ミルダム ランキング 確認。 L1配信者が語る mildomの現状!不正し放題!mildom(ミルダム)のランキング制度がガバガバすぎる!

L1配信者が語る mildomの現状!不正し放題!mildom(ミルダム)のランキング制度がガバガバすぎる!

ミルダム ランキング 確認

ミルダムって実際どうなの? 結論から言いますと ミルダムに力を入れる必要はない。 それよりもYouTubeのチャンネルを成長させるべき。 という結論に自分は落ち着きました。 順にお話していきます。 ミルダムについておさらい とは 中国のライブ配信アプリ「DouYu」を日本版に改良し、高画質・低遅延の配信を可能にしたゲーム配信プラットフォームです。 配信者は時給がもらえ、投げ銭システムもあります。 中国の「DouYu」と日本の「三井物産」が手を組み、このMildomが設立されました。 審査は通った では応募したところまででしたが、 その後1ヶ月くらいしてミルダム運営からメッセージが届きました。 実際のメッセージがこちら。 権限が付与されたことで、ミルダムで配信すれば時給が発生する状態にはなったのですが、結果として筆者は一度も配信してません。 一度くらい配信してみるのもいいと思います。 配信してない理由としては、• ・生放送する時間が上手く作れていない• ・審査に時間がかかりすぎて萎えた• ・ミルダムを利用しているユーザーが少ない こんな感じでしょうか。 同時配信に最大のメリット 元々筆者はミルダムで配信を行う場合は、 「YouTubeとミルダムで同時配信しよう」と思っていたので、今後利用する場合はそういった使い方をするかもしれません。 同時配信なら使う時間と内容は同じでも• ・YouTubeで集客&広告収益発生• ・ミルダムで時給発生&YouTubeへ誘導• ・生放送しつつ動画も収録 これらを同時に実現できます。 時給が発生するとしてもミルダムだけでの配信はメリット薄いと思ってます。 細かいところまで確認してませんが、おそらく規約的にはOK。 やったことはありませんが、報酬権限が付与されてる方は一考の余地ありですね。 という噂を耳にしました。 報酬権限が付与されてる方はご注意を。 新ランキング制度に疑問 先日Twitterでミルダムの<新ランキング制度のリリース>が告知されました。 <新ランキング制度のリリース> Mildom内のバナーにて、新ランキング制度導入に関する告知をさせていただきました。 告知後、ランキング導入後の報酬に関するお問合せを多数いただきましたので、報酬パターン例を追記し、リリース内容をアップデートしました。 詳細は、下記よりご確認ください。 これは、ランキングを導入した理由と深く関係しています。 今、ゲーム配信は多くの人々を楽しませる「エンターテイメント」として急速に成長しています。 好きな俳優のドラマを観たり好きな歌手のコンサートへ行くように人気配信者のゲームプレイを楽しむ、そんなコンテンツになっていくはずです。 もっと多くの才能を発掘し 「公認配信者」として支援、育てていき、少しでも早く理想とする世界を実現する。 それが今回のランキングを導入した理由です。 今回のランキングには、大きく2つの特徴があります。 内部の基準は公表できないと謝るしかなかったわけですが、本来、誰の配信を応援したいかはユーザーの皆さんに委ねるべきものです。 才能ある新しいクリエイターと出会い、支援できることを楽しみにしています。 画像引用:Mildomより とまぁこんな感じで<新ランキング制度のリリース>について告知されました。 注目すべきは「ランキングに入らないと報酬権限の剥奪される」ということですね。 皆さんは読んでどう思いましたでしょうか。 シビアすぎるランキング制度 結局、ミルダムも企業なので、 「大きい利益を生むクリエイター以外には報酬権限を与えませんよ。 