スマイト ps4。 PS4 Smite(スマイト)をプレイしてみた。無料で遊べる三人称視点MOBA系ゲーム

【ボダブレ】サワード・スマイトの性能詳細と当たり度【ボーダーブレイク】

スマイト ps4

スマイトって? とはいっても、スマイトってどんなゲームなんでしょうか。 SMITEとは、Hi-Rez Studios社が運営する神々の戦いをモチーフにしたF2PでTPSのMOBAである。 2014年3月25日正式サービス開始。 基本無料なだけでなく、課金によって強さに差が出ない仕様になっている。 F2PっていうのはFree to Play。 無料ゲームってことです。 TPSは3人称シューターのこと。 MOBAはマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナのこと。 MOBAで有名なものは、DotAやリーグオブレジェンドですね。 世界的に見ると超人気なゲームジャンルです。 日本でも人気ですが、ライト層にはまだ浸透してませんね。 このスマイト(Smite)も世界では大人気で、世界大会ともなると賞金は1000万にもなるみたい!すごい。 4gamerでも高評価ですよ。 私も4gamerを見て、興味を持ってインストールしてみました。 スマイト Smite を久々にプレイ 以前登録したアカウントは忘れてしまったので、新規に登録してチュートリアルから始めました。 「I have a referral」ってのは紹介されて来ました!って意味みたい。 どんな効果があるかわかんないけど良かったら「kasabuta」に紹介されましたってことにしてみて(笑) で、ゲームを始めると英語のアナウンスでチュートリアルがあります。 「Press F key」くらいの英語がわかれば、もう大丈夫です。 英語でなんやかんやと喋ってますが、気にせず画面上の指定された場所まで進んで、指定されたキーを押せばチュートリアルは終わります。 チュートリアルが終わればあとはもう自由です。 ただ、始めたばかりだとプレイスキルが無いので、アリーナやコンクエストに出ても邪魔になるだけです。 たぶん。 私はそういう風に思っているので、しばらく練習モードのプラクティスに閉じこもってます(笑) アリーナのプラクティスだけでも十分面白いですよ。 逆に対人戦になったら緊張してハゲそうな気もします。 まとめ とりあえず最初に使えるゴッドは使ってみたけど、ラーとイミールがいい感じだと思った。 まだWASD移動に慣れないから難しいわ。 1988年生まれ、熊本在住。 ゲーム、コーヒー、料理、ネット上で稼ぐ方法、アウトドア、レザークラフトに興味があります。 カテゴリー• 984• 169•

