オオカミ 少年 関西。 オオカミ少年になってしまった西浦教授

TBSクイズ番組「オオカミ少年」予告通り特番で15年ぶり復活!浜田雅功MC続投「VTRの質が…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

オオカミ 少年 関西

概要 [ ]• あらゆるジャンルの情報がVTRで出題され、それが「ウソ」か「ホント」かを二者択一で当てるクイズである。 VTRの内容は、有名人の意外な秘話、驚きの珍商品、関連など様々。 VTRを補足するデータを豊田が提供するが、これを含めてウソの場合もある。 さらに掘り下げた情報を補足する「最終ジャッジVTR」も流れる。 ヒントを聞き出そうとするゲスト解答者と浜田のやり取りが名物。 多くの場合、浜田は「そこまでは知らん」と突き放す。 毎週2~3問のVTRを出題し、正解数が最も多かったゲストにはトップ賞が送られた。 ただし賞品はロケに使われた小道具などで、もらっても困るものばかりだった。 2004年12月までは、番組の直前に5分間の予告ミニ番組『もうすぐオオカミ少年』が放送されていた(一部地域のみ)。 2004年12月30日に85分間の特番『極太オオカミ少年 浜田ビンビン祭りSP』が放送された。 1月からは冒頭に「オオカミ体操」というコーナーが新設された。 有名人に関する多数のクイズを短時間で出題し、本編の前に頭の体操をする。 2005年9月30日 早朝 に放映を終了した。 次回はを放送すると最終回で予告された。 この時、スタジオに吊るされた割りでの間から「祝1周年」の赤地の垂れを出したが、の下に「最終回」という文字が隠されていた。 これ以降特別番組を含めこの番組は放送されていなかったが、3月14日()の14:00 - 14:54(枠)に約14年ぶりにとして放送された。 2020年6月15日には、アイアム冒険少年と合体スペシャルが放送される予定。 3月14日に放送されたものを再放送となる。 3月14日の放送はローカル放送のためレギュラー放送が打ち切られてからは、全国ゴールデン放送初となる。 出演者 [ ] MC• () アシスタント• (TBSアナウンサー、アシスタント)2004年-2005年のレギュラー放送を担当。 (TBSアナウンサー、アシスタント) - 2020年の復活特番を担当。 ナレーション• - 2020年の復活特番を担当。 設問内容・出演者 [ ]• 第1回 解答者・・・・・() 第1問 (ウソ)の「」「ホタテのロックンロール」のヒット以来、 ホタテ協会から毎年ホタテが贈られてくる 第2問 (ホント)全身に長時間を塗っても死なない 第3問 (ウソ)はかつての中のだった• 第2回 解答者・・・()・()・ 第1問 (ホント)愛媛県では給食にご飯が出る 第2問 (ウソ)の間の噂では、携帯電話をに挟むと圏外になる 第3問 (ウソ)の最終回は既に書かれていて事務所の金庫の中 豪華商品・・・ポンジュース1. 5リットル入り• 第3回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)TBSアナはニュース中にくしゃみをすると始末書を書かされる によるウソのクシャミニュース映像で騙した 第2問 (ホント)はコーヒー風呂を考案し、人気を博したことがある 第3問 (ウソ)茨城県の長江村には奇祭「大根祭り」がある 協力・・・、石岡のおまつり保存会。 「長江村」じたい存在しない。 豪華商品・・・大根祭りロケで使われた大根• 第4回 解答者・・・・・ 第1問 (ホント)新宿区に、養成校がある 第2問 (ホント)は現役時代のに腕相撲で勝ったことがある 豪華商品・・・腕相撲マシーン• 第5回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)は「」に入団した 第2問 (ホント)は12年前に同じ劇団の10歳年上の団長とコンビを組んでいた 豪華商品・・・横山弁護士サイン入り首用コルセット• 第6回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)は暴走族の特攻隊長だった 第2問 (ホント)アメリカで「つけ乳首」が大ブーム 協力・・・ グラビア撮影で使用したと聞いて沢村はがっかりした 第3問 (ホント)「ミスは許されない」という、ゴルゴ13コンドームがある 