インスタタグ 付け 消し方。 Instagram(インスタグラム)で知らない人から勝手にタグ付けされた時に消す方法

インスタのタグ付けを削除する方法!他人に勝手にタグ付けされたときの対処法!

インスタタグ 付け 消し方

タグ付けされた投稿自体は消せない インスタでは、投稿する画像に「ユーザーネーム」を載せて投稿することができます。 これにより、誰と一緒に参加していたのか。 所縁のあるユーザーを一緒に残すことができ、特に集合写真や人と映っている投稿にタグ付けされることが多いです。 タグが付けられることによってあなたのプロフィールページにアクセスることも可能になり、フォロー外からのアクセスやこれをきっかけにフォロワーが増えることがあります。 なお、タグ付けするのは投稿者のため、意図せずタグ付けされることも多いです。 タグ付けによって「どこで・だれと」といったアクティビティ内容が投稿者のアカウントを介し、バレたくない人物の目に入る可能性があります。 現時点でタグ付けを許可しない設定は無いため、 「ブロックしているユーザー以外」であれば フォローされている・されていないを問わずタグを付けられる可能性があります。 自分のユーザーネームは非表示にすることができる 一部の場合を除いてタグ付けをできないようにする設定はありませんが、 投稿に付けられたタグをユーザー側の操作で消すことや非表示にすることができます。 タグ付けをされると、デバイスの通知によって「タグ付けされました。 」という旨の通知が表示されるため、気付いた段階ですぐに削除・非表示設定することが可能です。 タグ付けを削除・非表示にしても投稿者に通知されない タグ付けされた投稿から自分のユーザーネームを削除・非表示にすると、投稿者に通知は行きません。 なお、投稿者や他ユーザーが画像を参照した際に、あなたのユーザーネームが表示されていないということに気づくこともあります。 消し方はプロフィールページから 消し方はとても簡単です。 タグ付けされた投稿がされた通知が届き、その通知をタップすると、対象の投稿に直接アクセスできますが、こちらはプロフィールからアクセスする方法になります。 自分の【プロフィール】画面を表示し、 赤枠の部分をタップします。 こちらには、「あなたが写っている写真」が一覧で表示されます。 タグ付けを消したい投稿をタップしましょう。 タグを表示する方法は、画像をタップすると追加されたユーザーネーム全てが表示されます。 自分のユーザーネームタグをタップしてください。 「投稿から自分を削除」をタップします。 「削除」をタップすると、その投稿から自分のユーザーネームを削除することができます。 プロフィール画面を参照しても、サムネイルで表示されません。 一度非表示操作した投稿では、再度プロフィールに表示することはできません。 投稿時に自動的にプロフィールに表示させない方法 投稿される度に非表示にするのが面倒な場合は、事前に設定で自動追加を拒否することで手間を省くことができます。 「設定」をタップします。 「プライバシー設定」にアクセスします。 「タグ」をタップします。 タグ付けを拒否したい場合は「ブロック」する タグ付けをどうしても拒否したい・タグ付けが煩わしい場合は 「ブロック」しか方法がありません。 ですが、 可能であれば事前に投稿者に「タグ付けをやめてほしい」と一言伝えるのが良いでしょう。 相手のプロフィールを参照し、 画面右上の「・・・」をタップします。 「ブロック」をタップします。 画像合成でタグ付けを行う 画像合成で吹き出しとテキストを画像に合成させるサービスを提供しているサイトさんがあります。 メンションを付けずにタグ付けを行う方法としては、この方法がオススメです。 「ファイルを選択」でデバイス内のカメラロールから合成したい写真を選択します。 「写真をアップロード」をタップします。 【アイコンサイズ】を選択し、入力したいテキストをフォームに入れます。 アイコンサイズは吹き出しのサイズで、文字の長さに対してはみ出している場合などは、アイコンサイズの変更を行うとぴったりに調整できます。 入力後は画像内の配置したいところをタップします。 アイコンの位置は画像内をタップすることで自由に配置することができます。 画像の合成が完了しました。 画像の長押しでデバイス内に保存ができます。 ストーリーではタグ付けを削除することはできない ストーリーでタグ付けをされた場合、 これまで紹介したケースと異なり、追加された側では削除することができません。 そのため、 投稿者に直接削除を依頼するか、24時間の経過を待って消去されるのを待機するしかありません。 ストーリーでタグ付けを削除できないのは不明ですが、おそらく時間経過で消去されるため、削除機能を省いているものと思われます。 「何らかのエラーが発生しました。 」と表示される場合 タグの削除を行った後に 「何らかのエラーが発生しました。 」と上部に表示されることがあります。 通信状況が不安定な場合や、「削除」操作を二回連続行うと発生する傾向があります。 アプリの再起動によって処理が正常に行われ、再度投稿を参照すると自分のユーザーネームが削除されています。

次の

【インスタグラム】「タグ付け」とは―されたらどうなる?通知は届く?

