白いニキビ。 【ニキビケアの基本】にきびの種類で処置方法が違う?つぶしてもいいの?つぶし方は?|ウェブチーム|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

鼻のニキビを治したい! 赤・白ニキビの原因・意味や痛みなど症状別の治し方

白いニキビ

ふと自分の陰部を見た時、気付くと股部分や陰部にプツッと白いできものが出来ていた。 ニキビのようにも見えるため、放っておくとそのまま治るのではないかと放置してしまうという人が非常に多い症状。 さらに、クリトリスの脇の部分にできものができてしまったという場合もあります。 ニキビと同じように、化膿や炎症を起こし、腫れ上がって痛くなることもあります。 また、放置しておけば治る事もありますが、 症状が慢性化してしまうリスクも潜んでいます。 しかし、陰部にできるニキビのようなできものは陰部のケアをすることで予防や改善が見込めます。 なぜなら、陰部にできるニキビのようなものは あらゆる要因で引き起こされた陰部の乾燥が原因で起きている事がほとんどだからです。 そこで、この記事ではニキビのような陰部のできもの対策方法についてご紹介します。 気になる部分へジャンプ• 陰部にできる白いニキビのようなものは何? そもそも、陰部のニキビとは一体どのようなもので、どんな原因でできるのでしょうか?簡単に説明していきます。 陰部の白いニキビの原因はこれ ニキビと聞くと、ただの肌荒れで放っておけば治ると思っている人も多いかと思います。 もちろん、顔などにできるニキビはクリームをちょっと塗って放置しておけば治ることも多々あります。 しかし、陰部のニキビは少しニキビとは違う特徴があり、このまま放っておくと悪臭の原因になることもあります。 陰部にできる白ニキビのようなものは、肌の汚れなどからくる乾燥が原因となっている場合がほとんどです。 陰部のニキビは、専用のクリームを使ってあげるとズムーズに解消する事が期待できます。 このままじゃヤバい??陰部の白いニキビの恐怖 陰部にできるニキビのようなできものの原因は、黄色ブドウ球菌や緑膿菌などがあげられます。 これは 脱毛によるダメージやターンオーバーの乱れ、洗い過ぎによる免疫力の低下で雑菌が繁殖した結果、肌の乾燥に陥っている状態です。 陰部のニキビが化膿性汗腺炎の場合ワキガに近い臭いがする事がある 化膿性汗腺炎は、アポクリン汗腺が多い部分に起きる炎症です。 このアポクリン汗腺は汗が多く出る、ワキ・陰部・乳首など限られた部分にしかありません。 つまり、スソワキガに近いような臭いの状態です。 脱毛をしている場合毛嚢炎の可能性がある 毛嚢炎は、毛包炎とも呼ばれ、陰部のできものの原因として特に多いのが毛嚢炎です。 毛嚢炎は、毛を剃ったり抜いたりしている人、脱毛サロンに行った後などに 毛穴に負担がかかったり、傷がついてしまったりした時に起きやすいと言われています。 さらに、女性は生理やおりもの量が多いとき、ナプキンやおりものシートを使用しますが、通気性が悪くジメジメと湿った状態になってしまうため、 細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。 下着の中の環境は思っている異常に劣悪な環境となっています。 このように様々な条件が重なることによって、毛嚢炎になりやすくなってしまいます。 白いできものなどの陰部のニキビは トータルすると乾燥が原因• 陰部のニキビは 放置しているとスソワキガの臭いがする事がある• 毛嚢炎の場合、 肌が清潔に保たれていない可能性が非常に高い 陰部の白いニキビの対処法は保湿ケアが断然オススメ ニキビの対策にはご存知の通り 保湿ケアが断然おすすめです。 なぜなら自己処理によるダメージ、皮脂の毛穴詰まり、ターンオーバーの乱れ、洗い過ぎなどからくる 乾燥を防ぐ事が最善策だからです。 陰部の保湿には専用クリームがおすすめ 陰部は他の部分の肌とは違って肌がとても弱く敏感です。 つまり、 肌荒れを起こしやすく、ニキビができやすいのです。 そしてケアクリームなどを塗ると いい影響も出やすい分、悪影響も出やすいような特徴があります。 ですので、陰部のニキビを改善するには、 陰部専用のニキビクリームを使う事をおすすめします。 どんな事よりとにかく保湿 ニキビの原因として最も大きなものは乾燥です。 肌を 常に保湿しておく事で肌の状態を健やかに保つ事ができます。 どんな対策をするよりもまずは保湿ケアをする事をおすすめします。

次の

今すぐ知りたい!【赤いニキビ】の即効薬。女医が教えます!

