窺われる 類語。 息吹きの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

思われるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

窺われる 類語

「わたくしども」と読みます。 「わたくし」をへりくだって言う語。 つまり謙譲語です。 「自分の家」「自分の会社」の意味でも使います。 例文としては「私どもでは取り扱っておりません」などがあげられます。 自分、または自分の家族、集団などをへりくだっていう語。 手前どもとも言います。 「わたくしたち」よりも古風な言い方。 例文としては「私どもは、皆、元気にしております。 」などがあります。 「私ども」は「私たち」の謙譲表現です。 「私ども」はお客様に対して自分の家族や会社を指す敬語でビジネス向きの表現にふさわしいでしょう。 「私ども」の敬語での使い方 意外と覚えづらい敬語。 尊敬語、謙譲語、丁寧語の基本をまとめてみました。 敬語の種類 尊敬語 目上の人に使います。 相手を立てて敬意を表すときに使う敬語です。 基本形は「~なさる、~される」ですが、以下のような動詞には特別な言い方が使われます。 たくさんありますが、以下のような動詞、名詞はよく使うので覚えておきたい敬語表現です。 ・言う「おっしゃる」「言われる」 ・行く「いらっしゃる」「おいでになる」 ・来る「いらっしゃる」「おいでになる」「お見えになる」「お越しになる」 ・知る「お知りになる」「ご存知だ」 ・見る「ご覧になる」 ・敬意を表す会社に対する敬語は「貴社」「御社」が使われます。 謙譲語 謙譲語は、自分はへりくだることで相手を立てる敬語表現になります。 行為の対象は自分です。 基本形は「~させていただく、~いたす」ですが、以下のような言葉は特別な言い方があります。 他にもたくさんありますが、よく使われるものをまとめたので、憶えておきましょう。 ・言う「申す」「申し上げる」 ・行く「うかがう」 ・来る「参る」 ・知る「存じる」「承知する」 ・見る「拝見する」 ・敬意を表す会派に対し自らの会社をへりくだって言う時は「弊社」という敬語が使われます。 ・敬意を表す人に対し、自らがへりくだっていう時は「わたくし」「私ども」「当方」「手前ども」などの敬語が用いられます。 丁寧語 言葉そのものを丁寧な言葉遣いで表す敬語全般を指します。 「~です」「~ます」「~ございます」などがあげられます。 「私ども」の使い方 「私ども」の使い方としては「これは私どもの開発した商品です。 」「これは私どものミスです。 申し訳ございません。 」という風になります。 使用する時は、「私ども」は単数形でも複数形でも使うことができます。 辞書的には間違いではないのですが、「ども」に複数形を表す接尾語がついているので、いつのまにか「私たちの」という意味を連想することが増えてしまった敬語です。 自分ひとりでの意味で使うと、誤解を招きやすい敬語なので、使用の際はよく考えるようにしましょう。 メールでの使い方 公用であれば、一般的に「私(わたくし)」を使っても構いません。 かなりへりくだって言いたいと時は「手前ども」という敬語もありますが、現在は少なくなってきています。 ビジネスメールではなく、ある程度親しい関係の人とのやり取りであれば、近況報告程度のメールであれば、「私たちは元気にしています」などで十分です。 「せっかくのお食事のお誘いですが、私たちは自宅で食事をとります」という内容を「私どもは帰ってから食事をとります」としてしまうと、失礼ではないですが、他人行儀な違和感を感じさせてしまいます。 後に記載した「ビジネス」での使い方とは、また違ってくるのでTPOに合わせた使い方を心がけましょう。 