拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。。 【例文つき】実はよく知らない、「時下ますます」の意味と正しい使い方【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

「時下」の意味とは?失礼のない用法やビジネスに使える例文も解説

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

「時下ますます」という表現に聞き覚えはありますか。 普段の会話で使用する事は少ない言葉ですが、ビジネスメールや手紙の挨拶文などで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。 今回はこの「時下ますます」という表現について、意味や正しい使い方をご説明していきます。 しっかりと覚えて、今後のビジネスシーンに役立ててください。 意味 「時下ますます」とは、「このところ一層、程度を増しているさま」を意味します。 「時下」とは「この頃、目下のところ」という意味を表わし、すべての季節を通じて使う事ができる言葉です。 手紙などでは、「新緑の候」や「盛夏の候」といった時候のあいさつを使用することがマナーになっていますが、この時候のあいさつを考えるのも一苦労です。 考えたあげくに間違ってしまう可能性もあります。 「時下」という表現はそういった意味で非常に便利な言葉になります。 ちなみに、「ますます」は「よりいっそう」という意味になります。 使い方 代表的な使い方は、手紙の挨拶文などで「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」というような形で使います。 ケースごとの使い方については、この後詳しくご説明していきます。 「時下ますます」の例文・文例 「時下ますます」の表現を使用する際に、合わせて気をつけていただきたいのが、「時下ますます」とたびたび一緒に使用される「ご清祥」と「ご清栄」という2つの言葉の使い分けです。 「ご清祥(ごせいしょう)」は、個人の健康を祝う言葉として使用されますが、「ご清栄(ごせいえい)」は、会社や組織の繁栄を祈る言葉となっております。 つまり、個人相手に「ご清栄」という表現を使うことや、会社相手に「ご清祥」という表現を使う事はできません。 気をつけてください。 ちなみに、「ご健勝」という言葉も、一般的に個人の健康を祝う言葉として使用される言葉ですので、合わせて覚えておいてください。 ビジネス文書における例文 会社相手の場合は、「ご清栄」という言葉を使う事をご説明しました。 それではここで、実際にビジネス文書で使える「時下ますます」を用いた例文をご紹介します。 ・時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・時下ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。 また平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 いかがでしょうか。 「平素は格別のご高配を賜り」とは、「普段から、特別な心配りを頂きまして」というような意味になります。 分かりやすく言うと、「いつもお世話になりありがとうございます」というような意味を表わす表現です。 ビジネス文書においては定型文のように使用されている表現なので、合わせて覚えておく事をおすすめします。 改まった手紙やメールなどで頻繁に使用する機会があるはずです。 「時下ますます」の手紙での使い方 皆さまご存知でしょうが、手紙において、最初からすぐに用件を書くのはマナー違反です。 まずは、「拝啓」などに代表される「頭語」、その次に「新緑の候」「盛夏の候」「残暑の候」などの季節のあいさつである「時候のあいさつ」、そして相手側の健康や繁栄を祝福する「ご清祥」や「ご清栄」などの「慶賀のあいさつ」が続きます。 まずはこの手紙の基本を覚えましょう。 そして「時下ますます」は「時候の挨拶」の部分に使用されます。 季節を問わず使用する事ができる非常に便利な表現です。 それではここで、手紙における「時下ますます」の使い方をご紹介していきます。 ビジネスレターの場合 重ねてご説明しますが、会社相手の場合には「ご清祥」ではなく「ご清栄」を使用します。 会社相手の手紙の例文をご紹介します。 ・謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 また平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「謹啓」とは、「拝啓」よりも敬意が高く、目上の方に送る手紙や、改まった手紙を送る際に使用する頭語です。 結語は一般的に「謹言」「謹白」「敬白」です。 ここで一つ注意点をご紹介します。 