兵站線 確保。 艦これ第二期 マンスリー任務【兵站線確保!海上警備を強化実施せよ!】

兵站線確保!海上警備を強化実施せよ!の攻略

兵站線 確保

建設中の兵士 兵站(へいたん : Military Logistics)は、戦闘地帯から後方の、の諸活動・機関・諸施設を総称したもの。 において作戦を行うの移動と支援を計画し、また、実施する活動を指す用語でもあり、例えば兵站には物資のや、のや、施設の構築や維持などが含まれる。 兵站の字義は「の中継点」(Wiktionary 「」)であり、世界中で広範に使用される英語表記の「logistics」は、で「計算を基礎にした活動」ないしは「計算の熟練者」を意味する「logistikos」、またはで「軍あるいは東ローマの行政官・管理者」を意味する「logisticus」に由来する。 類義語としては、戦闘を実施する上で部隊の作戦行動を支援する戦闘支援(Combat Support)、作戦行動を行う部隊の的な機能を保持させる(Combat Service Support)があり、これらに比べて兵站はより広い範囲を指示する概念である。 兵站の理論 [ ] 先行研究 [ ] は、の理論を構成する三つの要素としてとに並んで兵站を位置づけており、ソープ(G. Thorpe)は戦争をの類推からが立つ舞台を準備することが兵站の役割であると考察している。 彼らの説明は兵站が理論において補助的なものではなく、むしろ主要な地位を占めるものであり、それは、軍事作戦の遂行を基礎付けることを示している。 「戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る」という格言はそのような兵站の重要性を端的に強調したものであると言える。 古典的な兵站学の研究として挙げられる著作に、の『』がある。 著作では兵站が果たして戦争術の重要な一部門であるのか、または幕僚業務を総括する慣習的な用語でしかないのかという問題について検討がなされた。 そして、兵站の本質的な要素が運動(Movement)であることを確認した上で、運動のひとつであると行軍の経路となるの問題を通じ、兵站が戦略との関係を明らかにした。 また、は『』の中で提起した戦場の部隊の運動を妨げる諸要因をと概念化した。 現代の兵站学研究としてはヒューストン(J. Huston)の『軍資金』(The sinews of war)があり、この著作ではにおける重要な戦略的なの上で兵站の制約が特に重要であったことが明らかにされている。 また、により発表された『』の中で戦闘部隊と非戦闘部隊との比(teeth-to-tail)に着眼しており、従来まで主張されていた戦闘部隊の比が高いことと戦闘効率の因果関係を否定し、適切な比を導き出す試みが戦争の摩擦により困難であることを示した。 兵站の要素 [ ] 「必要なものを」「必要な時に」「必要な量を」「必要な場所に」は、の要諦であり、兵站任務を円滑に遂行する作戦地域と兵站との交通上のつながりを維持するために数理的、物性的、情報的な処理が求められる。 これがまたは背後連絡線(Line of communications, LOC)であり、これは、複数の兵站基地とそれらを相互に接続する、、、海路、で構成される。 後方連絡線の結節点となる兵站基地はその兵站機能から的、的、的な兵站基地に区分される。 戦略的な兵站基地は・の要所に平時から設置される戦略兵站基地であり、作戦的にはが作戦区域内に設置する兵站基地は方面兵站基地となり、状況に応じて戦術的に設置される方面前進兵站基地と分けることができる。 また、別の分類としては兵站基地は兵站地区や兵站諸機関、その関連機関などが併設される兵站主地、通常は兵站地区司令部や出張所と併設される兵站地、前線の作戦部隊に対して最寄の兵站基地である兵站末地(terminal point of line of communications)と区分される場合もある。 兵站の原則 [ ] 兵站の歴史 [ ] 近代以前の兵站 [ ] 「」および「」も参照 以前において兵站とは、やの局地的な調達と拠点の兵站の組み合わせで成立していた。 (大王)が行ったからへ至る長距離の遠征、また、がしたからを経由したは、その典型的な事例である。 しかし、体系的な兵站が皆無であったわけではない。 ペルシア王は、でのギリシア侵攻において大規模な戦力を派遣するために後方の部隊を計画的に運用しており、 また、のは、各部隊が自己完結的な兵站機能を備えることで柔軟な運用が可能であったためにではおよそ26キロメートルを3週間という時間でした記録も残されている。 [ ] においてが確立していた兵站能力は効率的に組織されており、基地補給、局地補給、自己完結を駆使することで迅速な行軍能力を発揮することが可能であった。 それは、モンゴル軍は多数の部隊を保持しているだけでなく、野営生活を中心とするの生活技術によるものでもあった。 くわえて、敵地侵攻の際には組織的なによって消耗を補い、複数の行軍縦隊に分かれて戦地に集合することにより速やかに行動することが可能であった。 このような効率的な兵站体系によってモンゴル軍は290キロメートルを3日間で移動する能力を備えていた。 しかし、ののは、作戦行動を開始すると敵地での略奪や市場での調達に依存していたために兵站的に不安定であった。 特にが長期化すると攻囲している軍の消耗を補填できるだけの兵站機能を確保することが困難であった。 このような事態を避けるためにヨーロッパでの戦争ではしばしば河川でのとを組み合わせた兵站が実行されていた。 近世の兵站 [ ] まででは、はの途上や戦場において集団的なを行うことによって局地的なを行っていたが、それは体系的に行われていたものというよりもその場の情勢に応じて応急的に実施されていた。 このような状態が改善されるようになった背景には-にかけての、によるの成功があった。 彼らはの兵站組織を参考としながら、より合理的な兵站体系の確立を目指した。 グスタフにより洗練された兵站体系の画期性として標準化が挙げられる。 彼は戦闘部隊の装備や編制に手を加えてある特定の規格に基づいて標準化された火砲を部隊に装備させ、やの部隊にも小規模な自己完結的な補給能力を付与した。 しかし、18世紀に戦場で行動する軍隊の規模の拡大、を消耗するの普及に伴って、の脆弱化との配置の複雑化が進み、より抜本的な改善が必要となった。 特には、自らのを実現可能なものとするために従来よりも機動的な作戦行動を可能とするような兵站体系を開発した。 