アスカラングレー 死亡。 エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

【エヴァンゲリオン】アスカが男性ファンに好かれる4つの理由

アスカラングレー 死亡

新世紀エヴァンゲリオンと言えば、多くのファンを生み出した「平成の名作アニメ」ですが、特に男性に人気が高いのはアスカこと 「惣流=アスカ=ラングレー」(新劇場版では式波=アスカ=ラングレー)です。 アスカと言えば「ツンデレ」キャラの元祖ともいえるキャラですが、それが男性ファンの人気を集める要素になっています。 ここでは、 アスカが男性ファンに好かれる4つの理由をご紹介していきます。 アスカが男性ファンに好かれる4つの理由とは? アスカは、エヴァンゲリオンのファンの中でも、特に男性に好かれます。 アスカの性格と言えば、代表的なのは 「ツンデレ」なのですが、ツンデレ以外にも様々な要素が男性ファンを虜にしています。 でも、同じエヴァのパイロットである碇シンジには恋心を抱き始めると、急に態度を一変させて「ツンデレ」の「ツン」の部分が段々多くなります。 シンジとのコンビネーションを必要とするため、エアロビクスを一緒に練習しているときなどは、シンジがあまりにもへたくそなものですから、「下手くそ!」などと罵声を浴びせますが、同時に自らシンジの手をとってサポートするような場面もあります。 でも、同じエヴァのパイロットである綾波レイへのライバル意識を持つようになると、急に綾波に対する態度を冷たいものに一変させたり、綾波に好感を抱いているシンジに対してもつらく当たるようなこともあり、見ているこちらからしてみれば 「やきもちを焼くような普通の14歳なのか」と、好感を抱く部分も見えます。 スポンサーリンク こんなアスカですが、「デレ」の部分しか見せない男性もいたりします。 その男性が加持リョウジで、大人の男性と言うイメージの加持に対して、一方的に思いを寄せて、加持と昔の恋人葛城ミサトが話をしているだけでもヤキモチを焼くような一面を見せることもあります。 そんなアスカですが、シンジに魅かれて行く事を素直に認められない不器用さから、時おり見せる「デレ」がいちだんとかわいく見えるのです。 例えば、戦闘中にシンジに助けられて「バカね」などと照れくさそうに呟いたり、落ち込んでいるシンジに「キスしようか」などと冗談めいた様子で言うなど、シンジに見せる「デレ」の部分は、非常にかわいいです。 エヴァの操縦能力の指標である 「シンクロ率」は、当初はトップでしたが、戦闘が進むにつれてシンジや綾波の能力がアップします。 そのためアスカは、徐々に自分の能力を他人に追い抜かれてしまうような疎外感に襲われます。 でも、あれだけシンクロが難しいエヴァを、アスカは一度も暴走させたことがないですし、暴走させたことは一度もないですし、格闘や射撃など、エヴァの能力や武器を十二分に発揮して操縦できる器用さは、アスカならではの才能でしょう。 むしろ絶望的に信頼性の低いエヴァンゲリオンという兵器で、使徒に効果の薄い兵器を十分に駆使するなど、出来る方法をすべて使ってでも使徒に対抗した姿勢は、やはりアスカのパイロットとしてのすぐれた能力あってこそ、できることです。 そもそも、あのような人造兵器とシンクロができること自体、並外れた能力を持っているわけですから、そんなに落ち込む必要はないのですけどね。 それでも、アスカは自分に対する要求が高いので、100%完ぺきにこなせないとついつい落ち込んだり、誰かに八つ当たりしてしまうようなことも多かったので、そういう一面も人間っぽくて好感が持てるゆえんなのかもしれません。 あと、アスカに男性ファンが多いのは、いわゆるアニメ業界の鉄板の法則 「美少女+メカ」という組み合わせにうまく合致しているのも要因です。 最近であれば「艦隊これくしょん(艦これ)」などは、美少女+メカの組み合わせにがっちりとはまっていたので、人気を集めました。 