ライン 着信 音 音量 アンドロイド。 LINEの通知音や着信音の音量を変更する方法

LINE 着信音が鳴らない。

ライン 着信 音 音量 アンドロイド

記事の目次• LINE無料通話の呼び出し音を鳴らす方法とは? LINE無料通話の呼び出し音・通知などを鳴らすには、以下の 3つを確認する必要があります。 端末自体の通知設定• LINEアプリ内の着信許可設定• これを許可しておかないと相手はこちらに無料電話をかけれなくなります。 LINEアプリ内の通知音設定 それぞれを詳しく見ていきます。 端末自体の通知設定 端末自体の通知設定がオフになっていれば、当然ですが、LINE電話がなっていても通知されません。 音も出ません。 そのため、もし鳴らしたいのであれば、端末自体の通知設定をオンにしておかないといけないです。 iPhoneの場合 iPhoneであれば、• LINE• 通知を許可にオンにして• 通知センターに表示するかどうかは任意 通知センター• サウンドをオンにする• アップアイコンにバッジを表示は任意 アイコンに数字が出るかどうか• ロック画面に表示は任意 にしておきます。 もし、突然の会議などでどうしても鳴らしたくない場合には、• 電源をオフにする• 設定>機内モードに設定する などにより対処しましょう。 LINEアプリ内の着信許可設定 この設定をオンにしておかないと、 相手はこちらにLINE無料電話をかけれなくなります。 ですから、オンにしておきましょう。 LINEアプリ• その他• トーク・通話• 通話の着信許可をオン で設定可能です。 LINEアプリ内の通知音設定 そして、最後にLINEアプリ内の通知音設定を変えていきましょう。 LINEアプリ• その他• 通知をオンにする• 一時停止はオフにしておく• 通知サウンドは好みのものを選択• 新規メッセージ 新しいメッセージが届いた時の通知音です• メッセージ内容表示 メッセージを表示させるかどうかです。 アプリ内通知 LINEを起動している時に相手からメッセージが無料通話などがあった時に通知するかどうか? ここはオンにしておく• アプリ内サウンド LINEを起動している時に通知があった際、音を鳴らすかどうか ここをオンにしておく• アプリ内バイブレーション LINEを起動している時に通知があった際、バイブレーションするかどうか ここは任意 以上のように設定をしておきます。 太文字にしておいたところだけでもオンにしておくと大丈夫です。 このように• 端末自体の通知設定• LINEアプリ内の着信許可設定• LINEアプリ内の通知音設定 3つのポイントを確認することで、LINE無料通話があった時に着信音を鳴らすようにできます。 LINE無料通話の呼び出しを消去消音する方法 逆に消去消音するには、同様のことの逆をやればOKです。 一応説明をしておきます。 突然の会議などで消音したい場合 突然の会議などがあって、消音しておきたい場合には、• iPhoneの場合、機内モードをオフにする、電源をきる• Androidの場合 電源を切る で対応可能です。 一番安全なのは電源を切ることですね。 電源を切らずにLINEの通知音だけを無くしたい場合 LINEの通知音だけを無くしたい場合には、以下のように設定をしておきましょう。 LINEアプリ• その他• 通知をオフにする• アプリ内通知 LINEを起動している時に相手からメッセージが無料通話などがあった時に通知するかどうか? ここはオフにしておく• アプリ内サウンド LINEを起動している時に通知があった際、音を鳴らすかどうか ここをオフにしておく• アプリ内バイブレーション LINEを起動している時に通知があった際、バイブレーションするかどうか ここもオフにしておく• 連動してないアプリ ここもオフにしておく 一時的に通知音をオフにしたい場合 一時的に通知音をオフにしたいということもできます。 LINEアプリ• その他• 通知をオンにする• 一時停止で1時間停止、午前8時まで停止などを選べばOKです。 残念ながらそれ以外の選択肢はありません。 今後の追加に期待です。 以上の方法で可能です。 ちょっと不便な機能ですが・・・。