はしばしばや農村に宿営してが安定的に補給できるようにし、さらに各部隊は緊急事態に備えて4日分の食糧を備えて移動する補給部隊を組織していた。 このような兵站体系を確立したフランス軍は5週間にわたって2万名のを1日に19キロメートルの距離を行軍させることができた。 しかしこれら組織的な補給体系にも拘らずでは総勢20万に及ぶ大陸軍の食料と飼葉を保持するには全く不足しており、軍団は現地調達の必要性からドイツのもっとも豊かな地域を行軍せざるをえず、また整備はされていたものの少数の街道に軍団と補給部隊が集中したことから生じた大渋滞は、部隊への補給状況をさらに悪化させた。 はナポレオン軍として最大かつ最も組織的な兵站部隊を組成したにも関わらず、やの劣悪な道路事情、現地調達の困難さ、軍紀紊乱による自軍補給部隊に対する略奪の発生、やがて条件そして、による妨害により崩壊することとなった。 近代の兵站 [ ] -にかけて兵站に影響をおよぼす事件としてが発生した。 このことに関連して兵站史においてという時代区分では、大規模な戦力の、の増大、軍需品の生産手段に関する革新、人的または物的資源を組織的に管理するための体系的な方法の確立が特筆される。 このような兵站の近代化が顕著に現れたのは、のとのにおいてである。 とを通じて従来にない数量のや物資が戦場に送り込まれ、また、近代の兵站の技術的基盤が形成された。 が勃発するととも呼ばれる大規模な総動員に基づいた兵站が実施され、大量の火力が投入されたことで所要の分量が増大した。 そのことでに依存していたは、当初は鉄道輸送に多大な期待をかけられなどに積極的に組み込まれたものの、第一次大戦の戦訓は輸送の有用性を証明し、兵站駅を供給基地とした補給戦略は再考を迫られることとなった。 さらににおける兵站部門の専門化が進み、世界大戦がはじまるまでに兵站に特化した機関や部隊が設置されるようになる。 では長期的かつ大規模な兵站が重要な役割を果たしており、では年間で400万トンの弾薬をに供給し、150万トンがとして戦闘部隊に提供された。 兵站部門で扱われていた物資は90万種類にものぼり、既に開発されていた鉄道輸送だけでなく、やが計画的に活用されていた。 兵站を管理するための方法にも科学的管理や数理的方法の導入が進み、といったが用いられるようになった。 兵站の機能 [ ] 詳細は「」を参照 整備(Maintainance)とは、部隊の戦闘力を維持するために装備の性能が完全に発揮できる状態、もしくは使用可能な状態に回復させる活動である。 整備は戦闘部隊自らが行う整備、整備部隊による整備、外注による整備があるが、いずれも作戦を遂行する上で必要なやの可動率(Operational Availability)を最大化するために行われる。 情報と備蓄管理 [ ] 必要とされている部隊に必要な物資を無駄なく供給するためには合理的な情報管理が必要である。 交戦中においては敵の作戦行動による不確実性を考慮する必要があり、安定的な兵站線の確保はより高度な課題となる。 知られていたり予測されている物流計画は格好の攻撃対象であり、物流計画は重要な機密であり漏洩は防がなければならない。 備蓄管理は補給活動を効率的に行うために必須であり、現在の大規模な近代型ではによるデジタル情報ネットワークによってできるだけ無駄を省いた補給を行っている。 軍事分野だけでなく企業活動においてもでの効率化の要は末の電子情報技術の利用であり、戦闘部隊のや企業顧客が求めた物品がどこを中であるかがいつでも明らとされ、無数のの中身を調べなくとも電子コードによって瞬時に判明するようになっている。 前線や各兵站堡からの注文の受領を行い、など数学的手法を用いて各補給線ごとの運搬能力を最適化した運用計画や需要予測を立案する。 物流計画は軍事・民生ともにおいて重要な内部情報であり、敵や競合会社に漏洩することは致命的な結果を招く可能性がある。 補給すべき物資の質と量は各部隊ごとに異なっている。 兵站線に対する攻撃に対処するためにも情報は重要となる。 地形・地図情報や周辺領域や住民、活動の有無などの情報収集も重要である。 脚注 [ ]• 世界大百科事典:兵站【へいたん】• DOD アメリカ国防総省の軍事用語事典において兵站とは次のように定義されている。 Planning and executing the movement and support of forces. It includes those aspects of military operations that deal with: a. design and development, acquisition, storage, movement, distribution, maintenance, evacuation, and disposition of materiel; b. movement, evacuation, and hospitalization of personnel; c. acquisition or construction, maintenance, operation, and disposition of facilities; and d. acquisition or furnishing of services. (combat service support)という言葉は、兵站支援に加えて、といった戦闘とは関係の薄い活動まで含んでおり、兵站の下位概念である。 では「兵站」という言葉が使用されており、「」や「」という言い方もとで使用される。 また、海上自衛隊では「後方補給」は兵站と同義語である。 日本陸軍では"logistics"を「兵站補給」と訳した• 「共同物流による事業戦略の事例研究」小林 二三夫(日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 No. 9, 1-6 2008 )PDF-P. 「解説 マーチン・ファン・クレフェルトとその戦争観」マーチン・ファン・クレフェルト『補給戦』,中公文庫,pp. 399-417,2006年5月• 1991年からのではは総計40,000個のを湾岸地域へ送り、港では中身の判らない半数ほどのコンテナを開封して中身を確認してから陸上の補給線へと送り出していた。 このため終戦時に約8,000個のコンテナが中身の判らない未開封の状態で港に留め置かれていた。 