次の

PS4 Smite(スマイト)をプレイしてみた。無料で遊べる三人称視点MOBA系ゲーム

スマイト ps4

剣と魔法とひらめきで謎を解く横スクロールアクションゲーム。 舞台となるのは、幻想的な景色が美しいファンタジーの世界。 セリウス王子の悪夢から現実世界を救うため、3人の英雄が立ち上がる。 プレイヤーは魔道士、騎士、盗賊といった能力が異なる3人のキャラクターを操作し、必要に応じて切り替えながら進めていく。 ステージにはさまざまな仕掛けが盛りだくさん。 進めるルートも1本道ではないので発見する楽しみもある。 騎士ポンティアスは接近戦のエキスパート。 盾を使って敵の攻撃を防御できる。 盗賊ゾヤは弓矢を使って遠くの標的を狙い撃つ。 引っ掛け鉤を使うことができ、ワイヤーで体を振り子のように動かして谷間を飛び越えたり、素早く移動したりできる。 魔導士アマデウスは、魔法のチカラで木箱を出現させたり、オブジェクトを動かしたりとテクニカルな要素をもつ。 戦闘能力はないが、オブジェクトを高所から落とすなどして攻撃できる。 ギリシャ神話に登場するゼウスやヘラクレス、北欧神話のオーディンやトール、日本神話のアマテラスやスサノオ、三国志からは関羽、西遊記から孫悟空など、「God」と呼ばれるキャラクターが90以上参戦する。 それぞれハンター、メイジ、ウォリアー、アサシン、ガーディアンといったクラスに分かれており、さまざまなスキルやアイテムを駆使して相手陣営と戦う。 自陣のタワーを守りつつ、敵の本拠地を制圧する「コンクエスト」モードのほか、円形フィールドで行われるバトル重視の「アリーナ」モード、コンクエストを簡略化した「アサルト」モードなど、さまざまなゲームモードがある。 ダンジョン探索とアリーナ対戦が組み合わさったマルチプレイ・アクションゲーム。 動物たちが暮らす世界で、それぞれ遠い故郷から集まった10人のキャラクターが、恐ろしいモンスターたちやヒヤヒヤするパズルを乗り越えながら、チャンピオンを目指して戦う。 プレイヤーは個性的なキャラクターからお気に入りの1人を選び、まずはダンジョンへ。 ダンジョンでは全員、木の剣のみでスタート。 お宝を発見したり、モンスターを倒したりして、より強力な装備とスペルを獲得。 対戦相手より素早くキャラクターを強化してアリーナ対戦に挑む。 アリーナ対戦は、友達とチームを組んで協力プレイするもよし、対戦相手となって戦うもよし。 最大4人のオフライン画面分割プレイ、またはオンライン対戦が可能。 前回の装備が今回も見つかるとは限らない。 毎試合がハラハラドキドキの展開となる。 異能の力を持った新人類「セプティマホルダー」と、旧人類「マイナーズ」の対立を描く2Dアクションゲーム。 ニンテンドー3DSで配信された「蒼き雷霆 ガンヴォルト」(2014年)と、その続編「蒼き雷霆 ガンヴォルト爪」(2016年)の番外編となる。 本作ではガンヴォルトシリーズのサブ主人公・アキュラが、単独主人公としてスピンアウト。 より遊びやすく、よりスマートに、よりスタイリッシュに進化した。 演出もインティ・クリエイツ史上、最もド派手な効果音、画面エフェクトでバトルを盛り上げる。 ボスを倒して強力なEXウェポンを手に入れたり、ミッション中に入手したクレジットを使って新たなアビリティを習得したりもできる。 操作は基本攻撃のショットに加え、敵をロックオンしてからの誘導フォトンレーザー、ゲージを消費しての空中ダッシュ&ホバリングなど、幅広いアクションが可能。 ダメージを無効化する「カゲロウ」や「ソングオブディーヴァ」によるHP0からの覚醒など、アクションゲーム初心者をサポートするシステムも搭載。 パートナーのロボットRoRoは、実体弾系の攻撃に対して自動的にバリアーを展開するほか、変身してアキュラをパワーアップさせることができる。 