次の

LINEの通知音や着信音の音量を変更する方法

ライン 着信 音 音量 アンドロイド

もくじ• Androidバージョン別の「着信音量」と「通知音量」の関係 電話の着信音やメール・LINEの通知音の音量は、それぞれ次の音量で変更できます。 Androidの操作 端末の音量 電話の着信音 着信音量 メール・LINEの通知音 通知音量• 主流のバージョンでは、 「着信音量」と「通知音量」は同じ音量設定で個別には設定できないことが多い 着信音量と通知音量をどちらも大音量かどちらも小音量かにせざるを得ないということです。 Androidバージョン 仕様 ~2. 7 「着信音量」と「通知音量」は 個別に設定可能です。 X 4. 0~4. 4 「着信音量」と「通知音量」が 同じ音量設定です。 0~8. 1 「着信音量」と「通知音量」と「システム音量」が 同じ音量設定です。 Xはタブレット用バージョンです。 ・~2. X:0. 0~8. 注意が必要なのは、新しいバージョンであっても特に中国・韓国などのスマートフォンの場合は個別に設定可能なことが多い お使いの端末で音量が変えられるかを確認しましょう。 「設定」アプリをタップ• 「サウンド」をタップ• 「音量」をタップ• 通知音と着信音が別 どうしても音量を分けたいという場合、どうすればよいのでしょう。 いくつか方法がありますが、ある程度簡単にできる方法は2つです。 手段1「通知音自体の音量を小さくする」(またはその逆) 着信音や通知音などの音(音楽)の音量と、スマートフォンの端末の音量が別であることを利用します。 簡単に言うと、次のようになります。 スマートフォンの着信音量・通知音量は大きめに設定• 通知音を編集して音量を小さく編集 通知音を編集するには、Androidのアプリを使ってください。 「ringtone 編集 アプリ android」あたりで検索して良さそうなアプリをインストールして編集してみてください。 例えば「」です。 具体的な通知音の編集方法について 「」を参照してください。 手段2「着信音量と通知音量を擬似的に分けるアプリをインストールする」• 着信音量と通知音量を擬似的に個別に設定するアプリをインストールして、それぞれの音量を設定する 探したところ設定可能なアプリはありました。 いろいろな機能があることで分かりにくかったり、他の機能が影響して音量がおかしくなったりするということで、自分で作ることにしました! というわけで「アプリ」作っちゃいます 着信音量と通知音量を個別に設定するだけのアプリを作ります。 サービスとして常駐するアプリになると思います。 しばしお待ちを。 気になる方は使ってみてください。 着信時に音量を変更することで着信音量だけ大きくして通知音量を小さくするということを可能にします。 RingtoneControl Google Playでダウンロードする 詳細は「」を参照してください。 そもそも音がならなくて良い 音量の個別設定をベースに説明してきましたが、そもそも音がならなくて良いというようなケースも考えられます。 音量に関係なく音を鳴らさなくするということです。 常に通知音を鳴らさない 次のような設定で音が鳴らなくなるかを確認してください。 LINEは「設定」-「通知設定」-「サウンド」のチェックを外してください。

次の

LINEの通知音や着信音の音量を調整する方法!音量が小さい時は設定を確認しよう|LINEの使い方まとめ総合ガイド

ライン 着信 音 音量 アンドロイド

たまに普通に通知が来ることもあった• たまに「ネットワークに接続できません」みたいなことが表示される• ラインの設定をいじった覚えはない• ライン電話も着信を受けられなかった• 普通の電話の着信は鳴る• Gmailなどの着信も鳴る ラインだけならまだしも、 ライン電話まで着信が鳴らなかったんです。 普通の電話やメールは画面を閉じている状態でもちゃんと通知されたので、これはLINEの問題なんだなとやっと理解する。 試したこと• 設定変更で無事に解決! 先に対処法を書いておきます。 調べた結果、 節電系のアプリが悪さをしているかも?ということで確認してみたら・・・ こいつがいた。。 たぶんこのアプリは ASUSについてくる節電系アプリと思われる。 それで、この モバイルマネージャーをタップすると設定画面に行くので、「省電力設定」をタップ。 設定画面になったら、「 スマート」か「 パフォーマンス」にチェックをつけます。 これで、ラインも電話も問題なく通知されるようになりました! 私の場合、最初に確認した時は 「省電力(待機92時間)」の所にチェックが付いていた。 よくよく見ると「 デバイスがスリープ状態になると、ネットワークが一時的に無効になります」と書いてある。 通知が来ない原因がわからない時は、節電系アプリの確認をすると解決するかもしれないですよ! 追記:ラインの通知音が鳴らない新たな原因 先日、友人のスマホでも「ラインの通知が来ない」問題が発生し、節電系も確認したのですが解決できませんでした。 そこで色々見ていたところ、別の原因を発見したのでこちらも書いておきます。 こちらはラインの設定で通知音を増らすことができました。 この方法でスマホを起動していない状態でも、ラインからの通知音が鳴るようになりました。 節電系でもダメだった場合、こちらも試してみてくださいね。

次の