白いニキビ

初期ニキビの特徴は、白くプツっとした吹き出物が出ることです。 専門用語ではコメドと呼びます。 まだ炎症は起きていない非炎症性皮疹であり、アクネ菌の本格的な増殖が始まっていないので、この段階で治療をすれば重症化して痕が残る…といったリスクはありません。 可能な限り、このタイミングで治すことがニキビケアの鉄則といえます。 白ニキビの真実〜この段階で治せば満足! 白ニキビと赤く炎症を起こしたニキビの違いはどこにあり、どんな条件が揃うと炎症を起こしてしまうのでしょうか?まずは、そういったニキビのメカニズムについて解説することにしましょう。 そもそも白ニキビというのは、角栓が詰まった毛穴の中に皮脂が溜まっている状態。 この中にアクネ菌が入り込んで増殖すると、赤く炎症を起こして赤ニキビになるわけです。 炎症を起こしていない以上、皮膚組織が大きなダメージを受けているわけではないので、この状態のうちに治してしまえば痕が残ったり、痛みや痒みが出ることもありません。 炎症を起こさないために必要なケアは? 白ニキビは、角栓が詰まった毛穴の内部に皮脂が溜まったもの。 となると、皮脂分泌を抑えれば良いのでしょうか?もちろん、悪化の可能性を低減するという意味で一定の有効性はあるでしょう。 要するに、皮脂分泌を減らすことでニキビの悪化を抑えるわけですね。 抜本的治療で白ニキビを解決! 毛穴を縮小させて柔軟性をなくし、簡単に角栓詰まりを起こしてしまう原因は男性ホルモンにあるのです。 女性の体内にも一定量の男性ホルモンが存在しており、この男性ホルモン量が増加してしまうと、毛穴が収縮して角栓による詰まりが発生しやすくなります。 さらに男性ホルモンには皮脂分泌の増加、肌本来のバリア機能を低下させる性質もあり、ニキビの悪化につながります。 よって、男性ホルモン優位の状態にならないよう、ホルモンバランスをコントロールすることが抜本的な治療となり得るわけです。 具体的なケア方法を紹介! 男性ホルモンを抑制するためには、常に女性ホルモン優位の状況を維持することが必要。 そこで、女性ホルモンであるエストロゲン、あるいは類似作用を持つイソフラボンといった成分を用いてホルモンバランスを整えることで大人ニキビの改善が望めるのです。 また、すでに発生している白ニキビについては面皰圧出やホルモン療法による皮膚科の治療が最適。 これは白ニキビ表面に針で穴を開け、さらにアクネプッシャー(面皰圧出器)という道具で中身の皮脂を抜く治療です。 これによって、肌表面を傷つけることなく、白ニキビを除去することが可能となります。