」といったところでしょうか。 「公認配信者」という甘い言葉で釣っている感じがしますが、ランキング制度の詳細を見ていくと、かなりシビアです。 コンスタントに配信を行う必要がありますし、毎月の順位も1~400位以内に入っていないと即座に報酬権限が剥奪されるようです。 その結果、 「報酬権限を失わない為、時給をもらいたいが為に、配信を行う。 」という配信者が続出しそうです。 競争すること自体は悪くありませんが、 目的がすり替わっていくような印象を受けます。 「お金をもらう為に配信する」と「配信をしながらお金をもらう」はだいぶ意味が違います。 結論として自分は、そういった競争にはあまり興味がないので、 ミルダムに力を入れる必要はない。 それよりもYouTubeのチャンネルを成長させるべき。 という判断になりました。 もし、自分が今ゲーム実況者・配信者を目指している学生なら、WEBマーケティング会社など、ITベンチャー企業でバイトでもしつつ、ノウハウを蓄積して、空いた時間は動画を制作してYouTubeに投稿します。 これのが有益な時間の使い方かなと。 SEOの知識などを学びつつYouTubeでそれを実践できますからね。 そもそも ミルダム内で1位を取れるようであれば、既に他のプラットフォームで成果を上げている有名な配信者なはずです。 ランキング制度で新たなスターが生まれるかは疑問です。 ミルダムが発表された時、世間に走った衝撃は 「誰でもゲーム配信で稼げるようになる!仕事に出来るかも!」という夢のあるところでした。 なんとも世知辛い。 eスポーツ文化は発展途上 eスポーツ文化は発展途上の段階にあります。 企業側もリスクを負いながらどうしたら利益を上げつつ文化をサポートできるのか探り探りなのだと思います。 確かにこういったミルダムのようなサービスを使って 「ゲームでお金を稼げた!」という小さな成功体験を繰り返すことは、ゲーム配信者を目指す学生やプロゲーマーを目指す学生にとっては大きな経験になるかもしれません。 しかし、その裏側には常に スターの誕生とその独占を狙う企業がいることも忘れてはいけないと思ってます。 ゲームでお金を稼げるようになるためにはどうしたらいい? プロゲーマーを目指すとなると話は変わってきますが、「ゲームでお金を稼ぐ」というのは基本的にストリーマー 配信者 になったり、ゲーム実況者として動画投稿をして広告収入をメインにお金を稼いでいくということになります。 世の中には実際に「ゲームでお金を稼いでいる人」が実在し、そういった人の成功談や失敗談は色々な形で溢れています。 TwitterやYouTube、ブログなどそういう リアルな成功談や失敗談にこそ「ゲームでお金を稼ぐ」ためのヒントが沢山詰まっているはずです。 もし、これを読んでいるあなたが「ゲーム実況者や配信者」を目指したいというのであれば、目先のお金を手に入れようとするのではなく、そういった先人が出している 「ヒントを逃さずキャッチすること」と 「自分からのアウトプット」も常に欠かさないことです。 例えばこのブログでも、無料で見れる記事をたくさん公開しているので、気になるものがあれば読んでみてほしいですね。 まとめ とはいえ、 ミルダムで配信するのもありだと思います。 正解はありませんし、価値観はそれぞれ。 自分が楽しく活動できることが大切です。 ですが、もし「ゲーム実況者・配信者として将来生活していきたい」ということであれば、まずは自分のアウトプットを大切にし、ミルダムのような 企業側から「配信して欲しい!」というスカウトが来るような人材を目指すべきです。 そのためにも日々、発信力を磨いていきたいですね。 今回は以上です。 是非こちらもチェックを。 記事の更新告知は でしています。 こちらも是非フォローお願いします。 また別の記事でお会いしましょう。

