アシガール 90。 アシガールSP続編ドラマ放送理由は原作漫画が完結?結末ネタバレは?|vodが大好き

アシガール 90話ネタバレ感想 13巻を無料で読む

アシガール 90

前回79話のあらすじおさらい 成之を想う阿湖姫は夜更けに成之の部屋へ向かいます。 唯のように足軽の格好をした阿湖姫の姿に成之は驚きを隠せない様子。 なぜ阿湖姫がこのような格好で来たのかというと、唯を思い出し、一緒に成之と逃げたいと思ったから。 成之は貧相な生活になろうともかまわないという阿湖姫を諭すが、阿湖姫は自分の意思を決して曲げません。 そんな阿湖姫を見て、成之は納得し、翌日義次と忠高に許しをもらうと阿湖姫に伝えます。 しかし、阿湖姫の声が大きかったせいで緑郷の皆は実は目を覚ましていて話を聞いていたのです…!! 翌朝、義次と忠高はふたりの関係を認め祝福をしました ようやく一緒になれた成之と阿湖姫。 2人が結ばれたことがかなりうれしいと言うファンもおおいのでは?! では80話はどうなっているのでしょう?! 目次• アシガール最新80話・ネタバレ・あらすじ ココハナ 12 アシガールSP 撮影だよりが載ってます。 現世でおにぎりやらポテチやら目いっぱいの食料を持ってきたものの、緑合までには4日あれば着くはずなのに 追手に追われ食料は底をついてしまった…。 ひもじい思いでお菓子の袋に残った粉を食べようとする唯。 忠清の前ではやせ我慢するも、お腹が鳴ってしまい忠清に笑われてしまう。 こんな切羽詰まった時でも余裕のある若君…最高過ぎますね。 「そんなにお腹減ってない」といった瞬間にお腹を鳴らす唯に「うそを申せ」と笑いかける若君…。 かっこよすぎます…。 そんな忠清の笑顔を見て、 男勝りな唯は、いつかは若君に甘えたいとぼんやり考えるのでした。 体力も限界に近い3人ですが、翌日は朝から雨に打たれるのでした。 もちろん傘もなく凍える唯。 そんな唯を後ろからそっと抱きしめる忠清。 唯 こんなところでったぬきやふくろうや悪丸が見てますのにっ 忠清は雨に濡れた唯の体力を減らさないよう温めてくれていました。 も~~かなりキュンキュンしてしまいますね! 今回の話も若君の行動にはかなり痺れてしまいます…。 ドーパミンでまくっちゃいますよ笑 そんな抱き合う2人の近くには悪丸が。 悪丸とも長い付き合いだったなぁと思い、唯はノリで「寒いでしょ、悪丸もそばにおいで」と言ってしまうと… 忠清と唯と悪丸が3人で抱き合うといったなんとも不思議な構図に笑 内心失敗した…と思う唯でした笑 その後、御月家の所領である縁合に着いた3人。 羽木家は3人の帰還を大いに喜びます。 追っ手から逃れられたのも唯のおかげだと言う忠清。 羽木家から感謝され、家族として再度認められる唯。 しかし羽木家の伯父からは、「奥方をお連れになると聞いたが…」と言われ始める。 唯の格好があまりにもお姫様らしくないので、親戚は誰も唯が妻だとは思ってないんですね笑 そんな状況を理解した羽木家の親族のおじいさんが爆弾発言。 「我等が若君はこの暴れ牝馬 メスの馬 にしか乗ろうとなさらぬ」 物凄い下ネタぶっこんでキターーーーーー笑 忠清「…やめぬかじい」 と、クールにあしらう忠清。 伯父さんは状況を理解し、城に人が増え手狭になっているので館を建設中だと伝える。 そして一言。 「間もなく完成しようその館えお二人の新居にと思うての。 それまでご乗馬はしばし我慢じゃぞ忠清様」 またまたぶっこんでキターーーーー笑 次回こそ!次回こそ、第4回目の閨 ねや チャレンジだと意気込む唯。 次回にやっと唯と忠清が結ばれそうな予感がします笑 漫画「アシガール」を全巻無料で読むには? 漫画をネット上で読める方法はいくつかありますが、課金せずに無料で読みたい!という方は、以下の点から をおすすめします。 ・無料キャンペーンの期間が1番長い ・無料登録項目の記入が簡単ですぐ終わる ・解約がワンクリックでとっても簡単! ・動画・電子書籍の作品数が最も多い ・成人向けコンテンツも無料で楽しめる U-NEXTは動画配信サイトですが、漫画や雑誌もかなり充実! U-NEXTの作品は大きく分けて『見放題作品』と『ポイントレンタル作品』の2種類に分かれるのですが、今なら 無料登録したと同時に600ポイントがもらえます!利用すると無料で『ポイントレンタル作品』を見ることが可能となります。