インスタタグ 付け 消し方

ハッシュタグは「 」を頭に付けた単語や短文で、その投稿のテーマや含んでいる情報などを示します。 インスタグラムでは多くの場合このハッシュタグで投稿が検索されますので、新しいフォロワー候補の目に触れやすいハッシュタグを付けなければいけません。 また企業アカウントによっては、指定するハッシュタグをつけた投稿をそのアカウントのプロフィールページやサイトに掲載していることもあります。 こうしたハッシュタグを付ければ、あなたの投稿は見知らぬフォロワー候補の目に止まることでしょう。 しかし、かといって投稿に全く関係のないハッシュタグをつけては、そのハッシュタグで検索する人に迷惑ですし、場合によってはその場でブロックされてしまうかもしれません。 これでは逆効果です。 この投稿が刺さりそうなハッシュタグを求め、まずは 「 」を入力し、そのあとにハッシュタグの単語を続けます。 するとその単語で始まるいくつかの(場合によっては多くの)ハッシュタグが表示されますので、最適と思われる ハッシュタグを選択します。 投稿が多すぎるハッシュタグは競争が激しく、あなたの投稿が誰かの目に留まる確率は低下します。 では投稿数が少ないハッシュタグがいいのかといえば、確かにそのハッシュタグで検索した人の目には止まるでしょうが、そもそもそのハッシュタグで検索する人自体が少ない、もしくはいないのかもしれません。 ハッシュタグ選択を適宜修正しましょう。 とはいえ ハッシュタグは30個までつけられますから、一つ二つのハッシュタグは失敗しても大丈夫です。 たくさんハッシュタグを付けるほどその投稿が検索に引っかかる率は高まりますが、 毎回30個をフルに付けていると、商業アカウントかスパムアカウントかと思われて相手に引かれる可能性もあります。 適度なハッシュタグを付けられたと思ったら、画面右上の 「シェア」ボタンをタップしてインスタグラムに投稿します。 投稿にユーザー名を タグ付けすると、そのことが 相手に通知され、 相手は自分がタグ付けされた投稿を一覧表示の中から 見つけられます。 つまり相手に「あなたが写っている写真を投稿したよ」と連絡でき、うまくいけばフォロワーになってもらうことも期待できるのです。 しかしこれも 関係ない写真に勝手にタグ付けすると、迷惑行為としてタグを消された上に、良くてブロック、わるいとインスタグラムに報告されてアカウント停止処分を食らうことでしょう。 とはいえ、適切に使用さえすればフォロワーの増加が期待できますし、これも企業の商品などにタグ付けすることで企業アカウントや企業サイトでの投稿の露出もあり得ます。 そんなタグ付けは、キャプションやハッシュタグ同様、新規投稿、または投稿した写真を「編集する」ことで入力できます。 タグ付けするには、新規投稿画面の 「ダグ付けする」をタップします。 layoutは画像を組み合わせてレイアウト(layout)する、インスタグラム公式アプリです。 このアプリを使えば、複数の写真を投稿する際に一つにまとめて見せられます。 layoutの組み合わせ写真は、カメラロールに保存したりインスタグラムやそれ以外のSNSに同時投稿したりでき、しかもインスタグラムの登校画面からの呼び出しも可能です。 保存された編集後の写真をアイッキャチ用の1枚目の写真とし、使用した写真を2枚目以降の写真としてまとめて一つの投稿にするのもいい手です。 ただしこの場合、フォロワーのフィードに大きく表示される時はいいのですが、プロフィールに表示された際には、layoutで一回り写真が小さくなっている分だけ被写体がいっそう小さくなり、アピール力が落ちる危険性があります。

次の

インスタグラムの投稿後の編集/削除方法!キャプションや写真の追加変更する!

インスタタグ 付け 消し方

勝手にタグ付けされる インスタでは、スパムアカウントによる迷惑行為が不特定多数のユーザーで確認されています。 具体的には、 センシティブな画像に「CHECK MY BIO」スタンプが貼られた投稿に、自分がタグ付けされる被害です。 タグ付けを行うアカウントは、特定のアカウントではなく、複数のスパムアカウントから付けられる報告が出ています。 ユーザー側が対象のアカウントをブロックしても、時間経過でまた別のスパムアカウントにタグ付けされたという報告も出ていることから、「ブロック」のみでの対処が追い付かない場合があります。 スパムアカウントの誘導 タグ付けをする目的は、 スパムアカウントへのプロフィールアクセスを誘導するものと思われます。 スパムアカウントのプロフィール欄には、センシティブな内容に触れるものと外部リンクが記載されており、最終的には外部リンクへの誘導を目的としているようです。 アクセスすると、 「私のプロフィール 経歴 をチェックして」 という意味になります。 「BIO」は、英単語「biography 経歴 」を省略した形になります。 英語圏では、「CHECK MY BIO」がネットスラングとして多用されることもあり、インスタに限らず様々なSNSや海外圏の掲示板、チャット等で目にすることがあります。 インスタの画像にスタンプで貼られている場合は、投稿をしたアカウントのプロフィールを見てほしいという意味になります。 タグ付けされてもアクセスしないようにする インスタで「CHECK MY BIO」の投稿にタグ付けされてしまった場合は、 相手にしないことが大切です。 タグ付けされてしまった場合は、対象のアカウントのブロックと報告を行い、 可能であれば「タグ付け」を行える範囲の設定を変更するようにしましょう。 範囲の変更によって、フォローをしていない複数のアカウントからのタグ付けを予防することができるほか、あらゆる危険性から身を守ることができます。 また、対象のアカウントに対してのコンタクトを図ることは避けるようにし、インスタの他フォロワーへの警告など不審なアカウントには上記の適切な対処を行うようにしてください。 対処法 スパムアカウントに対しては、下記の対処法が有効です。 関連記事• タグ付けを承認制にする タグ付けを承認制にすることにより、怪しい投稿への勝手なタグ付けを防止することができます。 「設定」を開きましょう。 「プライバシー設定」をタップします。 「タグ」に進みます。 「タグ付けを手動で承認」に進みます。 トグルをオンにしましょう。 タグ付けされた投稿から自分を削除する タグ付けされた投稿から、自分を外す方法もあります。 タグ付けを解消することにより、投稿に自分のユーザーネームが表示されなくなりますが、タグ付けを行ったユーザーをブロックもしくはタグ付けを行える範囲を「フォロワー」にしない場合は、何度もタグ付けをされる可能性があります。 タグ付けされた投稿から自分を外す手順は、関連記事にて紹介しています。

次の