鼻血 が 頻繁 に 出る。 子供の鼻血の原因と対処法は?2歳頃の幼児は頻繁に出やすいの?

鼻血:医師が考える原因と対処法|症状辞典

鼻血 が 頻繁 に 出る

(岐阜ラジオ(AM1431)の番組「岐阜医師会ラジオホームドクター」 平成18年12月14日放送) 俗に鼻血と呼ばれる鼻出血はいろいろな原因で起こります。 一番多いのは単純性鼻出血で全体の8割にみられるものです。 これは、鼻を強くかんだり、鼻をほじって傷をつけたりなど、鼻の粘膜を刺激して起きます。 鼻の入り口付近1~2cmの「キーゼルバッハ」からの出血です。 ここは毛細血管が集合しており、粘膜も薄いため出血しやすいのです。 子供さんの鼻出血はほとんどがこれにあたいし、座って指で鼻をつまんで圧迫していただくと5分ほどで止まります。 鼻にティッシュを詰め込むことは、傷をひろげることもあり、おすすめしません。 また、鼻出血を繰り返す子供さんはアレルギー性鼻炎や蓄膿症を合併していますので要注意です。 鼻がムズムズしたり、詰まって苦しいと、どうしてもいじりますので、「鼻を治して~」というサインだと思ってください。 次に動脈性出血があります。 中高年で特に高血圧の人に多くみられます。 鼻腔の後ろの方にある「蝶口蓋動脈」など、太い血管が動脈硬化で血管壁がもろくなり起こります。 出血は激しく、鼻からだけでなく、口からもあふれるほど大量に出ます。 この場合はタクシーや救急車で一刻も早く医療機関に受診してください。 私どものクリニックにも、年に何人かがタオルで真っ赤にして来られます。 出血している血管を見つけ、レーザーや電気メスで焼灼します。 なかにはそれでも止血せず、入院施設のある病院に行っていただくこともあります。 高齢化社会になり、近年、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の治療薬である「抗凝固薬」を服用されてみえる方が多くみられます。 血液をサラサラにして血栓をつくらないようにする大事なお薬ですが、鼻出血は止まりにくくなります。 たいてい大出血を起こす前に、予兆として、小出血を繰り返しているようです。 この時点で近くの耳鼻科で止血処置を行っておけば、大変な思いをしなくてもよいケースも多くありますので、早めの受診をおすすめいたします。