次の

キミのニキビはどのタイプ?|ビフナイト|小林製薬

白いニキビ

・白い塊 ・白い膿 ・血液 ・透明な液体 この4つのものの正体は、一体何なのか、なぜニキビを潰すと、これらのものが出てくるのかを確認していきましょう。 ニキビを潰した後に出る白い塊 ニキビを潰した後に、白い塊が出ることがありますよね。 これは、白ニキビを潰した後にニキビの芯として出てくることが多いと思います。 また、炎症を起こしているニキビも、膿が出た後にニュルっと白い塊が出てくることもありますね。 この白い塊の正体は、ずばり皮脂です。 白ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで起こります。 ということは、白ニキビを潰すと、その皮脂がニュルっと出てくることになります。 炎症が起こって膿が溜まっている黄ニキビも、膿の中にはニキビの原因となる皮脂が溜まっています。 そのため、ニキビを潰した後に出てくる白い塊は、ニキビの芯となる皮脂なんです。 ニキビを潰した後に出る白い膿 ニキビを潰すと、白い膿がドロっと出てくることがありますね。 時々、やや黄色がかった膿が出てくることもあるでしょう。 ・皮脂 ・白血球 ・アクネ菌などの雑菌 ・周囲の皮膚組織 ニキビを潰した後に出る白い膿は、ニキビの芯となる 皮脂と白血球とアクネ菌の残骸です。 皮脂は毛穴に詰まったニキビの原因となるものですね。 そして、皮脂が詰まった毛穴には、アクネ菌が増殖して、炎症を起こします。 そして、身体には免疫機能がありますので、アクネ菌が増殖すると、アクネ菌をやっつけようとして白血球がニキビに集まり、アクネ菌と闘います。 さらに、炎症が起こると、周囲の皮膚組織にダメージを与えますので、ニキビ周囲の組織が崩壊して膿に混ざることもあります。 ニキビを潰した後の血はなぜ出るの? ニキビを潰した時に、血が出ることもありますよね。 ニキビを潰した後に、血が出るのはなぜでしょう?通常、ニキビができている毛穴には白い皮脂や白い膿しか溜まりません。 血は溜まらないのです。 では、なぜニキビを潰すと、血が出ることがあるのでしょうか?それは、潰した時に、 皮膚の毛細血管を傷つけてしまうためです。 ニキビを潰す時に、爪を立てて潰したりしていませんか?また、無理やり強い圧をかけてニキビを押していませんか? そうすると、その圧力で毛細血管が破れてしまい、血が出るんです。 ニキビを潰した時に血が出た場合は「やり過ぎた」、「 本来は潰すべきではなかったニキビ」というケースが多いんです。 ニキビを潰した後の透明な液体って何? ニキビを潰した後に、透明な液体が出てくることもありますね。 無力透明のこともありますが、やや黄色がかった透明な液体のこともあります。 この液体は「浸出液」と呼ばれるものです。 これは、炎症が起こっているニキビを潰して、白い膿と白い塊が出た後にじわじわ出てくることが多いと思います。 この浸出液は血管から染み出てきた液体です。 炎症が起こると、浸透圧の関係で、血管から血液の水分が漏れ出てきます。 そして、この浸出液は水のほかにグロブリンやアルブミン、フィブリノーゲンなどが含まれています。 キズから出てくるジュクジュクした液体は、滲出液といって細胞の成長や再生を促す「キズを治す成分」が含まれています。 この滲出液は皮膚の自然治癒に重要な役割を果たします。 引用: そのため、炎症が起こっているニキビを潰してしまった時に、透明な液体が出てくるのは、自然なことと言えるでしょう。 出典: 自分で潰して良いものは、白ニキビや黒ニキビです。 白ニキビは、皮脂が毛穴に詰まってしまったニキビで、黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂が空気に触れて酸化して黒くなったものです。 この白ニキビや黒ニキビは、毛穴は詰まっているものの、まだ炎症が起こっていない状態です。 ニキビが炎症を起こす前の初期段階の状態なので、潰してもニキビ跡が残ってしまう心配はありません。 むしろ、たまった皮脂をそのままにしておくと、それを餌にアクネ菌が増殖してしまうので、ニキビを治すためには早めにコメドを取り除いたほうが良いのです。 一方、黒ニキビも白ニキビが酸化して黒くなっただけなので、ニキビとしては初期段階。 白ニキビと同じく、潰してしまっても問題ありません。 引用: ただ、白ニキビや黒ニキビを潰すなら、清潔を保った状態で正しいやり方で潰さなくてはいけません。 <ニキビを潰して芯を出す方法>• 1. 入浴する。 入浴して毛穴を開かせてから潰すと、簡単に芯を出すことができます。 2.入浴後に コメドプッシャーとピンセットを消毒する。 消毒しないと、雑菌が毛穴に入り込み、炎症を起こす可能性があります。 使う前は、きちんと消毒して、清潔なものを使いましょう。 3. 蒸しタオルを顔に当てて、さらに毛穴を開かせる• 4.毛穴が開いたら、 コメドプッシャーを優しく押し当てて、ニキビの芯を出しましょう。 5.ニキビの芯が出てきたら、 ピンセットでニキビの芯を取り除いてください。 6.ニキビの芯が出たら、もう一度顔を軽く洗って、 冷やした化粧水で毛穴を引き締めます。 また、もし白ニキビや黒ニキビを潰した時に、 血が出たら、それは圧のかけ過ぎです。 血が出てしまったら、ニキビ跡が残る可能性があります。 次回からは血が出ない程度の圧をかけて、それでも芯が出てこないようなら、潰すのは諦めましょう。 関連記事 ・ 赤ニキビや黄ニキビは皮膚科へ! 次は、赤ニキビや黄ニキビです。 赤ニキビや黄ニキビは、どうしても潰したいなら、皮膚科で潰してください。 自宅で潰すのは止めましょう 赤ニキビや黄ニキビまで悪化してしまったら、潰すとニキビ跡が残ってしまうおそれがありますので絶対にやめてください。 引用: <皮膚科で行うニキビの芯の出し方> 1.皮膚を消毒する 2.針やレーザーなどでニキビの表面に細かい傷をつける 3.面皰圧出器を使って、ニキビの芯を押し出す 「ニキビの治療というと、健康保険の適用外になるんじゃないの?」とか「治療費が高そう」というイメージがあるかもしれませんが、 面皰圧出術は、健康保険が適用されますので、治療費はそれほど高くありません。 費用も健康保険の範囲内であり、少額で済むことも、面ぽう圧出術の大きな魅力と言えます。 引用: 自分で無理やり潰してしまうと、ニキビ跡が残ってしまうことが多いので、赤ニキビや黄ニキビは自分で潰さずに、必ず皮膚科で潰すようにしてください。 ニキビを潰した後に出る膿・血についてのまとめ.

次の