モトーラ 世 理奈。 モトーラ世理奈は汚い?目や歯がブサイク?そばかすがきたないか画像で検証!

【画像】モトーラ世理奈のそばかすかわいい!コンプレックスを大逆転?

モトーラ 世 理奈

東京都出身。 ボックスコーポレーション所属。 父はイタリア系アメリカ人、母は日本人。 雑誌「装苑」の2015年1月号でモデルデビューし、17年5月号から同誌の専属モデルとして活躍。 18年6月に公開された映画「少女邂逅」で女優デビュー。 その独特の存在感で同性を中心に多くのファンを獲得している。 また「アンダーカバー」2018-19年秋冬コレクションにも参加し、パリコレデビューも果たした。 18年に映画「少女邂逅」で本格的に女優の仕事をスタート。 その演技力への評価も高く、1月18日から公開中の映画「猫、かえる」、1月24日から公開中の映画「風の電話」、2月22日公開の映画「恋恋豆花」と映画への主演が相次ぐ。 現在21歳。 モデルとしても女優としても、今後さらなる飛躍が期待される彼女の魅力に迫る。 WWD:現在さまざまなメディアで活躍しているモトーラさん。 もともとモデルの仕事をするようになったきっかけは? モトーラ世理奈(以下、モトーラ):高校1年(2014年)の4月に原宿で今の事務所の人からスカウトされたのがきっかけです。 それから少しずつモデルの仕事をするようになって、17年5月号から「装苑」の専属モデルになりました。 WWD:もともとモデルになりたいという気持ちはあった? モトーラ:小さい頃からファッションが好きで、小学校1年生のときから、将来は女優とモデルをやりたいとずっと思っていました。 それでモデル事務所のオーディションも受けたりしていたんですが、受からなかったです。 WWD:モトーラさんといえば16年に発売されたRADWIMPSのアルバム「人間開花」のジャケットが印象的だが。 モトーラ:アルバムが発売されたときは高校2年だったんですが、発売されてからは高校の後輩からも声をかけられるようになりました。 モトーラ:映画デビューは18年に公開された「少女邂逅(しょうじょかいこう)」でした。 それまでもいろいろと映画やドラマのオーディションは受けていたんですが、最初に合格したのがこの作品だったんです。 「少女邂逅」は群馬県の高崎で1週間くらい泊まり込んで撮影したんですが、それまでそんなに家から出たことがなくて、合宿みたいで楽しかったです。 WWD:モデルと女優、どちらが好き? モトーラ:どっちも好きです。 最初映画に出たときには何も分からずに、モデルとは全然違うなと思っていたんですが、やっていくうちに「モデルも女優も一緒だな」って思うようになりました。 日本ではあまりハーフの女優がいないし、私自身そこまでみんなが親近感を持ちやすい見た目でもないと思うんですが、そんな私が女優として役を表現するのは新しいなと感じています。 女優としての手応えも感じている? モトーラ:気持ち的にはお芝居の仕事を始めたときとそんなに変わらないです。 でも「風の電話」が完成して初めて見たときは、そこに映っているのが自分じゃないような気がしました。 今までの作品は「こういう表情よくするな」とか「こういう仕草よくするな」と思うことがあって、普段の自分を見ているようで恥ずかしさもあったんですが、「風の電話」でははまったく違う人に見えて、それがおもしろいなって思いました。 その風の電話を使うと亡くなった人と話ができるといわれている。 風の電話は2011年に設置され、東日本大震災以降、多くの人が訪れている WWD:映画「風の電話」ではストーリーに沿って順番に撮影(順撮り)していったそうだが、映画では珍しい。 モトーラ:やってみて順撮りでよかったなと思います。 今作はロードムービーで広島の家から始まって、風の電話のある大槌町に行くストーリーなんですが、自然にハルと同じ気持ちになりやすかったし、ハルになりきっていたと思います。 モトーラ:そうです。 