キレイ ライン 矯正。 キレイラインで歯列矯正を始めた初回の感想体験談

キレイラインとインビザラインの違いを知っていますか!?

キレイ ライン 矯正

ブログ書くのなんて久しぶりで緊張…。 神に誓ってではないのでご安心を!!!!! ここ重要 私は小さい頃から前歯2本が突出しているのと下の歯が1本だけ後ろに引っ込んでいました。 母は幼い私に矯正を勧めてくれたようですが、その頃の私は多分痛いイメージがあったのか銀色の器具を付けるのがいやだったのか…全力で拒否していたようです。 笑 その頃の自分を殴りたい。。 高校生ぐらいから本格的に気になりだして、矯正についてこっそり調べていたものの、どれもこれも費用が高くてとても私1人で出せるものではありませんでした。 加えて、私は今私立の大学生で学費を親に払ってもらっているため、矯正費用を出してもらうなんてとてもできませんでした。 まあ歯並び多少悪くても別に死ぬわけじゃないし…社会人になってお金稼げるようになったらやればいいか…と半ば諦めていたとき、インスタでキ矯正の広告を見つけました。 正直2万円〜なんて、胡散臭いにも程があると思いました。 笑 が、口コミなどを見て、割とちゃんとしてるかも?とにかく一回話を聞いてみよう!と思い、初回検診を予約しました。 私が初回検診をしてもらったのは原宿にある最近できたばかりの歯科でした。 CT撮ってもらったり口の中にカメラ?入れたり色々してもらいました。 びっくりしたのはデータをすぐに取り込んで、画面で自分の歯並びを完全3Dで目視出来たことです。 写真撮るのを忘れてしまったのですが、私の前歯こんなに出てた…? とだいぶ落ち込みましたw 私の場合顎が小さくて歯がギチギチに並んでいたので、キで矯正した場合と全体の歯を矯正した場合の2パターンの出来上がりを同じく画面で見せてもらえました。 やはり部分矯正のキに比べて全体矯正の方が綺麗に並ぶようでしたが、費用の関係でキでいくことを決めました。 一番気になる費用ですが、私の場合結局8クールは必要みたいでトータル37万ぐらいになっちゃいました。 それでも前にカウンセリング受けたマウスピース矯正は50万はかかるって言われたので比べれば安いかなーと。 あとプラス2回分とホワイトニングがついてくると聞いたので。 さすがに一括で払うのは無理だったので、何とかローンで37回払いで払うことにしました。 なんとはキ持ち…月1万でよかったのでありがたかったです。 この初期検診を受けたのが3週間前。 よっぽど人気なのか、3週間経ってやっと!!昨日器具を受け取ることができました。 ソフト・ハードの2つを受け取り、ソフトを1週間付けたのちハードを6週間つけるらしいです。 病院でソフトを実際につけてみて…まず喋りづらい。 でもすぐに慣れるそうなのでそれはいいとして、外すのが本当に難しい!これも慣れるそうですが本当かなあ… つけ方のコツ・外し方のコツともに丁寧に病院の人が教えてくれました。 あとは私の場合綺麗なアーチを作るために拡大装置が必要らしいのでその為の型どりをしたりして病院を後にしました。 マウスピースは透明なので、多分自分から言わない限り人から気づかれることはあんまりないかなって感じです。 ただ私は出っ歯なので、それに更にマウスピースの厚みが若干足されて口閉じるのが結構大変です。 あとはうまく笑えない。 話しづらい。 そして外す時が痛い!! 寝る時も付けて今朝ご飯を食べるために外したんですがめーっちゃ痛かったです。 30分ぐらい。 動いてるからだ!と思うことにしとかないとやってらんないです。。 でもこれ付けっぱなしじゃ何も食べれないので間食はすることなくなりそうです。 痩せるかなw とりあえず今日はこんな感じです。 8クールなのでこれが1年は続く計算…気が遠くなりそうですが頑張りたいと思います。

