確定申告 国税庁。 国税庁 確定申告書等作成コーナー始動

個人の確定申告微減、国税庁

確定申告 国税庁

税務署に提出した確定申告書の内容が、提出後に必要となるのは、どのような場合? 1. 自分で利用する場合 既に提出した確定申告等の内容に誤りがあった場合など、自分自身でも既に申告した内容を確認したいケースがあると思います。 そんな時には、確定申告書の控えがあれば、その内容を確認することが可能となります。 ちなみに、確定申告の期限内に誤りに気付いた場合は、改めて申告書等を作成し、確定申告期限までに提出すればよいことになっています。 また、確定申告の期限後に誤りに気付いた場合は、更正の請求や修正申告等による手続きが必要となります。 住宅ローンの 審査や、奨学金の申請時に、相手側から提出を求められる場合 一般的には、相手側が、 収入(所得) 状況を把握したい場合に、控えの提出を求められることとなります。 たとえば、 ・住宅ローンの審査(事前)時 ・奨学金の申請時 ・保育園の手続き時 などです。 証明されている控えが必要かどうか? 確定申告書の控えは、国税庁のホームページにある確定申告書作成コーナーや、市販の確定申告書作成システムなどを利用して確定申告書を作成すると、控えも印刷することが可能となっています。 したがって、上記1. の自ら利用する場合など、確定申告の内容がわかるだけでよいのであれば、その控えにより確認することが可能となります。 しかし、その控えは、自ら印刷しているものなので、本当に確定申告をした内容と同じかどうか、は第三者的には疑わしいとも言えます。 そこで、上記2. の相手側から提出を求められる場合には、税務署等による 収受日付印が押された確定申告書の控えが求められることになります。 確定申告書の収受日付印とは 収受日付印は、税務署等に申告書等を提出する際に、その提出した申告書等に押されるものですが、その提出と同時に、申告書の控えを提示すると、その控えにも押印した上で、返却してもらえます。 なお、の場合には、控えと返信用の封筒(宛名等及び必要な郵便切手の貼付があるもの)を同封することにより、収受日付印が押印してある控えを返送してもらうことが可能です。 収受日付印の押印は、収受の事実を確認するものであり、内容を証明するものではないので注意しましょう。 あとから収受日付印はもらえない! 申告書を提出した後に、収受日付印のある控えが必要になったとして、 あとから、押印を依頼しても、原則として、対応してもらえないため、控えが必要な場合には、申告書等の提出と同時に、控えも提示し、返却してもらうようにしましょう。 提出がe-Taxの場合は? e-Taxの場合は、書面で提出した場合のように申告書等の控えはありませんが、申告等データの送信後にメッセージボックスに格納される受信通知により、申告等データが税務署に到達したこと等を確認することができます。 この受信通知には、申告された方の氏名又は名称、提出先税務署、受付日時、受付番号及び申告した税目等が表示されますので、 代用可能かどうか、控えの提出先に確認してみましょう。 所得の証明なら納税証明書でも! 確定申告内容の詳細は必要なく、所得金額の証明が必要な場合には、納税証明書を発行してもらう方法があります。 ちなみに、納税証明書の種類は以下のとおりです。 この申告書等閲覧サービスは、申告書等を作成するに当たり、過去に提出した申告書等の内容を確認する必要があると認められる場合に限って実施するものなので、これ以外の目的(第三者からの申告内容の問合せに対する回答など)のためには利用することはできないため、注意して下さい。 なお、原則として、 申告書等のコピーの交付等(コピーの交付、カメラ撮影、スキャナーによる読み取り)は、できませんので、手で書き写すこととなります。 注意して下さい。 確定申告書等の控えは、いつ、必要となるか分かりませんので、収受日付印のある控えを入手し、大切に保管することをおすすめします。 【関連記事をチェック】.