台本もなくざっとストーリーが書いてある紙が撮影の朝に10枚ほど渡されて、それをもとに演じていくという流れでした。 最初はこのストーリーだと30分くらいで終わっちゃうんじゃないかって思うほどでした(笑)。 事前に何となくセリフを考えてくる人もいたんですが、私は現場に行ってみないと分からないなと思って、何を言うかはあまり考えてなかったです。 即興芝居はその場で自由に演じるのですが、私はセリフを覚えて演技するよりも、相手を感じて演じられるのでやりやすかったです。 WWD:撮り直すこともあった? モトーラ:シーンによっては撮り直すこともありました。 演技をしているとみんなが何か違うなと思うことや、「今のよかったね」って思うときがあって、それがおもしろいです。 WWD:西島秀俊さんや西田敏行さん、三浦友和さんら大御所との共演はどうだった? モトーラ:そうですね。 衣装合わせで最初にお会いして、そのときはすごく緊張したんですが撮影が始まったらハルという役と同じ感覚で接していたので、緊張はしませんでした。 WWD:風の電話は亡くなった人と話せるといわれているが、モトーラさんが話してみたい人はいる? モトーラ:ひいおばあちゃんです。 中学1年生くらいのときに亡くなったんですが、私が物心ついてから身近で初めて亡くなった人でした。 それまで普通に遊びに行ったりもしていたので、また話してみたいです。 WWD:「風の映画」はどんな人に見てもらいたい? モトーラ:年齢や男女に関係なく、多くの人に見てもらいたいです。 ハルと一緒に旅をしている気持ちで見てもらえたらうれしいです。 当時はどんな気持ちだった? モトーラ:そのときはヨーロッパに行くのも初めてで行く前はすごく楽しみでした。 ショーの前までは、普通にパリ楽しいなと思っていたんですけど、ショーの瞬間はなんとも言えない特別な気持ちになりました。 WWD:モデルとしても活躍するモトーラさんのファッションのこだわりは? モトーラ:「着たいものを着る」。 着てみてテンションが上がらなかったら着替えることもあります。 ただ自分はこういうスタイルとかあまり決めたくなくて、何でも着たいなと思っています。 メイクは普段あまりしないです。 メイクは少しやっただけで大きく変わってしまうので、正解が分からなくて。 だったらあまりやらなくていいやって思ってしまっています(笑)。 でもその分、仕事でいろいろなメイクができるので楽しいです。 WWD:影響を受けた人はいる? モトーラ:最近はアメリカのバンド、クルアンビン(KHRUANGBIN)がお気に入りで、去年は「フジロック」と渋谷のクラブクアトロでライブを見ました。 女性のローラ・リー(LAURA LEE)がベースを務めているんですが、それに影響を受けて私もベースを購入しました。 最近はあまりベースの練習ができていないのですが、弾けるようになったらバンドも組んでみたいです。 WWD:音楽フェスはけっこう行く? モトーラ:そうですね。 「フジロック」とか、去年11月には初めて海外のフェスに行きました。 ラッパーのタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, The Creator)が主催している「Camp Flog Gnaw Carnival 2019」というフェスで、ソランジュ(SOLANGE)やFKA ツイッグス(FKA TWIGS)が見たくて行ったんですが、日本のフェスとも違う雰囲気でおもしろかったです。 今年も機会があれば、海外も含めていろいろなフェスに行きたいです。 WWD:好きな映画は? モトーラ:岩井俊二監督の「スワロウテイル」です。 WWD:女優としてやってみたい役は? モトーラ:SFには挑戦してみたいです。 誰だか分からないくら特殊メイクをするような役をやってみたいです。 WWD:最後に今後の目標は? モトーラ:モデルとしても女優としても、海外に挑戦したいです。 まずはモデルからやっていきたいと思っています。