ビジネスでの使い方 会社の意向を窺わせるニュアンスを含ませたいときは、「私ども」「弊社」などの敬語を使います。 具体的には客先に対して謝罪する、自社の新商品を紹介するなどのシュチュエーションが考えられます。 「このたびは、私どものミスでご迷惑をかけ申し訳ありませんでした。 ぜひお試しください。 」といった使い方をします。 「手前ども」は、あまり使われなくなってきているので、「私ども」の代わりに「弊社」を使ってもよいでしょう。 「当方」は個人の一人称と勘違いしている人が多い傾向にありますが、正しくは自分が属している部署やグループの方という意味です。 社内で正式な交渉が始まった場合は、部署の一員としてビジネスメールに表記するのは誤用となります。 「弊社」を使うようにしましょう 「私ども」を敬語表現するときの例文 「私ども」の別の敬語表現は、複数存在します。 中でもよく目にする「われわれ」「私たち(わたくしたち)」「当方」「弊社」などの、意味や使用するのに適した場面を調べてみました。 われわれ 「私たち」より改まった言い方で、自己主張が強めの印象を与えます。 「われわれ」は、「強く固い自己主張」と言えるので、ビジネスの場面で使うと、尊大な感じに受け取られてしまう恐れがあります。 逆に言うと、強く会社の立場を主張するべき場面、例えば相手に強く抗議するときなどは「われわれ」が適しているといえます。 私たち 「私たち(わたくしたち)」は主に会話でも、ビジネスの場でも、オールマイティーに使うことができます。 少しラフな会話やメールのやりとりでは、こちらを使用する方が自然です。 また女性が使うことが多い印象があります。 「私ども」は「野郎ども」という言葉があるように男性的なイメージが強いです。 特に「ども」という接尾語には、男性的なイメージが強く、女性は「私たち」を使う傾向があるでしょう。 しかし男性と対等に働く女性が増えてきた昨今は、ビジネスも現場で「私ども」を使う女性も決して珍しくありません。 当方 「当方」の意味は「自分が属している方」という意味です。 会社を指す場合は「弊社」「当社」などの敬語を使うのが一般的です。 ビジネスシーンで使うことは少ない言葉です。 当方が使われる例をあげると、何か問い合わせがあった場合に、自分の属している誰がその案件を対応するか特定できない場合に「当方よりメールにてお返事いたします」というふうに使います。 また、問い合わせ内容が自分の会社以外も対象になるときは「弊社」とはいえないので「ただいま当方にて調査しております」という使い方をします。 オークション出品者が使うことも多いですが、会社組織でない団体、または個人が取引の際に使うという意味では、誤用ではありません。 「私ども」は万能 「私たち」を指す敬語や言い方は多数あります。 たくさんあって適切な敬語がよく分からなくなってしまった時は「私ども」を使って、失礼にあたることは少ないでしょう。 個人の場合は「私」が無難です。 ビジネスシーンにおいても、年配の方や恩師に対しても、敬意を払った言い方の敬語として成立します。 われわれは、強気の交渉事に出たいときには使えますが、一般的には尊大な印象を与えます。 手前どもは会社のカラーにもよっては問題ありませんが、古く、へりくだりすぎの印象もあります。 当方は「自分の属している方」という意味なので、下手な使い方をすると相手に混乱を与えてしまったり恥をかくことになります。 落ち着いて文章を作る余裕がある時は、ビジネスでは「弊社」を使ったり、弊社で収まらない事柄に関しては「当方」、関係性の近さや性別によっては「私(わたくし)たち」の方が的確なこともあるので、使い分けていきたいところです。

