お忙しいところありがとうございました。 「お越しいただき」は正しい表現?ビジネスで使える例文

ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

お忙しいところありがとうございました

「ご対応」の意味と類語 「ご対応」とは「物事に応じて行動する」という意味 「ご対応」の「対応」とは「物事に対して応じるために行動をする」という意味の言葉です。 ビジネスシーンでは主に予期せぬ出来事が起こった際や、前もって決められた予定に対し行動した際に使われます。 「ご対応」の「ご」は接頭語の「御(ご)」であるため、「ご対応」は目上の人へ使う言葉として適切であるといえるでしょう。 「対処」や「措置」は「ご対応」の類語 「ご対応」の類語には「対処」や「措置」が当てはまります。 「対処」とは「ある事柄に対して適切な処置をとること」を意味し、「措置」には「解決に向けて取り計らう」という意味があります。 問題に対する処置を行う際や、解決をしようと行動した際は「対処」や「措置」と類語に言い換えてみてください。 他にも「対応」した内容によって類語を使うことができます。 例えば目上の相手に説明をした場合は「ご説明」を、回答をした場合は「ご回答」を「ご対応」の代わりに使うことができます。 状況や内容に合わせて使い分けてみてください。 「ご対応」の上司への使い方 目上へ対応する際は「ご対応いたします」 自分が対応をする側である場合に「ご対応いたします」が使えます。 「いたします」は謙譲語を使った敬語表現であるため、「ご対応いたします」は目上の人へ使える丁寧な言い回しとなります。 自分が目上の人に対して、物事に応じるための行動をとる際に「ご対応いたします」と使ってください。 「ご対応させていただきます」は使い方に注意 「ご対応いたします」と同じ意味を持つ「ご対応させていただきます」は使い方に注意が必要です。 「させていただきます」は敬語表現ではあるものの、相手の許可を得てから行動を起こす際に使える言い回し方です。 例えば相手から「対応してほしい」と依頼を受けた場合に「対応させていただきます」と使うことができます。 相手からの依頼ではない場合や、許可をとっていないことに関しては間違った敬語表現となるため注意して使ってください。 「ご対応いただきありがとうございます」は対応へのお礼 「ご対応いただきありがとうございます」は対応してくれたことへのお礼の言葉となります。 「~してもらう」の謙譲語である「~いただき」に目上への感謝を表す「ありがとうございます」を加えた「ご対応いただきありがとうございます」は目上へ使う敬語表現として適切であるといえます。 ビジネスメールにも「ご対応」が使える 話し言葉としてだけでなくメールや手紙の書き言葉として「ご対応」は使えます。 こちらからが依頼した内容に対して相手が対応をしてくれた際、早急に感謝を伝えるのであればメールが適しています。 話し言葉と違い声色や表情で相手の感情を読み取ることができないため、直接会話をするときよりも丁寧な言葉使いを意識してください。 「ご対応」を使ったお礼の例文 「早速のご対応ありがとうございます」の例文 相手に対応してくれたことに対する感謝を伝える際に「早速のご対応ありがとうございます」が使えます。 例えば急な依頼にも関わらず対応してくれたことに感謝をする際は「急な申し出にも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」となります。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」の例文 急な依頼に対応してくれたことに対してお礼を伝える際の言い回しとして「迅速なご対応をいただきありがとうございます」という言葉もあります。 「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」の例文 対応してくれたことに対し感謝を伝える際に使える言葉の1つに「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」という言い回しがあります。 「お忙しい中」を使うことで相手への気遣いを表現することができます。 例えば「先日はお忙しい中ご対応いただきありがとうございます」となります。 まとめ 「ご対応」とは物事に応じて行動を起こす際に使われる言葉で、目上の人へ使える敬語表現です。 相手が対応をしてくれた際には「ご対応」の前に「迅速な」や「お忙しい中」と付けることで相手への気遣いを表すことができます。 対応の内容によっては類語に言い換えることができるため、状況によって使ってみてください。