同様の法則にがっちりはまったのも「アスカ+エヴァンゲリオン」だったわけです。 最初は加持リョウジに憧れを抱いていましたが、エヴァパイロットとして日本に来日してからは、葛城ミサトの家で一緒に暮らすことになった碇シンジにしだいに惹かれていきます。 最初はシンジよりもエヴァを上手に操っていたアスカですが、エヴァのシンクロ率をシンジに追い抜かれてしまうと、自信を失っていき、それに加えて使徒との戦いでの敗北で自らの存在価値を見失ってしまいます。 このころから、シンジには 複雑な感情を持つようになります。 旧劇場版のワンシーンでは、シンジに対し「あんたが全部あたしのものにならないなら、あたし何もいらない」とまで言い、明確にシンジに対する好意を明言しています。 普通なら「あなたのことが大好き」と言うべきところを、アスカらしく言いきっているこの言葉が、14歳の女の子の葛藤する恋心をうまく表現しています。 シンジに恋心をいただいて以降、アスカは綾波への強烈なライバル意識を燃やすようになり、そのせいでシンクロ率もマイナスになっていくのですが、アスカはそれに気づいていません。 いわゆる 「嫉妬」が影響しているのでしょうが、こういうもどかしさを引きずっているような部分も、思春期の女の子って感じがして好感が持てますね。 ですが、その後の使徒との戦いの中で、思わぬことから自らのつらい過去を吐露してしまうことになります。 初号機の凍結中に起こった第15使徒アラエルとの戦闘中に、アスカは使徒の攻撃により精神的侵食を受け、封印していた自分の辛い過去をさらけ出されてしまいます。 実はアスカの母親は、エヴァ接触実験の失敗による後遺症で精神を病んだことをきっかけにして、人形を実の娘であると思い込んでしまった、精神崩壊の症状に陥っていたのです。 そのため、実の娘である自分を見てくれなくなったことで、アスカは何とかして母親に自分の方を振り向いて欲しいと思い、エヴァのパイロットになる決意をします。 度重なる訓練の結果、ついにアスカはエヴァのパイロットに選ばれるのですが、選ばれたその日に母親は自殺してしまいます。 母親が突然この世を去ると言う出来事の結果、アスカは 強烈なトラウマを背負うことになります。 「もう誰も信じられない」「誰にも負けられない」と自分に言い聞かせ、いつしか「自分に必要とされることでしか自分の価値がない」と思い込むようになり、つらい時でもしんどい時でも、他者の評価を得るために生きるようになってしまったのです。 スポンサーリンク もちろん、そんな生き方を続けていては 疲れて果ててしまうのは無理もありません。 この悲しい宿命に同情し、アスカのファンになった男性ファンも多いはずです。 まとめ アスカの性格は、単純にいえば 「勝ち気でプライドの高い女」と言えますが、それはアスカ自身の過去のつらい体験をひた隠しにするために、アスカ自身が身につけざるを得なかった「心を守る鎧」だったのです。 その鎧を外し、本当の自分を見ることなく成長したアスカは、エヴァンゲリオンを操縦するうちに、自分の力だけではどうしても乗り越えられない壁にぶち当たります。 その壁は、ひょっとすると「自分のプライドを捨てる」ことで、意外と簡単に乗り越えることが出来た壁だったのかもしれませんが、アスカはプライドを捨てることイコール自己崩壊になってしまうので、それが出来ませんでした。 アニメや原作の過程でも、結局アスカはシンジと結ばれたのかどうか、明確に描かれてはいません。 ですが、エヴァンゲリオンの登場人物の中で、もっとも人間臭いのが「シンジ」と「アスカ」ですから、劇場版のエンディングのように 「アダムとイヴ」のような存在になれたのであれば、アスカにとってはハッピーエンドと言えるでしょう。 そのような複雑な背景を背負っているアスカだからこそ、 「薄幸の美少女」が人気を集めるように、アスカも同様のキャラクターとして認識され、男性ファンの人気を集めたと考えてもよいのでしょう。