次の

キレイライン矯正の効果まとめ(経過写真つき)

キレイ ライン 矯正

こんにちは!ついに 完全フリーランスになったカエルです。 副業だった頃はカフェに行って仕事するのが楽しみでしたが、毎日のことになると面倒くさくなり、家で仕事する割合がぐんぐん増えています。 (笑) さて、今回は!長年の目標の1つでもあった「 歯科矯正」にチャレンジしてみました! 昔からいわゆる「出っ歯」に悩まされており、子ども時分には心無いからかいも受けました。 フリーランスとしてそこそこ収入を得られるようになった今、チャンスなのでは!?と思い立ってみました。 この記事では、わたしがチャレンジすることを決めた 「キレイライン矯正」の詳細と経過報告を更新していきます。 恥を忍んで自分の歯並び写真も掲載しているので、同じように歯並びへコンプレックスを抱く方の参考になれば良いなと思います。 Contents• キレイライン矯正とは?ワイヤー矯正との違い 歯科矯正と言えば、ワイヤー矯正が一般的ですよね。 ワイヤー矯正はお金と時間がかかりますし、見た目も悪いので、人前で話すようなお仕事をしている方はなかなか手を出し辛いのではないでしょうか。 キレイラインは、 透明のマウスピースを使って歯並びを矯正していくタイプなので、見た目はあまり気になりません。 費用も4万円から始められるとうたわれており、ワイヤー矯正と比べるまでもない安さとなっています。 キレイライン矯正とワイヤー矯正の比較 費用や治療期間などの違いを以下にまとめました。 キレイライン矯正 ワイヤー矯正 費用総額 10万円~30万円 60万円~90万円 治療期間 3か月~10か月 1年~3年 見た目 透明で目立たない ワイヤーが目立つ 取り外し 可能 不可能 医師の技術差 起きない 起きる どの項目を比べてみても、 キレイライン矯正の方が優れています。 特に、マウスピースは透明なので付けていても目立たないというのが嬉しいポイント。 また自分で取り外しができるため、矯正器具がない 通常の歯で食事や歯磨きが可能です。 更に、キレイライン矯正ではマウスピースの作成にデジタル技術が使われています。 そのため クリニックや医師による品質差がほとんど出ません。 機械によって計算された最短距離での矯正が可能となっており、手作業で調整を行うワイヤー矯正よりも効率的です。 歯科矯正するタイミングをこのご時世まで取っておいて良かった・・・(?) キレイライン矯正の特徴 キレイライン矯正の大きな特徴として、 矯正する歯が限られているという点があります。 ワイヤー矯正の場合は上下全ての歯をずらして矯正を行いますが、キレイライン矯正では上下6本ずつ、計12本の歯にしか矯正を行いません。 全体の嚙み合わせを治すというよりも、前歯の部分を治療して 見た目を美しくするというのがキレイライン矯正の特徴。 ワイヤー矯正よりも費用が安い理由の1つでもあります。 わたしのように見た目を改善したい場合にはうってつけの治療方法というわけですね! ちなみに奥歯の歯並びも治したいという場合は、残念ながらキレイライン矯正では対応できないようです。 キレイライン矯正で対応している歯並び キレイライン矯正ではほとんどの歯並びに対応可能となっています。 以下のような歯並びでお悩みの方は、一度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。 八重歯• 出っ歯• 受け口• すきっ歯• 前歯が閉じない• 中心がずれている• 嚙み合わせが深い ただし受け口と中心のずれについては、度合いによってキレイライン矯正を受けられない可能性もあるようです。 また虫歯がある場合も矯正ができないので、痛みのある虫歯を抱えている方は先にそちらを治療してしまいましょう! 