ご 丁寧 に ご 連絡。 「ご連絡」の正しい敬語表現とは?目上への使い方と注意点を紹介

間違いも多い「連絡/ご連絡」の使い分け方・お礼の伝え方

ご 丁寧 に ご 連絡

冒頭でも述べたように、社会人は敬語や丁寧な言葉遣いでのやり取りが、必須だと言われています。 そのため、「ご丁寧にありがとうございます」というフレーズについても、敬語や丁寧な言葉遣いへの言い換えをする必要があると言えるでしょう。 そこで続いては、「ご丁寧にありがとうございます」の敬語への言い換えについて、考察していきます。 結論から言うと、「ご丁寧にありがとうございます」という表現も、十分丁寧な言い回しだと言えそうです。 しかし、より丁寧に表現したい場合は、「ご丁寧に」と「ありがとうございます」の間に、何に対してのお礼の言葉なのか、相手にしてもらったことなどを入れることをおすすめします。 その際に、「ご連絡をいただきまして」や「お電話をいただきまして」といった言葉を敬語で付け加えることで、「ご丁寧にありがとうございます」を敬語で使用することができると考えられそうです。 続いては、目上の人に対して「ご丁寧にありがとうございます」を使用する場合の、使い方について考察していきます。 目上の人に対して、「ご丁寧にありがとうございます」という言いまわしを使う場合も、上記でご紹介したような、敬語表現や丁寧な言い回しを心掛けることをおすすめします。 一例としては、「大変ご丁寧なご指摘、ありがとうございます」「ご丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございます」といった言い回しが考えられそうです。 「ご丁寧にありがとうございます」の類語.

次の

「ご丁寧なご連絡をいただきありがとうございました。」は変...

ご 丁寧 に ご 連絡

「ご連絡いたします」は謙譲語「いたします」はひらがなが適切 自分が相手へ連絡する時に「ご連絡いたします」の表現も良く目にします。 ここで「ご連絡いたします」の表現は二重敬語に当たるので、間違った表現ではないかと気にされる方もいるかもしれません。 「ご連絡いたします」は、連絡する、の謙譲語「ご連絡する」+謙譲語である「いたす」と、敬語が重なっている二重敬語と取れます。 その為、「いたします」ではなく、「ご連絡します」もしくは「ご」を抜いた、「連絡いたします」が正しい表現となります。 しかし、現在では「ご連絡いたします」の様な「お(ご)~いたす」の表現は、慣習的に正しいと認められるようになりました。 そのため、使っても問題ありません。 厳密に言えば 「を」をいれた「ご連絡をいたします」が一番正しい表現です。 連絡に「ご」を付けた「ご連絡」+するの謙譲語の「いたす」となっている為、二重敬語にはなりません。 次に、「いたします」と「致します」漢字とひらがなの違いについて、話し言葉である場合には同じですが、 ひらがなの「いたす」は、「する」の謙譲語で補助動詞です。 一方、 漢字表記での「致す」は「届くようにする、至らす」という意味があり、動詞として使われます。 このため、「ご連絡いたします」は「ご連絡」の補助動詞として「するの謙譲語のいたす」が付くため、ひらがな表記となります。 漢字表記は「私の不徳の致すところ」といったように動詞として使う場合に使用します。 その他の「ご連絡」を用いた表現 ここからは「ご連絡」を用いた表現が適切かどうかや、誰にどのように用いるかなどの具体的な例をあげて説明をします。 「ご連絡させていただきます」は間違い 「させていただく」相手から許可をもらうときの表現です。 しかし、基本的には連絡をすることに許可をとる必要がないため間違いとなります。 また文法的には、「ご連絡」=謙譲語、「させて」=使役の助動詞、「いただく」=「もらう」の謙譲語、となり、二重敬語になります。 この場合には「ご連絡いたします」という表現で問題ありません。 「ご連絡申しあげます」は正しい敬語 「ご連絡いたします」よりも丁寧な表現として使うことができます。 敬語表現として「ご〜申し上げる」は問題ないため、使用できます。 「ご連絡差し上げます」は使わない方がよい この言葉は謙譲語の表現ではありますが、「差し上げる」という言葉の響きが上から目線であまり良い印象を与えないため、使わないほうがよいとされています。 もし使っていいか迷う場面があった場合には、「ご連絡いたします」もしくは、「ご連絡申し上げます」という表現を使う方が無難です。 ビジネスシーンやメールで使える「ご連絡」の例文集 ここでは、ビジネスシーンやメールで使える「ご連絡」の例文集を紹介していきます。 以下例文です。 「この度はお電話をいただき誠にありがとうございます。 本日いただいた質問に関しましては、回答をまとめ次第、こちらからご連絡を差しあげますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 」 相手に連絡をお願いする場合の例文集 次は、相手に連絡をお願いする場合の例文集を紹介していきます。 このケースの場合には、相手に連絡を催促したい時であるため、相手にはできるだけ不快感を与えないように丁寧な言葉を選ぶことが大切です。 たとえ、悪気がなかったとしても、相手側にきつい印象や失礼な印象を与えてしまうということはよくあるので、ぜひそのポイントに注意をして相手に連絡ができるようになりましょう。 また、催促に関してはこちらも参考になります。

