メキシコペソと地獄の日々。 メキシコペソ円ロングポジが大幅減!大暴落でロスカット続出

FXのスワップ投資は資産運用視点で!分散投資は必要不可欠

メキシコペソと地獄の日々

【スワップポイントに関する注意事項】掲載のスワップポイントは、FX口座において買ポジションを保有し翌営業日まで持ち越した場合に付与されます。 1Lot(1,000通貨)単位の場合は1Lot(10,000通貨)あたりのスワップポイントの10分の1の金額となります。 なお、1円未満のスワップポイントは、受取り支払いともに日々積み立てられますが、取引画面の累計スワップおよびスワップポイントの決済時(ポジションの決済またはスワップ受取)においては、受取りの場合は小数点以下を切捨て、支払いの場合は切上げて反映されます。 スワップポイントは、各国の景気や政策などの様々な要因による金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。 各国の金利水準によってスワップポイントの受取又は支払いの金額が変動することや、場合によっては受け払いの方向が逆転する可能性があります。 また、これに伴い追加の資金が必要になることや、ロスカット値が近くなること、場合によってはロスカット取引が行われる可能性があります。 本ページの内容は掲載日時点の情報であり、将来およびお取引に際して掲載の数値や金額等を保証するものではありません。 【スプレッドについて】お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。 お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。 【原則固定例外あり】震災などの天変地異や政変、また大企業の倒産等、市場に大きな影響を与える事象発生時に相場が急変した場合。 重要な経済指標の結果発表時に相場が急変した場合。 国内外の金融市場休場日や当社の営業休日明けのマーケットオープン時、マーケットクローズ間際など市場の流動性が低下している場合。 (1年=365日で計算しています。 キャンペーンに関する注意事項• キャンペーン専用申込フォーム以外からのお申込は適用対象外となりますのでご注意ください。 選択されていない場合、異なるキャンペーン名でお申込みいただいた場合は適用対象外となりますのでご注意ください。 ただし、最終日が営業日ではない場合(土・日曜日等)、直前の営業日のマーケットクローズまでの取引が対象となります。 注文中の注文や取消された注文は含みません。 Lot数の計算は、新規・決済毎の約定をカウントいたします。 (例:1Lot新規注文後に建玉を決済した場合は2Lotとなります。 口座を合算しての集計は行いません。 また、両口座でキャッシュバックを受け取ることはできません。 口座を合算しての集計は行いません。 シストレ口座並びにオプション口座の取引量は含みません。 ・対象者抽出時とキャッシュバック実行時のいずれかに証拠金残高が0円以下または、口座解約されている場合 対象者抽出日時などに関するお問い合わせにはお答えできません• ・イタズラ、重複、虚偽のデータ等を用いた不正な申込、契約約款に抵触する等の不適切な取引であると当社が判断した場合• ・口座開設手続きにおいて、手続きに掛かる時間及び書類不備等でキャンペーンが終了してしまった場合• ・口座開設手続きにおいて、当社規定による審査により、口座開設をお断りさせていただいた場合• あらかじめご了承ください。 予めご了承ください。 【マイナンバーの提示について】• 2016年1月1日より開始されたにより、以下に該当するお客様につきましてはマイナンバーをご提示いただく必要がございます。 1年間のキャッシュバック金額の合計が50万円より大きい(50万円は含まない)お客様につきましては、当社より支払い調書を税務署へ提出するためマイナンバーをご提示いただく必要がございます。 当社にてマイナンバーの確認が取れていない場合、確認が取れるまで50万円を超える際のキャッシュバックは行うことができません。 予めご了承ください。 【源泉徴収税額の発生について】• 1回のキャッシュバック金額が50万円より大きい(50万円は含まない)場合は、キャッシュバック金額より源泉徴収税額を差し引いた上でキャッシュバックいたします。 本キャンペーンの場合、100万円キャッシュバックの対象となったお客様につきましては、上記記載のマイナンバー制度に伴いマイナンバーのご提示が必要になるとともに、源泉徴収税額を引いた金額でキャッシュバックいたします。 予めご了承ください。 お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。 法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額となります。 為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。 2Pips (税込)でありスプレッドに含まれております。 お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。 お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。 リスクおよび手数料等について、詳細はをご確認ください。