ビジネスレターは改まった手紙なので、「前略」という頭語は失礼にあたります。 使用しないようにしてください。 個人宛の手紙の場合 個人宛の手紙の場合は、「ご清祥」や「ご健勝」といった表現を用います。 ・拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 ・前略 皆さまにおかれましては、時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 といった具合になります。 「拝啓」という頭語の結語は一般的に「敬具」です。 こちらは良く使用される頭語ですので、必ず覚えましょう。 「前略」も頻繁に使用される頭語ですが、目上の方に対しては使用しないようにしましょう。 ちなみに結語は「草々」です。 頭語と結語は、手紙の内容や相手との関係によって使い分けが必要です。 必ず手紙を書く前に、正しいかどうか調べるようにしてください。 お礼状とは、物を頂いたり、サービスを受けたりした場合、お世話になった方に感謝の気持ちを伝える場合などの送られます。 手紙と比較して短い文書でお礼の気持ちのみを伝えるものも多いです。 ここでは、お礼状の文例をご紹介していきます。 お礼状の例文 お礼状は郵送で送付する場合が多いので、書き方としては基本的に手紙と同様です。 たとえば、取引先にお中元の品のお礼状を出す場合を例に書き方をご紹介します。 「拝啓 貴社におかれましては、時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 また平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、このたびは、結構なお中元の品をいただきまして、ありがとうございました。 いつもながらのお心遣い感謝申し上げます。 」 手紙と同様の書き方です。 今回は頭語に「拝啓」を使用したので、結語は「敬具」になることが想像できます。 間違った組み合わせで使用しないように注意してください。 また、お礼状は品物を受け取ってからすぐに出すようにしましょう。 間があいてしまっては失礼にあたります。 「時下ますます」のメールでの使い方 「時下ますます」は手紙のみに使用する表現ではありません。 メールにおいても使用する事ができる表現です。 手紙と違い、メールの場合は頭語がないので、宛名の後いきなり時候のあいさつに入ります。 また、平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 メールの場合はのこのような書き出しにするとよいでしょう。 たとえメールであってもビジネス上の取引先とのメールにおいて、時候のあいさつは必要不可欠です。 時間をかけて考えたあげくに間違った時候のあいさつを使用してしまっては目も当てられませんので、自信のない方は積極的に「時下ますます」という表現を使用するようにしましょう。 「時下ますます」を結びで使用する ここまでは、「時下ますます」という表現について、主に挨拶文での使用例をご紹介してきました。 「時下ますます」という表現は結びの表現においても使用することができるのでしょうか。 「時下」という表現は、「この頃」を表わす言葉なので、結びの言葉に使用するのは難しいですが、「ますます」を使用した結びの言葉の例文として、 ・末筆ではございますが、皆さまのますますのご多幸をお祈り申し上げます。 ・末筆ではございますが、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。 などが挙げられます。 このように、結びの言葉で使用する場合は「時下」という言葉は外した方が良いでしょう。 結びの言葉は、相手の健康や繁栄を祈るあいさつが一般的ですので、覚えるようにしましょう。 時候のあいさつ一覧 「時下ますます」という表現を覚えてさえいれば、時候のあいさつで困ることはないのですが、社会人として知っておくべきことの一つなので、この機会に月ごとの代表的な時候の挨拶をご紹介しておきます。 ・1月「新春の候」「初春の候」「大寒の候」など ・2月「立春の候」「節分の候」「晩冬の候」など ・3月「春分の候」「春暖の候」「早春の候」など ・4月「春暖の候」「温暖の候」「春日の候」など ・5月「新緑の候」「薫風の候」「青葉の候」など ・6月「入梅の候」「梅雨の候」「長雨の候」など ・7月「向夏の候」「盛夏の候」「真夏の候」など ・8月「晩夏の候」「残暑の候」「初秋の候」など ・9月「秋涼の候」「涼風の候」「初秋の候」など ・10月「紅葉の候」「秋雨の候」「秋晴の候」など ・11月「晩秋の候」「秋冷の候」「落葉の候」など ・12月「師走の候」「寒冷の候」「歳末の候」など いかがでしょうか。 たとえ「時下ますます」という便利な表現があるとはいえ、社会人として、各月1つは覚えておきましょう。 ビジネスシーンに限らず、手紙でも上手に使えるようになりましょう。 