前線部隊は求めた兵器などがいつ届くのか判らなかったために2度、3度と同じ注文を出して補給能力を圧迫し続け、結局12億の余分な経費と100日分の余分な日数、100万トン分の余分な物資輸送が発生した。 12年後のではコンテナごとにが付けられていたため、求めた装備などの位置が前線部隊からも明らかとなって重複注文は無くなり、また、輸送部隊が攻撃を受けてもその位置が電子的に追跡されていたので援軍が容易に送られ、失われた荷物はまだ保有分に余裕のある他部隊向けのものが振り向けられるなどの処理が行なわれた。 ただ、当時はコンテナから取り出されればRFタグでの追跡が行なえなかったので、アメリカ軍では荷物毎にRFタグを付けるように改善が進められている 文献情報 [ ]• 著『軍事とロジスティックス』2008年3月31日第一刷発行、• 中垣秀夫「後方支援と軍事力」防衛大学校防衛学研究会『軍事学入門』かや書房、1999年、pp. 307-322. 西田義一『大陸自動車隊』叢文社、1981年• 細窟、畑中一男『補給戦かく戦えり』アイ・エス・シー、1983年• 『ロジスティクス 戦史に学ぶ物流戦略』同文書院インターナショナル、1993年、• 谷光太郎『ロジスティック思考とは何か』同文書院、1995年• 藤井久「帝国海軍燃料始末 戦史に見る燃料兵站の重要性」 軍事研究Vol. 松田裕之「南北戦争における軍用電信網の役割 : 連邦陸軍電信隊始末」『甲子園大学紀要』第34巻、甲子園大学、2007年3月31日、 123-155頁、。 Alexander, G. 1986. Military logistics. Journal of Defense and Diplomacy. Beaumont, R. 1985. Beyond teeth and tail: The need for new logistical analogies. Military Review 1985. Brown, K. 1987. Strategics: The logistics-strategy link. Washington, D. : National Defense Univ. Press. Creveld, M. van. 1977. Supplying war: Logistics from Wallenstein to Patton. Cambridge: Cambridge Univ. Press. Dunnigan, J. 1983. How to make war. New York: Quill. ジェームズ・F・ダニガン著、岡芳輝訳『新・戦争のテクノロジー』河出書房新社、1992年• Dupuy, T. A genius for war: The German army and the general staff: 1807-1945. Englewood Cliffs, N. : Pretice Hall. Eccles, W. 1950. Operational naval logistics. Washington, D. : Government Printing Office. Eccles, W. 1959 1981. Logistics in the natinal defense. Harrisburg, Pa. : Stackpole. Eccles, W. 1965. Military concepts and philosophy. New Brunswick, N. : Rutgers Univ. Press. Freedman, L. 1986. Logistics and mobility in modern warfare. Armed Forces 1986 February. Huston, J. 1966. The sinews of war: Army logistics 1775-1853. Army Historical Series. Washington, D. : Office of the Chief of Military History, United States Army. International Institute for Strategic Studies. 1969. Military logistic systems in NATO: The goal of integration Part 1-2. London: IISS. Kelley, R. 1977. Applying logistic principles. Military Review 1977. Kennon, J. 1983. Logistics and the Royal Navy. Journal of the Australian Naval Institute 1983. Meixner, D. 1895. Historischer Ruckblick auf die Verpflegung der Armeen in Felde. 2 volumes. Vienna. North Atlantic Treaty Organization. 1989. NATO logistic handbook. Brussels: NATO. Pagonis,William G. 1922. Moving Mountains: Lessons in Leadership and Logistics from the Gulf War,Harvard Business Review Press 1992 August. Peilow, B. 1987. Should logistics replace administration as a principle of war? Naval Review 1987. Reed, J. 1988. A look at current and future logistic systems. Armada International 1985. Thorpe, G. 1917 1988. Pure logistics: The science of war preparation. Washington, D. : National Defense Univ. Press. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