次の

今話題のMildom(ミルダム)の収益化は過去配信無しでも通るのか?申請後の経過報告とか

ミルダム ランキング 確認

新しいゲーム配信アプリMildom(ミルダム)とは Mildomとはどのようなライブ配信サービスなのでしょうか? その特徴を解説していきます。 「Mildom」とはどのようなサービスなのか Mildom(ミルダム)は2019年9月にリリースされた、 ライブ配信のプラットフォームです。 中国大手の動画配信サービス「DouYu」と、 日本の「三井物産」が手を組んで、Mildomというサービスが誕生しました。 Mildomは主に、パソコンやスマホなどの ゲーム配信に特化したサービスで、運営側は配信の高画質・低遅延化に力を入れています。 Mildomのアカウントは、 facebook・LINE・Googleアカウントのいずれかを使えば簡単に作成可能。 従来の動画配信プラットフォームと同様に、 チャット機能や投げ銭システムも備わっています。 さらにMildomの配信者になると、 1時間ごとに500円の報酬が入るシステムがあります。 配信をして報酬を受け取るには審査が必要ですが、ライブ配信をすれば収益が出る報酬形態が話題に。 その結果、サービス開始からおよそ 1ヶ月で15000人以上のクリエイターから申込みがありました。 一部のyoutuberはすでにMildomに参入し、ゲーム配信を行っています。 配信すれば報酬が発生!? Mildomが他の動画配信サービスと違う点は、 「配信すれば報酬が入るシステム」が付いていることです。 報酬を得る配信者になるためには審査が必要ですが、応募条件はさほど厳しくありません。 未成年者の方でも、保護者の許可があればOK。 もし配信者として登録されると、 配信1時間あたり500円の報酬が入るシステムです。 その報酬は配信者の能力に応じて上がり、有名実況者になると 月給制での契約を結んでいます。 従来の動画プラットフォームだと、収益化できるハードルが非常に高くなっています。 それは広告収入や視聴者からの投げ銭など、配信者自体の影響力がそのまま収益に直結するからです。 Mildomの新しい報酬システムなら、 配信すれば収益につながる可能性があるので、初心者でもゲーム配信をしやすくなるでしょう。 Mildom(ミルダム)で配信する方法 Mildomはパソコンとスマホ両方での配信が可能です。 それぞれの配信方法についてご紹介します。 パソコンによる配信方法 1 まずはOBSをダウンロード OBSとは「さまざまな配信サイトに対応している無料ソフト」のこと。 以下の公式サイトから、各OSに対応しているバージョンでダウンロードしてください。 設定画面の中から「配信」タブを開いておきます。 mildom. もしMildomでのアカウントを持っていない場合は、アカウントの新規作成を行ってください。 4 「配信設定」タブを選択 配信するタイトル・ゲームを決めて、「配信開始」ボタンをクリック。 「配信開始」ボタンをクリックすると、URLとライブ配信カギが表示されます。 5 そのURLとライブ配信カギを、起動していたOBSに貼り付け 各項目の設定の仕方は以下の通りです。 9 ここまで設定したら、メイン画面に戻って「ソース」を追加 「+」ボタンをクリックした後、「ウィンドウキャプチャ」を選択してください。 新規作成画面でOKボタンをクリックして、次の画面に進みましょう。 10 起動中のゲームを選択 矢印のボタンをクリックして、ウィンドウを選択。 選択できたらキャプチャしたウィンドウを調整します。 キャプチャ画面は左上に寄せておきます。 11 最後に「配信開始」をクリック これで配信が開始されます。 もし配信を終了したい場合、OBSのメイン画面から「配信終了」ボタンを押してください。 