「時下ますます」を正しく使う ここまで、「時下ますます」という表現について、意味や使い方、シーン別の例文などをご紹介してきましたが、いかがでしたか。 明日から、「時下ますます」という表現を正しく使えそうでしょうか。 手紙における「時候のあいさつ」と「慶賀のあいさつ」は、非常に大切なマナーです。 正しく使用するようにしましょう。 「時候のあいさつ」については、もちろん、季節ごとに正しい表現を使用する事ができればいいのですが、どうしても迷ってしまう場合、思いつかない場合には、今回ご紹介した「時下ますます」という表現が非常に便利です。 「時下ますます」を使用したからといって、丁寧な表現であることに変わりはありません。 ぜひ積極的に使用してください。 丁寧なあいさつから始まる手紙やメールは受け取った側にとっても非常に気持ちがよいです。 今回覚えた事を生かして、正しいマナーで手紙やメールを送るように心がけましょう。

次の

「時下ますます」の意味と使い方・読み方・例文・文例

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

「時下ますます」の読み方・意味 「時下」の読み方は「じか」 「時下」は <じか>と読みます。 「時」は音読みだと「ジ」、訓読みだと「とき」と読みます。 「時」は「過去から現在、現在から未来へと一方的また連続的に流れていくと考えられているもの」を意味しています。 「下」は音読みだと「カ」、訓読みだと「した」「くださる」「さがる」と読みます。 「下」は「表側に現れていないところ」「何かをしたすぐその後」「こころ」を意味しています。 「時下」の意味は「この頃、現在、この節」 「時下」は、 「この頃」「現在」「この節」「目下(もっか)」を意味しています。 「時下」は元々漢語で、そのまま日本語として入ってきた言葉になります。 現在の中国語でも「今」を表す言葉として使われています。 「時下」は日常会話ではあまり使用されない言葉ですが、手紙やビジネス文書などの時候の挨拶としてよく用いられます。 「ますます」の意味は「程度が一層甚だしくなるさま」「前よりも一層」 「ますます」は、 「程度が一層甚だしくなるさま」「前よりも一層」「いよいよ」という意味の副詞になります。 「ますます」は漢字で 「益々」と書くこともできます。 ビジネスシーンでは「益々」と漢字表記の方が多く使われます。 「益」には「役に立つこと」「もうけ」「利益」などプラスな意味があります。 「益々」は数量や程度が大きくなること表す動詞「益す」を重ねた言葉になるため、「今より一層、甚だしくなるさま」を表します。 「ますます」は今後の状態を表すときに使う言葉で、あとに続く言葉を強調する効果を持ちます。 「益々」は、利益増大・売上向上・商売繁盛・健康増進・出世・大成などといったように、プラスな意味を表現するときに多用されます。 「時下ますます」の使い方 「時下ますます」は季節や時期に関係なく使える時候の挨拶 「時下ますます」は、手紙やメールでの挨拶文として、主に書き言葉として使われます。 「時下」は、 春夏秋冬に関係なく使える万能な時候の挨拶です。 手紙を書く際は、冒頭に時候の挨拶を入れます。 時候の挨拶は、季節や気候に応じた心情を表す言葉で、手紙では「拝啓」などの頭語の後に続けて書きます。 また、季節の違う文章を書いてしまうと相手に対して失礼に当たってしまうため、どの言い回しを入れようか迷ってしまうことが多いです。 そんな時に便利なのが「時下」という言葉です。 「時下」は時候の挨拶の代わりに使うことができます。 「時下ますます」は結びの言葉では使用しないので注意! 「時下」は冒頭で使用するため、結びの言葉としては使用することができません。 前文には、頭語・時候の挨拶・安否を確認する挨拶を書きます。 「時下」は時候の挨拶に当てはまるので、前文に書きます。 ただ手紙を書く際は、一番最初に「拝啓」や「謹啓」といった頭語を書きます。 「時下ますます」はその頭語のあとに、例えば「拝啓 時下ますます」といったように書きます。 「時節柄・季節柄」は季節に関係なく使用できる結びの言葉 「時下ますます」に対して 「時節柄・季節柄」は季節に関係なく使用できる結びの言葉になります。 「時節柄・季節柄」は、「時節にふさわしいこと」「このような時節だから」を意味しています。 例えば、「時節柄ご自愛ください」といった場合は、「このような季節なので体調に気をつけてください」といった意味合いになります。 「時下」は冒頭で使用する言葉で、「時節柄・季節柄」は結びの言葉として使用します。 まず、「拝啓」について説明します。 「拝啓」は、 「つつしんで申し上げる」という意味で、手紙の初めに書く挨拶の語です。 「拝啓」と書くときは、文末は「敬具」で結びます。 手紙を書く際には、頭語と呼ばれる手紙文の書き出しの語を書かなくてはなりません。 勿論「拝啓」も頭語になります。 