次の

[ アシガール ]

アシガール 90

アシガール 第98戦 はココハナ 2020年8月号に掲載されます。 第97戦のネタバレまだ書いてなかった! うわ!もう23日! 6月27日ってもう今週土曜日やん! (今回早売り、もしかして金曜日??) ネタバレ書くのは時間かかるので、もう、さっと次の予想書いてしまう! あくまで希望的予想です! 前回は、なんで唯が戻ってくるのがこれくらいかかったのかってお話でほのぼのでしたが、そう言う回の後、また何かしらありそうな気もするけど、 今回とっても違和感というか、新しく感じたのは、 季節が反対ってところ!私たちの世界と! これまで、あれ?いつの間に夏?ってことがあって、まあ、それくらい期間経ったかな?て感じで、読んでいる私たちの季節に合わせた感じの季節になってて、でも実際の話ではそんなに何ヶ月も経ってないから実は変だったこともあったと思うんだけど、 今回、「冬」らしいんですよね。 前々回の扉絵も、クリスマスだったり、でも、それは夢で、唯が「寒い」って言っておきたらエアコンが寒かったって言う。 なんか、現代で夏だったところから4ヶ月経ってちゃんと冬になってるんですよね。 次「8月号」なのに! で、思ったのは、これはきっと戦国の季節がちゃんと意味があるんだと思ったんです。 安易に読者の季節に合わせてはいけない理由が。 それが、唯の「妊娠、出産」ですよね! まあ、ちゃんと安産で生まれてくれると思うけど、やっぱり初産は心配ですよね。 それにしても、戦国で、姉弟もおそらくあと20日くらいは一緒にいるところで、若君と唯はラブラブマタニティ期間ってことで、まだまだ幸せ〜で笑える展開が希望です! もう一つ気になってるのは、 阿湖姫と成之夫妻のところの赤ちゃんです。 なんか、阿湖姫の結婚式の準備で着替えてるとき、食欲がないとかつわりかな〜、まさかな〜みたいなところあったけど、あれは特に意味なかった? …とは思えなくて。 唯が久しぶりに若君のために山越えしてる時に「身が重い」つてモノローグあって、 実は妊娠してたってのも、ちゃんと暗示してくれてたのであって、梢子姉様のヒントだったんだと思ってので。 私も初産の時の出産前は、みんなに大事にしてもらって、それまで働きすぎてたけど、自分一人の体じゃないからって、健康に気をつかって大事にしてたなー。 時々お腹が張って、いよいよってときは幸せな1ヶ月でした。 そして、出産でようやく子どもの顔が見れたときは、本当に安心して嬉しかったな! まだそんなにいきなり生まれないかな〜と、この期間はこの期間で大事にしてほしい! 確か久くんの出産予定が3月とかだったので。 まあ、それより、前々号で初登場した、「信長」がどーなるかだよね! 唯のこと「ゆいのすけ?」って面白がってたので、どう絡んでくるんかな〜! そこまで恐れ多い感じではなく、唯が太々しいので笑える感じかな〜 クマもいつもニコニコしてるし、平和で良かったよね。 尊にはロマンスはないのかな〜? 14巻から尊の戦国奮闘記って一面もあるので、手紙の思いつきでタイムマシンの燃料貯めるのも解決しちゃうし、ほんまに天才だよー!(唯のお父さんも頑張った!) ま、とにかく、457年と4ヶ月の時を超えて、やっと再会できたんだから、思う存分、若唯にイチャイチャしてもらいたいな〜! 尊が焦る感じで〜! アシガール の再放送、早くに情報は掴んでいたものの、ずっと前の放送の録画を残していて特にまた録画予約しなくても良いやって思ってたら中々見れなかったのですが、 ようやく録画してみました。 確かに。 みなさんが言われてる通り、 はじめに色々ネタバレしすぎかと。 おさらいは良いですよ。 私みたいに久しぶりに途中から観た人でもよくわかるし。 でも今から放送する内容を何で先にバラすんですかね? あらすじがわかってからでないとよく内容が掴めない伝統芸能でもないし、オペラでもあるまいし。 最後にまとめるなら良いけどさ。 と、笑ってしまいました。 どうせなら、 最後のまとめに原作漫画の若君さまの画像とか、 こないだのステラみたいに出してくれたら、 昔から見てるアシラバさんも改めて見ますよ! 自粛期間も、デジタルで原作連載を麗しい若君を描いておられる梢子姉様にとっては、 別段変わった生活ではなかったそうな。 まさに、時代の最先端、テレワークを熊本でされていたわけですね! 最近本を読む時間を作るようになって、 戦国武将の図鑑とか、 お城の詳しい解説とか、色々お勉強しています。 高校でも日本史なかったので、いつも大河ドラマもちんぷんかんぷんなんですけど、 アシガール 好きが高じてこんなことに。 笑 アシガール 第98戦 勝手に予想します! 梢子姉様ももう書き終わられた頃ですよね。 