矯正にかかる費用はいくら? キレイライン矯正のWEBサイトを見てみると、4万円から始められるというメッセージが目に入りますよね。 さすがに4万円ってことはないでしょ・・・と思いますが、実際にはいくらぐらいの費用がかかるのでしょうか。 キレイライン矯正の費用目安 キレイライン矯正は歯並びの歪みやがたつき度合いによってかかる費用が変わります。 目安としては以下の通りです。 軽度 10万円~15万円 軽~中度 15万円~20万円 中度以上 20万円~30万円 4万円というのは、 1回のマウスピース製作にかかる料金なんですね。 実際には1回の治療で理想の歯並びにもっていくことはできないので、何回か継続する必要があります。 とは言え、ワイヤー矯正のように長期間前提ではなく、 1回やってみて相性が悪いと思えばそこでやめられるというのがキレイライン矯正のメリットです。 4万円から始められるというよりも、4万円の時点でやめられるみたいなイメージかな。 自分が納得できたところで治療を終えられるので、予算や期間を踏まえて検討してみると良いでしょう。 ちなみに、はじめから継続的に治療するつもりで申し込む方向けに、お得なセットコースも用意されています。 1回ずつ支払い 4万円 4回セット 15万円(1万円お得) 7回セット 25万円(3万円お得) 10回セット 35万円(5万円お得) 現金払い以外にも、クレジットカードやデンタルローンにも対応しているので、一括払いが難しい場合でも安心。 この他、 初回のみ健診費用として3,500円程度が発生します。 また治療中にマウスピースを紛失してしまった場合は再製作料が6,000円かかるので注意しましょう。 申し込みの際に実際にかかった費用 では、わたしが実際に支払った費用と内訳もご紹介しますね。 そのため理想的な歯並びまで持っていくには 10回ぐらい必要かもね~と言われました。 でもでも、もしかしたら ちょっと早い段階で満足するかもじゃん?と、少し出し渋りまして、キレイライン矯正は 7回コースに決定。 更に、わたしの歯並びは全体的に「V字型」になっているとのこと。 このままだと前歯を後ろに下げることが難しいそうで、矯正器具と合わせて「 拡大床」を使うことを提案されました。 拡大床とは、歯の裏側から顎を広げるように矯正を行う器具のことです。 歯が生えている床の部分を広げるという意味から拡大床と呼ばれています。 拡大床を使うことで、「V字型」の歯並びを「U字型」に治していくんですね。 そうすると歯の間にスキマができるので、あとはマウスピースを使って歯の位置をずらしていくというイメージです。 拡大床は不覚でしたが、仕方ないですね。 歯並びの歪みがひどい場合はキレイライン矯正以外の費用が少しかかることを覚悟しておきましょう。 キレイライン矯正の治療の流れ キレイライン矯正は治療方法の名前なので、「キレイライン矯正歯科」というクリニックがあるわけではありません。 対応しているクリニックを探して、そこでカウンセリング・治療を受けることになります。 治療期間・費用には個人差がある 先ほどからお伝えしているように、歯並びの歪みやがたつき度合いによって矯正期間は大きく異なります。 それでも最大1年ほど見ておけばキレイになるので、 ワイヤー矯正と比較すると非常に短期間で完了できるでしょう。 まずはクリニックにてどの程度の期間・費用で治療することになるのかを相談してみてくださいね。 わたしの場合、以下のような流れで初回健診が行われました。 アンケート記入・カウンセリング• 歯のレントゲン撮影• モニターで現状と治療後の歯並びを確認• 費用・コース相談• 歯のお掃除(希望制)• 支払い・次回予約 わたしは歯医者さんへ行くこと自体がすごく久々で、 多分15年振りとかじゃないですかね。 