ライン 画像 保存 期間。 LINEの添付ファイルを保存する6つの方法

LINEトークのメッセージ保存方法まとめ。

ライン 画像 保存 期間

画像・動画・音声メッセージの送受信や閲覧、表示までに時間がかかる場合もあります。 また、弊社サーバーでの画像保存期間は一定期間のみとなっておりますので、保存期間終了後は画像を受信することができなくなります。 LINEアルバムの写真を保存したい場合は、「」という記事を参照してください。 今回は、保存期間終了するまで、LINEで受信したファイルをバックアップする方法を記載しています。 (保存期間が終了したファイルも抽出可能!) LINEチャットから添付ファイルをPCにバックアップ LINEから写真や動画をPCに一括バックアップするなら、CopyTrans Contactsが一番便利なツールです。 CopyTrans Contactsの利点は: LINEの添付ファイルだけでなく、 LINEの添付ファイルをパソコンまたは外付けHDDに保存 複数のファイル、全てのファイルを一括バックアップ LINEチャットのスタンプを保存できる• CopyTrans Contactsを起動する、またはこちらからダウンロードします。 メイン画面の左側にあるメッセージのアイコン(吹き出しの形)をクリックします。 チャットを選択し、「選択した項目をエクスポート」をクリックします。 エクスポート形式として「PDF」、「ウェーブページ」、「Word」または「テキスト」を選択します。 メッセージの保存先を選択し、「OK」をクリックします。 LINEトーク履歴の写真、動画、書類(スタンプを含む)がPC上で表示されます。 LINEトークの添付ファイルをバックアップからPCに保存 ファイルをKeepに保存せずにPCにバックアップする方法があります。 iTunesのバックアップがあれば、CopyTrans Backup Extractorを使ってバックアップからLINEトーク歴史と添付ファイルを取り出せます。 CopyTrans Backup Extractorの利点は: ファイルの保存期間が終了した前にiPhoneのバックアップを取った場合は、そのファイルを復旧できます! 全てのファイルを一括バックアップ バックアップがなければ、iTunes又はを使ってバックアップを作成してください。 バックアップからLINEトーク履歴の写真などを取り出すには、CopyTrans Backup Extractorを使用できます。 CopyTrans Backup Extractorは、iOSバックアップからデータを抽出し、閲覧できる形式でPCに保存する便利なツールです。 このプログラムは、PCにあるすべてのバックアップを見つけ、選択したバックアップからデータ(例、LINEトーク)を取り出します。 iCloudにログインすれば、iCloudに保存しているバックアップのデータも抽出できます。 バックアップからデータを取り出す詳細は、「」を参考してください。 この方法でLINEトークを抽出すれば、LINEトーク歴史がPDFファイルとして保存され、添付ファイルが別のフォルダーに保存されます。 LINE Keepにファイルを保存 LINEの写真や書類を保存するなら、最初に思いつく方法は確かにLINE Keepです。 チャット内、ファイルを長押し、オプションから「Keep」を選択します。 「保存」をタップします。 しかし、LINE Keepには大きな欠点があります: ストレージの容量は1 GBしかない ファイルのサイズが50 MBを超えると、保存期間が30日間に制限される なので、Keepに保存したファイルをさらに別の場所にバックアップしたほうがいいです。 LINE Keepから写真をバックアップする方法を2つ紹介します。 カメラロールを経由して保存• ダウンロードアイコンをタップし、写真または動画をカメラロールに保存します。 CopyTrans Photoを使ってカメラロールからします。 自分にメールを送信・SNSで共有 「他のアプリでシェア」をタップし、写真、動画や書類の転送方法を選択します。 欠点: メールの容量の制限により動画などの重い項目を送信できない 複数の項目をPCに転送したい場合は、一つずつ送付しなければならない LINEのPC版からファイルをダウンロード• PC版のLINEを起動し、アカウントにログインします。 チャットを開き、「・・・」のメニューを開きます。 項目を選択して、右下にある「ダウンロード」ボタンをクリックします。 保存先を指定して、ダウンロード完了まで待ちます。 LINEのファイルをiCloudに保存• 最初はiCloudの設定を確認しましょう。 設定アプリを開き、「Apple ID」>「iCloud」>「写真」で「iCloud写真」をオンにします。 そしたらLINEアプリを起動し、保存したい写真、又は動画を受信したトークを開きます。 その写真をタップし、右下のダウンロードのアイコンを押し、「端末に保存」を選択します。 これでファイルをiCloudに保存できます。 PCのウェブブラウザでを開き、写真を選択します。 保存したい写真を選び、ダウンロードのアイコンをクリックします。 この方法は2つの欠点があります: iCloudの無料ストレージの容量は5GBしかない 複数の項目をPCに転送したい場合は、一つずつ保存しなければならない。 それは面倒で、大分時間がかかる さいごに LINEから添付ファイルをダウンロードするには、LINEが公式に提供している機能でできることには制約があり、方法も困難であります。 こちらの記事で紹介したCopyTrans Contactsツールを使えば、簡単に添付ファイルをダウンロードすることができるので、おすすめです!.