それにしても、戦国時代にタイムスリップする漫画、いろいろあるけど、 姉弟で戦後に同時にいるってのは初めてじゃないかな? (犬夜叉は、いぬやしとかごめが現代にいることも(なにせ行き来自由だったし)よくあったし、 信長コンチェルトは全然知らない現代人が戦国で会うパターンはあったけど) 子供2人が戦国に行っちゃうって。 そもそも、自分で発明したタイムマシンで戦国行っちゃって、なかなか帰れないパターンとか、 まぁ、とにかく斬新ですよ! それにしても、今回、おそらく判明するのは、 あの手紙がどうやって唯に渡ったか、 (木村先生の反応が見たいよね) タイムマシンは誰が作ったのか、 (猿でもつっても唯には無理な気がするにゃ) もしかしてタイムマシン、現代で発表されてすごい騒ぎになっとったりゃしないか、 なんで満月の日に来なかったのか、 あと、唯はどこまで知ってんのか、 (子供7人とか、若君の人生とか) 12巻とか読んでると、 本当にいつか、実母とお袋様が会えるような気がするし、 2人でハワイも行けちゃったりするんじゃないかと思ったりするけど、 …どーなんかな〜。 あと、ずっと、 若君が戦国に持っていった唯の写真、 いつ小垣の古戦場の近くで落とすのかなとか思ってたけど、 もうそれは無いのかな〜。 タイムスリップとかしてるときに物を持っていくと、なんかややこしくない? 落とした写真は戦国からずっと現代で発見されるまで土の中とかにあって、 でもそれ撮るのは現代の唯がインターハイで優勝したときで、 そこから1年ほどは現代に2枚あったわけで。 ドラえもんとかだと、過去ののび太や未来ののび太と本物ののび太が会って話したりするけど、 アシガール では時代が離れてるから会わないようになってて、 でも、歴史が変わるってことであとから発見されたりしたから。 でも、すごい歴史上の有名人とかではないから、まだわかってなかったこともたくさんあってってことで矛盾は起きてないのです。 そもそも架空の人物ですが。 で、結局、黒羽城が炎上するってのはどうなるのかとかね? 12巻で一度終わったときには、あえてそういうとこまで書かれなかったので、(続編も決まってたし)、 この続編でまた歴史上超有名な信長が、とうとう出てきてしまって、 やっぱ歴史が変わるってことになるのか、 この辺、本当に難しいよね。 でもね、 私は面白ければ良いんですよ。 ここまでうまいこと、 天才尊が色々、少しずつ発明していって、 不可能を可能にしてくれたり、 ひらめきで解決してくれたので、 本当にこのお話は尊がいてこそだったので、 今回、尊が戦国でヘタレからだんだんたくましく成長していくのが見られて、 ほんと良かったです。 (唯はしょっぱなから逞しくて、 およそ「漫画のヒロイン」ではなかったけど)笑 若君がね。 最高に麗しいし、 可愛いし、 色気もあり、 守ってあげたいし、 男前だし、 カッコいいし、 優しいし、 適応能力ありすぎだし、 おなごの好みが少々奇抜と思われても一途だし、 戦国時代も現代も ずっと見ていたい… ! (若君を讃えだすと終わらない…) だから、もうなんでも良いんだけど、面白いんだよね、お話が! 最高ですねー! こないだからコミックを全巻読み返して、 また泣いて 吹き出してました。 本場 熊本から アシガール アマビエ お送りします。 森本 「シャ! この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた。 弘化 3年 4月中旬( 1846年 5月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。 姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。 その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より 6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。 私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。 」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。 (仕事だったので) 昼休みに買いに行ったら、 あと二冊しか残ってなかったですよ! みんなさすがによく知ってますね〜! 付録のイラスト集目当てなので、 サッと見たけど、 ちゃんとB5版で、 も〜…とっても素敵でした! こりゃ、みんな紙で買うわ、今月は! って感じですねー! この14巻のカバー別案ってのがあって、 うそ!めっちゃ素敵! イラスト集で拝めて本当に感謝!ですよ。 これもあった。 