スポニチ 競馬 予想。 馬柱の印の見方

馬柱の印の見方

スポニチ 競馬 予想

諸星由美とは 諸星由美(もろほしゆみ、1965年 - )は、スポーツニッポン所属の競馬記者、ライター。 神奈川県出身。 人物・経歴 諸星由美氏は、1993年にスポーツニッポンで初の女性競馬記者となりました。 その年に行われたエリザベス女王杯で、9番人気のホクトベガ(30. 4倍)に本命を打ち、的中させ注目されました。 8倍)に本命を打ち的中させるなど、多くの万馬券や高配当を的中させています。 日刊ゲンダイ、サンデー毎日、競馬ラボにてコラムの連載を行い、雑誌、新聞だけでなくテレビなどでも予想を発表し人気を集めました。 1993年から現在までスポーツニッポンにて毎週土・日曜日にコラムと、全レースの予想印を公開しています。 また、スポニチの競馬サイト「スポニチ競馬」で連載の、「諸星由美ワンポイント!」でもコラムと予想を見ることができます。 ターフライターとして活躍するかたわら、美容カウンセラーとしても活動。 予想スタイル• 未確認 的中実績• 未確認 予想公開先• スポニチ競馬: 関連項目• 注目の競馬予想家・関係者•

次の

スポニチ競馬の予想、特徴、おすすめポイント。万哲が熱い!

スポニチ 競馬 予想

スポニチ 競馬予想の記者一覧 スポーツ新聞の中でも競馬情報に力を入れているスポニチの競馬記者には一体どんな人がいるの? 記者一覧• 小田哲也 スポニチ競馬記者の代名詞的存在の【万哲】こと小田哲也。 浜田公人 お宝ハンターこと【浜田公人】。 名前的に穴馬狙いかとおもいきや3週連続G1的中など堅実な実績も持つ。 井上泰司 スポニチ関西所属で日曜日関西ローカルKBS京都でのパドック解説中継でお馴染み。 池江泰郎 元騎手、元調教師でスポニチ本紙では評論家を勤めている。 2013年には馬主登録も。 手がけた馬には希代の名馬【ディープインパクト】など。 諸星由美 スポニチ競馬モバイルサイトでは会員登録することで【諸星由美のワンポイント!】を閲覧することが可能。 森本オサム 漢字では【森本治】と書くが、基本はカタカナのオサム表記。 スポニチきっての穴馬狙いで、とんでもないところに二重丸を打つため一部のファンに期待を、多くのファンに困惑を抱かせる。 なお的中率は低い模様。 岡本草太 スポニチ競馬モバイルサイトで会員登録をすると【岡本草太のそうたい論】が読める。 仙波広雄 スポニチ大阪の競馬担当。 近走の出来を重視し、血統からレースとの相性を測るオーソドックスな予想スタイル。 鈴木正 身上として穴馬狙いがあり、成績を出せていなくとも良い脚を見せた馬等を発掘し、いつか華が咲くのを待つタイプ。 寺下厚司 東京本社編集局レース部、2009年入社。 スポニチ競馬モバイルでは【寺下厚司のブレない予想】を担当。 梅崎晴光 スポニチ本紙レース部所属1986年入社。 趣味の沖縄史研究が高じ、書き下ろしで執筆した「消えた琉球競馬 幻の名馬ヒコーキを追いかけて」(ノンフィクション)が【2013年度JRA賞・馬事文化賞】【第34回沖縄タイムス出版文化賞正賞】のW受賞(2014年1月17日現在)。 JRA賞・馬事文化賞を現役記者が獲得するのは史上初の快挙。 矢内浩美 得意な馬券は単勝・複勝・馬連で回収率を重視した買い目。 3連単や馬単は狙いづらいため嫌う。 現在はデスクワークへ。 じゃい スポニチ記者ではないのだが番外編。 お笑いをやっているインスタントジョンソンというグループの一員で、ギャンブル好きからスポニチでのコラムなどを担当している。 Win5的中が過去に2度あり合計8000万円超の獲得を見せる。 記者による違い 記者により予想の軸とするものが変わり、穴馬狙いが強い場合馬柱につけた二重丸の意味が少し変わってくるため、参考にする際に注意が必要。

次の

【AI競馬予想】SIVA(スポニチシヴァ)は勝ち組になれるのか検証してみた

スポニチ 競馬 予想

プロフィール スポーツニッポン新聞社記者。 コラム「万哲の乱」担当。 04年天皇賞・春のイングランディーレ(10番人気)、09年天皇賞・春のマイネルキッツ(12番人気)、同年菊花賞のスリーロールス(8番人気)など長距離G1の本命馬激走多数。 逆に短距離戦は苦手? 15年は宝塚記念で3連単52万馬券がヒット。 一度世話になるとしつこく追いかける癖があり、ダイワメジャーは皐月賞(10番人気)から引退戦の有馬記念(3着)までほとんど本命だった。 馬券相性は京都、阪神が良く、中山はダート1200メートルがとにかく好き。 【予想方法】 まず重視するのは好走した時の最大パフォーマンス。 極論すれば、条件に合わない距離、競馬場、馬場状態、あるいは展開等での凡走は無視してOK。 着順タイプは常に善戦型より、三振か本塁打か?の「1着型」を好んで狙う。 当然、単勝か3連単1着固定が好きな馬券。 SS後継種牡馬全盛時代だけに、血統は母系重視。 当日予想ができない新聞記者の宿命で、週中の水曜あたりからは「ウェザーニュース」を何度も何度もチェックするヘビーユーザー。 特に週末は天気予報を見すぎて、眠りが浅くなることも。

次の