次の

エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

アスカラングレー 死亡

シンジがアスカの首を絞めた理由 ではここから、1つめの疑問。 なぜシンジはアスカの首を絞めたのかという点から考察していきます。 このラストシーン前には、まさに人類補完が始まっていました。 そのトリガー(ひきがね)となっていたのは、シンジのです。 つまり、他人への恐怖、生きることの希望をなくし、みんなとひとつになりたいという気持ちをトリガーとして、 アンチATフィールドを発生させた。 ここでデストルドーの発生から、人類(シンジ)には 2つの選択肢が与えられました。 すべての魂がひとつになった世界、他人との境界線がない世界、 他人への恐怖のない世界。 そしてもうひとつは、 再び他人と生きる世界。 このどちらかの選択をシンジにゆだねられていました。 これは、冬月の 「未来は碇の息子に委ねられたな」というセリフからもわかります。 シンジの心の中の葛藤がシンジとミサトとレイとアスカとの会話からもわかり、シンジは 「幸せがどこにあるのか、まだわからない。 だけど、ここにいて生まれてきてどうだったのかはこれからも考え続ける。 だけど、それも当たり前のことに何度も気付くだけなんだ。 自分が自分でいるために」ということで、再び他人のいる世界を望みます。 これが、シンジの選択でした。 他人に傷つけられるという恐怖がありながらも、シンジはその世界を再び望んだんです。 ですが、レイやミサトがシンジをデストルドーへと引き込んでいる発言が多いですが、ただ一人だけ、アスカだけは 「でもあなたとだけは、死んでも嫌」と、否定的なセリフでした。 結果、アスカはシンジとひとつになることを ただ一人否定(拒否)しつづけ、自分のイメージ(他人としての)を最後まで持ち続けていました。 このことが、アスカだけはLCLへと還ることなく、シンジ以外の他人としての存在として残った理由と考えられます。 (エヴァに乗っていたことも助長したのかも) LCLの海でシンジが目を覚ましたとき、横にはただ一人の他人、アスカがいました。 心の中での葛藤のシーンから、シンジは父親(他人)に捨てられた恐怖や、他人に傷つけられることのトラウマがわかります。 アスカがいては、また自分が他人に捨てられる恐怖が芽生える。 ここで、シンジは再び他人と生きる世界を望みながら、アスカだけがシンジを拒否していたことから、首を絞めてしまった。 それは他人への恐怖の現れだったのかも。 だけど、シンジ以外の他人として残ったアスカは、シンジを拒否したのはシンジのことが本当に好きだったからだと思います。 シンジに対して、アスカは 「本当に誰かのことを好きになったことがないのよ」とか、 「あんたが私のものにならないなら、私何もいらない」って感じのセリフからもわかります。 要するにアスカは、みんなで溶け合ってシンジとひとつになるんじゃなくて、自分を他人として見てほしいと思った。 あなたのだけは絶対に嫌、というのは、嫌いってことではなくて、 好きだから故にシンジの他人として存在したかったのではないかなっと。 自分を見てほしいからこそ、シンジとひとつになるのは御免だわってアスカの気持ち。 この、アスカが絶対にシンジとひとつになることを拒否し続けたのは、深い愛情があったからということにシンジは気づけず、首をしめた。 アスカがシンジの頬をなでた理由。 そして「気持ち悪い」の意味。 アスカが頬を撫でたのは、シンジになら殺されてもいいと思ったからか。 シンジを受け入れていることの表れ。 この意味は、 シンジに対する無償の愛情であったことに違いないと思います。 アスカという存在は、シンジの逃げ道であった。 これまでもシンジは、自分の都合次第でアスカに対して助けてよって救いの手を求めるシーンがいくつかありました。 要するに、シンジにとってアスカは都合のいい逃げ場所だったんです。 シンジの心の中の葛藤の場面で、アスカはシンジに対して 「誰でもいいんでしょ」って言葉があります。 そして、シンジを突き放す。 アスカは、シンジの逃げ場所であることではなく、人と人との関わりを望んだからこそ、シンジの最初の他人になった。 自分に対して デストルドーを向けているシンジに対して、頬をなでた。 これは、 アスカが出来る精一杯の愛情だったんだと思うんです。 "自分はここにいてもいいんだ"って初めて自分のことを受け入れられたと思えたから、泣いてしまった。 アスカは、シンジになら殺されても構わないとまで思って頬をなでたのに、勝手に自己解決して泣き崩れたシンジに対して、 「気持ち悪い」。 2人が、 "傷つけあいながらも他人として生きることは悪いもんじゃないじゃん"って思える、私的には感動するシーンです。 自作なので転載禁止ですっ 完成品は登場人物のアスカのページにあるよん。