次の

LINEの写真が保存期間が過ぎてしまって復元できなくなった経験はない?対策方法をご紹介♪

ライン 画像 保存 期間

記事の目次• LINEの「保存期間が終了したため写真を読み込めません」の原因 普段何気なく友達にLINEで送信している写真・画像データは、一度LINEのサーバーに保存されます。 そして、サーバー上のデータを相手が読みこんで写真を閲覧しています。 つまり、送信された写真は必ずLINEのサーバーを介して相手に届いているわけですね。 しかし、LINE側はいつまでもデータを保持しているのではなく定期的に削除を行います。 保存領域の節約等々、色んな理由が考えられますが、「 サーバーに保存された画像データはいつか消される」と覚えておきましょう。 送付された過去の写真が見たい• 写真を読み込む(サーバーに接続する)• サーバー上に画像が無い(すでにデータが消された)• 「保存期間が終了したため写真を読み込めません」と表示される なぜ拡大表示(詳細表示)すると保存期間が過ぎても見られるのか…という疑問が浮かぶと思うけど、この答えは LINEアプリに写真のキャッシュが残るからね。 サーバー上に保存されていた写真データが削除されてしまったとしても、 アプリ内のキャッシュに写真のデータが残っていれば、そこを経由して閲覧できるのです。 ただし、 一度でもアプリを削除してしまったり、別のスマホにLINEを引き継いだ場合はキャッシュも消えるので写真は見られなくなります。 保存期限が切れる前…もしくは、LINEアプリにキャッシュが残っているうちに写真を保存しておくのがベターでしょう。 LINEの保存期間が過ぎた写真を閲覧する方法 上述の通り、保存期間が過ぎてもアプリ内に写真データのキャッシュさえ残っていれば再表示が可能です。

