新入社員 ボーナス。 新入社員のボーナスの平均相場って?いつからもらえるの?

新入社員の夏ボーナス、支給企業2年ぶり減

新入社員 ボーナス

産労総合研究所は7月7日、「2020年度 決定初任給調査 新入社員の夏季賞与 速報版 」を発表した。 全国1・2部上場企業と過去に回答のあった同社会員企業から任意に抽出した3,000社に対し、調査票を郵送で依頼した。 調査時期は2020年4月初旬~6月初旬、有効回答は355社。 大学卒9万6,735円、高校卒7万4,307円• 夏季賞与の支給金額 何らかの夏季賞与を支給する企業 出典:産労総合研究所Webサイト 新卒入社者の夏季賞与の支給状況を聞くと、「何らかの夏季賞与を支給する」企業は85. 前年と比べると、「何らかの夏季賞与を支給する」企業 前年88. 5ポイント減少し、「支給しない」企業 同4. 1ポイント増加した。 支給する企業が減少したのは2年ぶり。 「何らかの夏季賞与を支給する」企業の支給方法をみると、最も多いのは「一定額 寸志等 を支給」で64. 以下、「在籍期間の日割計算で支給」が19. 支給額の平均は、大学卒が9万6,735円 前年8万7,636円 、高校卒が7万4,307円 6万9,064円 と、ともに前年より増加。 支給額の分布を調べると、大学卒・高校卒ともに「5~10万円未満」が最も多く、大学卒41. 業種別の支給額をみると、大学卒製造業は10万723円、同非製造業は9万4,559円。 高校卒製造業は8万3,262円、同非製造業は6万4,222円となった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【1年目はボーナスなし?】新入社員のボーナス事情を解説します

新入社員 ボーナス

新入社員にボーナスはある? 結論からいいますと、新入社員でも 「ボーナス的なの」はあります。 「的なの」と付けた意味ですが 基本的にボーナスは半年間の査定をもとに支給額が決まります。 入社して最初に貰えるのは「夏のボーナス」になりますが、新入社員の場合は 「4月・5月・6月」の2~3カ月分の査定しかボーナスに反映されていません。 そのため「2~3カ月分の査定を反映した額」という事になりますので、 通常の半分や数万円を支給する企業が大半です。 新入社員で満額ボーナスを貰えるのは、冬のボーナスである。 という事です。 注意が必要なのが、企業によっては「試用期間は正社員では無いのでボーナスの査定の対象外」という企業も存在します。 会社によって、ボーナスの仕組みは全然違います。 1年間のボーナス合計が決まって、2等分されて夏の冬も金額は同じという会社もあれば、「業績」に応じて夏と冬で変わってくる会社もあります。 全体的な統計を見てみると、 冬のボーナスの方が多い会社の方が若干多いかな…。 という感じです。 各会社にはそれぞれ「手当」が存在します。 冬のボーナスの方がが多い会社は「期末手当」というものが冬のボーナスに含まれているからといえます。 新入社員のボーナスの平均額 新入社員の冬のボーナスの平均額はざっくりと言いますと 「基本給の2カ月分」と言えるでしょう。 ボーナスの平均額ですが、仕事の業種によって大きく変わってきます。 あなたの仕事は製造業ですか?非製造業ですか? 支給額 (平均値) 民間企業 388,000円 製造業 517,000円 非製造業 361,000円 国家公務員 700,000円 あくまで平均ですがボーナスの平均支給金額は、非製造業より製造業の方が数万円~数十万円程、多い傾向にあります。 まとめ 新入社員の夏のボーナスは査定期間が2~3カ月程しかないので満額支給されない企業がほとんどです。 ボーナスを満額貰えるのは、 「冬のボーナス」からと考えておきましょう。 そして新入社員のボーナスの平均金額は 「基本給の2カ月分」ということになります。

次の

新入社員の夏ボーナス、支給企業2年ぶり減

新入社員 ボーナス

新入社員はボーナスなしのところもあるって本当?期待しない方がいい? ボーナスについては、 公務員と民間企業によって変わってきます。 公務員であれば、1年目の夏のボーナスから 貰えることがほとんどですが、民間企業は、 1年目の夏のボーナスは貰えないことも。 なので、1年目の夏のボーナスが 貰えるかどうかについては、 働いている会社によって違ってきます。 ボーナスはいくら貰えるの? ボーナスは、先ほどご紹介した通り 公務員と民間企業によって異なります。 手取りでは、だいたい15万円くらいですかね。 夏のボーナスは、 期末手当と 勤勉手当とを合わせた金額となります。 ちなみに、期末手当は給料の 122. 5%、 勤勉手当は給料の 75%となります。 よって、ボーナスの計算は以下になります。 88 この例の場合、 ボーナスは、 8万9千円ほどとなります。 万一もらえる場合でも、 多くても手取り月給の半額程度だとか。 なので、手取りが15万円だとしたら 良くて7万5千円。 5万円出ればいい方… ということですね。 新入社員のボーナスは寸志の場合も!会社によって考え方が違う! ボーナスには、 賞与・寸志に分けられます。 賞与は、 定期給とは別に支払われる 特別な給与のことで、 多くの場合、年に2回あります。 寸志は、 目上の人(上司など)から 目下の人に感謝の気持ちを表したものです。 賞与と寸志、言い方は違いますが、 特に明確な違いはありません。 企業によって別のものとして 分けるところもあれば、 統一する企業もあるとのこと。 ただし、寸志は一般的に 数万~5万円程度と、 賞与より少額となります。 まとめ 新入社員のボーナスについて、 色々とご紹介しましたが、いかがでしたか? ボーナスは公務員、民間企業によって 貰えるかどうか変わってきます。 基本的に、 民間企業は 貰えない場合が多いようですので 覚悟しておいてください。 ボーナスを期待するのであれば、 冬のボーナスまで待ちましょう。 ただし、ボーナス(賞与)がなくても 寸志としてもらえる可能性もあります。

次の