次の

FXのスワップ投資は資産運用視点で!分散投資は必要不可欠

メキシコペソと地獄の日々

本記事の内容• 昨年の実績は年利回り75%!を達成 FX(外国為替取引)は、昔からコツコツやっておりまして、昨年は1年間で74. 8万円を投下して、最終的に56. 1万円の利益を出しました、年間利回りは75%なので結構割が良い投資になっています。 (いつもご紹介する300万とかのボロ戸建1戸分の利益は出ていますね) 具体的な投資方法とは? 私の運用方法は、いたってシンプルです。 メキシコペソを、基本的にはドルコスト平均法を利用して毎月月末に5万円分レバレッジ5倍で購入し続けるスタイルと、暴落時にスポットで倍購入などを行っていく方式を取っています。 選んでいる通貨は? 対象になる通貨はメキシコペソです。 メキシコペソを選んでいる理由は単純で政策金利がインフレ率よりも高く 実質金利が高いからです。 日本は、ほぼ0金利政策を継続していますから、レバレッジを効かせても日本円の調達コストはほぼかかりません。 メキシコの政策金利は7. 25倍になりますので、1年間購入時とペソが同じ金額のまま推移した場合、配当は72,500円となります。 レバレッジ5倍で調達していた100万に対しては7. 25倍ですが、実際の手元資金は20万しか入れていませんので、投資金額20万円に対して配当が7. 25万になり利回り36. 25%となります。 政策金利だけ見ている場合は上のシミュレーションになるのですが、実際は物価変動がありますので、それを加味しないといけません。 メキシコのインフレ率は3. 77%となっています。 これはつまり1年間で物の値段が3. 77%上昇しますよということで、Aさんが、例えばメキシコで土地を100万円で購入したとします。 1年後、メキシコのモノの値段が3. 77%上昇していますから、Aさんの土地は日本円で103. 77万円に値上がりしています。 今は土地で例えましたが、次の場合はどうでしょうか。 Aさんは、日本円をメキシコペソに100万円分換金しました。 100万円で土地を購入すべきかどうか1年間迷っていると、土地の相場が3. 77%上昇して、1年前にペソにした金額では、購入できなくなってしまいました。 外国為替取引は、円でペソという通貨を買う取引なので、土地の場合とは逆にインフレ率が働きます。 つまり、100万円という日本円の価値が、翌年には3. 77%減額された96. 23万の価値しか無くなってしまいました。 100万円分のメキシコペソで不動産を買えば値上がりが期待できましたが、ペソという通貨で1年間保有してしまったことで通貨価値が下がってしまったのです。 つまり上で説明した政策金利と逆の性質を持っている指標なのです。 なので、実際に配当を受けとれる金利を計算する為には、政策金利からインフレ率を差し引いて実質金利を計算します。 メキシコペソについては、レバレッジ5倍で運用することで実質金利が17. 4%まで伸びてきます。 これを毎月少額毎月購入していくことで、取得単価を平均化して、上の実質金利を受けとれるように均していくというイメージです。 (ちなみに高金利通貨として知られるトルコリラですが、実質金利がマイナスとなっていますので、これを知らずにドルコスト平均法で買いから入ると損失出してしまうわけです。 逆に売りから入ると?という視点で考えていくと…) ロスカットと利益確定のルールは必須! 私の貯金に対するレバレッジを5倍ですが10倍と高めていくと、もちろん年間の投下資本に対する配当利回りが高くなっていきますが、外国為替取引はトレードオフの取引なので、大きな変動時に耐え切れずロスカットされる可能性が高まりますので安全ラインの検討が必要です。 安全ラインについては、5年分ぐらいの暴落幅を検討して、同等の暴落が起きた場合でも十分耐えられると思われる資金量をキープするようにしています。 ここまでの、方法で平均調整していれば、何とかプラスマイナス0ぐらいまでは調整できる状態を作ったうえで、フラッシュクラッシュ時など、相場から大幅に乖離したタイミングで買い増しを行っていくと、かなり高い運用益を生み出すことが出来ます。 そして当初利益目標に設定した金額を達成したら潔く利益確定してください。 買うより売るほうが数倍難しいので、ルールに従うべきです。 昔短期トレードも経験しましたが、欲にまみれて機会を損じ、大きな赤字を叩き出しました。 その経験から、短期トレードは禁止しています。 性格上合わないみたいです、不動産投資に走る方って基本的に短期トレードが苦手な感じの方が多いのではないでしょうか。 (偏見?

次の

地獄からの生還――生きていた行方不明者

メキシコペソと地獄の日々

その魅力のひとつは 高いスワップポイント (スワップ金利) が見込めることにあります。 00%を上回るのです。 81円と仮定) 10円 7. 1円 5. 2円 4. 41円 3. 81円で推移していると仮定して、 10円のスワップポイントを年利に直すと約7. 59%となります。 これはメキシコの政策金利である5. 00%を大きく上回っており、政策金利以上にいいスワップポイントがつく状態となっているのです。 年利7. 59%というのはレバレッジ1倍での計算なので、 レバレッジ2倍だと年利15. 18%、レバレッジ3倍だと年利22. 77%という数字になります。 スワップポイントでこれに続く 2位水準が の7. 1円で、年利に直すと5. 39%程度とこちらも政策金利を上回っています。 メキシコの政策金利などの基本情報や経済・政治情勢に興味がある方は、以下の【参考記事】に詳しくまとめてありますのでこちらをご覧ください。 3銭原則固定 無料 0. 3銭原則固定 無料 0. 3銭原則固定 無料 0. 3銭原則固定 無料 0. 3銭原則固定 無料 0. 3銭原則固定 無料 0. 3銭 無料 0. 3銭 無料 0. 30~0. 70銭(ただし、取引数量によって変化) 無料 0. 4銭原則固定 無料 0. 5銭 無料 平均0. 6銭原則固定 無料 0. 7銭 無料 0. 9銭原則固定 無料(1000通貨単位は30円) 1. 0銭原則固定 無料 1. 9銭原則固定 無料 7. 2銭原則固定をキャンペーンで提供しています。 そして、 、 、 、 、 、 が0. 3銭原則固定となっています。 そんな では と 通常のFX口座開設キャンペーンが実施されています。 このキャンペーンの最低クリア条件は新規50万通貨取引とあって ハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、実はそうでもないのです。 81円で推移していると仮定して、新規50万通貨取引に必要な証拠金を計算してみると9万6200円になります。 新規5万通貨取引だと必要証拠金は9620円で、これを10回繰り返せばキャンペーンの最低条件はクリアできるわけですから、そこまでハードルが高くないと言えるのです。 まずは5000円のキャッシュバックをクリアして、そこから最大50万円のキャッシュバックキャンペーンに取り組んでみるのはアリかもしれません。 キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります) >>> の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください (ザイFX!編集部・藤本康文).

次の