担当してくれた方に、 歯石がびっしりですよ~~~(にっこり)と言われてしまったので、しっかりお掃除もしてもらいました。 おかげさまでびっくりするほど歯がピカピカになり、これだけでも行った価値がありました。 (笑) キレイライン矯正に対応しているクリニック キレイライン矯正に対応しているクリニックはまだ少なく、全国で受けられる治療方法ではないようです。 キレイライン矯正を行うクリニックがあるのは、 東京・神奈川・岡山・大阪・愛知のみ。 (2019年10月現在) 大阪と愛知はそれぞれ1か所しかないため、近くにお住まいの方でないと難しいかもしれません。 順次拡大中とのことなので、上記エリア外の方は今のところ対応クリニックが増えるのを待つしかなさそうです。 キレイライン矯正の対応クリニック一覧はから確認できます。 随時更新!キレイライン矯正の経過報告 ここからは、キレイライン矯正の経過報告を更新していきます。 検診は3週間に1回程度のペースなので、次回更新は10月末頃になるかな~という予定。 頑張ります。 へへっ 第1回:初回検診・カウンセリング まずは初回検診ですね。 レントゲン撮影をしただけで、まだマウスピースの受け取りはしていません。 ひとまずスタート時の歯並びをさらけ出しておきますね。 前歯の出方がやばいのと、下の歯が1本完全に飛び出しているのが分かります。 間で1回検診に行って、次のマウスピース用の型取りをするというペースです。 受け取ったマウスピースがこちら。 (ハード) 着用時間は、1日20時間以上。 食事などで 外す場合は1時間程度までにしてね、と言われました。 マウスピースを着用するとこんな感じです。 (ちょっとブレててごめんなさい) アップで見ると なんかかぶさってるな~と分かりますが、遠目にはほとんど分かりません。 クマさんからも、 全然目立たないね!とお墨付きをもらいました! 着け心地としては、後ろ側にぐぐっと押されているような感覚で、 全く痛みが無いとは言いませんが耐えられる程度です。 次回は11月中頃です、少しでも変化が見て取れたら嬉しいな~と思います! 第3回:マウスピース型取り 今回は新しいマウスピース用の型取りのみ、30分もかからずに終了しました。 3週間でこれだけ動くんですね~、ちょっと感動しました。 第4回:マウスピース・拡大床受け取り 2回目で受け取ったマウスピースを更に3週間使用したところで4回目の検診です。 今回は新しいマウスピースを3セットと拡大床の受け取りがあり、時間としては30分程度でした。 毎回型取りをすると思っていたので、3セットど~~んと渡されてびっくり。 今が何週間目で、次に使うマウスピースはこれで・・・と自分自身で管理しなくてはいけませんね。 そして現在の歯の様子がコチラ。 (マウスピース外すのを忘れてますがご愛嬌ということで) そしてそして、噂の(?)拡大床がコチラ。 拡大床は寝る時の8時間だけで良く、マウスピースの上から着用する形になります。 (痛みはないものの、 滑舌が5割ぐらい悪化します) 合わせてネジも渡されまして、 真ん中の穴に差し込んで毎日少しずつ回転させてネと説明を受けました。 これで少しずつ広がっていくんですかね~~人体って不思議です。 今回マウスピースを3セット受け取ったので、次回は全体の真ん中になる7週間後の予約となりました。 1月末頃にまた更新しま~す! 第5回:歯の様子チェック 前回受け取った3セットの2セット目に入ったところで、歯のチェックをしてもらいました。 拡大床の効果がきちんと出ているか、痛みはないかといったお話をして。 ちょろっと拡大床の調整をしてもらっておしまい。 現在の歯の様子がコチラです。