次の

映画『少女邂逅』公式サイト

モトーラ 世 理奈

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町の小高い丘の上には、ガーデンデザイナーの佐々木格さんが自宅の庭に設置した「風の電話」と呼ばれる電話ボックスがある。 電話線はつながっていないが、亡くなった人に思いを伝えたい人々が集まり、すでに3万人以上が訪れている。 広島から岩手まで、ロードムービーのように旅をしながら撮影した今作について、監督が託した思いを聞いた。 瀕死の女子高生の立ち直りの旅路。 今作は、東日本大震災で家族を亡くした女子高生ハル(モトーラ世理奈)が、伯母の広子(渡辺真起子)と共に暮らす広島から故郷の岩手県大槌町までヒッチハイクをしながら心の旅をする物語。 最終目的地は「風の電話」。 果たしてハルはどんな言葉で亡き家族とつながろうとするのだろう。 【写真を見る】心身共に瀕死の状態のハル。 森尾(西島秀俊)が付き添い、故郷の大槌町に戻るも・・・ (C)2020映画「風の電話」製作委員会 監督にとってロードムービーのように移動しながら撮影することは初めてに近しい経験で、主人公ハルがそこにたどり着くまでの道のりで、何を経験したかを重視して作品をつくったそうだ。 「ハルが出会う人たちは、みんな優しいんですよ。 これをヨーロッパを舞台に撮影したら、こうはいかなかったなと思います。 もっと危険な目にもあうでしょう。 例えば、少女の旅でいうとテオ・アンゲロプロスの『霧の中の風景』という作品がありますが、いろんな受難や困難を乗り越えて成長していくという物語があるわけですよね。 でも、僕はこの作品を、悪い人や怖い人が立ちはだかるというドラマにはしたくなかったんです。 こんなに傷ついて瀕死の女の子をなんとか生かす、生きていく力を与える人たちに出会うという話にしたかった。 傷ついた人が生きる力を得られる、そこに寄り添う映画にしたかった」。 確かに、泣き叫び疲れ果てたハルを介抱してくれた公平(三浦友和)やシングルマザーにこれからなることを決意した妊婦(山本未來)、原発で働きながら家族を亡くした森尾(西島秀俊)など、ヒッチハイクで出会う人たちは、みながハルを静かに優しくいたわる。 そして、いたわる人たちもまたみなどこか傷ついた人たちでもあるのだ。 「震災もそうですが、日本全体が傷だらけだと思いました。 もう日本は崩壊していっているというか。 だからこの傷ついた国の中で毎日生きているそんな人たちを讃えたいと思う」と監督は言う。 少女の目の高さで見ていく日本。 だからこそ三浦演じる公平が心の崩壊寸前のハルに掛ける言葉はとにかく「食え」という言葉だった。 「食って生きようよ、それだけでも十分じゃないかと。 ハルが大槌から来たことを知った公平は、それ以上なにも聞かず、とにかく食べろと自ら作った料理を勧める。 「それはもう、『生きろ』というメッセージなんですよね。 言葉で励ましたって意味はない。 わかったよ、生きてるんだから食えよ、という。 そういう風に寄り添っていけばいいと思たんですよね」。 残された人の記憶 「東日本大震災から8年たち、ハルが大槌町に帰っていくと、自分が知っていた場所が失われているわけです。 でも、8年前の体験が彼女の中にはありありと残っている。 家族と一緒に楽しく暮らしていた大槌の思い出もある。 ハルのなかに『時間の層』があるんですよね」。 その『時間の層』をわかりやすく表現しているのが、ハルが友達のお母さんと再会するシーンだ。 娘の友達だったハルの成長ぶりに驚きながらも、娘が生きていたらこんなに大きくなってたのだということを思い知る母。 その重なった時間の層をこの場面は繊細に描いている。 「例えば、ハルの中には8年前に家族と楽しく暮らしていた記憶がしっかり残っている。 でも今はすべてが震災で消えてしまった。 福島もそうです。 避難解除された地域では人がぽつりぽつりと住んでいて倒壊した建物もなく整備されているけれど、フェンスの向こうは帰宅困難地域があるという異様な風景。 でも、数々の思い出や記憶があるけれど、表面的には映らない。 その層を映し出すことを映画なら表現できるはずだと。 そこは非常に僕にとっては重要なポイントでしたね」。 友達の母親との再会。 クルド人の難民も隣人であること。 ハルが岩手の大槌町までヒッチハイクをする途中で不良たちにからまれたとき、西島秀俊扮する通りすがりの男・森尾に助けられる。 