他の頭語には「謹啓」「前略」「急啓」などがあります。 一般的には「拝啓」を書くことが多いです。 「拝啓」については、詳しくはこちらの記事を参照してください! 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます 「清栄」とは、「清く栄えること」を意味しています。 「ご清栄」は、 手紙文などで相手の無事、健康と繁栄を喜ぶ挨拶の語です。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「栄」は音読みだと「エイ」、訓読みだと「さかえる」「はえる」と読みます。 「栄」は「物事がさかえる」「ほまれ」「名誉」を意味しています。 「時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」は、企業に対しても個人に対しても使うことができます。 その他「時下ますますご清栄のことと慶賀の至りに存じます」などといった言い回しもあります。 ・拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 ・時下ますますご清栄のことと慶賀の至りに存じます。 平素は何かとご高配をいただき、誠にありがとうございます。 時下ますますご清栄の段と大慶に存じます 「大慶」は 「大きな喜び」「非常にめでたいこと」を意味しています。 つまり「大慶に存じます」の意味は、「非常にめでたいと思うこと」になります。 「大慶に存じます」はある状態において、自分の喜びを伝えることができる言葉です。 「時下ますますご清栄の段と大慶に存じます」とは、「一層の相手の健康と繁栄を大変めでたく思います」というニュアンスになります。 「大慶に存じます」は企業に対して使うことのできる言葉となります。 ・時下ますますご清栄の段、大慶に存じます。 平素は別格のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 ・拝啓 時下ますますご清栄の段、大慶至極に存じます。 この度、講演会への参加希望のご書面拝受しました。 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます 「ご清祥」は <ごせいしょう>と読みます。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「祥」は音読みだと「ショウ」、訓読みだと「さち」「きざし」と読みます。 「祥」は「めでたいこと」「さいわい」「めでたいことの前触れ」を意味しています。 「ご清祥」は「相手が健康に過ごしていることを祝う」表現になります。 「ご清祥」は相手を気遣う言葉になります。 「ご清祥」は企業に対しても個人に対しても使用できますが、「相手の健康や幸せ」を指しているため、個人に対して使用するのが適しています。 「ご清祥」は、は 「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」といった意味合いの言葉になります。 「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」といった場合は、「この頃一層の健康と繁栄を嬉しく思います」といったニュアンスになります。 「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」は個人に対して使うことのできる表現です。 ・拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 ・拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます 「ご清栄の段」と「ご清祥の段」はよく使われる言葉です。 ここで用いられている 「段」の意味は「こと」「次第」となります。 主に手紙やビジネスメールなどで使います。 また「お喜び」と「お慶び」の違いですが、 「お喜び」は日常の喜びを表し「お慶び」は結婚式など慶事でのみ使われます。 「お慶び」は主に祝辞の手紙で使われます。 結婚だけでなく出産や、入学・卒業でも使われます。 またビジネスシーンでは、上場や就任、昇進、設立や事業拡大などに対しても「お慶び」を使うことが出来ます。 ・時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。 また、日頃のご恩顧に衷心より御礼申し上げます。 ・ますますご清祥の段、心からお慶び申し上げます。 日頃は並々ならぬご厚情を賜わり、厚くお礼申しあげます。 時下ますますご清祥の由拝察いたします 「拝察」は推察することをへりくだっていう語で、「いたす」は「する」の謙譲語になります。 「拝察」はかしこまったシチュエーション、例えば、公式なコメントであったり、式典の挨拶で使われることが多いです。 