協力・・・ 「浜田はコンドームをしない派」という情報もばらした 豪華商品・・・ゴルゴ13コンドーム• 第7回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)はの店で、彼を常連客と勘違いしていた 第2問 (ホント)のデビュー作は「ホタテのロックン・ロール」 第3問 (ホント)新潟には「ラーメン」がある 協力・・・• 第8回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)エロ地名を旅する「エロエロマグナムツアー」がある 第2問 (ウソ)はでに口説かれた 豪華商品・・・のプリントTシャツ• 第9回 解答者・・・・・ 第1問 (ホント)「ひざまくら」という商品が発売される 第2問 (ウソ)漬物本舗の店頭人形は寿命が来ると葬式を挙げる 豪華商品・・・ひざまくら• 第10回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)がを発売する 第2問 (ウソ)有線には、サラリーマンを褒めるチャンネルがある 協力・・・、 豪華商品・・・加納典明のヌードパネル• 第11回 総集編• 第12回 極太オオカミ少年 浜田祭りSP 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)渋谷にに変身できるお店がある 協力・・・ 第2問 (ホント)は宇宙に行ったことがある 第3問 (ホント)韓国発の、鼻を高くする美容器具がある 第4問 (ウソ)「」の芸名は初恋の人「カトウアイ」をもじった 第5問 (ウソ)中野に「叱られ屋」という商売が存在する 豪華商品・・・叱られ屋ロケで使われたイス・机セット• 第13回 先週のスペシャルの未公開トーク• 第14回 解答者・・・・・ 第1問 (ホント)のデリバリーサービスがある リポーター・・・ 第2問 (ウソ)書類を投げてストレス解消する居酒屋がある 豪華商品・・・ウソ映像の中でぶちまけられた書類• 第15回 解答者・・・・・ 第1問 (ホント)呪いの代行屋がある 第2問 (ホント)の父親は「ニラ結束装置」を発明した 豪華商品・・・セット• 第16回 解答者・・・・・ 第1問 (ホント)「同好会」が存在する 第2問 (ホント)は現在ホストとして働いている• 第17回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)初キスを試せる「キッス練習器」が発売中 第2問 (ウソ)家族を貸し出す「レンタル家族」という商売がある 協力・・・ 豪華商品・・・キス練習器• 第18回 解答者・・・・・ 第1回 (ホント)ののしりながらモチを奪い合う祭りがある 第2回 (ウソ)デブばかりのホストクラブが存在する 豪華商品・・・デブホストたちの指名用パネル• 第19回 解答者・・・・・ 第1問 (ホント)飲みながら依頼を受ける「探偵バー」がある 第2問 (ウソ)アイドルの匂い入りのガチャポンがある 協力・・・、 豪華商品・・・浜田の口臭入りガチャポン• 第20回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)アメリカには歩行者用ウインカーがある 第2問 (ホント)「全国連合」という組織が存在する 豪華商品・・・人間用ウィンカー• 第21回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)は今「」のメンバー 第2問 (ホント)栃木には頭からお酒を浴びる奇祭がある 豪華商品・・・ムルアカが嘘ライブで割ったバット• 第22回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)鼻の穴をなめて犬の種類を見分ける「犬ソムリエ」がいる 第2問 (ホント)ドイツでツルが箸になる「はしメガネ」が大人気 豪華商品・・・箸の部分をおたまに変えたメガネ• 第23回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)本店のカニは年に1度自転車で動く 売り上げNo1店の店長に1時間こぐ名誉が与えられる 第2問 (ホント)日本にも、幽霊を退治する「ゴーストバスターズ」が実在する 豪華商品・・・ゴーストバスターズのつなぎ• 