変身の形態は3つあり、それぞれ条件が異なっている。 2014年にPCでリリースされた対戦アクションゲーム「Lethal League」の続編。 クールでスタイリッシュなBGMと共にユニークなキャラクターを操り、最大4人でボールをぶつけあう。 ボールはラリーを続けることでどんどん速くなり、やがては捉えることが難しい超速で飛んでくるようになる。 打撃、バント、パリー、スローイングや特殊能力を駆使して、縦横無尽に飛び回るボールを対戦相手にぶつけよう。 ボールが飛んで来たら、狙いを定めてボタンを押すだけ。 簡単シンプルな操作で、スピーディーかつ派手なアクションをくり出せる。 打ち返されたボールは、使用するボタンによってさまざまな打球や演出に変化する。 単純明快ながら奥深い操作の組み合わせと特殊能力を駆使し、いろいろな攻撃をぶつけよう。 2018年1月に発売されたハンティングアクションゲーム「モンスターハンター:ワールド」本編とその拡張パック「アイスボーン」がセットになったもの。 物語は本編のエンディング後から始まり、「渡りの凍て地」と呼ばれる寒冷地の調査へ向かうことになる。 「マスターランク」という新たなクエストランクが追加され、手強いモンスターも登場。 新アクション「クラッチクロー」では、鋭い爪状のクローを発射してモンスターにしがみつき、さまざまな立ち回りが行える。 ほかにも、オトモとオトモダチになった小型モンスターが目的地まで連れて行ってくれる「モンスターライド」や、全武器種に新たな連携アクションが追加されている。 拠点となる「セリエナ」には、生態研究所、加工屋、調査資源管理所など、アステラ同様の設備が備わっている。 寒冷地ならではの蒸し風呂や温泉といった施設もあり、仲間とコミュニケーションをとることが可能。 また新設備「蒸気機関管理所」では、クエストやアイテム変換で入手する「燃料」を消費して蒸気を生み出すことができ、手伝いの成果に応じてさまざまなアイテムがもらえる。 また「集会エリア」では、最大16人のプレイヤーと交流することができる。 誰の姿も見えない透明な世界で戦う2D対戦型アクションゲーム。 本作では相手の姿も、自分の姿も見えないユニークなシステムを導入。 その姿が現れるのは攻撃やスキルを使ったときだけ。 その一瞬を見逃さず、ライバルたちの動きを予測しながらショットを撃ち込もう。 ステージには足跡が残ってしまう地面や音が出る水たまりなど、さまざまな仕掛けが盛りだくさん。 相手に居場所を教えないようにするのはもちろんのこと、自分自身を見失わないようにしよう。 使用できる9人のキャラクターはユニークなスキルを持っている。 目の前にブロックを作って攻撃を跳ね返す、ジャンプして障害物を飛び越える、ドローンを飛ばして相手の位置を探る…自分のスタイルに合ったキャラクターを選ぼう。 1986年にアーケードで稼働したベルトスクロールアクション「くにおくん」シリーズのスピンオフ作品。 本作は、殴って蹴って踏みつぶす、何でもアリの痛快ガールズアクションゲーム。 1980年代に流行したツッパリをテーマに、二人のスケバンが大暴れする。 全6ステージ。 ボタン連打でコンボになる「クイックアタック」、大ダメージを与えられる「ヘビーアタック」、ゲージを消費して発動する「特殊技」を駆使して群がる敵を蹴散らそう。 敵を倒すとまれに命乞いをすることも。 仲間にすれば12人まで連れて歩くことができ、プレイヤーをアシストしてくれる。 落ちているアイテムを拾って武器にしたり、ライフを回復したりと、利用できるものは何でも活用しよう。 成長要素もあり、レベルを上げると攻撃力などの能力がアップするほか、新しい技が使えるようになる。 ショップで技を購入することも可能。 またトップスやボトムス、小銭入れなどのファッションアイテムは身につけることでキャラクターを強化できる。