次の

「お忙しいところ」の正しい使い方|電話やメールで使える例文・類語表現

お忙しいところありがとうございました

「お越しいただき」の意味は? 「お越しいただき」の意味は「来てもらう」 「お越しいただき」は、相手に来てもらうことを丁寧に表現した言葉です。 相手が自分のところへ来たことを「お越しいただいた」と言います。 お客様が自分の会社に来たときなどに「お越しいただきありがとうございます。 」と使うことが多い表現です。 「お越しいただき」は謙譲語 「お越しいただき」は、「来る」を表す「お越し」と、「~してもらう」を表す「いただく」に分けられます。 お客様に「来てもらう」のは自分ですので、自分がへりくだった表現である謙譲語を使います。 「お越しいただき」と「お越しくださり」の違い 「お越しいただき」と似ている表現に「お越しくださり」があります。 どちらを使うべきか迷う方も多いかもしれません。 ここでは両者の違いと使い分け方を解説します。 「お越しくださり」は尊敬語 「お越しくださり」は、「来る」を表す「お越し」と、「くれる」を表す「くださる」に分けられます。 お客様が「来てくれる」ことを表していますので、お客様を持ち上げる尊敬語を使います。 「お越しいただき」と「お越しくださり」の使い分け 「お越しいただき」、そして「お越しくださり」は、相手が自分のところへ来るという同じ内容を表しています。 ビジネスでよく利用されている「お越しいただき、ありがとうございます。 」と「お越しくださり、ありがとうございます。 」は、どちらを使っても正しい表現です。 厳密にいうと、「お越しいただき」は「私が来てもらう」という謙譲語で、「お越しくださり」は「お客様が来てくれる」という尊敬語です。 主語が「私」か「お客様」という違いがあります。 自分がお願いして来てもらうときには「お越しいただき」を使うとよいでしょう。 覚えておきたい「お越しいただき」を使った例文 「お越しいただき」は、挨拶やお礼のメールなど、ビジネスのいろいろな場面で利用されています。 よく使われるフレーズで覚えておくと便利です。 ここではよく使われるフレーズを紹介します。 「お越しいただきありがとうございました」が基本 「お越しいただき」を使った表現で多いのが、「お越しいただきありがとうございました。 」です。 来ていただいたときの最初の挨拶や、ビジネスメールでお礼を伝えるときなどに利用します。 先日は弊社までお越しいただき、ありがとうございました。 天候が悪い中、こちらまでお越しいただき、ありがとうございます。 「お忙しい中お越しいただき」を使った例文 「お忙しい中お越しいただき」も、よく利用される表現ですので、覚えておくと便利です。 本日はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございます。 先日はお忙しい中お越しいただき、大変感謝しております。 「遠路お越しいただき」を使った表現 「遠路お越しいただき」や「遠路はるばるお越しいただき」も、よく利用される表現です。 遠方から来たほうが、来るために多くの時間や労力がかかっています。 より丁寧にお礼の言葉を述べるために「お越しいただき」は適した表現です。 本日は遠路はるばるお越しいただき、誠にありがとうございます。 「お越しいただきたい」ことを伝える例文 「お越しいただき」は、来てもらったことに対する感謝の気持ちを伝えることが多いです。 「来てもらいたい」という気持ちを伝えるときには、疑問文にするなど、少し言い回しを変えるといいでしょう。 弊社までお越しいただけますでしょうか。 直接会場にお越し願えますか。 「お越しいただき」の類語や言い換え 「お越しいただき」は「おいでいただき」や「ご足労いただき」に言い換えて使うことができます。 それぞれ例文で紹介します。 「おいでいただき」に言い換えた例文• 先日は弊社までおいでいただき、ありがとうございました。 本日は遠路はるばるおいでいただき、感謝しております。 「ご足労いただき」に言い換えた例文• 先日はご足労いただきまして、感謝しております。 わざわざご足労いただき、恐縮です。 「お越しいただき」を英語で表現すると? 「お越しいただき」は英語で「all the way from」 「all the way from~」で、「~からお越しいただいた」や「~からはるばる来てくれた」という意味になります。 例えば「Thank you very much for coming all the way from Japan. 」は、「日本からお越しいただきありがとうございます。 」と意訳できます。 「way」は「道」や「方法」を表しますので、日本から来るための道のりや方法、行動などすべてに感謝しているという表現です。 まとめ 「お越しいただき」は、感謝の言葉といっしょに使うことの多い敬語表現です。 感謝の言葉をつかいこなせるようになると、ビジネスで信頼関係を築きやすくなるかもしれません。 ぜひ、本記事を参考にして、「お越しいただき」や言い換えた表現を使ってみてください。