第25回 総集編スペシャル (エイプリルフール)ゴールデン進出決定のくす玉が割られた• 第26回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)毎年、だらけの相撲大会が行われている 第2問 (ホント)キャベツと大根が合体した「キャベコン」がある 豪華商品・・・キャベコンの苗• 第27回 解答者・・・・・ 第1問 (ホント)嫌な誘いを断るアリバイメールサービスがある 協力・・・ デコピン浜ちゃん 第2問 (ホント)大自然でだけを映したビデオがある 豪華商品・・・パンスト写真パネル 監督のサイン入り• 第29回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)人気声優を集めた声優バーが存在する 協力・・・、、、 第2問 (ホント)アメリカにを完璧に剃れる定規がある 豪華商品・・・声優ロケでが着用したの(段ボール製)• 第30回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)をしている男たちが集まる会がある 第2問 (ウソ)のモノマネ芸人たちが開催するショーがある 協力・・・、、、、、 豪華商品・・・ウソのショーパネル サイン入り• 第31回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)いつでも釣りが楽しめる「万年筆型釣竿」がある 第2問 (ウソ)期間限定!を売るアルバイトがある 花粉やうごめく「鼻ダニ」「鼻毛じらみ」の顕微鏡映像は精巧なCG 豪華商品・・・の1週間分の鼻毛• 第32回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)を着てダイエットする合宿がある やせた出演者は最初に太った特殊メイクを施した 第2問 (ホント)天狗とお多福がエッチをする祭りがある 豪華商品・・・着ぐるみ• 第33回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)秋葉原では萌え萌えにらめっこがプチブーム 協力・・・、、 第2問 (ホント)「(株)初恋の人探します社」という会社がある 豪華商品・・・豊田綾乃のサイン入り萌え萌えパネル• 第34回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)デート気分が味わえるカーナビが発売される 協力・・・、 第2問 (ホント)を観察するためだけの顕微鏡が発売された(ココぴゅ) の精子は異常に少ないことが判明した 豪華商品・・・ココぴゅ• 第35回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)「これじゃない」と言わせたいためだけのロボット「コレジャナイロボ」がある 第2問 (ウソ)に「1本の」を巻いて踊る祭りがある 豪華商品・・・ロケで使われた• 第36回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)女性に生まれ変われる専門ビルがある 第2問 (ウソ)ドッキリVTRを作らないと卒業できない大学がある 豪華商品・・・串刺しのドッキリグッズ(リアル)• 第37回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)だけの「」のVシネマが発売予定 協力・・・、 第2問 (ウソ)禁煙場所でもタバコを吸えるグッズがある 豪華商品・・・ニューハーフたちの入りラグビーボール• 第38回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)超能力で盗まれた物を探し出す団体がある 第2問 (ウソ)ブラを外すのに全くもたつかないアイテムがある アメリカ製 豪華商品・・・超能力バスターズのサイン入りポスター• 第39回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)ゴリラの格好で物を届けるゴリラ便がある 第2問 (ウソ)とUFOを呼べるビアガーデンがある 豪華商品・・・オオカミ少年グッズと本• 第40回 解答者・・・・・・・・ 第1問 (ウソ)ホスト・ホステスしか出演しない番組がある 