次の

www.worldfranchising.com:カスタマーレビュー: 日本語大シソーラス類語検索大辞典 ( 窺われる 類語

「わたくしども」と読みます。 「わたくし」をへりくだって言う語。 つまり謙譲語です。 「自分の家」「自分の会社」の意味でも使います。 例文としては「私どもでは取り扱っておりません」などがあげられます。 自分、または自分の家族、集団などをへりくだっていう語。 手前どもとも言います。 「わたくしたち」よりも古風な言い方。 例文としては「私どもは、皆、元気にしております。 」などがあります。 「私ども」は「私たち」の謙譲表現です。 「私ども」はお客様に対して自分の家族や会社を指す敬語でビジネス向きの表現にふさわしいでしょう。 「私ども」の敬語での使い方 意外と覚えづらい敬語。 尊敬語、謙譲語、丁寧語の基本をまとめてみました。 敬語の種類 尊敬語 目上の人に使います。 相手を立てて敬意を表すときに使う敬語です。 基本形は「~なさる、~される」ですが、以下のような動詞には特別な言い方が使われます。 たくさんありますが、以下のような動詞、名詞はよく使うので覚えておきたい敬語表現です。 ・言う「おっしゃる」「言われる」 ・行く「いらっしゃる」「おいでになる」 ・来る「いらっしゃる」「おいでになる」「お見えになる」「お越しになる」 ・知る「お知りになる」「ご存知だ」 ・見る「ご覧になる」 ・敬意を表す会社に対する敬語は「貴社」「御社」が使われます。 謙譲語 謙譲語は、自分はへりくだることで相手を立てる敬語表現になります。 行為の対象は自分です。 基本形は「~させていただく、~いたす」ですが、以下のような言葉は特別な言い方があります。 他にもたくさんありますが、よく使われるものをまとめたので、憶えておきましょう。 ・言う「申す」「申し上げる」 ・行く「うかがう」 ・来る「参る」 ・知る「存じる」「承知する」 ・見る「拝見する」 ・敬意を表す会派に対し自らの会社をへりくだって言う時は「弊社」という敬語が使われます。 ・敬意を表す人に対し、自らがへりくだっていう時は「わたくし」「私ども」「当方」「手前ども」などの敬語が用いられます。 丁寧語 言葉そのものを丁寧な言葉遣いで表す敬語全般を指します。 「~です」「~ます」「~ございます」などがあげられます。 「私ども」の使い方 「私ども」の使い方としては「これは私どもの開発した商品です。 」「これは私どものミスです。 申し訳ございません。 」という風になります。 使用する時は、「私ども」は単数形でも複数形でも使うことができます。 辞書的には間違いではないのですが、「ども」に複数形を表す接尾語がついているので、いつのまにか「私たちの」という意味を連想することが増えてしまった敬語です。 自分ひとりでの意味で使うと、誤解を招きやすい敬語なので、使用の際はよく考えるようにしましょう。 メールでの使い方 公用であれば、一般的に「私(わたくし)」を使っても構いません。 かなりへりくだって言いたいと時は「手前ども」という敬語もありますが、現在は少なくなってきています。 ビジネスメールではなく、ある程度親しい関係の人とのやり取りであれば、近況報告程度のメールであれば、「私たちは元気にしています」などで十分です。 「せっかくのお食事のお誘いですが、私たちは自宅で食事をとります」という内容を「私どもは帰ってから食事をとります」としてしまうと、失礼ではないですが、他人行儀な違和感を感じさせてしまいます。 後に記載した「ビジネス」での使い方とは、また違ってくるのでTPOに合わせた使い方を心がけましょう。 