大阪 知事。 吉村大阪知事 たかじんさんの顧問弁護士経て政界へ 井戸兵庫知事は12年、アノ発言で話題に/芸能/デイリースポーツ online

吉村大阪知事 たかじんさんの顧問弁護士経て政界へ 井戸兵庫知事は12年、アノ発言で話題に/芸能/デイリースポーツ online

大阪 知事

吉村知事「国側が提案」 「専門家の提案を受け、事態を重く受け止めた」。 吉村知事は19日夕、報道陣に自粛要請に至った経緯を説明した。 根拠として挙げたのは、国から派遣された専門家から示されたとする「試算」だ。 大阪、兵庫両府県では19日までの1週間で感染者が約80人増加。 試算では、このまま放置すれば今後の1週間で最悪の場合、感染者が586人に増え、さらに1週間後には3374人に達するという内容だった。 試算では、2週間後に重症者も227人に上るとされ、吉村知事は「この数字になれば、軽症者は病院で対応できなくなる」と、感染者数を抑制する必要性を強調した。 2015年の国勢調査によると、兵庫県から大阪府に通勤・通学している人は約33万3000人。 大阪から兵庫に通う人も約11万人いる。 記者会見で吉村知事は、自粛要請の期間を専門家が提案した3週間から連休の3日間としたことについて、「大阪と兵庫は経済圏域が一体。 完全にストップさせると大きな問題が出る」と述べ、経済的な影響を考慮したことを明かした。 大阪市内の勤務先から兵庫県西宮市の自宅に帰宅途中だった会社員女性(46)は「両親が高齢なので、人混みを避けた経路で通勤しているが、どこから感染するかわからない不安はある。 皆が協力していくしかなく、仕方がない」と理解を示した。 兵庫県尼崎市から隣接する大阪市の職場に通う飲食店経営男性(74)は「20分ほどの距離で、この往来を自粛して意味があるのかという思いもある。 気にせず外出する人もいるのではないか」と要請の効果への疑問を口にした。 連休中に大阪市内に買い物に行く予定だったという神戸市灘区の無職女性(64)は「人との接触が少ない車の移動で、行く店も決めている。 そうしたケースまで一律に自粛をする必要があるのか疑問。 感染リスクは国内どこでもあり、なぜ兵庫と大阪だけが制限されるのか」と納得できない様子だった。 井戸知事は不快感 兵庫県の井戸知事 大阪府の方針に対し、兵庫県の井戸敏三知事も19日夕、大阪など他地域との往来自粛を求める方針を打ち出した。 ただ事前に大阪側から相談がなかったことを明かし、「大阪の知事も(兵庫と)言っているようなのであえて『大阪』と入れた」と不快感も示した。 井戸知事は記者会見で、専門家から大阪と兵庫両府県での「内外の往来の自粛」を提案されたとして、「以前から不要不急な外出自粛は呼びかけている。 『往来』という言葉で具体的な行動を例示した」と説明。 「大阪はいつも大げさ。 兵庫との往来さえしなければ済むのか」と、大阪が往来自粛の対象を「兵庫」に限ったことへの疑問も口にした。 あわせて読みたい•

次の

急伸する吉村大阪府知事と維新の人気。ほんまにそれでいいのか? 吉村・松井の大阪府市政を「再」検証する

大阪 知事

吉村知事「国側が提案」 「専門家の提案を受け、事態を重く受け止めた」。 吉村知事は19日夕、報道陣に自粛要請に至った経緯を説明した。 根拠として挙げたのは、国から派遣された専門家から示されたとする「試算」だ。 大阪、兵庫両府県では19日までの1週間で感染者が約80人増加。 試算では、このまま放置すれば今後の1週間で最悪の場合、感染者が586人に増え、さらに1週間後には3374人に達するという内容だった。 試算では、2週間後に重症者も227人に上るとされ、吉村知事は「この数字になれば、軽症者は病院で対応できなくなる」と、感染者数を抑制する必要性を強調した。 2015年の国勢調査によると、兵庫県から大阪府に通勤・通学している人は約33万3000人。 大阪から兵庫に通う人も約11万人いる。 記者会見で吉村知事は、自粛要請の期間を専門家が提案した3週間から連休の3日間としたことについて、「大阪と兵庫は経済圏域が一体。 完全にストップさせると大きな問題が出る」と述べ、経済的な影響を考慮したことを明かした。 大阪市内の勤務先から兵庫県西宮市の自宅に帰宅途中だった会社員女性(46)は「両親が高齢なので、人混みを避けた経路で通勤しているが、どこから感染するかわからない不安はある。 皆が協力していくしかなく、仕方がない」と理解を示した。 兵庫県尼崎市から隣接する大阪市の職場に通う飲食店経営男性(74)は「20分ほどの距離で、この往来を自粛して意味があるのかという思いもある。 気にせず外出する人もいるのではないか」と要請の効果への疑問を口にした。 連休中に大阪市内に買い物に行く予定だったという神戸市灘区の無職女性(64)は「人との接触が少ない車の移動で、行く店も決めている。 そうしたケースまで一律に自粛をする必要があるのか疑問。 感染リスクは国内どこでもあり、なぜ兵庫と大阪だけが制限されるのか」と納得できない様子だった。 井戸知事は不快感 兵庫県の井戸知事 大阪府の方針に対し、兵庫県の井戸敏三知事も19日夕、大阪など他地域との往来自粛を求める方針を打ち出した。 ただ事前に大阪側から相談がなかったことを明かし、「大阪の知事も(兵庫と)言っているようなのであえて『大阪』と入れた」と不快感も示した。 井戸知事は記者会見で、専門家から大阪と兵庫両府県での「内外の往来の自粛」を提案されたとして、「以前から不要不急な外出自粛は呼びかけている。 『往来』という言葉で具体的な行動を例示した」と説明。 「大阪はいつも大げさ。 兵庫との往来さえしなければ済むのか」と、大阪が往来自粛の対象を「兵庫」に限ったことへの疑問も口にした。 あわせて読みたい•

次の

吉村洋文(大阪府知事選)イケメン画像と嫁・子ども・公約は?