次の

キレイライン矯正【公式】|2万円から始められる歯科矯正

キレイ ライン 矯正

Contents• キレイラインってそもそも何? 2万円~の歯科矯正 芸能人のような歯並び、憧れますよね。 歯並びが整うだけで顔の印象ってすごく変わります。 とか見てるとなるほどなぁと思う方も多いはず。 でも歯列矯正って下手したら中古車1台買えるほどに高額だし、なかなか手が出せない。 あーぁ、安い矯正ってないのかしら…なんて検索していると目に留まるのが キレイライン。 公式ページでは、 「2万円から始められる矯正」、 「歯科矯正が格安の30万円で完了」というような説明がされています。 () 安さの秘密は前歯計6本を対象とした 部分矯正であるため。 前歯の並びが気になる方にお勧めの歯列矯正です。 逆に言えば6本じゃ済まないぞという場合、キレイライン以外の取り扱いがある矯正歯科に相談する方がいいです。 インビザライン?キレイライン?違うの? キレイラインに興味を持っていろいろ情報集めていると気になるのがインビザライン。 名前が似たり寄ったりでどう違うのか気になりますよね。 どちらも透明なマウスピースによる歯列矯正ですが、インビザラインは80万~キレイラインは2万~(都度払い回数によるけど20~50万円とか)。 値段相応でインビザラインのほうが優秀な子です。 キレイラインはあくまでも部分矯正止まり。 歯科医師じゃないので、大雑把にしか言えませんが、以下のような場合はインビザラインの方が向いています。 噛み合わせも矯正したい• 奥歯の矯正も必要な歯並び• 前歯6本の矯正だけではきれいにならない歯並び このあたりのお話は歯医者に行って相談するのが1番。 百聞は一見にしかずです。 実際に歯列矯正相談予約して、自分の歯並びを確認するしかありません。 マウスピースで目立たない矯正 歯列矯正というとパッと思いつくのは、歯の表側に銀のごっつい矯正器具付けてやるアレ…。 女性で、しかも成人してしまっているとなかなかアレをやる気にはなれないですよね。 キレイライン矯正はその点は心配なし。 透明なマウスピースを使うので目立たないです。 (後程書いていますが、職場でも全く気付かれていません) キレイライン矯正はつまり、 安くて目立たない歯列矯正。 この辺りの嘘、ほんと?!は、実際の予約の様子などなど織り交ぜながら詳しくご紹介します。 キレイライン矯正の予約は取りにくい?! 初回の検診予約は1か月待ちを覚悟して キレイライン矯正、価格帯が安いこともあってか大人気のようです。 クリニックが増えてきてはいるとはいえ、なかなか予約が取れません。 私の場合2019年の4月に申し込み、5月の検診予約になりました。 当初行こうと思っていた池袋店は5月中空きがなく、結局別な店舗に行くことにしました。 予約画面の一部ですが、予約ができる店舗、できない店舗に分かれているので自分が行きたい店舗の空きがあるか確認してみてくださいね。 現在キレイラインは東京を中心として、一部神奈川や岡山などで行われています。 関東周辺でないとなかなか行うことができないのが残念なところ。 初回以降は普通に予約できそう 初回の予約さえ取れてしまえば、その後はすんなり予約が取れることが多そうです。 普通の歯科予約のような感じ。 来院したときに次の予約を入れて帰ってもいいですし、予定が分からないときは電話で予約することもできます。 キレイライン矯正ができる歯科は普通の歯医者さんなので、土日祝休み、18時頃までの営業というところもあります。 自分の予定と合う歯医者さんを選んでくださいね! キレイライン予約~初回受け取りまで 初回カウンセリングの様子 初回のカウンセリングでは• どこの歯並びが気になっているか• 虫歯がある場合どこの歯医者で治療するか をまず聞かれます。 ちなみに初回検診費用は3500円。 (初回のお試しを頼むと、当日3500円+2万円がかかります) その後歯のレントゲンを撮り、レントゲン写真を見ながらどれくらいの回数の治療になるかの説明、相談が始まります。 