スマホによる配信方法 iOS端末でもAndroid端末でも配信方法にそこまで差はありませんが、今回は iOS端末における配信方法を紹介します。 推奨デバイス:iPhone6S〜の機種 推奨OSバージョン:iOS 11. 0〜のバージョン iOS端末の場合、 設定内の「コントロールセンター」から初期設定を行っている前提です。 詳細は以下の公式サイトからご確認ください。 mildom. もしMildomのアカウントを持っていない場合は、アカウントの新規作成をしましょう。 2 ログイン後、Mildomのホーム画面に戻る 画面下部にある「ゲーム配信」ボタンをクリック。 3 以下の各種設定を実行 ・配信タイトルを入力 ・配信するゲームを選択 ・プッシュ通知を「受け取る」にする ・画質を「720P-3M」に設定 こちらの画質はあくまで推奨値です。 使っている配信環境に合わせて設定してください。 Mildom(ミルダム)の配信で収益を得るには? Mildomでは配信者として登録されれば、 配信をするだけで報酬が入ります。 非常に画期的なシステムですが、誰でも報酬が手に入るのでしょうか? 詳しい登録条件や、そのルールを確認してみましょう。 配信者登録するための条件 Mildomで収益を得るためには、まず 配信者として登録する必要があります。 登録条件は以下の通りです。 ・年齢、性別不問 (未成年者は保護者の許可が必須。 事務所に所属している人も、事務所側の許可が必要となる。 ) ・ゲーム好き、おしゃべり好き歓迎 ・パソコン経由での配信、スマホなどのモバイル経由での配信どちらでも可 ・ゲームタイトルに制限なし このようにゲーム配信に興味がある人なら誰でも応募可能。 ただし運営側での簡単な審査があり、 配信経験がある人は優遇されます。 配信におけるルール ・無言配信禁止 ただゲームを配信をすれば良いわけではありません。 Mildomの運営側としては「配信者として視聴者を楽しませて欲しい」という意図があるので、視聴者との一定のコミュニケーションを取ることは最低条件です。 ・配信時間の制限 未成年者には以下の配信時間制限があります。 有名実況者やプロゲーマーだと、固定給の報酬形態も用意されています。 ・1日最低1. 5時間 以上の配信 1日の配信時間が1. 5時間未満だと、報酬は発生しません。 ・報酬は 1日最大4時間分まで支払われる 配信時間は4時間を超えてもOKですが、超えた分の報酬は発生しません。 ・日数は00:00〜23:59で計算され、 日付を跨ぐときは配信を開始した日でカウントされる ・支払い方法は 指定口座へ振り込まれる(月末締めの翌月20日払い) Mildomの審査は厳しいのか Mildomのサービス開始当初は、誰でも配信者登録できたかもしれません。 しかし、その報酬形態がすぐに話題となり、応募が殺到したせいで 審査は一段と厳しくなりました。 ある程度の配信実績がないと、Mildomの配信者になるのは難しそうです。 運営側も配信実績がない人にお金を払うのは、リスクがあるので当然でしょう。 ちなみに審査に合格した人は Mildomの運営からメールで通知がきます。 審査結果が出るのはかなり時間がかかり、 落選した場合メールはきません。 以下Mildomの配信登録の審査に関するツイートです。 配信内でのパフォーマンスなど、一応頑張ってみましたが、審査は落ちました。 記憶では10月19日に配信をスタートさせ、審査が出た昨日時点でフォロワーは67人でした。 様々な方々に応援して頂きながらここまで増やすことが出来ましたが、今から応募する方中々に厳しいと思います。 配信登録の審査は厳しくなったものの、配信すれば報酬がもらえるMildomのシステムは非常に魅力的です。 ゲーム配信初心者の方もまずはMildomを使って、配信実績を作ってみてはいかがでしょうか?.