「拝察いたします」は改まった表現のため、企業に対して使うことのできる言葉です。 「時下いよいよご清祥の由」とも使います。 ・時下いよいよご清祥の由、拝察いたします。 日頃より一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 ・時下いよいよご清祥の由拝察いたします。 おかげさまで私どもは一同無事に暮らしております。 時下ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます 「隆盛(りゅうせい)」は、 「勢いが盛んなこと」「大いにさかえること」を意味しています。 「ご隆盛」は、「多いに勢い盛んに栄え、経済的に豊かである」という意味合いで、相手方の繁栄している現在の状況を喜び称えるお祝いの挨拶です。 「ご隆盛」は主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 その他「時下ますますご隆盛のことと存じます」などと使います。 ・拝啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 ・拝啓 時下ますますご隆盛のことと存じます。 その節は、私の転勤に際しまして、一方ならぬご厚情を賜り、誠に感謝申し上げます。 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます 「健勝」は、 「心が丈夫で元気なさま」「健やか」を意味しています。 「ご健勝」はビジネス文書や手紙、挨拶やスピーチの締めで相手の健康を気遣う文章として使用します。 「ご健勝」は結婚式などのお祝いの席のスピーチでも使用することの多い言葉です。 先程も説明しましたが、 「慶び」は慶事に対しての喜びを表現する言葉です。 慶事は結婚や出産、入学や卒業などが当てはまります。 ビジネスシーンでは、上場や就任、昇進、設立や事業拡大などに対しても「お慶び」を使うことが出来ます。 ですので「お慶び申し上げます」は、慶事に関わる手紙で使用するのが相応しいとされています。 「ご健勝のこととお慶び申し上げます」は、目下や目上など関係なく使うことができますが、個人に対して使う言葉なので組織に対しては使いません。 また「ご健勝のこととお喜び申し上げます」は、個人のめでたいこと、祝い事があった場合に使用するのが適しています。 ・拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 その他の「時下ますます」の例文 ・平素は格別のご高配を賜り、時下ますます御社におかれましてもお忙しいことと思います。 ・時下ますますのご発展のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 また平素より一方ならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます.

次の

拝啓~「貴下」益々~敬具は間違いですか?

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

「時下ますます」の読み方・意味 「時下」の読み方は「じか」 「時下」は <じか>と読みます。 「時」は音読みだと「ジ」、訓読みだと「とき」と読みます。 「時」は「過去から現在、現在から未来へと一方的また連続的に流れていくと考えられているもの」を意味しています。 「下」は音読みだと「カ」、訓読みだと「した」「くださる」「さがる」と読みます。 「下」は「表側に現れていないところ」「何かをしたすぐその後」「こころ」を意味しています。 「時下」の意味は「この頃、現在、この節」 「時下」は、 「この頃」「現在」「この節」「目下(もっか)」を意味しています。 「時下」は元々漢語で、そのまま日本語として入ってきた言葉になります。 現在の中国語でも「今」を表す言葉として使われています。 「時下」は日常会話ではあまり使用されない言葉ですが、手紙やビジネス文書などの時候の挨拶としてよく用いられます。 「ますます」の意味は「程度が一層甚だしくなるさま」「前よりも一層」 「ますます」は、 「程度が一層甚だしくなるさま」「前よりも一層」「いよいよ」という意味の副詞になります。 「ますます」は漢字で 「益々」と書くこともできます。 ビジネスシーンでは「益々」と漢字表記の方が多く使われます。 「益」には「役に立つこと」「もうけ」「利益」などプラスな意味があります。 「益々」は数量や程度が大きくなること表す動詞「益す」を重ねた言葉になるため、「今より一層、甚だしくなるさま」を表します。 「ますます」は今後の状態を表すときに使う言葉で、あとに続く言葉を強調する効果を持ちます。 「益々」は、利益増大・売上向上・商売繁盛・健康増進・出世・大成などといったように、プラスな意味を表現するときに多用されます。 