私の場合、下の歯は5~6回もしかしたら8回、 上の歯の噛み合わせが逆になっている部分はキレイラインでは難しいかもしれないというように説明されました。 歯並びはこんな感じ。 (見苦しくてごめんなさい) 聞けば聞くほどしょんぼり…でもできることとできないことをきちんと説明してもらえました。 キレイライン料金の概要 キレイラインの矯正は、1クールにソフトとハード2種類のマウスピースを使います。 1クールセットで4万円が基本。 2クールで終われば8万円(初回2万円の人は6万円で終了します。 ) ソフトに1週間、ハードに5週間で合計42日ほどで1クールが終了します。 1回目 0. 5㎜移動 2万円(料金改定後4万円) 2回目 1㎜移動 4万円 3回目 1㎜移動 4万円 4回目 1㎜移動 4万円 …というように都度払いは続きます。 (すべて税抜き価格) セット価格もあります。 4回セット 13万円 7回セット 23万円 ホワイトニングジェル1本付き 10回セット 32万円 ホワイトニングジェル2本付き んでもって顎を広げるための拡大装置は、 上顎 3万円 下顎 3万円 ある程度の出費は覚悟していかないと、やっぱり矯正って難しいですね…。 しついこい勧誘はあるの? 初回契約の場合、10回プランなどセット割引になるものがあるのでそちらの説明があります。 歯の並びからして回数が必要なので今契約した方が安いは安いですね~とか、早く並び治したいなら拡大装置も使った方がいいので~とか、そのあたりの説明がありましたが個人的には勧誘といった印象はなし。 押しに弱い方だと嫌だな~と感じることがあるかもしれません。 歯並びが複雑で、お金が高くなるようであれば正直他の矯正歯科にも相談してみた方がいいです。 インプラント、ワイヤー矯正、インビザライン、最近はいろいろな矯正方法あるので、自分に合ったものを選ぶのが1番。 噛み合わせって難しい部分なので安易に大きなお金使わない方がいいです。 自分でだいぶ歯並びが悪いなぁと感じている方は特に、いろいろな矯正方法を取り扱っている歯科に相談してみることをおすすめします。 マウスピース受け取り マウスピースの型取りをしてから完成までに3週間ほどかかります。 なので、初回カウンセリング時に申し込みをすると、そこから3週間後に1回目のマウスピースを受け取ることになります。 直接歯医者さんで受け取って、付け方や日常の過ごし方の説明を受けました。 普通に痛い(我慢はできるけど) 特に1日目のマウスピースを外した瞬間と付けるとき。 鈍痛が走ります。 2日目恐る恐る外した時は「あれ…、昨日ほど痛くないぞ」って感じでした。 初日は固いものを噛もうとすると痛いので、奥歯を使って食べました。 痛みに弱いのかもしれませんが、取り付け、取り外しの痛みが嫌なのでご飯を食べることが億劫になっておひるご飯はスムージー…矯正ダイエットになりそうです。 ワイヤー矯正はもっと痛いのかもしれませんね…。 と言うか、いろいろ調べてみると、歯の矯正自体がそもそもある程度痛みを伴うものなので、全く痛くないというのはあり得ない。 この痛みを我慢すればきれいな歯並びになる…と思って頑張るしかないですね。 元々の歯並びによる キレイラインの料金は元々の歯並びによりだいぶ値段が変わります。 大きくガタガタになっている歯並びの場合は、時間もかかるので料金が増えます。 私の場合、上前歯の噛み合わせが逆になっている部分を1番治したかったのですが、それを治すのに10回+拡大装置もあったほうがいいだろうと言われなんだかんだと40万~60万くらいまで膨れ上がりました。 結構軽い気持ちで行ったので、値段に怯んでしまったこともあり、とりあえずお試しの初回2万円を契約して帰りました。 ある程度きれいな歯並びの方は4回ほどで終わるので、15万円ほどで終わってしまうようです。 もともと奇麗な人…羨ましい。 重ね重ねになりますが、もともと歯並びがすごく悪いと自覚のある方の場合、ワイヤー・裏側矯正・インビザライン等、色々な方法を取り扱っている歯科にとりあえず相談に行くほうが絶対いいです。 ちゃんと説明してもらえない?!.

次の