第2問 (ウソ)心霊物件を専門に扱う不動産屋がある 豪華商品・・・ウソ番組で協力したホストクラブの無料招待券• 第41回 総集編 くす玉でまたウソをついた(「オオカミ少年本10万部突破! ) セットのオオカミは手動であることも判明した• 第42回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)ボールを一切使わないエアサッカー大会がある 第2問 (ホント)イタリアにはの形をしたパスタが存在する 豪華商品・・・エア現金100万円の束(お札を束ねる帯)• 第43回 解答者・・・・・ 第1問 (ウソ)機能が搭載されたがある 協力・・・ 第2問 (ウソ)身も心もになることができる猫部屋がある 協力・・・ 豪華商品・・・めだか招き猫(等身大!? 第44回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)曲の歌詞どおりに映像化したカラオケがある 第2問 (ウソ)の人しか参加できないバスツアーがある 協力・・・ 豪華商品・・・ハゲツアーで使われた牛のだ液• 第45回 解答者・・・・・・ 第1問 (ウソ)の手作り弁当ネットオークションがある 協力・・・ 第2問 (ウソ)食べられる靴がある 協力・・・、、 豪華商品・・・が上京するときにはいていたスニーカー• 第46回 解答者・・・・・・ 第1問 (ホント)イギリスでは家庭用の「セクシー棒」 用ポール が売られている 第2問 (ウソ)誰もが驚く鳴き声で鳴くネズミがいる 「ニャー」と鳴くとされた。 協力・・・に扮した• 第47回 最終回総集編 高視聴率ランキング 第3位 9% 八丈島の祭り 第2位 10% 宅八郎はホストをしている 第1位 11. 6% 観察顕微鏡の会 最終問題 (大ウソ)豊田綾乃は本日をもってTBSを寿退社する スタッフ [ ] レギュラー放送時代 [ ]• TM テクニカルマネージャー : 中澤健• TD テクニカルディレクター : 鳥井隆• カメラマン : 中野真悟• VE ビデオエンジニア : 江川英男• 照明 : 近藤明人• 音声 : 森和哉• ロケ技術 :• 美術プロデューサー : 山口智広• 美術制作 : 羽田一成• 装置 : 尻無浜宏人• 大道具操作 : 石塚実• 装飾 : 後藤千鶴• 電飾 : コバケン• メカシステム : 庄子泰広• 持道具 : 貞中照美• 衣裳 : 軽石真央• ヘアメイク : 牧瀬典子(浜田雅功担当)、アートメイク・トキ• 編集 : 梶村昌彦、手塚貴幸• MA : 岩下順• 音効 : 石川良則• CG : 笠島久嗣• イラスト :• TK タイムキーパー : 伊藤佳加• デスク : 玉川宏実• AP アシスタントプロデューサー : 鈴木愛子、熊坂朋美• ディレクター : 斉藤崇、高橋智大、伊豆原聡、井上整、酒井甚哉、塩谷泰孝• 演出 : 坂本義幸• CP チーフプロデューサー :• スタッフ協力 : 、、(すべて表示無し)• 制作協力 :• 制作 :• 製作著作 : TBS 2020年復活特番 [ ]• 構成:寺田智和、大井洋一、今井健太• TM:荒木健一• TD:荒井隆之• VE:愛川颯太• カメラ:中野真悟• 音声:吉田洸• 照明:渋谷康治• 美術P:山口智広• 美術デザイン:鈴木泰斗• 美術制作:羽田一成、浅野美幸• 装置:佐藤恵美• 操作:津久井佑太• メカシステム:庄子泰広• 電飾:住義仁• アクリル装飾:青木剛• 装飾:中島蒼• メイク:田中智子• 音効:村松聡• 編集・MA:早川徹哉、三木多聞• 編成:上田淳也• 宣伝:眞鍋武、松村紗仁子• デスク:松崎由美• TK:伊藤佳加• リサーチ:• 技術協力:、東京オフラインセンター• AD(アシスタントディレクター):一瀬航哉、清藤舞、薬師賢次郎、山崎遥加、大城未希• ディレクター:双津大地郎、斉藤崇、野村和矢、村居大輔、武藤勇次• MP(マネージメントプロデューサー):渡辺英樹• AP(アシスタントプロデューサー):市川舞子、菊池絢子• 協力P:長江康裕(吉本興業)、小室良太• 演出:塩谷泰孝• プロデューサー:坂本義幸• 制作協力:、• 制作:TBSテレビ制作局制作1部• 製作著作:TBS 書籍 [ ]• 『ウソつきバラエティー オオカミ少年 Lie or Truth』(2005年、、) 脚注 [ ] [].