コミックスのカバーは、基本割とちゃんと絵が見れるから良いのだけど、 ココハナ の表紙とか、 めっちゃ字が周りにあって絵が邪魔されてるから、 本当にこのイラスト集で完璧な若君たちが見られて幸せです! 尊もいた。 最近見てない、兄上も。 阿湖も。 コーラス時代の唯とか!(アシガール 予告) 現代若君も4カット 甲冑若君も3カット 吹雪と2カットも素晴らしい! あーアレはなかったな〜直垂若君! でも、かなり欲しかったカラーイラストが入ってて大満足です!!! カレンダーと重なってるのもあるけど、 これはこれで良いから! 毎晩眺めてから寝よう! おすすめの漫画はもちろん「アシガール 」です。 ココハナ 5月号のネタバレを書く前に、もうすぐ6月号の発売日なので… でも、もう皆さん、当然14巻買って読んでらっしゃいますよね? ここは1ヶ月かからずコミックスになってくれたので、ネタバレいらないですよね〜! もう、アシガール は勝手絶対に損はないので! 特にコミックスは買うべきですね! ココハナ も、アシガール のためだけでも買うべきです! なんせ今回はアシガール 付録ですからね! 念願のイラスト集、30点も載っているそうです! B5版で欲しかったけど。 第二弾を待ちましょう。 で、 タイトルの6月号予想ですが、 予想というよりもう確実に! 唯が戻ってきたんですね!! なんと14巻の7戦分、ずっと唯と若君が離れ離れで(代わりに尊がおったけど (尊は若君といつも一緒でずるいよね!! 唯なんか戦国でもかなり離れ離れだったし! 本当に2人一緒に入れたのって、 現代に2人で逃げた時くらいじゃ…?)) 長かったけど、ここでようやく再開!なはずです! その理由 1 読者の我慢も限界! 2 若君が再婚のピンチ!(いつもいつもホントに!) 3 妊娠でお腹が大きい間に帰らないと、ひさくんと帰れない! 4 尊の手紙400年後に送る作戦、 なんとしても戦国に帰る気でいる唯が頑張るに決まってる! 燃料貯めるのに2ヶ月!最短でぴったり! 5 小垣にいるクマと一緒に若君に会いにくると言えば 6 「縁談って誰の?」 はもちろん、唯のセリフだよね! それに反応して家来が「あ!!!」 て叫んでるわけで。 というわけで、その後の展開予想ですが。 … 唯が信長がいるのに若君に会いに行って縁談を止めるのは、もう当然だよねー! その勢いはきっとすごいはず! (でもお腹大きいんだから、気をつけて!) 信長もお腹大きい唯を隠してたのなら納得するだろうし、 ここから個人的希望的予測だけど、 信長、顔出したからには、まぁまぁ面白い人でいて欲しいので(史実はともかく)、 唯は気に入られるんじゃないかな〜! 若君と同じで面白がりそう。 そんで、現代のこと知ってる2人はますます重用されちゃうんじゃない? まあ、歴史を変えるほどじゃないけど、 新しい時代の考え方と言うか。 とにかく、間違いなく唯が戦国に戻って7人産む展開は、もう疑わせないでください!とお願いしたい! 尊も、ちょっと逞しく成長したので、 電池の発明とか、信長に気に入られそう。 (歴史を変えない程度に上手いこと) 皆さんご注意 28日になった瞬間にアシガール の続きを読みたい人はこちら(電子版) だけど、付録も欲しいなら、こちら 私は、最近付録ない時は紙ゴミ削減のため電子版でしたが、今回は紙版(神版!) を書店に買いに行きますよ! 10時に開くか調べておこう! (ちなみに多分1日早く読めるはず!) 電話して聞いてから行こう!と思ってます。 で、イラスト集が保管用も眺めるようも欲しいので2冊買うか悩んでます。 そんな人がたくさんいて本屋で買えない人が出てもかわいそうだな… どうしよう… そう言えば、14巻収録のこの「457年後への手紙」作戦 ちょっと気になってたんだけど これって永禄の4 1561年 から現代2020年につて計算なんだと思うけど、 あれ?永禄6年?(1563年?)てか、 アシガール の連載始まったの2012年だから、 何度かもうややこしいことになってるんだよね… (尊も「令和」のお姉ちゃんと言ってるし) 唯が戦国と現代(連載当時は2012年だから平成24年?)とを行き来してる間に、はじめは1ヶ月後の満月で戻ったり、なかなか戻れず何ヶ月か経ってたりしたんだけど、それでも実は大して出会ってから年数経ってなくて、唯はまだ18歳くらいだと思うんだけど(若君は20歳?) 連載の方はもっと時間が経つので、ずれていってしまうのですな… まあ、いいんだけど。 それにしても閨チャレンジ成功までよく頑張ったな〜唯!(笑) この数ヶ月、本屋も行かず、息子の入試合格を祈願してたのです。 もう持ってるから良いけど、 金曜22時放送ってのが嬉しいですね! 昇格した感じがします! イラスト集、本当に楽しみです!!! こんな描きおろしもあるなんて! 感謝します! 14巻の感想は、また書きます!.