次の

惣流・アスカ・ラングレー

アスカラングレー 死亡

まず、物語冒頭では序で強敵、第6使徒を倒したNERVでも、来日するアスカでもなく、新キャラ、マリにスポットライトが当たります。 プロローグ マリ対第3使徒 舞台は北極NERV基地、封印していた第3使徒が突如覚醒し基地内を大暴れするところから物語は始まります。 第3使徒は原作に登場しない独特の形をしていますが、新キャラ 真希波・マリ・イラストリアス操る緑のエヴァ、仮設5号機が出撃し、暴走を食い止めようと奮戦、激戦の末、 仮設5号機は大破してしまうものの見事第3使徒のコアを破壊し、撃退に成功します。 墓参りと弐号機参戦 舞台は再び日本に戻り、 シンジと父、ゲンドウの墓参りから物語は始まります。 二人はシンジの母、綾波ユイの墓を参った後、ミサトと共に帰りますがそこで使徒が襲来します。 第7使徒は原作アニメに登場しない特殊な形状をした使徒ですが、来日した 式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ弐号機と壮絶な空中戦を行い、キックによりコアを砕かれ消滅。 シンジはアスカと最悪の出会いをします。 その後、 アスカはミサトの家に同居、シンジのクラスメイトになりますが、シンジに裸を見られるなど印象は最悪のまま、日常パートは続き、シンジは空から密入国してきたマリとも不思議な出会いをします。 しかし、平和はいつまでも続かず、第8使徒、原作では第10使徒サハクィエルが空から落下してきます。 ミサトの作戦によりシンジ、アスカ、レイの三人は協力して使徒を受け止め見事撃退し、パイロット同士の確かな絆が構築されます。 暴走するエヴァと第9使徒 エヴァのパイロット同士の絆が深まった頃、エヴァ4号機の消滅事件の煽りを受けてエヴァ3号機が日本で起動実験が行われることになり、アスカがテストパイロットを志願します。 原作ではシンジの親友、トウジが乗り、悲劇を生むのですが、破ではアスカが乗り込み、やはり起動実験中に第9使徒に乗っ取られてしまいます。 シンジは一人でエヴァ3号機と対峙、アスカが乗っていることを知ると戦闘を拒否しますが、ゲンドウの命令により初号機のダミーシステムが起動。 シンジを乗せたまま初号機は第9使徒もろともエヴァ3号機も徹底的に破壊、 アスカが乗るエントリープラグまで砕いてしまいます。 そしてアスカ死亡を目の前で見たシンジはエヴァに乗ることを辞め、NERVを去ることを決意します。 そんな事を知らないシンジはアスカの死に絶望し、ミサトの家を出ますがそこで新たなる使徒、第10使徒が現れます。 第10使徒は最強の使徒ゼルエルとよく似た容姿をしており、無敵の力を発揮します。 アスカの代わりに弐号機に乗ったマリも奥の手のビーストモードを発動させるも敗北。 N2地雷で攻撃しようとしたレイの乗る零号機も第10使徒を倒すどころか捕食されてしまいます。 まるでアニメ版のゼルエル戦のような壮絶な展開が続く中、レイを救う為立ち上がったシンジは初号機に乗り、人の形に姿を変えた第10使徒を攻撃、覚醒した姿で使徒を圧倒、消滅させ無事レイの救出に成功します。 ですが、エヴァ初号機の覚醒はサードインパクトの引き金だったようで初号機は神のような姿へと変貌して、シンジとレイを飲み込んでいきます。 このままサードインパクトで物語は終わるのかと思ったその時、月から新たなるエヴァに乗った渚カヲルが現れ、槍で初号機のコアを攻撃、サードインパクトを防いだ事でラストを迎えます。 A post shared by shinq1111 on Jul 13, 2019 at 2:10am PDT エヴァ3号機といえば原作トウジは重症を負い、マンガ版では死亡と縁起の悪い機体ですが、テストパイロットとして乗り込んだアスカも初号機のダミーシステムによって全身を引きちぎられ精神崩壊を起こす程のダメージを負います。 しかし、破のラストに流れるQの予告特典でも片目に眼帯をつけたアスカが元気そうに叫んでいる事から死亡はしていません。 しかし、アスカが重症を負った後、シンジは一度もアスカと会えていなかった為、死を強く意識してしまったのではないかと思います。 また、エヴァンゲリオンQで発したアスカの発言からアスカはすでに人ではなく別の生物になっている事がわかっているので、アスカ生存の理由はこのアスカの身体に起こった変化が大きく関係しているとも考えられます。 しかし、続編Qではサードインパクトこそ防げたもののその被害がかなり大きかった事が判明しています。 エヴァンゲリオン破はこれ単体でもかなり楽しめる作品となっているので新作の前に一度見直してみるのも良いのではないでしょうか.

次の