「時下ますます」の使い方 「時下ますます」は季節や時期に関係なく使える時候の挨拶 「時下ますます」は、手紙やメールでの挨拶文として、主に書き言葉として使われます。 「時下」は、 春夏秋冬に関係なく使える万能な時候の挨拶です。 手紙を書く際は、冒頭に時候の挨拶を入れます。 時候の挨拶は、季節や気候に応じた心情を表す言葉で、手紙では「拝啓」などの頭語の後に続けて書きます。 また、季節の違う文章を書いてしまうと相手に対して失礼に当たってしまうため、どの言い回しを入れようか迷ってしまうことが多いです。 そんな時に便利なのが「時下」という言葉です。 「時下」は時候の挨拶の代わりに使うことができます。 「時下ますます」は結びの言葉では使用しないので注意! 「時下」は冒頭で使用するため、結びの言葉としては使用することができません。 前文には、頭語・時候の挨拶・安否を確認する挨拶を書きます。 「時下」は時候の挨拶に当てはまるので、前文に書きます。 ただ手紙を書く際は、一番最初に「拝啓」や「謹啓」といった頭語を書きます。 「時下ますます」はその頭語のあとに、例えば「拝啓 時下ますます」といったように書きます。 「時節柄・季節柄」は季節に関係なく使用できる結びの言葉 「時下ますます」に対して 「時節柄・季節柄」は季節に関係なく使用できる結びの言葉になります。 「時節柄・季節柄」は、「時節にふさわしいこと」「このような時節だから」を意味しています。 例えば、「時節柄ご自愛ください」といった場合は、「このような季節なので体調に気をつけてください」といった意味合いになります。 「時下」は冒頭で使用する言葉で、「時節柄・季節柄」は結びの言葉として使用します。 まず、「拝啓」について説明します。 「拝啓」は、 「つつしんで申し上げる」という意味で、手紙の初めに書く挨拶の語です。 「拝啓」と書くときは、文末は「敬具」で結びます。 手紙を書く際には、頭語と呼ばれる手紙文の書き出しの語を書かなくてはなりません。 勿論「拝啓」も頭語になります。 他の頭語には「謹啓」「前略」「急啓」などがあります。 一般的には「拝啓」を書くことが多いです。 「拝啓」については、詳しくはこちらの記事を参照してください! 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます 「清栄」とは、「清く栄えること」を意味しています。 「ご清栄」は、 手紙文などで相手の無事、健康と繁栄を喜ぶ挨拶の語です。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「栄」は音読みだと「エイ」、訓読みだと「さかえる」「はえる」と読みます。 「栄」は「物事がさかえる」「ほまれ」「名誉」を意味しています。 「時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」は、企業に対しても個人に対しても使うことができます。 その他「時下ますますご清栄のことと慶賀の至りに存じます」などといった言い回しもあります。 ・拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 ・時下ますますご清栄のことと慶賀の至りに存じます。 平素は何かとご高配をいただき、誠にありがとうございます。 時下ますますご清栄の段と大慶に存じます 「大慶」は 「大きな喜び」「非常にめでたいこと」を意味しています。 つまり「大慶に存じます」の意味は、「非常にめでたいと思うこと」になります。 「大慶に存じます」はある状態において、自分の喜びを伝えることができる言葉です。 「時下ますますご清栄の段と大慶に存じます」とは、「一層の相手の健康と繁栄を大変めでたく思います」というニュアンスになります。 「大慶に存じます」は企業に対して使うことのできる言葉となります。 ・時下ますますご清栄の段、大慶に存じます。 平素は別格のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 ・拝啓 時下ますますご清栄の段、大慶至極に存じます。 この度、講演会への参加希望のご書面拝受しました。 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます 「ご清祥」は <ごせいしょう>と読みます。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「祥」は音読みだと「ショウ」、訓読みだと「さち」「きざし」と読みます。 「祥」は「めでたいこと」「さいわい」「めでたいことの前触れ」を意味しています。 「ご清祥」は「相手が健康に過ごしていることを祝う」表現になります。 「ご清祥」は相手を気遣う言葉になります。 「ご清祥」は企業に対しても個人に対しても使用できますが、「相手の健康や幸せ」を指しているため、個人に対して使用するのが適しています。 