次の

アシガール【90話】ネタバレ!戦国時代で小姓生活が始まる尊│シロカミエンタ

アシガール 90

アシガール91話ネタバレ 若君たちは移動を終え、東村上の本陣に到着していた。 尊は途中で力尽き、担ぎ上げられていた。 迷惑かけてすみませんと謝る尊に、源三郎たちが、ちゃんと飯を食わぬからだと叱っていた。 父上に報告しなければと、若君が向かった先はお寺だった。 「ここが本陣?ここに泊まるんですか?」と尊が聞く。 一日で終わるはずだった戦が長期戦になったため、本隊を移して来たと若君は答えた。 尊は、唯がムサい足軽おっさんの尻を見ながら地べたに寝たと言っていたので心配していたのだ。 そもそも足軽と若君の小姓ではスタート位置が違うんだな、やっぱり戦国は武士だよねと思う尊なのだった。 「父上、志喜殿」 若君は戻ったことを伝えた。 父が唯の心配をしていたので、大事ございませんと若君は言った。 暑さの中無理をしたようだが、休養するれば回復すると伝えた。 志喜は、唯の働きがなければ皆命を落としていたかもしれない、この御恩は忘れないと頭を下げ、唯の回復を祈った。 城攻めはどうなったのかと若君が話すと、明朝にも全軍で一気に攻め込むことにすると父は決めていた。 しかし、若君は、それでは民が巻き添えになると苦言を呈した。 城内の兵糧も少ないため、餓死するものも出てくると志喜は言う。 どうすることが良いのかわからない状況の中話し合いは続いていたが、そこへ尾張より援軍が到着したとの報告が入った。 高山宗鶴殿、宗熊殿が来たということなのだが、皆は急なことに驚いている様子だった。 尊は羽木の宿敵だった高山父子が来たのか、羽木家が御月家になったこと知らなくてとこれはマズイのではと事の重大さに慌て始めた。 志喜たちは、援軍を頼んだ覚えはないと二人に帰ってもらおうとするのだが、二人は村上城を作った自分たちが知恵を貸したいとやってきたのだった。 すると、話をしているとすぐに御月側に羽木がいることに気が付いた。 志喜にそのことを大声で伝えようとしたが、その前に体に電撃が走り宗鶴は倒れた。 後ろでは、パチンとでんでん丸をサヤに納める尊の姿があった。 若君は「いいね」と尊に合図をしてみせた。 夜になり目を覚ました宗鶴が、御月などと名乗りおってと起き上がった。 そこへ忠高がやってきた。 宗鶴は、「武士の誇りよりも大事なものがある」という忠高の言葉に「もしやアレか?」と若君と唯が結ばれたことを悟ったのだ。 その頃、皆が寝静まったところでは、「うわああああ!!」という尊の大声で源三郎が何ごとかと起きあがった。 「虫ですー!」と叫ぶ尊に呆れる源三郎たち。 サービス名 特典・ポイント 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 電子書籍購入で20%のポイント還元。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 (動画は1500円分)10%のポイント還元。 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 継続で毎月1200円分のポイント付与。 最大40%ポイント還元。 会員登録無料で登録すると半額クーポンが必ずもらえる。 ポイント還元や来店ポイント付与あり。 期間限定で無料作品、特価作品が増えることも。 会員登録無料で半額クーポンがもらえる。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 期間限定で100%割引も。 動画配信サービスは月額制ですが、初回は無料でお試しができるので無料期間中に解約をすればお金はかかりません。 しかしポイントはそのままもらえるので、ポイントで好きな漫画を読むことができちゃいます。

次の