次の

浜田雅功MC『オオカミ少年』15年ぶり復活 感動VTRにしんみり「泣くのを本気でガマンした」

オオカミ 少年 関西

うなぎ、タピオカ、インプラントで財を成す王子の仰天セレブ生活に密着! 本物のNGシーンでも演技のNGシーンでも普段しないような演技が見れると思いますし、もしイケメン俳優のお二人がミスをしてボツになってしまったパターンのNGシーンだったら普段晒すようなことのないたじろぐ姿だったり恥ずかしがる姿を見れるかもしれません。 そして特に佐藤健さんはどんなNGシーンなのか特に興味がありますは少女漫画原作のガチガチの恋愛ドラマでキスシーンのNGなので、そのNGシーンとなれば、佐藤健さんがちょっと行き過ぎた演技をしてしまったとか、おっちょこちょいなことをしてしまったとか、もしかしたらキスシーンの手前でハプニングキスかもしれませんし、他では見ることのできない濃いNGシーンみたいなのがもし見れたとしたら相当面白いだろうなと思います。 また、スタジオも浜田さんが回されるということでテンポが良く番組が進み、なおかつvtrの俳優さん達も目立たせてくれるはずですのでストレスなく番組を見ることができるのも楽しみなところの一つです。 ゲストもしっかりとコメント出来る方ばかりなので、NGシーンにどんなコメントをするのかも楽しみです。 オオカミ少年 楽しみな点 ダウンタウンの浜田さんが司会を務めるオオカミ少年が帰ってくるようです。 以前、深夜で放送されていたのは10年以上前のことで、出題されるVTRが真実かどうかを当てるだけの知識も何も必要ない気楽に見られる娯楽番組です。 今回出題されるのは、現在放送中である連続ドラマのNGシーンの中に1つだけ嘘のNGシーンがあるというものです。 俳優達もわざわざNGシーンを演じたことはないでしょうから、リアクションが大袈裟になってしまうかもしれません。 浜田さん達は見事に見破ることができるのでしょうか。 他には、再会エピソードの嘘を見破るというものがあります。 友人や恩師などかなり感動的なものがあるようで、浜田さんが流す涙がテレビで見られるかもしれません。 浜田さんのテレビでの涙は、数年前に後輩のどりあんずのVTRを見て号泣したことがあります。 ただし、すぐに舞台裏に隠れてしまったせいで、表情が映されることはありませんでした。 今回は逃げる場所がないので、浜田さんの泣き顔をしっかりと映像に残して欲しいと思います。 最近の浜田さんは、良い人のイメージがつくことを嫌いながらも、後輩達や女性共演者に良い人エピソードを暴露され続けています。 仕事に対しては厳しくプロフェッショナルである浜田さんが、自分のキャラを守れるのかに注目してお楽しみください。 オオカミ少年 視聴者感想 これは役者の腕の見せどころだと思うので、大変楽しみですね。 彼らの本気の演技がドラマ以外で見られるのが嬉しいです。 まず、竹内涼真もですが鈴木亮平がどれだけの演技をするのかが気になります。 これでだまされていたら、鈴木亮平の演技であれば仕方ないと思えそうです。 見ごたえのある演技を期待しています。 キスシーンのNGが本物であれば、照れる佐藤健が見られるということですよね。 これは大変貴重ですね。 テレビに出すくらいのものなので、本物であれば本当に照れている佐藤健が見られるという素晴らしいシーンになると思います。 また、もし嘘であったなら、照れる演技の佐藤健という、これもまた眼福な素晴らしいシーンとなるでしょう。 これは嘘でも本当でもどっちでもいいです。 このシーンが見られればいいです。 そして、念仏を唱えないでくださいは、伊藤英明が出るのが嬉しいです。 私は彼はなかなか人と違う性格を持っていると思っているので、彼の演技ではない姿をできるだけ見てみたいのです。 だから、これは嘘じゃなく、本物であってほしいですね。 