手広いです。 リクルートエージェントは業界NO1の転職支援サービス 前述した多くの関連会社の中でも、 リクルートキャリアが提供するリクルートエージェントは圧倒的に会社としての規模は大きく、業界の中でも名実ともにNo1のサービスになります。 よくDODAなどと比較されますが、やはり業界の最大手ゆえに 求人の数がまず圧倒的に多いので、当然その中から転職したいと思える会社が見つかる可能性も高くなりますよね。 リクルートエージェントを活用しながら、ぜひ転職活動の成功を近づけていただけたらと思います。

次の