ビジネスでの使い方 会社の意向を窺わせるニュアンスを含ませたいときは、「私ども」「弊社」などの敬語を使います。 具体的には客先に対して謝罪する、自社の新商品を紹介するなどのシュチュエーションが考えられます。 「このたびは、私どものミスでご迷惑をかけ申し訳ありませんでした。 ぜひお試しください。 」といった使い方をします。 「手前ども」は、あまり使われなくなってきているので、「私ども」の代わりに「弊社」を使ってもよいでしょう。 「当方」は個人の一人称と勘違いしている人が多い傾向にありますが、正しくは自分が属している部署やグループの方という意味です。 社内で正式な交渉が始まった場合は、部署の一員としてビジネスメールに表記するのは誤用となります。 「弊社」を使うようにしましょう 「私ども」を敬語表現するときの例文 「私ども」の別の敬語表現は、複数存在します。 中でもよく目にする「われわれ」「私たち(わたくしたち)」「当方」「弊社」などの、意味や使用するのに適した場面を調べてみました。 われわれ 「私たち」より改まった言い方で、自己主張が強めの印象を与えます。 「われわれ」は、「強く固い自己主張」と言えるので、ビジネスの場面で使うと、尊大な感じに受け取られてしまう恐れがあります。 逆に言うと、強く会社の立場を主張するべき場面、例えば相手に強く抗議するときなどは「われわれ」が適しているといえます。 私たち 「私たち(わたくしたち)」は主に会話でも、ビジネスの場でも、オールマイティーに使うことができます。 少しラフな会話やメールのやりとりでは、こちらを使用する方が自然です。 また女性が使うことが多い印象があります。 「私ども」は「野郎ども」という言葉があるように男性的なイメージが強いです。 特に「ども」という接尾語には、男性的なイメージが強く、女性は「私たち」を使う傾向があるでしょう。 しかし男性と対等に働く女性が増えてきた昨今は、ビジネスも現場で「私ども」を使う女性も決して珍しくありません。 当方 「当方」の意味は「自分が属している方」という意味です。 会社を指す場合は「弊社」「当社」などの敬語を使うのが一般的です。 ビジネスシーンで使うことは少ない言葉です。 当方が使われる例をあげると、何か問い合わせがあった場合に、自分の属している誰がその案件を対応するか特定できない場合に「当方よりメールにてお返事いたします」というふうに使います。 また、問い合わせ内容が自分の会社以外も対象になるときは「弊社」とはいえないので「ただいま当方にて調査しております」という使い方をします。 オークション出品者が使うことも多いですが、会社組織でない団体、または個人が取引の際に使うという意味では、誤用ではありません。 「私ども」は万能 「私たち」を指す敬語や言い方は多数あります。 たくさんあって適切な敬語がよく分からなくなってしまった時は「私ども」を使って、失礼にあたることは少ないでしょう。 個人の場合は「私」が無難です。 ビジネスシーンにおいても、年配の方や恩師に対しても、敬意を払った言い方の敬語として成立します。 われわれは、強気の交渉事に出たいときには使えますが、一般的には尊大な印象を与えます。 手前どもは会社のカラーにもよっては問題ありませんが、古く、へりくだりすぎの印象もあります。 当方は「自分の属している方」という意味なので、下手な使い方をすると相手に混乱を与えてしまったり恥をかくことになります。 落ち着いて文章を作る余裕がある時は、ビジネスでは「弊社」を使ったり、弊社で収まらない事柄に関しては「当方」、関係性の近さや性別によっては「私(わたくし)たち」の方が的確なこともあるので、使い分けていきたいところです。