これが嘘であったら、それはそれで日常を演じる伊藤英明が見られるので良しですが、やはり普通の状態の伊藤英明が見たいです。 司会が浜田雅功ということで、間違いなく盛り上がると思うのでとても楽しみです。 また、出演者のIKKO、川島明、佐藤栞里やファーストサマーウイカは全員、テレビ用の作られたコメントではなく、心からの本音で語ってくれそうな出演者ばかりなので、変な勘ぐりをせずに楽しめそうだと思いました。 サイトに載っている写真をみても、ほとんどの出演者の方々が笑顔で撮られており、またその笑顔も心から笑っているような笑顔のため、難しく考えることなく楽しんで見ることができそうだし、番組を見ているこちらも笑ってしまうような面白そうな番組なんだろうな、といった印象をうけました。 また、番組の内容は、ウソかホントかを見抜くといった内容ですが、佐藤健や竹内涼真など最近の若手俳優が出ており、流行りを意識した番組構成であることが予想できるため、あまり難しいことは考えずに見ることができそうだと感じました。 放送時間は土曜日の午後2時ということもあり、昼食後にコーヒーをいれてお菓子を食べながらや、何か作業をしながら見ることになりそうですが、気がついたら作業を止めて見てしまいそうだと感じました。 放送地域にない時にオオカミ少年が見れる公式パラビまとめ パラピというサービスは、最新映画や、レンタル作品が毎月無料というのに、魅力を感じました。 また500円チケットが毎月進呈されるというのは、いいなあと思いました。 全話セットで、レンタルすると、単話よりも安くなる点もいいですね。 レンタルショップと違って、期日が来ると自動的にみられなくなるので、お店と違って、延滞金は、発生しないというのも魅力ですね。 つい忙しいと、忘れがちです。 国内のドラマのラインナップが豊富ですね。 俳優ごとに、書いてあり、選びやすいなあと思いました。 また一度保存しておくと、期限までは、通信料を消費せずに、何度も再生可能ですね。 今は、こういうサービスがあるなと、驚きました。 ダウンロード機能もあり、長時間の移動の時も、退屈しないで見れるので、ありがたいです。 しかし、インターネットのテレビサービスとしては、月額の料金が、ちょっと高いなあと思いました。 我が家は、WOWOWを契約していないので、これよりは、いいなあと見て思いました。 前の人気番組が、楽な操作で楽しめそうだなあと思いました。 今テレビの調子が、少し悪いので、検討中です。 主人とよく話し合って、決めようと思っている所です。

次の

たけもねの恋つづNGシーンまとめ!佐藤健と上白石萌音が仲良しで可愛い!

オオカミ 少年 関西

西浦氏(FCCJ公式YouTubeより) 最も国民を脅かした者が、最もコロナ対策に貢献した者だ、という信念を持つ人々の間では、西浦教授はカリスマ教祖のように扱われている。 しかし、「42万人死ぬ!」の効果は、続けては使えない。 オオカミ少年のように扱われてしまうからだ。 無論、国境を越えた人の移動の回復にリスクが伴うことは当然であり、相当な準備を施しておくことが必要である。 私自身も繰り返してそのことを書いてきている。 しかしそれにしても西浦教授の「入国」問題に関する「予言」は、意味がよくわからないものだった。 その理由を三つ挙げてみよう。 第一に、「大規模流行が起こる」というのが殺し文句になっているのだが、何をもって「大規模流行」とするのかが、まったく説明されていない。 「42万人死ぬ!」のときに数字を使って脅かして、後で議論になったという経験を踏まえて、「大規模流行が起こる!」という抽象的な言い方だけにとどめる作戦のようだ。 だがそれは、科学者らしからぬ態度ではないだろうか。 西浦教授は、5月15日、小池都知事とともに東京都の動画に出演し、緊急事態宣言が解除されて元の生活に戻ったら、その2週間後から感染者数が激増し始め、一日200人の新規感染者数を超え、さらに指数関数的に激増し続けると、断言口調で、予言した。 