彼はひとりのクルド人男性を探して、埼玉の蕨市へ立ち寄る。 少し唐突とも思えるこの場面について監督は「彼らも日本の隣人。 今回登場してくれたクルド人は、本当に蕨市に住んでいるクルド難民の家族です。 森尾が探す男性は福島にボランティアに来ていた人で、福島出身の森尾は彼を探していたという設定。 でも、実際にこの男性はボランティアに参加していて、森尾がみせて回る写真は、本当にこの男性が写っているボランティア時の写真なんです。 フィクションとノンフィクションが場面の中で交差するシーン。 あの場面は、セリフを決めずに自由に1時間食事をしてもらった」と監督。 この場面ではモトーラと年齢の近い娘のネスリハンちゃんとの会話が大切だと感じた監督は、撮影前に二人を対面させ、撮影当日は、二人の女の子のガールズトークがとても自然な場面となった。 そこでネスリハンちゃんが話す内容も実際彼女が抱えている話。 看護師になるために勉強をしているし、いっしょにがんばろうね、と彼女はハルを励ます。 しかし、ネスリハンちゃんの現実は、看護師になるための学校へ通ってはいるけれど、正式な滞在許可がないので多分就職はできない。 そんな環境に生きている人たちがいる。 それもまた今の日本なのだと、監督は言う。 モデルの仕事も多く、おとなしいイメージのモトーラ世理奈。 彼女の姿は、監督にはどう映っていたのだろう。 「モトーラさんは、俳優ですね」と深くうなづきながら語る監督。 西田敏行、三浦友和、西島秀俊など、ベテラン俳優と共演することはモトーラにとって緊張するできごとなのでは?と想像するけれど「僕から見ていて全く緊張していなかった。 実は彼女は『西島さんと話をした記憶がないっていうんですよ。 ハルは話したけど』というんです」と。 また最終シーンの電話ボックスの場面についても「『電話ボックスの中に、私は入っていないんです。 ハルは入ったけど』って言う。 西島さんを筆頭に西田さん、三浦さんも、モトーラさんにびっくりしてました」と彼女の役への変容ぶりにベテランたちは舌を巻いた。 「西田さんは『あの歳で受けの芝居ができるっていうのはすごい』と、西島さんは『彼女の演技には嘘がない』、三浦さんは『ひさびさに映画女優を見たよ』と絶賛なんです」と現場での様子を話してくれた。 「彼女は役作りをしてくる感じじゃない。 ハルは難しい役だったと思うし、彼女は家族が大好きだから、家族を失う今作の台本さえ最初は辛くて読めなかったと言ってました。 でも、彼女は回路を見つけたんです。 ハルだって昔は普通の女の子だったはず。 私と変わらなかったはずだと。 事前に演技を考えてああしようこうしようとひとりで考えるのではなく、その場に行って、相手を感じることで演技が生まれるリアクションの人なんですね。 それが西田さんのいう受けの芝居なんだと思います。 それがこの映画にフィットしたんだと思う」。 「今思えば、この映画は本当に無謀だったなと 笑。 なぜなら、ラストの風の電話のシーンの芝居が映画のすべてを左右するんですから。 だけどあそこでモトーラさんにセリフを全部任せたんです」と監督は話す。 前々日から天候が悪く、やっと晴れた撮影日。 突風が吹き荒れ、木々が揺れ、雲が勢いよく流れて光がどんどん変わっていく。 設置者の佐々木さんも普段はこんなことないよというほどの天候だったが、モトーラには「これは神様が迎えてくれたんだよ」と話していたそうだ。 「モトーラさんは、本番まであの電話ボックスに一度も入らなかった。 実際使ったカットは2回目の撮影。 1回目は『自分のやっていることが嘘に思えて』と彼女がNGを出した」。 セリフはすべてモトーラに任せた監督は、真っ白な状態でハルになった彼女の口から出たセリフに風の電話の本質を感じた。 「風の電話で亡くなった人と話すことで自分自身が変われるんです。 元気にしてる?こっちは元気だよ、と話しかけることで、どんどん言葉が生まれ、心の変化が起こる。 モトーラさんの即興的な演技の中でもそれが起こり、彼女の心の変化がそのまま撮れたと思う」と話してくれた。 カットのOKやNGは普通監督が決める権限があるが、このシーンだけは「モトーラさんが決めるべきだと思った」と監督。 彼女が亡くなった家族へどんな言葉を話すのか。 約10分あるラストシーンに最高の見せ場が待っている。 kazenodenwa.