「ご清祥」は、は 「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」といった意味合いの言葉になります。 「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」といった場合は、「この頃一層の健康と繁栄を嬉しく思います」といったニュアンスになります。 「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」は個人に対して使うことのできる表現です。 ・拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 ・拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます 「ご清栄の段」と「ご清祥の段」はよく使われる言葉です。 ここで用いられている 「段」の意味は「こと」「次第」となります。 主に手紙やビジネスメールなどで使います。 また「お喜び」と「お慶び」の違いですが、 「お喜び」は日常の喜びを表し「お慶び」は結婚式など慶事でのみ使われます。 「お慶び」は主に祝辞の手紙で使われます。 結婚だけでなく出産や、入学・卒業でも使われます。 またビジネスシーンでは、上場や就任、昇進、設立や事業拡大などに対しても「お慶び」を使うことが出来ます。 ・時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。 また、日頃のご恩顧に衷心より御礼申し上げます。 ・ますますご清祥の段、心からお慶び申し上げます。 日頃は並々ならぬご厚情を賜わり、厚くお礼申しあげます。 時下ますますご清祥の由拝察いたします 「拝察」は推察することをへりくだっていう語で、「いたす」は「する」の謙譲語になります。 「拝察」はかしこまったシチュエーション、例えば、公式なコメントであったり、式典の挨拶で使われることが多いです。 「拝察いたします」は改まった表現のため、企業に対して使うことのできる言葉です。 「時下いよいよご清祥の由」とも使います。 ・時下いよいよご清祥の由、拝察いたします。 日頃より一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 ・時下いよいよご清祥の由拝察いたします。 おかげさまで私どもは一同無事に暮らしております。 時下ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます 「隆盛(りゅうせい)」は、 「勢いが盛んなこと」「大いにさかえること」を意味しています。 「ご隆盛」は、「多いに勢い盛んに栄え、経済的に豊かである」という意味合いで、相手方の繁栄している現在の状況を喜び称えるお祝いの挨拶です。 「ご隆盛」は主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 その他「時下ますますご隆盛のことと存じます」などと使います。 ・拝啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 ・拝啓 時下ますますご隆盛のことと存じます。 その節は、私の転勤に際しまして、一方ならぬご厚情を賜り、誠に感謝申し上げます。 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます 「健勝」は、 「心が丈夫で元気なさま」「健やか」を意味しています。 「ご健勝」はビジネス文書や手紙、挨拶やスピーチの締めで相手の健康を気遣う文章として使用します。 「ご健勝」は結婚式などのお祝いの席のスピーチでも使用することの多い言葉です。 先程も説明しましたが、 「慶び」は慶事に対しての喜びを表現する言葉です。 慶事は結婚や出産、入学や卒業などが当てはまります。 ビジネスシーンでは、上場や就任、昇進、設立や事業拡大などに対しても「お慶び」を使うことが出来ます。 ですので「お慶び申し上げます」は、慶事に関わる手紙で使用するのが相応しいとされています。 「ご健勝のこととお慶び申し上げます」は、目下や目上など関係なく使うことができますが、個人に対して使う言葉なので組織に対しては使いません。 また「ご健勝のこととお喜び申し上げます」は、個人のめでたいこと、祝い事があった場合に使用するのが適しています。 ・拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 その他の「時下ますます」の例文 ・平素は格別のご高配を賜り、時下ますます御社におかれましてもお忙しいことと思います。 ・時下ますますのご発展のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 また平素より一方ならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます.

次の