この「西浦モデル2. 0」の「予言」は、6月も中旬になってきた今、現実によって検証されなければならない。 この人と人との接触の削減は、かつての西浦教授の専門家会議記者会見での熱弁によれば、渋谷駅と難波駅の人の移動のデータによって測定される。 0」の「予言」は、6月も中旬になってきた今、現実によって検証されなければならない。 緊急事態宣言中の東京・渋田(5月撮影:/flickr) もっとも実は西浦教授は非常に意地悪な方で、あるいは舌足らずな方であるかもしれない。 「西浦モデル2. 0」の中に、誰も言っていなかった「海外からの入国の全面的な回復」といった意味を勝手に含みこませていたのだという可能性もあるのかもしれない。 そうすると、「西浦モデル2. 0」の解釈の幅は大きく変わってくる。 5月15日の動画の目的は、今一度東京都民を震え上がらせて家から出れないようにすることだったので、わざとそのことにはふれなかった、という事情があったのかもしれない。 しかし、もしそうだとすれば、一日10人の感染者の入国措置による「大規模流行」とは、せいぜい3月末に見た新規感染者数の増加が再び見られるようになる、というだけの話で、つまり感染者の入国者を止める前の状態に戻すと、感染者の入国者を止める前の状態に戻る、という恐ろしく平凡な話であっただけに終わってしまう。 いずれにせよ科学者であれば、「大規模流行が起こる」といった抽象的で中身が全く不明瞭な言葉を使って、マスコミの露出度を高めることだけを狙った行動をとるのは、控えるべきだ。 第二に、西浦教授は、相変わらず自分の計算式の条件を全く語らない。 たとえば入国想定する10人の感染者が、入国後にどのような行動をとるか、どれくらいの期間日本に滞在するか、どれくらいの感染率がある地域から入ってくるか、等によって、試算結果が変わるはずであるのは、言うまでもない。 何をもって平均値の根拠とするかによって、試算結果は全く異なるものになる。 その根拠の妥当性を議論するのが、科学というものだろう。 ところが西浦教授は、常に一貫して、計算根拠を明らかにしない。 かつて西浦教授は、記者会見の場で、データ開示を求めるメディアに対して、忙しいのでできない、と答えたこともあった。 SNSを通じた自らの主張の発信に熱を入れながら、そう答えていたことがあった。 通常は、将来の予測モデルは、妥当と言える変数の範囲を定めて、現実的に予測される範囲で最悪の場合に・・・、といった言い方で、結果を示すものだ。 しかし、西浦教授は、あたかも世界の真理を知っているかのように、常に断言調で、ただ一つの結果の可能性だけを告げる。 西浦教授が付け加えるのは、「1億2千5百万人の国民の生活の全てにおける人と人の接触の8割の削減」といった絶対に測定不可能な抽象理念だけであり、その抽象理念に付属する数字だけである。 「入国感染者10人の場合」というのも実は同じで、決まりきった行動しかしない「ミスター感染者」といったロボットが次々と入国してくるわけではない現実からすれば、極度に抽象化された話である。 「42万人死ぬ!」の時には、4月15日の感染者増加率が明らかに鈍化していた時期になってもなお基本再生産数2. 5という現実から乖離した条件に固執していたため、議論を呼んだ。 そこで最近では基本再生産数を下方修正して計算しているようだが、「ミスター専門家」西浦教授がその時々の気分や決断で判断した計算式が、絶対に正しいなどという保証は、もちろんどこにもない。 科学者として真摯に行動するのであれば、自らの計算の根拠やデータを、すべて公に明らかにして、公平な精査を仰ぐべきではないか。 ちなみに基本再生産数2. 5は欧州において記録されたことがあるというが、欧州の被害が世界的に見て高すぎるのである。 