次の

【1ヶ月で4万稼いだ】ミルダムで審査通った!実際に収益化した流れ!支払いについて【最新版】

ミルダム ランキング 確認

ミルダムって実際どうなの? 結論から言いますと ミルダムに力を入れる必要はない。 それよりもYouTubeのチャンネルを成長させるべき。 という結論に自分は落ち着きました。 順にお話していきます。 ミルダムについておさらい とは 中国のライブ配信アプリ「DouYu」を日本版に改良し、高画質・低遅延の配信を可能にしたゲーム配信プラットフォームです。 配信者は時給がもらえ、投げ銭システムもあります。 中国の「DouYu」と日本の「三井物産」が手を組み、このMildomが設立されました。 審査は通った では応募したところまででしたが、 その後1ヶ月くらいしてミルダム運営からメッセージが届きました。 実際のメッセージがこちら。 権限が付与されたことで、ミルダムで配信すれば時給が発生する状態にはなったのですが、結果として筆者は一度も配信してません。 一度くらい配信してみるのもいいと思います。 配信してない理由としては、• ・生放送する時間が上手く作れていない• ・審査に時間がかかりすぎて萎えた• ・ミルダムを利用しているユーザーが少ない こんな感じでしょうか。 同時配信に最大のメリット 元々筆者はミルダムで配信を行う場合は、 「YouTubeとミルダムで同時配信しよう」と思っていたので、今後利用する場合はそういった使い方をするかもしれません。 同時配信なら使う時間と内容は同じでも• ・YouTubeで集客&広告収益発生• ・ミルダムで時給発生&YouTubeへ誘導• ・生放送しつつ動画も収録 これらを同時に実現できます。 時給が発生するとしてもミルダムだけでの配信はメリット薄いと思ってます。 細かいところまで確認してませんが、おそらく規約的にはOK。 やったことはありませんが、報酬権限が付与されてる方は一考の余地ありですね。 という噂を耳にしました。 報酬権限が付与されてる方はご注意を。 新ランキング制度に疑問 先日Twitterでミルダムの<新ランキング制度のリリース>が告知されました。 <新ランキング制度のリリース> Mildom内のバナーにて、新ランキング制度導入に関する告知をさせていただきました。 告知後、ランキング導入後の報酬に関するお問合せを多数いただきましたので、報酬パターン例を追記し、リリース内容をアップデートしました。 詳細は、下記よりご確認ください。 これは、ランキングを導入した理由と深く関係しています。 今、ゲーム配信は多くの人々を楽しませる「エンターテイメント」として急速に成長しています。 好きな俳優のドラマを観たり好きな歌手のコンサートへ行くように人気配信者のゲームプレイを楽しむ、そんなコンテンツになっていくはずです。 もっと多くの才能を発掘し 「公認配信者」として支援、育てていき、少しでも早く理想とする世界を実現する。 それが今回のランキングを導入した理由です。 今回のランキングには、大きく2つの特徴があります。 内部の基準は公表できないと謝るしかなかったわけですが、本来、誰の配信を応援したいかはユーザーの皆さんに委ねるべきものです。 才能ある新しいクリエイターと出会い、支援できることを楽しみにしています。 画像引用:Mildomより とまぁこんな感じで<新ランキング制度のリリース>について告知されました。 注目すべきは「ランキングに入らないと報酬権限の剥奪される」ということですね。 皆さんは読んでどう思いましたでしょうか。 シビアすぎるランキング制度 結局、ミルダムも企業なので、 「大きい利益を生むクリエイター以外には報酬権限を与えませんよ。 」といったところでしょうか。 「公認配信者」という甘い言葉で釣っている感じがしますが、ランキング制度の詳細を見ていくと、かなりシビアです。 コンスタントに配信を行う必要がありますし、毎月の順位も1~400位以内に入っていないと即座に報酬権限が剥奪されるようです。 その結果、 「報酬権限を失わない為、時給をもらいたいが為に、配信を行う。 」という配信者が続出しそうです。 競争すること自体は悪くありませんが、 目的がすり替わっていくような印象を受けます。 「お金をもらう為に配信する」と「配信をしながらお金をもらう」はだいぶ意味が違います。 結論として自分は、そういった競争にはあまり興味がないので、 ミルダムに力を入れる必要はない。 それよりもYouTubeのチャンネルを成長させるべき。 という判断になりました。 もし、自分が今ゲーム実況者・配信者を目指している学生なら、WEBマーケティング会社など、ITベンチャー企業でバイトでもしつつ、ノウハウを蓄積して、空いた時間は動画を制作してYouTubeに投稿します。 これのが有益な時間の使い方かなと。 SEOの知識などを学びつつYouTubeでそれを実践できますからね。 そもそも ミルダム内で1位を取れるようであれば、既に他のプラットフォームで成果を上げている有名な配信者なはずです。 ランキング制度で新たなスターが生まれるかは疑問です。 ミルダムが発表された時、世間に走った衝撃は 「誰でもゲーム配信で稼げるようになる!仕事に出来るかも!」という夢のあるところでした。 なんとも世知辛い。 eスポーツ文化は発展途上 eスポーツ文化は発展途上の段階にあります。 企業側もリスクを負いながらどうしたら利益を上げつつ文化をサポートできるのか探り探りなのだと思います。 確かにこういったミルダムのようなサービスを使って 「ゲームでお金を稼げた!」という小さな成功体験を繰り返すことは、ゲーム配信者を目指す学生やプロゲーマーを目指す学生にとっては大きな経験になるかもしれません。 しかし、その裏側には常に スターの誕生とその独占を狙う企業がいることも忘れてはいけないと思ってます。 ゲームでお金を稼げるようになるためにはどうしたらいい? プロゲーマーを目指すとなると話は変わってきますが、「ゲームでお金を稼ぐ」というのは基本的にストリーマー 配信者 になったり、ゲーム実況者として動画投稿をして広告収入をメインにお金を稼いでいくということになります。 世の中には実際に「ゲームでお金を稼いでいる人」が実在し、そういった人の成功談や失敗談は色々な形で溢れています。 TwitterやYouTube、ブログなどそういう リアルな成功談や失敗談にこそ「ゲームでお金を稼ぐ」ためのヒントが沢山詰まっているはずです。 もし、これを読んでいるあなたが「ゲーム実況者や配信者」を目指したいというのであれば、目先のお金を手に入れようとするのではなく、そういった先人が出している 「ヒントを逃さずキャッチすること」と 「自分からのアウトプット」も常に欠かさないことです。 例えばこのブログでも、無料で見れる記事をたくさん公開しているので、気になるものがあれば読んでみてほしいですね。 まとめ とはいえ、 ミルダムで配信するのもありだと思います。 正解はありませんし、価値観はそれぞれ。 自分が楽しく活動できることが大切です。 ですが、もし「ゲーム実況者・配信者として将来生活していきたい」ということであれば、まずは自分のアウトプットを大切にし、ミルダムのような 企業側から「配信して欲しい!」というスカウトが来るような人材を目指すべきです。 そのためにも日々、発信力を磨いていきたいですね。 今回は以上です。 是非こちらもチェックを。 記事の更新告知は でしています。 こちらも是非フォローお願いします。 また別の記事でお会いしましょう。

次の