次の

確定申告書等の控え、コピーはなぜ必要?収受日付印が必要になるケース [確定申告] All About

確定申告 国税庁

領収証書は発行されません。 領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付してください(窓口ではクレジットカードによる納付はできません。 クレジットカード納付は、国税庁長官が指定した納付受託者に立替払いを委託する手続です。 クレジットカード納付については、国税通則法により、納付手続が完了した日をもって延滞税や利子税を 計算することとなっておりますので、法定納期限内に当サイトにおいて納付手続が完了していれば、クレジットカード利用代金の引き落とし日が法定納期限よりも後になった場合でも延滞税等は発生しません。 なお、法定納期限後に当サイトでの納付手続を行った場合には、延滞税等が発生することがあります。 当サイトにおいて納付手続が完了すると、その納付手続の取消しはできません(誤って納付手続をされた場合は、後日税務署から還付等の手続を行うことになりますので、所轄の税務署へご連絡ください。 納付手続の完了後、その納付手続により納付済となった国税については、納税の猶予等を受けることはできません。 クレジットカード納付をしてから、納付済の納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合があります。 納付税額に応じた決済手数料がかかります 最初の1万円までは76円 消費税別 、以後1万円を超えるごとに76円 消費税別 が加算されます。 また、分割払い・リボ払いの場合は、別途各カード会社の定める手数料が発生する場合がありますので、ご利用の前にカード会社へお問い合わせください。 なお、決済手数料は国の収入になるものではありませんので、誤って納付手続をされた場合、還付等の対象にはなりません。 申告所得税及復興特別所得税 消費税及地方消費税 法人税 法人税(連結納税) 地方法人税 地方法人税(連結納税) 相続税 贈与税 源泉所得税及復興特別所得税(告知分) 源泉所得税(告知分) 申告所得税 復興特別法人税 復興特別法人税(連結納税) 消費税 酒税 たばこ税 たばこ税及たばこ特別税 石油税 石油石炭税 電源開発促進税 揮発油税及地方道路税 揮発油税及地方揮発油税 石油ガス税 航空機燃料税 登録免許税(告知分) 自動車重量税(告知分) 印紙税 国際観光旅客税 国際観光旅客税(告知分)• 申告所得税及復興特別所得税• 消費税及地方消費税• 法人税• 法人税(連結納税)• 地方法人税• 地方法人税(連結納税)• 相続税• 贈与税• 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)• 源泉所得税(告知分)• 申告所得税• 復興特別法人税• 復興特別法人税(連結納税)• 消費税• たばこ税• たばこ税及たばこ特別税• 石油税• 石油石炭税• 電源開発促進税• 揮発油税及地方道路税• 揮発油税及地方揮発油税• 石油ガス税• 航空機燃料税• 登録免許税(告知分)• 自動車重量税(告知分)• 印紙税• 国際観光旅客税• 国際観光旅客税(告知分).

次の

個人の確定申告微減、国税庁

確定申告 国税庁

令和元年(2019年)12月20日に国税庁よりが公表されました。 このFAQは2017年、2018年に続き、3回目の公開となります。 今回は、公表された内容に関して、過去から変更・追加された点を主に解説していきます。 今回の公表で変更・追加された内容 今回のFAQの内容には、2019年の所得税法改正の内容が反映されている項目もあり、仮想通貨の 評価方法の届出・変更など、仮想通貨投資家が必ず確認しておくべき内容も含まれています。 また、仮想通貨を時価より低額で譲渡した場合の取り扱いなど、新たな点も明確化されています。 それではチェックしておくべき変更点・追加された点をひとつひとつ見ていきましょう。 仮想通貨の取得価額 仮想通貨の取得価額は取得の方法により、以下のように決定することが明記されています。 対価を支払って取得した場合 購入時に支払った対価の額が取得価額となる(手数料などを含む)• 贈与または遺贈により取得した場合 贈与または遺贈のときの価額が取得価額となる(贈与・遺贈が行われた時の時価)• 死因贈与相続または包括(特定)遺贈により取得した場合 被相続人の死亡の時に、その被相続人が仮想通貨について選択していた方法(移動平均法または総平均法)により評価した金額が取得価額となる(被相続人が死亡時に保有する仮想通貨の評価額)• 例えば、1BTCを1,000,000円(購入手数料500円)で購入した場合の取得価額は1,000, 500円となります。 仮想通貨の評価方法の届出と変更について 従来、仮想通貨の計算方法についての届出は必要ありませんでしたが、2019年度からは、 仮想通貨を取得した年度の確定申告の期日(2019年度分は2020年3月16日)までに納税地の税務署長に届出を行うことが必要になりました。 届出を行わないと「総平均法」によるものとして扱われることになります。 また、計算方法を変更する場合も、納税地の税務署長に届出をする必要があります。 しかし、計算方法を一度選択すると、特別な理由がない場合は3年間変更できないので注意が必要です。 計算方法の届出・変更についての詳細や手続きの方法は以下をご参照ください。 仮想通貨の取得価額や売却価額が分からない場合 個人間取引を行って取引の記録をしなかった場合や、取引所の閉鎖などで取引履歴を取得できないなどの理由で仮想通貨の取得価額や売却価額が分からない場合は、 取得価額を売却価額の5%相当額とすることが認められています。 例えば、仮想通貨を1000万円で売却したものの、その仮想通貨の取得価額がわからない場合は、50万円を取得価額として計算することができます。 なお、売却時における交換レートは1BTC=1,200,000 円であった。 また、この取引での所得金額は39万円となります。 (参照:国税庁) まとめ 今回のFAQでは、2017年・2018年と過去に公表されてきた内容の変更と補足がされた形となりました。 仮想通貨の計算方法に関しては、今年度からどちらを選択するか届出が必要になったので必ず行いましょう。 届出を行わない場合は、自動的に総平均法が選択されます。 また、「FAQ」の位置づけはあくまで情報の補足であり、基本的には昨年度と同じ前提に基づいて確定申告を行うことになります。 仮想通貨の税金・確定申告の概要についてはこちらをご覧ください。 仮想通貨(暗号資産)の確定申告を簡単に終わらせる方法 以下の企業プロフィール欄に詳細を記載しておりますので、以下の [Gtaxで無料計算する]をご覧ください。

次の