数多くの日本の科学者は、「欧米が世界の中心です」という価値観に染まっており、せいぜい「アジアに日本以外にも国があることは知っています」程度の世界観で生きている。 しかし、西浦教授が研究滞在したイギリスのインペリアル・カレッジの有名教授でも、見込み違いの見解で批判されいるのが現実だ。 「世界の中心は欧米だ、俺は世界の中心を知っている」という態度ではなく、目の前の現実を真摯に見据えて、自分の見解の根拠を常に公にさらしていく態度が、研究者としてのあるべき姿ではないだろうか。 第三に、西浦教授は、いつも根拠不明な踏み込んだ主張をしすぎる。 入国感染者による「大規模感染」の件でも、「多数の感染者が入国すると検疫で食い止めるのは限界があるので、入国者そのものを制限する必要がある」と主張している。 だが、検疫体制がどうなるかは、まだ将来にわたって整備される話であり、そもそも感染症数理モデルによって証明できる話ではない。 それにもかかわらず、西浦教授は、単なる個人的な憶測だけを振り回して、断定的な結論を正当化するだけでなく、他人の糾弾までするのである。 西浦教授は、「制限の緩和については政府が判断をしているが、感染リスクをどこまで踏まえているのか、透明性をもって明確に語られていない状態だ」と語り、「検疫や入国制限は省庁の管轄がそれぞれ異なり、縦割りの状態にある。 政府が一体となって、感染者が入国するリスクを分析し、制限を掛けたり緩和したりする仕組みを急いで作らなければならない」とも述べる(参照:)。 しかし不透明なのは、西浦教授のこうした断定的な発言の根拠のほうだ。 政府はまだ入国について何も目立った判断をしていない。 ただ西浦教授が「大規模感染起こる!」と脅かしているだけの状態である。 それなのになぜ西浦教授ではなく、政府のほうが、「制限の緩和については政府が判断をしているが、透明性をもって明確に語られていない状態だ」などと言われなければならないのか。 西浦教授は、政府批判に熱を入れる前に、まず科学者として真摯な態度で、自らの「制限の緩和モデル」の判断の根拠を、公の議論にさらしていくべきだ。 SNSでは、西浦教授が、クラスター対策班に入ってからの報酬の辞退を希望したということが、英雄的な美談として扱われている。 無報酬で働いて、毎日厚労省に通ってデータを独占し、専門家会議で座長を差し置いて断定的発言し、新聞を通じて「クーデター」を起こした後、政治家が全ての責任をとるべきだ、と総括するのは、ちょっと違うのではないか。 西浦教授は、厚労省との関係を断ち、在野の研究者として発言するべきだ。 — 篠田英朗 Hideaki SHINODA ShinodaHideaki 西浦教授としては、妻の柏木知子氏が小樽検疫所勤務の厚労省医系技官であり、その上司の石川直子厚労省医系技官が専門家会議副座長を務める尾身茂氏が理事長を務める地域医療機能推進機構の理事であり、その人的関係が「厚労科研」の流れに関する議論の対象になったりすることもあるため、自重したという背景もあるのかもしれない。 だが西浦教授が、毎日厚労省に通勤してデータを独占していたにもかかわらず、しかし「独立性」を主張して、正規のメンバーではない専門家会議の記者会見に現れて座長の発言と一致しない内容を断定的に述べたり、「クーデター」を起こして「42万人死ぬ!」を一斉にマスコミに流したり、政府の方針に真っ向から挑戦して「感染者ゼロ」を目指す国民運動を厚労省の中から主導していた事態は、果たして「報酬をもらわなかった」ということによって、全て綺麗さっぱりと清算される事柄なのか。 独立した研究がしたいなら、大学で研究に専念し、一人の在野の研究者として発言をすればいい。 報酬さえもらわなければ、厚労省内部にべったりくっつきながら、その一方で一切責任をとることもなく国民を脅かす発言をし続けてもいいのか。 それが真摯な研究者のあるべき理想の姿なのか。 あらためて疑問が残る。

次の