次の

モトーラ世理奈

モトーラ 世 理奈

ホメ41 Yeah! You got it! ホメ47 英会話にマンツーマンという選択肢を、 Gaba ホメられるとつい話しちゃう I often eat pudding nice ホメ48 このCMでは、モトーラちゃんというハーフっぽい女性が、黒人女性に英会話レッスンを受けて褒められまくります。 まさしく「 褒めて育てる」。 これだけ褒められればどんどんやる気になるでしょうし、英会話の上達も早そうですよね。 基本的に黒人女性が褒めまくるだけなのですが、最後にモトーラちゃんが遠慮しがちに「 I often eat pudding」と喋っています。 正直あまり発音はうまくない感じですね…。 それでも褒めてくれるので、発音がうまくない人でも安心してレッスンを受けられそうです。 それでは、このモトーラちゃんの詳しい情報を見ていきましょう。 モトーラちゃんは、 モデル兼 女優の「 モトーラ 世理奈」さんという方でした! GabaのCMに出演しているモトーラ世理奈のプロフィール! さん sereeeenam がシェアした投稿 — 2018年 2月月11日午前4時53分PST ・名前:モトーラ世理奈 ・生年月日:1998年10月9日 ・年齢:20歳(2019年1月現在) ・デビュー:2014年 ・出身地:東京都 ・身長:167cm ・体重:非公表 ・職業:ファッションモデル、女優 ・事務所:ボックスコーポレーション(2019年1月現在) まず、モトーラ世理奈さんについて気になることが、ハーフかどうかですよね。 調べてみた所、 やっぱりハーフでした。 お父さんが イタリア系アメリカ人で、お母さんが 日本人だそうです。 顔立ちもどこか欧米っぽい感じなので、ハーフなのも納得ですね。 モトーラさんは幼い頃からモデル志望で、 2014年(高校1年生)の時に原宿でスカウトされ、 モデルとして活動をされたそうです。 また、女優にも興味があり、モデルをしながら演技のレッスンも受けたりしていたとのことです。 モデルデビューは、「 装苑(そうえん)」というハード系ファッション雑誌。 2019年1月現在は、装苑の専属モデルとして活躍されているそうです。 さん sereeeenam がシェアした投稿 — 2017年 3月月29日午前5時12分PDT また、モトーラさんは、 2016年に映画「君の名は」の主題歌になった RADWIMPS「 人間開花」のジャケットビジュアルに抜擢され、日本中の人から注目を集めるようになりました。 そういえばこの印象的なジャケットも話題になりましたよね。 とてもキャッチャーな感じのジャケットなので、「君の名は」やRADWIMPSを知らなくても手にとっちゃいそうです。 しかし、仕事に専念されるため、もうすでに辞められてしまったそうです。 モデルと女優を両方やって、しかもどんどんお仕事も増えているでしょうから、やっぱり学校との両立は大変だったのでしょう。 2018年に入ってからは、以下のように、活躍の場を大いに広げています。 モデルとして パリコレにデビュー• 6月公開の「 少女邂逅」という映画で映画デビュー• 「 透明なゆりかご」という産婦人科ドラマで難役を演じる 透明なゆりかごは私も見ましたが、「中絶をする少女」という難役を存在感たっぷりで演じきっていましたね。 少女邂逅に関しては見ていないのですが、少女二人の友情を描いた作品で結構難しい役を演じて評価を得ているようです。 そして最後に気になるのが、 なぜハーフのモトーラさんが、英会話レッスンCMで起用されたのかですよね。 このCMに関してのインタビューを調べてみた所、やっぱり英語は得意ではないそうです。 ウェンツ瑛士くんと同じタイプですね。 モトーラさんは、モデルなので英語に触れる機会が多く、このCMの撮影の際にはカウンセラーに英語に関する悩みを相談したのだとか。 今回のCM出演をきっかけに、モトーラさんが英語が得意になっていったらいいですね。 モトーラ世理奈さんのCMでGaba英会話に興味を持った方へ 今回のCMで、Gabaマンツーマン英会話に興味を持った方のために、Gabaマンツーマン英会話の簡単なご紹介です。 「モトーラちゃんのように褒められながらレッスンを受けたい。 」 「マンツーマンでレッスンを受けられるのは安心かも…。 」 「英語ができるようになりたいけど、中々一歩が踏み出せない。 」 という方は是非参考にしてくださいね。 多人数レッスンの英会話学校もありますが、能力やモチベーションって一人ひとり違いますから、思った通りの満足度を得られないこともあるでしょう。 マンツーマンでレッスンを受ければ、 ペースを早めたり遅めたり、先生に質問するのは完全に自由です! 自分のペースでグングン英会話力を高めることが出来るでしょう! またGabaでは、 無料体験レッスンを実施中です! カウンセリング20分+ 先生によるレッスン40分+ 今後のアドバイス30分= 1時間30分、無料で体験することができますよ。 英語はネイティブの外国人と会話するのが一番の上達法ですし、それが無料でできるなんてとても嬉しいですね。 今回のモトーラちゃんのCMで興味を持った方はぜひ、Gabaマンツーマン英会話をぜひ体験してみてくださいね。 ・ 東京 赤坂 赤羽 秋葉原 池袋 恵比寿 大手町 表参道 北千住 吉祥寺 錦糸町 銀座有楽町 品川 渋谷 下北沢 自由が丘 新宿西口 新宿東口 新橋汐留 成城 立川 東京 八王子 二子玉川 町田 目黒 六本木 ・ 神奈川 青葉台 川崎 藤沢 武蔵小杉 横浜 ・ 千葉 市川 柏 千葉 ・ 埼玉 大宮 ・ 愛知 栄 名古屋 ・ 大阪 梅田(西梅田) 阪急梅田 天王寺 なんば ・ 京都 京都(四条烏丸) ・ 兵庫 神戸(三宮) ・ 福岡 福岡天神 まとめ Gabaマンツーマン英会話の最新CMに出演されていた女性・モトーラ世理奈さんについて調べてみました。 「人間開花」のジャケットに登場していたり、映画やドラマデビューもされているということでしたので、これから見る機会がどんどん増えていきそうですね。 モトーラさんのこれからの活躍に期待しましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の