艦これ「兵站線確保!海上警備を強化実施せよ!」攻略・編成例

兵站線 確保

任務情報• 軽巡旗艦且つ軽巡1~3,駆逐3~5の編成で• 1-4ボス艦隊相手にS勝利 クリア報酬は• 燃料500,ボーキ300,改修資材3,給糧艦「伊良湖」1 前提任務に• (ウィークリー) あり。 関連任務に関して 「水雷戦隊」南西へ!を出現させるためには、前提任務として とをクリアする必要があります。 7-1での戦果稼ぎなどが任務達成候補になります。 ろ号作戦は、東方クエを意識した4-2・レベリングを意識した5-3。 ろ号作戦の補給艦のみ重視した2-2などが候補になります。 この点は一期より効率良く行えるようになりました。 取りたい場合、由良を使う、Gotland andraを使う等で対処しましょう。

次の

艦これ第二期 マンスリー任務【兵站線確保!海上警備を強化実施せよ!】

兵站線 確保

そこで簡単にこんな編成にしました。 製油所地帯沿岸(1-3) 1-3は軽量編成ルートと重量編成ルートを紹介します。 そこで、1-2で使った編成に軽空母を1隻追加しました。 敵に航空戦力はないので、空母には艦攻だけで十分です。 重量編成ルート 駆逐艦4隻以上では厳しい場合は、 正規空母と低速戦艦、軽巡1隻、駆逐艦2隻以上を入れると通る画像のルートにしましょう。 1-2で使った編成から駆逐艦を1隻抜いて正規空母と低速戦艦を入れています。 こちらも敵に航空戦力はないので、空母は艦攻だけで十分です。 再び1-3の編成を変更して大鯨を入れます。 大鯨は打たれ弱いのでバルジを積んでおきます。 ボスマスの 制空値は30以上で優勢、60以上で確保となります。 画像の装備で制空値は77となり制空確保になります。 今回は自由枠を空母2隻にしたので、1-4の編成から大鯨を抜いて阿武隈に戻しました。 制空値は81以上で優勢、162以上で確保となります。 画像の装備で制空値は110となり、ボスマスで航空優勢以上になります。 お疲れ様でした。

次の