次の

素早い対応への感謝の表現「迅速な対応、ありがとうございました」の応用パターン

お忙しいところありがとうございました

"To-Take-time-out " means that someone has specialy chosen to make time for you even though they had other things to do during that time. We can also use "I appreciate" which means that you understand the hectic schedule that the other person has and that you are truly grateful and thankful that they have chosen to help you instead. I really appreciate your time, I know you are very busy. 私はあなたの時間を本当に感謝します、私はあなたが非常に忙しいことを知っています。 You can let the person know that you value their time, even though they are busy. Value is another word for appreciate. Thank you for helping me despite your busy schedule. 忙しいスケジュールにもかかわらず、私を助けてくれてありがとう。 To thank someone is to express gratitude for something they have done. "Thank you for your honest effort" または、 "Thank you for your hard work"と言うこともできます 彼らの仕事が「正直」であったことを人に伝えることは、聞いてもらってとてもいい言葉になります。 「これらの箱を運ぶのに貴重な時間をとってくれてありがとう」 「私のためにその論文を編集する貴重な時間をとっていただきありがとうございます」 「休暇中に私の犬に餌を与える貴重な時間をとっていただきありがとうございます」 この表現はとても丁寧に聞こえます。 If your colleague is always busy, then a short and concise message is all that may be appropriate. You simply acknowledge that he has helped you by saying thanks. Such messages could even be said as you pass each other in the corridor, or come across each other briefly in the lift - or even the washroom! Someone who is usually very busy with one's own tasks, may hardly find time to help someone else who is similarly inundated with a lot of work. Its a difficult decision to make to temporarily abandon your equally urgent tasks in order to help another person. So, if you get such a favor from someone, you may say: Thank you so much for according me your time despite your busy schedule. or Thank you so much for helping me out even though you are very busy. or Thank you so much for according me your time out of your busy schedule. 大体みんな自分の仕事で忙しいけれど、その合間を縫って手伝ってもらった時はお礼を言いたいですよね。 相手も同じように重要な仕事を抱えている場合は、手助けをすることがとても難しいと思うので、そんな状況でも助けてもらった場合はこのような表現が使えます Thank you so much for according me your time despite your busy schedule. (忙しい中、私の事を手伝ってくれてありがとう) Thank you so much for helping me out even though you are very busy. (忙しいのに手伝ってくれてありがとう) Thank you so much for according me your time out of your busy schedule. (忙しい中私のために時間を使ってくれてありがとう) 1 Thank you very much for your time despite your busy schedule. は"despite"をつかった「〜にもかかわらず」を使用した表現です。 例えば、Thank you for assisting me today despite your busy schedule. 「今日はお忙しいにもかかわらずお手伝いいただきありがとうございました。 」など。 despite your busy schedule「お忙しいにもかかわらず」を口頭ではなくどちらかといえばメールや書面で表す表現です。 2 例えば Thank you for your taking your precious time for the interview today. 「本日は面接にて貴重なお時間をいただきありがとうございます。 」というようにこちらもビジネスでよく使います。 お手紙やメールでも使えます。 Sincerely means genuinely, and shows that you really do feel this way. You could also use the word 'truly', which would mean the same thing. ''I am truly grateful for your effort on my behalf. '' Appreciate means to recognise the value of. In these examples, you are making it clear what you are thanking the other person for their time. You could also use the word 'precious' or 'valuable' to describe their time. ''Thankyou for donating your valuable time to my project'' ''I know your time is precious, so thankyou. '' "Sincerely"は「真心を込めて」または「誠に」という意味で、「敬具」と同じように使います。 " (私のためにお力添えいただき、誠にありがとうございます。 " (プロジェクトに貴重なお時間を割いて頂き、ありがとうございます。 " (お忙しいのに、ありがとうございます。

次の