次の

SMITE初心者解説 コンクエスト ガイド 総集編

スマイト ps4

神々の戦いが今始まる! 『Smite スマイト 』には 100種類を超える神話や伝説の神々が登場!それぞれ外見や能力・攻撃特性が異なる「神」キャラクターを選んでバトルに参戦できる点が大きな魅力だ。 プレイヤーが操作できる神々は 「ウォリアー」「ガーディアン」「アサシン」「ハンター」「メイジ」という5種類のタイプに分類され、対戦時にはそれぞれが異なる役割 ロール を受け持つことになる。 自分のプレイスタイルに最も合った神を選べば対戦プレイが大いに捗るだろう。 Achilles アキレス ギリシャ神話に登場する英雄。 アキレスはトロイア戦争で踵に矢を受け死に至ることになり、ここから「アキレス腱」という名称が生まれたことで有名。 ウォリアータイプのキャラクターで、近接戦闘とフィジカル面で優れている点が特徴だ。 前方に衝撃波を放つ「Shield of Achilles」などのスキルを持つ。 Amaterasu 天照大神 日本神話の主神である女神。 太陽神の性格と巫女の性格を併せ持つ存在として知られ、「天岩戸」のエピソードはあまりにも有名。 アキレスと同じウォリアータイプのキャラクターで、高い機動力と範囲攻撃が魅力。 自分自身と味方を回復する「Divine Presence」などのスキルを持っている。 Athena アテナ 芸術・知恵・戦略を司るギリシャ神話の女神。 都市の守護女神として崇拝されてきた歴史を持つ。 ガーディアンタイプのキャラクターで、騎士団を召喚して範囲内の敵に大きなダメージを与える「Shield Well」や、指定した仲間の元へ飛んでいく「Defender pf Olympus」などのスキルを持つ。 Susano スサノオ 日本神話に登場する男性神。 8つの頭を持つ蛇「ヤマタノオロチ」を退治したエピソードはあまりにも有名。 アサシンタイプのキャラクターで、フィジカルと機動力に優れる。 3秒ごとに連続して攻撃を繰り出す「Storm Kata」や「つむじ風」を巻き起こす「Jet Stream」などのスキルを持つ。 Apollo アポロ ギリシャ神話に登場する男神。 ゼウスの息子で「太陽神」や「光明の神」と呼ばれることも多い。 ハンタータイプのキャラクターで、遠距離攻撃と機動力に優れている。 直線上に存在する敵にダメージを与える「So Beautiful」や歌声で敵を眠りにつかせる「Serenade」などのスキルを持っている。 Zeus ゼウス ギリシア神話の主神にして全知全能の神。 「神」と聞いて多くの人が真っ先にイメージする存在。 メイジタイプのキャラクターで広範囲ダメージに秀でる。 直線上に雷状の矢を放つ「Chain Lightning」や大嵐を呼び出して範囲内の敵に毎秒ダメージを与える「Lightning Storm」などのスキルを持つ。 神々のオールスターバトル! 本作には上記のキャラクター以外にも「アフロディーテ」「ポセイドン」「ラー」「キューピッド」「マーキュリー」「ネメシス」「ソー」「ロキ」「バッカス」「オシリス」「孫悟空」「関羽」など世界各国で「神」と崇められているキャラクターが大集結し、夢の オールスターバトルを体験できる。 神はそれぞれ 4種類のアクティブスキルと 1種類のパッシブスキルを持っており、プレイ中はここぞという場面でスキルを発動することが勝敗に大きな影響を与えることになる。 無論チームプレイを行なっている場合には味方キャラクターが力を最大限に発揮できるようにサポートする精神も大切だ。 【オススメポイント】 神々が己の力を出し尽くして戦う禁断のバトルが開幕! 多彩なゲームモードを遊び尽くせ! 『Smite スマイト 』は 多彩なゲームモードを搭載!5対5のチーム戦がメインとなる本作の面白さを最大限に味わえる基本モード「コンクエスト」や円形のフィールドで戦う「アリーナ」、1つのレーン上で真っ向勝負を挑む「アサルト」など、それぞれルールが異なるゲームモードを遊び尽くそう! コンクエスト 5対5で戦う最もポピュラーなゲームモード。 プレイヤーは3つのレーンが存在するマップ内でタワーを奪い合うバトルを繰り広げつつ、最終目標となる 「タイタン」の破壊を目指す。 タイタンを破壊する前に「フェニックス」を撃破する必要があるが、基本的な流れは一般的なMOBAのシステムそのものだ。 本作が一般的なMOBAゲームとやや異なる点は 「三人称視点」を採用していること。 プレイヤーは自分が受け持つ神を背後から眺める形になるため、プレイ時にはこの視点に慣れる必要がある。 ミニマップを最大限に活用し、自分のチームメンバーがどんな位置で戦っているのか随時確認しておこう。 最終目標となるタイタンを守るフェニックスの数は3つ。 平均的なプレイ時間は約25分程度となる。 相手チームも自陣に攻め込むMOBAシステムの特性上、ちなみにプレイ前に自分の役割 ロール をチームメンバーに宣言することが慣例となっているので、 選んだ神に相応しいロールを宣言すると良いだろう。 個人のテクニックは勿論のこと、仲間同士で上手く連携して敵チームに立ち向かう 「チームワーク」と 「戦略性」も大いに求められるコンクエストは『Smite スマイト 』随一の対戦モードと言える。 長いようで短いプレイ時間内に完璧な勝利を収めるために様々な戦略を練って戦いに挑むのだ! アリーナ アドレナリン全開になるハイペースなバトルを望むならアリーナモードだ。 コンクエストと同様にソロから最大5名のプレイヤーで戦いに挑める本モードはさながら 「デスマッチ」の様相を呈したゲームモードで、敵プレイヤーとNPC「ミニオン」をひたすら撃破してカウントを稼いでいくことになる。 1回のプレイ時間は平均15分程度と短く、 集中力が途切れにくい点も秀逸。 切り込んで相手を倒しまくるプレイに快感を覚える人なら、きっと本モードで本領を発揮できるはずだ。 ただし複数のプレイヤーと一緒に戦っている場合に単独行動していると不評を買う。 チームワークも意識したプレイを心がけよう。 この他にも平均プレイ時間20分前後の「クラッシュ」、シングルレーンが用意された「Joust」、コンクエストのマップをシンプルに変えてバトルの重要性を引き出す「Assault」などが登場。 【オススメポイント】 様々なルールとシチュエーションでバトルを堪能できる作品!.

次の