次の

姿勢が「窺われる」?「伺うわれる」?「覗われる」?

窺われる 類語

「示唆」の使い方と例文 「示唆する」「示唆される」は一般的な使い方 遠回しに相手に伝えたいことを言う動作を指す言葉です。 ある物事について遠回しに言及している様子を表します。 「それとなく言う」や「暗に示す」などと言い換えられます。 では「示唆する」「示唆される」の例文をいくつか紹介します。 「これに関してはかなり多くの興味ある問題が示唆されるのである」 「そうしてこれに関してはかなり多くの興味ある問題が示唆されるのである」 「私の話には一切示唆する部分はなかったが、どうやら誤解を招いたようだ」 「A社がB社と合併することを示唆した」 「影響を及ぼす事が示唆されている」 「示唆を受ける」は感化されよい影響を受ける 「示唆を受ける」とは、「他人に感化されて良い影響を受ける」ということや「自分に利益になるものがある」といったニュアンスがあります。 「示唆を受ける」の使い方は例文をいくつか紹介しますので参考にしてください。 「ここでのわたしの記述もそれらからの示唆を受けたことを断っておく」 本作は照葉樹林文化論の示唆を受けた世界観を舞台としている この主張は美術、音楽などの近代的傾向から多少の示唆を受けてゐることは慥かである。 「示唆を得る」はヒントをもらう 「示唆を得る」とは「ヒントをもらう」ことを指します。 「示唆」には「それとなく示す」といった意味がありますので、それを得るということは「ヒントを得る」といったニュアンスになります。 「示唆を得る」の使い方は例文をいくつか紹介しますので参考にしてください。 「アドバイザーに成功するための示唆を得ることができた」 「アスリートの監督から示唆を得た教育法を披露する」 「彼の話から示唆を得て問題解決に至ることができた」 「示唆に富む」は勉強になることが多い 「示唆に富む」は「暗に教えられるところを多く含む」といったことを示します。 「示唆」=直接的ではなくとも教え示すこと」に富んでいるわけですから、ためになることや勉強になることがたくさんあるといったニュアンスになります。 「示唆に富む」の使い方は例文をいくつか紹介しますので参考にしてください。 「先輩が見せてくれたこの資料は示唆に富んでいる」 「示唆に富んだ話を聞きに、ひさびさゆっくりできる休日だったが仕事のために講義を受ける」 「言われていたとおり示唆に富む話だったために、中座せず最後まで聞いていた」 「示唆を与える」は情報を与える 「示唆を与える」とは、「それとなくヒントや情報を与える」という意味を持ちます。 動作や言葉で間接的に相手を成功に導くヒントを与えることです 「示唆を与える」の使い方は例文をいくつか紹介しますので参考にしてください。 「今回の件は非常な示唆を与えるものと信ずる」 「このプロジェクトは社内だけでなく地域にも、一つの示唆を与えるかも知れない」 「新人にはすべてを伝えるのではなく、示唆を与えることで考える力を養う」 「主任の言葉は、私に示唆を与えてくれた」 「示唆的」の意味は2つある 「示唆的」には2つの意味合いがあります 1つ目は「何かを提案している様子」や「暗示している様子」、また「何かを指し示し明確にする」ことです。 2つ目は「不適切なものや下品な何かを提案する様子」のことです。 「あやしげ」などと言い換えることができます。 「示唆的」の使い方は例文をいくつか紹介しますので参考にしてください。 ほのめかす 意味:ほのかに示すこと、それとなく言うこと 「示唆」とよく似た意味を持ちます。 「示唆する」といった文章のほとんどが「ほのめかす」と言い換える事ができます。 (例文)「A社はB社との合併をほのめかす」 暗示 意味:それとなしに知らせること、他人の無意識のうちに観念を与えるような刺激 「暗示」は物事を明確に示さず手がかりを与えてそれとなく知らせること、といった意味を持ちます。 漢字のとおり、「示唆」はほのめかして示すのに対して「暗示」は暗に示すというニュアンスです。 (例文)「主任の発言はないかを暗示しているものと考えられる」 匂わせる 「匂わせ」とは「匂わす」から来ている言葉です。 意味:それとなく、言葉のはしばしや態度で示す、ほのめかす 「匂わせ」とは、よく芸能人などが恋人をいることをほのめかし匂わす行為のことを指します。 SNSの写真に相手を少しだけ載せたり、相手に関連するワードをSNSなどで更新する行為です。 (例文)「あの女子アナは人気アイドルと付き合っていることをブログ匂わせている」 伏線(ふくせん) 意味:文章技法のひとつで、後に述べる事柄の準備のために関連した事柄を前の方でほのめかしておくこと また、後のことに備えて、予め設けておくこと …「伏線」は「示唆」と同義ではありませんが、「ほのめかす」といった意味が含まれています。 また、後のために何かを設けておくことを指します。 (例文) 「どうやら昨年のプロジェクトは今回の大きなプロジェクトの予行であり伏線だったらしい」 「壮大なストーリー構成で、作中には様々な伏線を張っていた」 諷喩(ふうゆ) 意味:他の事にかこつけて、それとなく遠回しにさとすこと …また比喩法のひとつで、たとえだけを提示してその本義を間接的に推察させる方法のことです。 要するに、本義には一切触れずに他の言い回しで伝えることを「諷喩」と言います。 (例文)「諷喩せずに直接伝えてほしい」 黙示(もくし) 意味:はっきり言わずに暗黙のうちに考えや意思を示すこと …法律でも使われる言葉で、明言やはっきりとした意思表示がなくてもその時の状況などで間接的に意思表示とみなされること、主張できることを言います。 (例文)「やはりあの事件は、横綱の黙示があったようだ」 教唆(きょうさ) 意味:他人に犯罪や不正行為の実行を教えそそのかすこと 「示唆」は「教唆」を意味的に含みますが、「教唆」は教えそそのかす内容が犯罪行為のみです。 伏線(ふくせん) 意味:小説などで後の方で述べる事柄をあらかじめ前の方でほのめかしておくこと そこから転じて、「後の事の準備として前もってひそかに設けておくもの」という意味でも使います。 「伏線を張る」「伏線を敷く」などと使います。 「指示」は類語ではない 「示唆」に似た言葉に「指示」がありますが、「指示」は類語ではありません。 「指示」は「物事をそれと指し示すこと」「人に指図すること」などの意味です。 「それとなく示す」を意味する「示唆」とは意味が異なります。 「暗喩(あんゆ)」も類語ではない 「示唆」の類語だと勘違いされる言葉に「暗喩(あんゆ)」があります。 「暗喩」は「隠喩」とも言い、比喩表現の1つです。 「のように」などを使わずに「彼女は豚だ」などと言う比喩を指します。 比喩なので確かに「それとなく示す」というニュアンスはあるものの、「暗喩」を「示唆」の類語というのは無理があります。

次の