次の

LINEの写真や動画の保存先(保存場所)はどこ?│G

ライン 画像 保存 期間

画像・動画・音声メッセージの送受信や閲覧、表示までに時間がかかる場合もあります。 また、弊社サーバーでの画像保存期間は一定期間のみとなっておりますので、保存期間終了後は画像を受信することができなくなります。 LINEアルバムの写真を保存したい場合は、「」という記事を参照してください。 今回は、保存期間終了するまで、LINEで受信したファイルをバックアップする方法を記載しています。 (保存期間が終了したファイルも抽出可能!) LINEチャットから添付ファイルをPCにバックアップ LINEから写真や動画をPCに一括バックアップするなら、CopyTrans Contactsが一番便利なツールです。 CopyTrans Contactsの利点は: LINEの添付ファイルだけでなく、 LINEの添付ファイルをパソコンまたは外付けHDDに保存 複数のファイル、全てのファイルを一括バックアップ LINEチャットのスタンプを保存できる• CopyTrans Contactsを起動する、またはこちらからダウンロードします。 メイン画面の左側にあるメッセージのアイコン(吹き出しの形)をクリックします。 チャットを選択し、「選択した項目をエクスポート」をクリックします。 エクスポート形式として「PDF」、「ウェーブページ」、「Word」または「テキスト」を選択します。 メッセージの保存先を選択し、「OK」をクリックします。 LINEトーク履歴の写真、動画、書類(スタンプを含む)がPC上で表示されます。 LINEトークの添付ファイルをバックアップからPCに保存 ファイルをKeepに保存せずにPCにバックアップする方法があります。 iTunesのバックアップがあれば、CopyTrans Backup Extractorを使ってバックアップからLINEトーク歴史と添付ファイルを取り出せます。 CopyTrans Backup Extractorの利点は: ファイルの保存期間が終了した前にiPhoneのバックアップを取った場合は、そのファイルを復旧できます! 全てのファイルを一括バックアップ バックアップがなければ、iTunes又はを使ってバックアップを作成してください。 バックアップからLINEトーク履歴の写真などを取り出すには、CopyTrans Backup Extractorを使用できます。 CopyTrans Backup Extractorは、iOSバックアップからデータを抽出し、閲覧できる形式でPCに保存する便利なツールです。 このプログラムは、PCにあるすべてのバックアップを見つけ、選択したバックアップからデータ(例、LINEトーク)を取り出します。 iCloudにログインすれば、iCloudに保存しているバックアップのデータも抽出できます。 バックアップからデータを取り出す詳細は、「」を参考してください。 この方法でLINEトークを抽出すれば、LINEトーク歴史がPDFファイルとして保存され、添付ファイルが別のフォルダーに保存されます。 LINE Keepにファイルを保存 LINEの写真や書類を保存するなら、最初に思いつく方法は確かにLINE Keepです。 チャット内、ファイルを長押し、オプションから「Keep」を選択します。 「保存」をタップします。 しかし、LINE Keepには大きな欠点があります: ストレージの容量は1 GBしかない ファイルのサイズが50 MBを超えると、保存期間が30日間に制限される なので、Keepに保存したファイルをさらに別の場所にバックアップしたほうがいいです。 LINE Keepから写真をバックアップする方法を2つ紹介します。 カメラロールを経由して保存• ダウンロードアイコンをタップし、写真または動画をカメラロールに保存します。 CopyTrans Photoを使ってカメラロールからします。 自分にメールを送信・SNSで共有 「他のアプリでシェア」をタップし、写真、動画や書類の転送方法を選択します。 欠点: メールの容量の制限により動画などの重い項目を送信できない 複数の項目をPCに転送したい場合は、一つずつ送付しなければならない LINEのPC版からファイルをダウンロード• PC版のLINEを起動し、アカウントにログインします。 チャットを開き、「・・・」のメニューを開きます。 項目を選択して、右下にある「ダウンロード」ボタンをクリックします。 保存先を指定して、ダウンロード完了まで待ちます。 LINEのファイルをiCloudに保存• 最初はiCloudの設定を確認しましょう。 設定アプリを開き、「Apple ID」>「iCloud」>「写真」で「iCloud写真」をオンにします。 そしたらLINEアプリを起動し、保存したい写真、又は動画を受信したトークを開きます。 その写真をタップし、右下のダウンロードのアイコンを押し、「端末に保存」を選択します。 これでファイルをiCloudに保存できます。 PCのウェブブラウザでを開き、写真を選択します。 保存したい写真を選び、ダウンロードのアイコンをクリックします。 この方法は2つの欠点があります: iCloudの無料ストレージの容量は5GBしかない 複数の項目をPCに転送したい場合は、一つずつ保存しなければならない。 それは面倒で、大分時間がかかる さいごに LINEから添付ファイルをダウンロードするには、LINEが公式に提供している機能でできることには制約があり、方法も困難であります。 こちらの記事で紹介したCopyTrans Contactsツールを使えば、簡単に添付ファイルをダウンロードすることができるので、おすすめです!.

次の