次の

「ご連絡」の正しい敬語表現とは?目上への使い方と注意点を紹介

ご 丁寧 に ご 連絡

「丁寧に」という言葉を直接的に敬語表現に置き換える場合、先述のように「丁寧に」という意味合いの言葉を別に用意しておくか、その文章表記そのものを変えて「丁寧」という意味合いを引き出す表現が一般的に採られます。 【「丁寧に」の敬語での使い方の例】 ・わざわざありがとうございます。 ・ご丁寧にご連絡をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・とても細(こま)やかなご配慮をいただき、ありがとうございます。 敬語の種類 日本語に見られる敬語には大きく分けて「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の3種類があり、それぞれの意味合いや用途によって表現が変わります。 【尊敬語とは】 自分よりも立場が上の相手や目上の人に対して使う敬語表現で、相手に対して尊敬の念を表した丁寧な表現を指します。 【謙譲語とは】 基本的に、自分と相手の立場や関係を問わず、自分の姿勢を低めた言い方による敬語表現を指し、自分の立場や姿勢を自発的に低めて(へりくだらせて)言う敬語表現になります。 【丁寧語とは】 尊敬語でも謙譲語でも、そのどちらの用途にも使える便利な敬語表現で、主に「です・ます口調」を基準にした一般的に最も使われる敬語表現を指します。 「丁寧に」を敬語表現するときのシーン別での使い方 どんな言葉でも「シーン別(場面や状況別)の表現法」があり、この「丁寧に」という言葉の敬語表現でも場面ごとに違った表現があります。 その上で敬語表現に置き換える場合には、その言葉が持つ意味や用途をまずしっかり把握しておき、正しい言葉の使い分けをすることが大切になります。 メールでの「丁寧に」の敬語の使い方 メールでは主に文章表現(文語表現)になるため、まず文法上のミスなどを犯さないことが大切です。 この場合でも「丁寧に」という言葉の意味合いをしっかり覚え、「丁寧に」の意味合いが持つ本質的な使い方をしっかり把握しておきましょう。 【メールでの「丁寧に」の敬語の使い方】 ・この度は、ご丁寧なご報告をいただくことができ、誠に感謝いたします。 ・ご丁寧なご連絡を、誠にありがとうございます。 ・細やかなご配慮をいただくことができましたことを、誠に感謝いたします。 ・わざわざのご返信をありがとうございます。 ・詳細にわたるご回答を、誠に感謝いたします。 このように使い分けられますが、この際の注意点は「しつこい敬語表現にならないようにすること」です。 「わざわざ」や「細やか」というのは、一見よい印象がありますが、場合によっては「ありがた迷惑」を表す場合もあるため、使う頻度に配慮しておきましょう。 仕事での「丁寧に」の敬語の使い方 ビジネス上ではこの「丁寧に」という言葉を非常によく使います。 会社内での接待の際は上司とのやり取りのとき、またメール上のやり取りや、先方の会社との連絡交換の際でも、「ご丁寧に」や「わざわざのお越しを」などといった「丁寧」という言葉をもって敬語を示す場合が多々見られます。 【仕事での「丁寧に」の敬語の使い方】 ・この度は遠い所からのわざわざお越しを、誠に感謝いたします。 ・ご丁寧な案件のご説明を感謝申し上げます。 ・詳細にわたりますご回答を、誠に感謝いたします。 ・ご丁寧なご返信をいただき、ありがとうございます。 「丁寧に」を敬語表現するときの例文 言葉は「実際に使って覚えること」によってさらに深く学習することができ、その反復練習によって、一度覚えた言葉は二度と忘れることがなくなります。 その反復練習をする際には、ぜひ自分で「覚えるべき言葉を含めた例文」を作り、その例文をいろんな種類に分けて書いて覚えてみて下さい。 この方法はかなり効果的です。 ご指導いただき 「丁寧に」という言葉を使う際に、この「ご指導いただき」という言葉とセットで使われる場合があります。 もちろん「ご指導」ですから、その「丁寧な配慮」に対する感謝を述べる相手は自分より目上の人になります。 【「ご指導いただき」と共に使う「丁寧に」の敬語表現】 ・この度はご丁寧なご指導をいただきまして、誠にありがとうございました。 ・さまざまな事柄をご丁寧にご指導いただき、感謝いたしております。 ・実に行き届いたご指導を感謝いたします。 ・詳細にわたるご指導のほど、誠にありがとうございました。 ・細やかなご指導のもと、とても感謝いたしております。 他にもいろいろな「ご指導」と「丁寧に」という敬語表現の組み合わせがありますが、一般的に使われる「ご指導いただいたことへの感謝」を示す敬語表現はこのようになります。 ひとつひとつ 「ひとつひとつ」という表現にすでに「丁寧に」という意味合いが含まれており、この場合、「ひとつひとつのご指導をありがとうございます」という旨を敬語で表す場合には、「ひとつひとつ」か「丁寧に」のどちらかだけの表記・表現でかまいません(そうしなければ、表現が重複することになります)。 【「ひとつひとつ」と共に使う「丁寧に」の敬語表現】 ・あたたかいご指導をひとつひとついただくことができ、ありがとうございます。 ・非常にご丁寧なご指導をいただくことができ、ありがとうございます。 ・ご配慮の行き届いたご連絡をいただき、誠に感謝いたします。 ・とても役立つご助言をひとつひとつ教えていただき、誠に感謝いたします。 このように「ひとつひとつ」という言葉を言う場合にはあえて「ご丁寧に」などの文句は外しておき、同じ意味合いを重複させないよう注意して下さい。 ですがこの「ゆっくり」という言葉の場合は「ひとつひとつ」の表現とは違い、主に「時間」を表す表現となるため、「丁寧に」の意味合いと重複する印象は与えません。 そのため、「ゆっくりとご丁寧に」などの表現は一般的に見られ、「ご丁寧にじっくりと時間をかけていただき」や「ご丁寧にお時間を設けていただき」などの表現がビジネス上でもうかがえます。 「丁寧に」の別の敬語表現例 「丁寧に」という表現を敬語に直す場合には、まずその「丁寧」という言葉の意味合いと同じ意味を持つ言葉を把握しておき、それらの言葉を携えながらシーン別での適当な言い方にしていくことが大切です。 【「丁寧に」の別の敬語表現例】 ・十分(じゅうぶん)なる配慮をしていただき、誠にありがとうます。 ・きめ細やかなお申し出をいただき、感謝いたします。 ・じっくりとしたご説明をいただき、誠に感謝いたします。 ・ご丁重におもてなしをいただき、誠に感謝申し上げます。 ・手厚い看護をいただくことができ、誠に感謝いたします。 ・濃厚なるご回答をいただきありがとうございます。 これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「丁寧」の意味にある「言動が雑でなく念入りなこと・配慮が行き届いている状態」を示す意味合いが含まれます。 「丁寧に」の類義語の敬語 先述で少しご紹介しましたが、「丁寧に」の別の敬語表現は非常に多く見受けられます。 この「別の敬語表現例」を考える場合には、「丁寧」という言葉の意味合いを先に把握しておき、その意味と同じ意味合いを持つ言葉によって敬語表現を試す、ということもあります。 【「丁寧に」の別の敬語表現例】 ・十分(じゅうぶん) ・丹念に ・きめ細やかな ・折り目正しく ・じっくりと ・ゆっくりと ・ゆったりと ・ねんごろに ・慎重な ・丁重に ・周到(しゅうとう)な ・手厚い ・濃厚な ・わざわざ ・細やかな ・詳細にわたる ・細心の ・綿密な これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「丁寧」の意味にある「言動が雑でなく念入りなこと・配慮が行き届いている状態」を示す意味合いが含まれます。 「丁寧に」の敬語表現の意味と用例を完全に把握しましょう いかがでしたか。 今回は「『丁寧に』」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例・類語」と題して、「丁寧に」という言葉の意味やその敬語表現、さらにその用途や類義語などについて詳細にご紹介しました。 「丁寧に」という言葉は一見「それだけで敬語表現」に見えますが、実はただの副詞的表現に過ぎず、一般的に認められる敬語表現には見なされません。 そのため、この「丁寧に」という表現を敬語に置き換える場合の正しい表現法を、じっくりと覚える必要があります。 逆に言えばこの「敬語表現への言い換えの仕方」を覚えてしまえば、他のどんな言葉を敬語に直すときでも簡単に変換することができ、「1度覚えるだけで、その後は一生使える敬語への変換術」を学ぶことができてしまいます。

次の