次の

寝不足な時や疲れが溜まった時に鼻血が出るメカニズム

鼻血 が 頻繁 に 出る

鼻血がひんぱんで、しかも毎回、片方の鼻ばかり鼻血が出るときには病気の可能性があります! 病気でない場合に考えられるのは、クセで同じ方の鼻ばかりいじってしまっている場合です。 とくに一度かさぶたができると、それをはがしたくて何度も鼻をいじってしまうことがあります。 これは、同じ方の鼻ばかり出血する原因になりますので、かさぶたはいじらないようにしましょう! 慢性副鼻腔炎と鼻血 命にかかわるほどではないもの、不快感が高いのが慢性副鼻腔炎です。 蓄膿症という一般名称がよく知られています。 蓄膿症のもともとの原因は風邪やカビなどで、細菌が体に入って炎症を起こし、膿が出来た状態を指します。 膿が出来るほど鼻の内部の状態が悪いと粘膜も弱っており、そのせいで鼻血が出てきます。 蓄膿症では、鼻血と一緒にどろっとした感じの鼻水が出てくる、普段から鼻づまりがひどいなどの症状も見られます。 上顎洞癌(じょうがくどうがん)と鼻血 片方の鼻ばかり鼻血が出る症状で、特に注意したいのは上顎洞癌 じょうがくどうがん です。 これは口の奥、奥歯から鼻につながる部分にガンが出来る病気で、ポイントとなるのは上顎洞の片方にガンが出来ることです。 鼻にほど近い部分、そして片方だけにガンが出来ることで片方だけの鼻血を引き起こす、頻繁に鼻血が出やすくなるといった特徴を持っています。 また、ガンが出来た部位に近い部分では症状がみられやすく、目が疲れやすい、歯が痛むなどの症状もあれば、早めに病院を受診した方がよいです。 片方の鼻のみから鼻血が出る場合に考えられる病気には、慢性副鼻腔炎や上顎洞癌などがあり、そのほかに何らかの症状も出ているなら病院へ行くのがふさわしいです。 なお、上顎洞癌の場合は外科手術が基本的な治療となります。 鼻を焼くのが治療??鼻血が出やすい方におすすめのレーザー治療! 鼻血がとても多いときに考えたいのが、鼻出血のレーザー治療です。 小さいころから鼻血が出やすくて困っている、という方や、花粉症での鼻血に困っている方には、おすすめの治療法です。 鼻血の出やすさは体質もあるので、体質的に鼻血が出やすい人は、レーザー治療を考えてみてもよいでしょう! 鼻の血管を焼く治療 レーザー治療は今や医療・美容分野では欠かせない存在です。 脱毛にもレーザーが使われることがあります。 鼻血の治療の場合には、鼻の中でも血管が特に多く鼻血の原因になりやすいキーゼルバッハ部位という場所を、レーザーで焼きます。 すると、血管が焼かれて血が出にくくなるので、鼻血の治療として焼くのが有効と言われています。 なお、レーザーの他に電気や硝酸銀で焼く方法もあります。 費用は2700円くらい 鼻の血管を焼いて鼻血を出しにくくする治療は、健康保険の対象となっています。 鼻腔粘膜焼灼(しょうしゃく)術という名前で、3割負担の場合は2700円 片方の鼻 が目安です。 両方の鼻なら5400円の治療費です。 また、そのほかに初診料や再診料がかかることもあるので注意してください。 麻酔が効いたことを確認できたら、次にレーザーで鼻の粘膜を焼いて終了です。 麻酔を染み込ませたガーゼを入れるところから数えても、20-30分程度で終わる手術です。 鼻の粘膜にある血管を焼くことで、鼻血が出なくなるレーザー治療ですが、その日のうちはなんだか鼻がじゅくじゅくした変な感じがあるかもしれません。 ですが、ここでかさぶたを取ってしまうと、手術のやり直しになるケースもあります。 なるべく、鼻から意識をそらしてしばらく過ごしましょう。 妊婦は鼻血が出やすい??そのメカニズムを知って注意しよう!! 妊娠中は、鼻血が出やすくなることがわかっています! 5人に1人が、妊娠中期に鼻血が出やすくなるともいわれています。 なぜ、妊娠中に鼻血が出やすくなるのでしょうか? そのメカニズムを見ていきましょう! 妊婦の鼻血の大きな原因は、血流がふえること 妊娠中に鼻血が出やすくなるメカニズムを作っているのは、血流の増加です。 妊娠すると、赤ちゃんにも栄養を送らなければいけないので血流は増えます。 特に妊娠中期になると、見た目にも赤ちゃんがいるとわかるようになりますし、赤ちゃんもたくさんの栄養を必要とします。 このことから、妊婦さんの体の中では血流が増加します。 そして、たくさんある血液は鼻の粘膜にも行き渡りますので、粘膜が腫れて出血しやすい状態になります。 最終的に、鼻にちょっとした刺激が伝わった時などにも鼻血が出やすくなる仕組みが作られます。 自律神経による鼻血への影響 妊娠中のホルモンは、普段女性の体に出ているホルモンとは違います。 赤ちゃんを産み育てるために体が変化するので、自律神経系に不調をきたすことも良くあります。 例えば、何となくボーっとしたり、気分が落ち込みがちといった自律神経失調症に近い症状が出てくる妊婦さんもいます。 そして、自律神経と関わりがあるのがのぼせの症状で、のぼせると熱いお風呂から出た時のように鼻血が出やすくなります。 ホルモンの関係で自律神経に乱れが出ることも、妊婦さんに鼻血が頻繁にみられる原因のひとつと言われています。 妊娠中期には鼻血が出やすいですが、基本的に血流が増えることや自律神経系の異常によるものですので、大きな心配は要りません。 ただし、長い間鼻血が止まらなかったり、鼻血とともに立ちくらみやひどい吐き気がある場合などは医師に相談してみてください。 鼻血が止まらず、喉にまで下がってきて口からもまるで流血しているよう状態に主人も驚いていました。 毎日鼻血を出しているので不安になり調べたところ、妊娠中は鼻血が出やすくなることを知りました。 (カラダノート体験談-投稿者やわちゃんさん~鼻血が止まらない!何故?私が行った解決方法-) 初めは2日1回程度だったのですがだんだん1日1回になり今では1日3回も鼻血が出ます…。 血の量はティッシュ4? 5枚程度で止まります。 1人目の時は鼻血なんて出なかったので気になりました。 3回くらい出ます…量はティシュに付くくらいでダラダラ出る感じではありません。 前まではこんなことなくて安定期に入ってからこの症状が出ました。 (カラダノートひろば-投稿者つかささん~鼻血が出る…-) 私も8ヶ月頃から右鼻だけ鼻をかむと鼻血がつきました。 病院にきいてみたら体全体がむくむしありますよ、と言われました。 血圧高くなってないなら大丈夫だと思います (カラダノートひろば-回答者はなさん~鼻血出る人いますか?-) Photo by:.

次の

【医師監修】何もしていないのに鼻血?考えられる原因と対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

鼻血 が 頻繁 に 出る

スポンサーリンク 鼻血が出ると言うことがありますが、これは頻繁に発生すると言うことが少なくなっています。 ふとした瞬間にでていると言うことが多くなっていますが、次のような症状があるときには注意が必要となります。 それは鼻血が頻繁に片方から出ているというようなときです。 片方から毎日でているというようなときには、何らかの病気が隠されている可能性があるので、注意が必要となります。 鼻血が毎日片方から出ているときには、次のような理由が考えられています。 それは命に関わるというような病気ではありませんが、副鼻腔炎という病気が関係しているときです。 副鼻腔炎を発症すると、なかなか完治しないので、片方から毎日鼻血が出るというようなことがあります。 なぜ副鼻腔炎を発症するのかというと、それは風邪やカビというような細菌が体に入って炎症を引き起こし、そこに膿がたまることが理由となって鼻血が出るようになっています。 鼻の中の粘膜が弱くなり出血が見られると言うようになっています。 スポンサーリンク 毎日の生活の中で、鼻が詰まっているというような症状を伴うこともあります。 毎日片方から鼻血がでるときに考えられるほかの理由としては、上顎洞がんという病気があります。 これはどのような特徴があるのかというと、口と鼻の奥と、奥歯の部分から鼻につながる所にがんが発生するようになっています。 鼻の片方にがんが発生してしまうと、片方だけ出血が見られるようになっています。 その結果毎日出血が見られるというようなこともあります。 これらの病気に関しては、しっかりとした原因を特定するために病院で精密検査を受ける必要があります。 それは慢性副鼻腔炎や上顎洞がんが理由となっている可能性があるからです。 理由がはっきりとわかると、治療を進めることができます。 鼻血に関しては、さまざまな病気が理由となっていることが多いので、最初にしっかりと対処をする必要があります。 早期に発見することで早く治療をすることができます。 また大きな病気の発見にもつながります。 スポンサーリンク.

次の