大阪 知事

地域ごとに状況が異なるコロナ対策においては、都道府県知事に多くの権限が委ねられるため、その決断力や行動力が試されている。 いつも以上にニュースに取り上げられることで、地元住民はもちろん、全国民の注目が集まり、知事たちは日々採点される立場となった。 そんな中、一躍スターダムにのし上がったのが、北海道・鈴木知事だ。 全国に先駆けて、2月26日に道内の全公立小中学校の休校を要請、28日には道独自の緊急事態宣言を発令し、道民に不要不急の外出を自粛するよう求めた。 その迅速な行動は、その後の国の対応にも影響を与え、知名度は一挙に全国区になった。 さらに、中国や台湾を中心とするアジア圏で「イケメン知事」として話題を呼んでいる。 一方、現在、東京都の小池百合子知事と並ぶ勢いで、メディア露出を続けるのが大阪の吉村知事。 大阪市内の4つのライブハウスを舞台にした集団感染への対応では、積極的な情報開示で複数の都府県にまたがるライブハウス来場者をあぶりだし、さらなる感染拡大の阻止の姿勢を明確にした。 3月20日からの3連休では大阪-兵庫間の往来自粛を要請するなど、決断力と機動力を発揮。 5月4日に政府が緊急事態宣言を延長すると、翌日には外出自粛や休業などの要請を段階的に解除するための独自基準「大阪モデル」を発表。 政府に対しても歯に衣(きぬ)着せぬ言動に加え、精悍(せいかん)なルックスで人気を集め、あまりにも精力的な仕事ぶりにSNS上では「 吉村寝ろ」という応援コメントまで飛び交う。 鈴木知事は39歳で、全国の知事で最年少。 吉村知事が44歳で2番目に若い。 共に市長から2019年4月の選挙で知事に当選し、1年足らずでコロナ対応を迫られた。 鈴木知事と吉村知事のプロフィール 鈴木直道・北海道知事 吉村洋文・大阪府知事 就任日 2019年4月23日 2019年4月8日 前職 夕張市長 大阪市長 政党 無所属 大阪維新の会(代表代行) 生年月日 1981年3月14日 1975年6月17日 出身地 埼玉県 大阪府 最終学歴 法政大学法学部卒 九州大学法学部卒 最初のキャリア 東京都職員(高校卒業後) 弁護士 家族 妻 妻、息子、双子の娘 スポーツ 大学ボクシング部で主将 高校時代はラグビー部 座右の銘 お金を失うことは小さく失うことだ。 名誉を失うことは大きく失うことだ。 しかし、勇気を失うことはすべてを失うことだ。 意志あるところに道は開ける 吉村知事は大阪の名門・生野高校出身で、大学卒業の年に司法試験に合格した。 2011年、顧問弁護士をしていた歌手・やしきたかじん氏(故人)の勧めもあって、政治家への転身を決意、大阪市会議員となった。 14年の衆議院選挙で当選し、国政に転じたが、おおさか維新の会代表で大阪市長だった橋本徹の引退に伴い、その意志を継ぐべく市長選に出馬し、当選を果たす。 地元愛が強く、「もっと大阪を前へ進めたい!! 」をスローガンに掲げている。 華やかなエリート街道を歩んできた吉村知事と対照的に、鈴木知事は苦労人だ。 両親の離婚による経済的な事情で大学進学を断念し、高校卒業後の1999年に東京都庁に入庁。 都職員として働きながら、法政大学の夜間部に通い、ボクシング部の主将も務め、4年で卒業した。 2008年に財政破綻した北海道・夕張市に出向。 任期は1年だったが、さらに1年の延長を申し出て地域振興に励む。 都庁復帰後は東京都知事本局総務部に配属され、内閣府へ出向となったが、夕張市民からの熱い求めに応じる形で市長選に出馬し、30歳1カ月の若さで当選した。 市長就任直後、自らの給料を7割削減し、退職金と交際費はゼロとした。 年収約250万円の「日本一給料が安い地方自治体首長」として話題になる。 コンパクトシティー化を目指し、利用者が減少した鉄道路線の廃線を自らJR側に提案し、代替策を引き出すなど大胆な施策を取る一方で、特産品の夕張メロンのトップセールスするなど市政の立て直しに力を注いだ。 北海道知事就任後にも、給料・退職金の3割削減を申し出ている。 強気の姿勢をむき出しにして、マシンガンのごとく早口で自らの考えを語る吉村知事と、一言一言かみしめるように穏やかな口調の鈴木知事。 タイプは違うが、飛び抜けた決断力と行動力は2人に共通する。 他府県に先駆けた大胆な施策は、若さのなせる業と思われがちだが、2人の座右の銘には、それぞれの政治姿勢が凝縮されている。 2人の注目度が全国区となったのは、首長として「住民の生命と生活を守りたい」という強い意志が伝わるからこそだろう。 今後の、求められる首長像に影響を与えそうだ。 バナー写真:北海道の鈴木直道知事(左)と大阪府の吉村洋文知事(時事).

次の